【激怒】旦那が家事に協力的でない!家事をやってもらう対策5つや妻の本音を解説!

旦那

「旦那が家事をやってくれない」

「旦那はちょこっと手伝っただけで家事に協力的だと思い込んでいる」

「家のことをする負担が多すぎて限界」

と悩んでいませんか?

 

家事と一言に言っても、料理に洗濯、掃除、買い物……と1日24時間あっても足りないくらい大変なのに、理解してくれない旦那がいるとイライラしますよね。

そこで、今回は旦那が家事に協力的でない場合の対策や、妻の本音、原因の追求について徹底的に調べました。

 

当記事で紹介する内容は、次の通りです。

  • 旦那が家事に協力してくれない時にできる対策5つとは?
  • 旦那が家事に協力的でない時にありがちな原因とは?
  • 旦那と妻の家事に対する意見の相違について

 

旦那が家事に協力的でないことで「とても辛い」「限界だ」と感じている方はぜひ最後までお読みください。

旦那に協力してもらう解決策が見つかると、幸いです。

 

  1. 旦那が家事に協力的でない時にできる対策法5つとは?
    1. 妻の状況を説明し話し合う
    2. 家事の内容や所要時間を具体的に書き出して提出する
    3. 旦那に家事を自分で選んでもらう
    4. 収入額でなく働いている時間で考えてもらう
    5. 一度経験してもらう
  2. 旦那が家事に協力的でない時にありがちな原因とは?
    1. 悪気なく家事の大変さを知らない
    2. 自分は十分に手伝っていると思っている
    3. 旦那の収入額が多いから妻が家事をするべきだと思っている
    4. 結婚するまで実家にいた
    5. 家事は女の仕事だと思っている
  3. 旦那が家事に協力的でない時の妻の心境とは?
    1. 旦那が家事に協力しないからイライラする
    2. 疲れていて限界
    3. 帰っていても家でゴロゴロしていてムカつく
    4. 家事のことで喧嘩になる
  4. 旦那と妻の家事に対する意見の相違について
    1. 旦那は「手伝う」のに対し妻は「協力して欲しい」と思っている
    2. ちょっと家事を手伝っただけでドヤ顔の旦那
    3. 旦那が家事をしている割合の実態について
  5. これはNG!旦那の家事への意欲をなくす妻の行動は?
    1. ダメ出しをする
    2. 細かいことを言ってしまう
    3. 感謝しない
  6. 旦那に家事を頼んだ時の妻の本音とは?
    1. ぶっちゃけ二度手間
    2. 頼んだことしかやらない&全てが中途半端
    3. 旦那の尻拭いをするのは大変
    4. ダメ出しの方法に悩んでいる
  7. 旦那に家事のやる気を出してもらうダメ出し方法とは?
    1. 具体的に褒めて感謝する
    2. 一度一緒に家事を行う
    3. 長いスパンで考える
  8. まとめ

旦那が家事に協力的でない時にできる対策法5つとは?

旦那が家では何もせず、家事にも協力的でないと妻としてはとてもストレスが溜まりますよね。

  • 旦那に家事のことを頼んでも全くわかってくれない
  • 家事が楽な仕事だと思い込んでいる

など、旦那に協力してもらおうとしても失敗したことはありませんか?

 

旦那が家事に協力的でない時にできる対策5つは次の通りです。

  • 妻の状況を説明し話し合う
  • 家事の内容や所要時間を具体的に書き出して提出する
  • 旦那に家事を自分で選んでもらう
  • 収入額でなく働いている時間で考えてもらう
  • 一度経験してもらう

当項目では、旦那に家事のことを理解してもらい協力してもらうためにできる対策を具体的に紹介します。

 

妻の状況を説明し話し合う

自分の置かれている状況を説明し、話し合うことが大切です。

 

話し合う時に以下の点に注意して話し合いましょう。

  • 具体的に大変な状況を伝える
  • 具体的にどうして欲しいのかをきちんと伝える
  • 旦那を責めない
  • お願いする言い方をする
  • 旦那の意見もよく聞く

妻が「大変だ」「きつい」と言っても旦那は具体的にイメージや理解ができないことがあります。

 

旦那は妻の話の内容が具体的に理解できていないので

  • うちの嫁は大袈裟だ
  • 甘えている

と勘違いして、本気で聞いてくれない可能性も否定できません。

 

旦那と話す時には

  • 具体的にどう大変なのか?
  • どうして欲しいのか?

など要点がしっかりとわかる言い方を心がけるなら、妻が言いたいことを理解できる可能性が高くなります。

 

話し合いの時には、旦那を責めないように注意し命令口調で家事をするように要求してはいけません。

相談、お願いをする口調で話すようにしましょう。

 

家事の内容や所要時間を具体的に書き出して提出する

家事の内容や所要時間を具体的に書き出して提出するなら、家事がどれほど大変で時間が取られる仕事であるのか視覚から訴えられます。

 

特に男性は

  • 大変だ
  • きつい
  • 時間がない

などの意見だけを言われてもイメージしにくい傾向があります。

 

反対に次のものを使って説明すると、具体的に理解しやすい傾向があるようです。

  • 数字

数字や表を使って具体的なデータを提出し、家事の大変さを説明するなら、旦那に理解してもらいやすいと感じる妻は大勢います。

 

具体的にできることの一例を下記にまとめました。

  • 家事と家事にかかる所有時間を全て書き出した表を作る
  • 1日のスケジュールを作り仕事と家事がどれほどの割合を占めているかを一目でわかるようにする
  • 家事をしている時に子供の世話をする必要があるなど具体的な出来事やハプニングについて書き出す
  • 旦那が〇〇をしてくれた時にどれほど助かるかについて分かりやすくまとめておく

 

旦那にプレゼンをするつもりで視覚から一眼でわかるようにデータを作り上げておくと、旦那が理解を示してくれる可能性が高くなるのです。

  • 自分が思っていた以上に家事が多いことがわかってびっくりした
  • これだけのことを1人でこなしていたのかと驚いた

上記のような反応を示し、旦那も家事を手伝うようになった家庭も存在します。

 

旦那に家事を自分で選んでもらう

妻が旦那にやってもらいたい家事を押し付けるのではなく、全ての家事の中から旦那に選んでもらうと効果があると感じる妻も少なくありません。

  • 妻がやっている家事を細かく(小さなことまで)書いたリストを作る
  • 旦那にこれならできそうと言う内容のものを選んでもらう

 

旦那に自分で家事を選んでもらう事のメリットは、次の通りです。

  • 旦那が自分で選んだものなので続けやすい
  • 不満が出にくい
  • 旦那の得意な家事だとやりやすい

押し付けられたものではなく、自分で選んだものなので不満が出にく、続けやすいので後のち喧嘩を避けやすくなります。

 

収入額でなく働いている時間で考えてもらう

収入額ではなく、働いている時間で考えるように訴え旦那の思考回路を変えてもらうことで、旦那が協力してくれるようになることもあります。

旦那は稼いでいる収入額で判断し、妻が家事をするのもと思っているケースがあるようです。

  • お前は残業をする必要がないから家事をしても当然だ
  • どうせパートしかやってないんだから
  • 専業主婦のくせに
  • 自分は養ってやっているんだから

 

収入額ではなく旦那の仕事の合計時間と妻がパートや家事を含め、働いている合計時間で考えてもらいましょう。

24時間しかない時間の中で、ほとんどの時間を仕事にあてているから心身ともに休む暇がなくことなどを訴えることもできます。

 

この時旦那に対して、感謝の気持ちを忘れずに伝えることも大切です。

  • 家庭の収入額の割合の多くは旦那の収入であることを認める
  • 収入額では旦那が多く稼いでいることを認めた上で時間で考えて欲しいとお願いする

 

養ってやっていると思っている旦那に対して、収入額でなく時間で考えて欲しいと言うことは旦那のプライドを傷つける可能性もあります。

旦那が家族のために働いてくれていることや、生活ができていることに対する感謝を忘れないようにし感謝の言葉もしっかりと伝えましょう。

 

一度経験してもらう

旦那に家事を一度経験してもらったら、家事の大変さを初めて理解してくれたと感じる妻も少なくありません。

旦那に家事を任せる一例を、下記にまとめました。

  • 理由をつけて1日旦那に家事と子供たちのことを任せる
  • 晩御飯や朝ごはんを作って片付けまでしてもらうように提案する

 

一度家事をやってみてもらったら、旦那は

  • 思っていた以上に大変だった
  • 時間がかかる

上記の事実に気づくことが多く、自分から率先して手伝うようになることも多いようです。

 

旦那が家事に協力的でない時にありがちな原因とは?

そもそも旦那はなぜ家事に協力的でないのだろう?

と悩むことはありませんか?

 

旦那が家事に協力的でないことについて、ありがちな理由を下記にまとめました。

  • 悪気なく家事の大変さを知らない
  • 自分は十分に手伝っていると思っている
  • 旦那の収入額が多いから妻が家事をするべきだと思っている
  • 結婚するまで実家にいた
  • 家事は女の仕事だと思っている

当項目では、家事に協力的でない旦那にありがちな原因について具体的に取り上げます。

 

悪気なく家事の大変さを知らない

全く悪気なく家事の大変さを知らないので、手伝おうとしないことが考えられます。

  • 実家で全く手伝っていなかった
  • 実家では、お母さんが全て家事をやっていた
  • お母さんは完璧に家事をやっていた

実家で家事を手伝った経験がない場合や、お母さんが家事をやっていた場合、旦那は家事の大変さを全く知らない可能性が高いと言えます。

 

お母さんも以前は大変な思いをして家事をこなしていたとしても、子供の目には

  • 問題なく家事をこなしているお母さん
  • 完璧な母親像

としての記憶しかない場合も少なくありません。

 

  • おかんがやっていることが、なぜうちの嫁はできないんだ?
  • 慣れたらできるようになるんじゃない?

上記のように考え、家事自体の大変さを全く知らずに妻が傷つくようなことをしたり言ったりしがちです。

 

自分は十分に手伝っていると思っている

旦那としては、自分は十分に手伝っていると思い込んでいるのでこれ以上手伝う必要がないと勘違いしていることがあります。

  • 協力的で理解のある旦那だと思っている
  • 時々家事を手伝うことがある

上記のような状況です。

 

自分では具体的に手伝っていると思いがちな旦那の手伝い内容の一例を、下記に挙げました。

  • ゴミ出しをする(ゴミは集めない)
  • ときどきご飯を作る(買い物や片付けはしない)

ゴミ出しをしたり、ときどきご飯を作ってくれたりするものの、ゴミを集めたり片付けをしたりせずに最後まで家事を終わらせない状況です。

 

妻からすると

  • 初めから最後までやってから言って欲しい
  • ときどきご飯を作るからって威張らないで欲しい
  • そもそも家事を手伝うという考え方がおかしいと思う

と考えがちで、旦那と妻の間の意見が食い違いがちです。

 

旦那の収入額が多いから妻が家事をするべきだと思っている

旦那が経済的に家族を養っていると思っているので、家では家事をする必要がないと思っているケースも少なくありません。

自分の仕事内容や収入額を理由にして、妻が家事をするべきだと思っている旦那にありがちな状況の一例を下記にまとめました。

  • 妻も働いているけど収入額は自分の方が上
  • 家族を養ってやっているから、妻が家事をして当然
  • 仕事で働いているのに家に帰ってまで、なぜ働かないといけないのか理解できない

 

収入額を理由にして自分は何もしなくていいと思い込んでいる旦那は

  • 働いているから自分は家では何もしなくていい
  • 妻の方が収入額が少ないから自分の方が上

という妻を上から目線で見ている態度が出ていることもあります。

 

結婚するまで実家にいた

結婚するまで実家にいたことが原因であることも考えられます。

男性だけに関わらず、独身の頃に実家暮らしをしていた人にありがちな環境は次の通りです。

  • 今まで自分の好きなことをやってこれた
  • 家事は親がやってくれた
  • 家事をしなければならないと言う発想がない

 

結婚した後も、家事など面倒なことは妻がやってくれると思い込んでいることも少なくありません。

そもそも家事を協力すると言う発想自体が、ないこともあり得ます。

 

家事は女の仕事だと思っている

家事は女の仕事だと思い、協力する必要がないと思っている旦那もいます。

世界的に見ると、日本の男性は家庭で家事を協力する認識が低いようです。

 

マイナビには、配偶者の家事に関する協力度に関する統計が載せられていました。

引用:マイナビ

 

日本人の夫婦は配偶者の家事に関する満足度に男女差が24.6と、5カ国の中でも一番高い結果です。

  • 男性:外で仕事をして家族を養う
  • 女性:家で家事をする

上記の考え方がまだ浸透してることがうかがえます。

 

旦那も家事は女性がするものだと悪気なく認識しているために、家事に協力をしなくていいと思っている可能性もあるのです。

 

旦那が家事に協力的でない時の妻の心境とは?

旦那が家事に協力的でないと、必然的に妻にかかる負担が大きくなりがちです。

 

旦那が家事に協力的でないことに関する妻の心境を、下記にまとめました。

  • 旦那が家事に協力しないからイライラする
  • 疲れていて限界
  • 帰っていても家でゴロゴロしていてムカつく
  • 家事のことで喧嘩になる

当項目では、家事をしない旦那に対する妻の本音について紹介します。

 

旦那が家事に協力しないからイライラする

旦那が家事に協力的でないことに対してイライラする妻は、大勢いいます。

家事をしない旦那にイライラしがちな状況を、下記にまとめました。

  • 旦那は家事をしないのに家の片付けにも協力的でない
  • 旦那がいると家が片付かない
  • 手伝おうとする意思や気持ちが見えないことにイライラする

 

旦那が家事に協力しようとしない態度だけでなく、妻の家事の妨げとなる行動を取ることもあります。

妻は家事をしないこと自体に対してもイライラしがちですが、出したものを片付けなかったり、服をとのまま脱ぎっぱなしにしたりする旦那の態度に対してもイライラしがちです。

 

疲れていて限界

旦那が家事に協力的でないので、心身ともに疲れて限界だと感じる妻も少なくありません。

 

妻が疲れると感じる瞬間や状況は、次の通りです。

  • 体調が悪いのに休めない
  • 家事が十分にできていないと旦那の機嫌が悪くなる
  • 週末に疲れが取れないまま新しい週を迎える

毎日の疲れはもちろんですが、特に体調が悪い時や、週末に疲れをリフレッシュできずに先週の疲れが残ったまま新しい週を迎える時に疲れたと感じます。

 

帰っていても家でゴロゴロしていてムカつく

家に帰ってきても何もせずに、ただゴロゴロして過ごしている旦那の姿を見た時にムカつくと感じる妻は大勢います。

 

特に妻が旦那にムカつくと思いがちな状況は、次の通りです。

  • 家に帰ってくるなり「ご飯は?」と言う姿にイラつく
  • ソファに寝転んでゲームやスマホをしている
  • 妻が忙しそうに動いているのに旦那は全く気にしていない姿にムカつく
  • 妻も疲れてフラフラなのに旦那が「疲れた」と言っているからイラッとする

妻の疲れや気持ちを全く考慮していない旦那の態度や、自分だけがきついと思っている態度に対してムカつくと感じます。

 

家事のことで喧嘩になる

家事が原因となって夫婦喧嘩になるカップルも、少なくありません。

 

旦那が家事に協力してくれないことが原因で、旦那と妻が言い争いになることがあります。

  • 旦那に手伝ってとお願いしたことをしていないことが分かって喧嘩になった
  • 家事をしないくせに口出ししてくるので喧嘩になった
  • 旦那に家事に協力してたと頼んだら逆ギレした

上記のように、旦那に頼んだことをしてくれていなかったり、旦那が逆ギレしたりすることで喧嘩が勃発することもあるようです。

 

旦那と妻の家事に対する意見の相違について

旦那と妻の家事に対する意見の相違があるので、夫婦で話し合った時に喧嘩になったり解決したりしないこともあります。

 

旦那と妻の家事に関するありがちな意見の相違とは、次の通りです。

  • 旦那は「手伝う」のに対し妻は「協力して欲しい」と思っている
  • ちょっと家事を手伝っただけでドヤ顔の旦那
  • 旦那が家事をしている割合の実態について

当項目では、旦那と妻の家事に関する意見の相違について具体的に紹介します。

 

旦那は「手伝う」のに対し妻は「協力して欲しい」と思っている

旦那は家事を手伝う認識であるのに対して、妻は家事を協力して欲しいと思っているケースが少なくありません。

  • 旦那側の認識:家事をするのはあくまで妻。自分は手伝ったらいい
  • 妻側の認識:家事は夫婦で協力し合ってやるもの

旦那が「家事をするのはあくまで妻で、自分は妻を手伝ってやっている」と感じている場合、妻の主張に対して納得しないのも無理はないでしょう。

 

先ほども触れましたが、日本では家事は女の仕事だと言う認識がまだ残っている傾向があります。

 

旦那は、家事を少し手伝っただけで

  • 嫁に協力的
  • 俺は理解のある旦那

と思いがちなのも理解できます。

 

ちょっと家事を手伝っただけでドヤ顔の旦那

ちょっと家事を手伝っただけで、ドヤ顔をする旦那に対してゲンナリする妻も少なくありません。

  • 家事に協力的だと本気で思っている旦那
  • 「俺手伝ってるぜ」的なアピールをしてくる

いつもはほどんど何もしないのに、ちょこっと家事を手伝ったからと言って妻に協力的な旦那だと思い込んでいる状態です。

 

妻としては

  • ほとんど何もしないくせに
  • やってるぜアピールムカつく

と感じ、イライラすることもあります。

 

旦那が家事をしている割合の実態について

旦那が家事をしている割合があまりにも少ないことに対して、妻が不満を持っていることも少なくありません。

iction!のサイトには、共働きの夫婦の家事と育児の割合についての調査結果が載せられていました。

引用:iction!

 

上記の表によると、旦那と妻では明らかに家事を負担する割合が違います。

妻が主体になって家事をするのに対し、旦那は手伝う程度という家庭が多いようです。

 

旦那に人気のある家事や育児の内容を、下記にまとめました。

  • 子供と遊ぶ
  • ゴミを出す
  • 風呂掃除

 

比較的時間がかからないもの、あまり面倒でない家事が人気です。

あくまで妻の仕事を手伝っていると言う認識があるので、できるだけ楽にできる家事をちょこっと手伝う家庭が多いことがうかがえます。

 

妻としては

  • 楽な仕事をちょこっとだけしかしてくれない
  • もっと家事をしっかりとやってもらいたい

と感じ、旦那に対して不満を持ちがちです。

 

これはNG!旦那の家事への意欲をなくす妻の行動は?

旦那の家事に協力的でない、もっと家事を手伝って欲しいと感じる時に妻としてはイラッとすることがあります。

しかし、ついイラッとして旦那の意欲を無くす言葉を発してしまうと逆効果になりかねません。

 

旦那の意欲を無くしがちなNGの言動は、次の通りです。

  • ダメ出しをする
  • 細かいことを言ってしまう
  • 感謝しない

当項目では、旦那のやる気を無くしかねないNGの言動について紹介します。

 

ダメ出しをする

旦那が家事をした時に、どんなに下手でもダメ出しをするのはやめましょう。

 

ダメ出しをされると旦那は

  • もう二度とするもんか!
  • せっかくやったのに文句を言われた

と、機嫌を損ねる可能性があります。

 

妻としては、

  • なんで基本的なこともわからないの?
  • もっとちゃんとやってよ!

とイライラするもの理解できますが、ダメ出ししたくなる気持ちをグッと堪えましょう。

 

細かいことを言ってしまう

旦那の家事に関して、細かいことを言うのは避けましょう。

特に旦那が家事を始めたばかりの初心者の場合、旦那の家事に対してダメ出ししたくなるポイントが数多くあることが容易に想像できます。

 

  • 旦那も妻に対していつもダメ出しされているから仕返しをしたい
  • 旦那にもダメ出しされる気持ちが分かって欲しい
  • もっと上手に家事をこなして欲しい

上記のように感じて、ダメ出しをしたくなることがあります。

しかしダメ出しをするなら、旦那のやる気がなくなる可能性も否定できません。

 

旦那のやり方で気になる点があるなら

  • ダメ出しをせずにタイミングを見計らって伝える
  • 褒めながら伝える

上記のようにダメ出しをしないで伝える方法を考えましょう。

 

感謝しない

旦那がせっかくやってくれた家事に対して、感謝をしないのはNGです。

感謝の言葉を伝えない人が与えがちな印象を、下記にまとめました。

  • やってもらって当たり前と思っている
  • 相手の気持ちを考えていない
  • プライドが高い

 

感謝の言葉がないなら、旦那は……

  • やる気がなくなる
  • がっかりする

となりかねません。

 

反対に感謝の気持ちをきちんと伝えることで、旦那に次の良い影響が与える可能性も否定できません。

  • また頑張ろう!
  • 喜んでもらえて嬉しい!

夫婦でも甘えずに感謝の気持ちをきちんと伝えましょう。

 

旦那に家事を頼んだ時の妻の本音とは?

旦那に家事を頼むことや、旦那に家事をやってもらうことに対して妻が思いがちな本音は次の通りです。

  • ぶっちゃけ二度手間
  • 頼んだことしかやらない&全てが中途半端
  • 旦那の尻拭いをするのは大変
  • ダメ出しの方法に悩んでいる

当項目では旦那に家事をやってもらう時に、妻が感じやすい心境について具体的に紹介します。

 

ぶっちゃけ二度手間

旦那に家事をやってもらったら、ぶっちゃけ二度手間だと感じている妻も珍しくありません。

妻が二度手間と思いがちな状況を、下記にまとめました。

  • 洗濯物を畳んでもらったらシワだらけ
  • 皿洗いをしてもらったら水浸し
  • ゴミをまとめないとゴミ出しをしてくれない

 

妻としては

  • 自分がやったほうが早い
  • 子供の方がまだまし

と思いついイラッとすることもあります。

 

頼んだことしかやらない&全てが中途半端

旦那に家事をお願いしたら、頼んだことしかやらず、全てが中途半端なので困ると感じる妻も少なくありません。

ありがちなハプニングの一例を、下記にまとめました。

  • 洗濯をおねがいと頼んだら、洗濯機のスイッチだけで干してくれていなかった
  • 洗濯物を取り込んでと頼んだら、取り込んだ洗濯物がそのままだった
  • お皿を洗ってと頼んだら、鍋やフライパンは洗ってくれてなくゴミもそのままだった
  • 料理をしてくれると言うからお願いしたらキッチンがぐちゃぐちゃ
  • 掃除をしてと頼んだら掃除機だけで片付けはしてくれない

 

妻がやって欲しいと思い描いているイメージと、旦那が実際にやってくれることがあまりにも違う場合があります。

旦那は自分のことを家事をしっかりこなす協力的な旦那と思いこみ、ドヤ顔をするので妻としてはイラッとしがちです。

 

旦那の尻拭いをするのは大変

上記でも紹介ましたが、旦那が家事をすると二度手間、中途半端なので旦那の尻拭いをするのが大変だと感じる妻も大勢います。

  • 初めから自分でやった方が断然早い
  • 結局自分が忙しい思いをしている
  • イライラするだけ無駄な時間

 

上記のように、妻が実際に家事に欠けている時間以上の時間を旦那の尻拭いのために使うケースも少なくありません。

特に妻の体調が悪い時や、忙しい時に旦那の尻拭いをするのはとても辛いので、旦那に感謝の言葉を伝えるのが難しいと感じるのも理解できます。

 

ダメ出しの方法に悩んでいる

旦那へのダメ出しの方法に悩んでいる妻も、大勢います。

旦那の家事が中途半端で、ツッコミどころが満載すぎるので旦那にちゃんと家事をやって欲しいと感じますがストレートにダメ出しをすると喧嘩になりかねません。

 

  • このままだと自分が辛いだけ
  • 旦那になんとかして気づいて欲しい
  • 効果的な言い方ってどうしたらいいの?

と考えて悩む妻もいます。

 

旦那に家事のやる気を出してもらうダメ出し方法とは?

  • 旦那になんとかして家事のやり方を伝えたい
  • 旦那に家事を協力して欲しい

と思うことはありませんか?

 

旦那に家事のやる気を出してもらうためのダメ出し方法は、次の通りです。

  • 具体的に褒めて感謝する
  • 一度一緒に家事を行う
  • 長いスパンで考える

当項目では、旦那がやる気になりやすい上手なダメ出し方法について紹介します。

 

具体的に褒めて感謝する

旦那のやったことは具体的に褒めて感謝すると、旦那はやる気を出しやすいようです。

例えば、下記のことに注意しながら上手に旦那を褒めて伸ばしている妻もいます。

  • すごく褒めながら伝える
  • 感謝の気持ちを具体的に伝える
  • 一度にたくさんのことを要求しない

 

ダメ出しをするのではなく、褒めて育てることが効果的のようです。

旦那を褒めて育てることに関する記事は、下記を参考にされてください。

 

一度一緒に家事を行う

家事をやってと伝えるだけでなく、一度一緒に家事を行うことで流れを覚えてもらうことも効果的だと感じる妻もいます。

 

この時のポイントは、下記の通りです。

教えるのではなく一緒に行う
旦那に家事のノウハウを教え込もうとするのではなく、あくまで家事を一緒に行いましょう。

 

旦那は妻から教えられようとすると、旦那のプライドが邪魔をしてうまくいかない可能性も否定できません。

一緒に楽しく家事をやることで、教え込まれていると言う印象がなく妻のやり方を覚えることもあります。

 

長いスパンで考える

すぐに旦那に家事を完璧にこなしてもらうことは諦め、長いスパンで考えることも効果的です。

  • 自分は家事に慣れるのにどれくらいかかっただろう?
  • 初めから完璧にこなせていただろうか?

と考えて、慣れていないことこなせるようになるには時間がかかることを心に留めましょう。

 

旦那の家事が中途半端でゲンナリする時に、考えると良いポイントを下記にまとめました。

  • 家事をやろうとしてくれるだけ感謝しよう
  • そのうち慣れてきたら上手になるかもしれない

旦那やっている家事の内容ではなく、家事を手伝おうとしてくれている事実に目を向けて感謝するなら長いスパンで考えやすくなります。

 

まとめ

旦那が家事に協力的でない時にできる具体的な対策は、次の通りです。

  • 妻の状況を説明し話し合う
  • 家事の内容や所要時間を具体的に書き出して提出する
  • 旦那に家事を自分で選んでもらう
  • 収入額でなく働いている時間で考えてもらう
  • 一度経験してもらう

 

旦那が家事に協力的でない時に、ありがちな理由や原因を再度まとめました。

  • 悪気なく家事の大変さを知らない
  • 自分は十分に手伝っていると思っている
  • 旦那の収入額が多いから妻が家事をするべきだと思っている
  • 結婚するまで実家にいた
  • 家事は女の仕事だと思っている

 

実際に旦那に家事を頼んだ時に、妻が感じがちな本音は下記の通りです。

  • ぶっちゃけ二度手間
  • 頼んだことしかやらない&全てが中途半端
  • 旦那の尻拭いをするのは大変
  • ダメ出しの方法に悩んでいる

 

旦那が家事に協力的でないと、妻にかかる負担が大きくストレスを溜めがちです。

旦那が少しでも家事と向き合ってくれるために、諦めずに工夫しながらアプローチしてみましょう。

たとえ家事が下手だっとしても、旦那に対して感謝を伝えることも忘れないでください。

 

料理をしない旦那に料理を行ってもらう効果的なアプローチ方に関する記事や、育児に関する記事は、下記を参考にしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました