【危険?】旦那が目を合わせない5つの心理!話したくない理由は?

旦那

「旦那が目を合わせないのはなぜだろう?」

「旦那に目を合わせてもらうにはどうしたらいい?」

「旦那が目を合わせないのはよくあること?」

上記のような悩みを抱えていませんか?

 

旦那が急に目を合わせなくなると、妻としてそれがなぜなのか、理由を知りたくなるのも無理はありません。

この記事では

  • 旦那が目を合わせない時に考えられる心理
  • 旦那が目を合わせないから話したくないと妻が感じる理由
  • 旦那と目を合わせる夫婦になるための5つの方法

上記の内容を、体験談を交えながら徹底解説していきます。

 

旦那が目を合わせない時に考えられる5つの心理

「旦那が目を合わせないのは、何か理由があるのでは?」

「浮気をしている可能性もある?」

旦那が目を合わせないことで、不安な気持ちに駆られる妻は少なくありません。

 

旦那が目を合わせないのには、いくつかの心理が関係していると考えられます。

  • 後ろめたいことがある
  • 気まずい
  • 一人になりたい
  • 話に集中していない
  • 気持ちが冷めている

この項目では、それぞれの心理について徹底解説していきます。

 

①後ろめたいことがある

最初に考えられるのは、やはり「後ろめたいことがある」ことでしょう。

あなたに対して何か隠し事があったり、やましい気持ちがあると、気まずくて目を合わせられなくなるのです。

 

目を合わせることで、見透かされるような気持ちになってしまうのでしょう。

  • 浮気している
  • ギャンブルにお金を使ってしまった
  • やめていたタバコを吸ってしまった

などといった理由が考えられるかもしれません。

 

②気まずい

2つ目に考えられるのは「気まずい」からです。

前日に喧嘩をした場合、あなたはもう何とも思っていなくても、もしかしたら旦那はそれを気にして気まずい思いをしている可能性があります。

 

「昨日は言いすぎてしまったな……」

「謝りたいけど、なかなか謝れない」

といった気持ちがあるのかもしれません。

 

あえて追及せず、旦那のタイミングに任せてみてもいいのではないでしょうか?

 

③一人になりたい

3つ目に挙げられるのが「一人になりたいから」です。

仕事で疲れている、または何か考え事をしたいなどの理由から、一人になりたいと思っているのかもしれません。

 

目を合わせれば、自然と会話は盛り上がります。

そのため無意識に目を合わせないようにして、会話が終わるのを待っているのでしょう。

 

もちろん妻と会話をしたくないわけではないのですが、仕事でヘトヘトになっていると

「あぁ疲れたな。静かな場所で一人でゆっくり過ごしたいな」

と思ってしまう時があるのです。

旦那の意思を尊重して、そっとしてあげるとまた元気を取り戻してくれるはずです。

 

④話に集中していない

4つ目に考えられるのは「話に集中していない」ことです。

「うん」「へぇ」などとりあえず相槌を打ってはいても、頭では別のことを考えているのかもしれません。

 

上の空になっていれば、自然と目線は別のところへ向いてしまいます。

特に話の内容に興味が持てないと、集中することもできなくなってしまうでしょう。

 

⑤気持ちが冷めている

最後に考えられるのは「気持ちが冷めている」ことです。

認めたくないことかもしれませんが、可能性の一つとして頭に入れておきましょう。

 

気持ちが冷めた相手との会話に身が入らないのは当然です。

「何を話しても目を合わせてくれない」

「昔は目を合わせてくれたのに、だんだんと目を合わせなくなってしまった」

急な変化ではなく「そういえば最近目を合わせていないな」と感じたら、危険サインかもしれません。

 

それでも旦那の気持ちが冷めてきたことに、早めに気が付くことができたのです。

まだ旦那の気持ちを取り返せるチャンスは十分にあるでしょう。

 

旦那が目を合わせないから話したくないと妻が感じる理由

「目を合わせない旦那と話なんてしたくない」

「話しても目を合わせないから、聞いてるのか聞いていないのか分からない」

旦那が目を合わせないことで、話す気も失せると感じる妻は少なくありません。

 

旦那が目を合わせないと、妻が話したくないと感じるのにはいくつかの理由が考えられます。

  • 虚しさを感じる
  • イライラしてしまう
  • 子供への影響を考えて

 

なぜ話したくないと感じるのか、その原因を探ることで、解決の糸口が見つかるかもしれません。

この項目では、妻が話したくないと感じる理由について徹底解説していきます。

 

①虚しさを感じる

最初に挙げられる理由が「虚しさを感じる」からです。

一生懸命話していても、目を合わせてくれないと

「私に興味がないのかな」

と虚しい気持ちになってしまうのです。

 

目を合わせないどころか、テレビやスマホをずっと見ながら会話されると、話したくなくなるのも無理はありません。

「どうせ興味がないのだから……」

と考えて、毎日の報告や子供たちの成長を話す頻度がだんだん減っていってしまうのです。

 

②イライラしてしまう

2つ目は「イライラしてしまう」という理由です。

「真剣に話しているのに、ちゃんと聞いてくれない」

と感じて、苛立つのも無理はありません。

 

子供の話や将来の話など、大事な話をする時はせめて目を見て話を聞いてほしいですよね。

子供のころから「相手の目を見て話す」と教わってきた人ほど、目を合わせない旦那を見ているとイライラしてしまうのかもしれません。

 

③子供への影響を考えて

3つ目に「子供への影響を考えて」という理由が挙げられます。

「父親の影響で、子供も人の目を見て話さない子になったらどうしよう」

と子供の将来を不安に思っているのでしょう。

 

子供は両親の会話の様子を、意外とよく見ているものです。

ずっとその環境で育っていると、目を合わせないで話す状況が当たり前だと思ってしまう可能性はあるでしょう。

 

旦那と目を合わせる夫婦になるための5つの方法

「旦那と目を合わせる夫婦になりたい」

「どうやったら目を見て会話ができるようになるのだろう?」

どんな理由があるにせよ、目を合わせる夫婦になるためには妻であるあなたの努力が必要になります。

 

具体的には以下のような方法がおすすめです。

  • 少しでも顔を合わせる時間を増やす
  • 旦那がリラックスできる空間を作る
  • 大事な話をする時はテレビを消す
  • やんわりと聞いてみる
  • 感謝を伝える

この項目では、目を合わせる夫婦になるための秘訣を徹底解説していきます。

 

①少しでも顔を合わせる時間を増やす

最初に挙げられるのは「少しでも顔を合わせる時間を増やす」ことでしょう。

目を合わせないことで、心の距離が離れていくのを防ぐためです。

 

「話をしたくない」と感じれば、自然と旦那を避けるようになっていきます。

会話が減れば、夫婦の関係も冷めてきてしまいます。

 

そうならないためにも、できるだけ同じ空間に生活し、顔を合わせる期間を増やすことは大切です。

少しずつ時間を増やし、お互いの存在に慣れていきましょう。

 

②旦那がリラックスできる空間を作る

2つ目は「旦那がリラックスできる空間を作る」だと言えます。

家の中がピリピリした空気だと、旦那も「話したい」とは思えないはずです。

 

家の中をキレイに片付け、リラックスできる空間を作りましょう。

コーヒーや紅茶など、旦那が好きな飲み物を用意することもリラックスさせることに繋がります。

 

リラックスできる状態で会話をすることで、目を合わせる機会も増えることが期待できます。

 

③大事な話をする時はテレビを消す

3つ目の方法は「大事な話をする時はテレビを消す」ことです。

テレビがついていると、どうしても視線はテレビに向いてしまい、目が合わなくなってしまいます。

 

目を合わせやすくするためにも、テレビは消すようにしましょう。

いきなり消すとびっくりするでしょうから「大事な話があるんだけど」と前置きした上で消すといいかもしれません。

 

④やんわりと聞いてみる

4つ目の方法は「やんわりと聞いてみる」ことが挙げられます。

「急に目を合わさなくなった」

など、突然のケースであれば、何かしら理由があることが多いからです。

 

「何か怒ってる?」

「昨日から目を合わせてくれないけど、何か考え事?」

というように、目を合わせないことを責めるのではなく、やんわりと理由を聞いてみましょう。

 

もしかした本人は「全然気が付いていなかった!」なんてことも考えられます。

「何があったのだろう」と一人で悩んでいるよりも、聞いてしまった方があっさり解決するかもしれませんよ。

 

⑤感謝を伝える

最後は「感謝を伝える」ことです。

結婚してしばらく経つと、お互いに感謝の気持ちを忘れがちになります。

 

目を合わせてくれない旦那に感謝の気持ちを言葉にするのは、確かに相当ハードルが高いことです。

しかし感謝の言葉を伝えることで、心の距離を少しずつ縮めることができます。

 

何も「結婚してくれて感謝してる」なんてことを伝える必要はありません。

荷物を持ってくれた時に「ありがとう」と伝えたり、車で送ってくれた時に「助かったよ、ありがとう」と笑顔で言うだけでいいのです。

 

最初は難しいと感じるかもしれませんが、あえて言葉にしていくうちに、感謝の気持ちを自然と持てるようになっていきます。

 

旦那が目を合わせない!悩める妻たちの体験談

旦那が目を合わせないことに、悩んでいる妻は少なくありません。

世の中の女性が、目を合わせない旦那にどのような感情を持っているのか、またどんな対応をしているのか、体験談をご紹介します。

 

結婚5年目です。

もう、2年位は目が合わないことに気づいてます。
子供は2才半とお腹に9ヶ月が一人です。

話したいことがあってもテレビやパソコンから、顔を向けられることは無くて、なんだか虚しいです。

話しかけても、だいたい3回目位で気づくので何度も言わないとならなくて面倒でもあります。
話をしていても、関係ないところで思い出し笑いをしたり、唐突に別の話を始めたり聞いていないのは明らかです。

今日、真似して夫と目が合わないようにしてみました。
テレビから目を離さずに会話です。
夫は普段と違う私にビクビクして、なんで機嫌悪いんだと怒ってました。

引用:発言小町

2年間、旦那と目が合わないという女性の体験談です。

この女性はあえて旦那に同じ対応をしてみたとのこと。

目を合わせないことがどんなに悲しいことなのか、一度やってみるのもいいかもしれません。

 

旦那が目を合わせません… 話すときなど目を合わせず、反対を向いて話すのです。恥ずかしいとかなんとか…。

付き合いが長くなるとそうなってきたので、何度か喧嘩はしてます。そしたら横をむくのがしんどいとかめんどいとかなんとか…それでもそのときは向くようにしてくれてましたが、結婚してからは…

家族はすをだせるものだから気を使ったり、恥ずかしいことを無理にしなくてもいいのでは?という考えっぽいですが、これがねーとか話した時にこちらをむかないと寂しいというか話す気失せてしまいイライラします。

引用:Yahoo!知恵袋

やはりこの女性のように、目を合わせない旦那と話しても「話す気が失せる」「イライラする」と感じる妻は少なくありません。

結婚していても「恥ずかしい」と感じる男性もいるようですね。

 

まとめ

旦那が目を合わせない時に考えられる心理には、以下のようなものが挙げられます。

  • 後ろめたいことがある
  • 気まずい
  • 一人になりたい
  • 話に集中していない
  • 気持ちが冷めている

 

旦那が目を合わせないと、妻たちは「話したくない」と感じることが多いようです。

「話したくない」と感じるのは、主に3つの理由が考えられます。

  • 虚しさを感じる
  • イライラしてしまう
  • 子供への影響を考えて

 

目を合わせる夫婦になりたいと思うのであれば、次の方法を試してみましょう。

  • 少しでも顔を合わせる時間を増やす
  • 旦那がリラックスできる空間を作る
  • 大事な話をする時はテレビを消す
  • やんわりと聞いてみる
  • 感謝を伝える

 

旦那が目を合わせてくれないと「寂しい」「虚しい」と感じるのは自然なことです。

「性格だから仕方ない」とあきらめてしまう前に、自分にできることをまず試してみてはいかがでしょうか?

 

イライラしてしまう気持ちは分かりますが、責めるような言い方をしてしまうと、ますます旦那との心の距離が離れてしまいます。

少しずつ時間をかけて、心の溝を取り除いていきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました