【後ろめたい?】旦那が介護職だから恥ずかしいと感じるのは悪い?妻の本音5選とは?

旦那

「旦那が介護職だから恥ずかしいと思ってしまう」

「旦那が介護職であることを他の人には言えない」

「旦那が介護職で大変ねって周囲に言われる」

と悩んでいませんか?

 

旦那のことが好きで結婚したはずなのに、旦那の職業がのことで周囲の反応や圧力に流されて後ろめたくなってしまうことってありますよね。

そこで、旦那の職業が介護職の妻たちの本音や実際の状況、恥ずかしいと感じがちな理由について徹底的に調べました。

 

当項目で紹介するのは、次の通りです。

  • 恥ずかしい?旦那が介護職についている妻たちの本音とは?
  • 介護職の家庭の現実とは?
  • 介護職が恥ずかしいと言われがちな理由とは?

 

介護職で働いている人との結婚を考えている方や、今旦那が介護職についていることで悩んでいる方はぜひ最後までお読みください。

気持ちの整理をする助けになると、幸いです。

 

恥ずかしい?旦那が介護職についている妻たちの本音5選とは?

旦那の職業が介護職であることを気にしている人もいれば、全く気にしていない人もいます。

 

旦那の職業が介護職の場合、妻たちが思いがちな本音は次の通りです。

  • 恥ずかしいからママ友の間では会社員と言っている
  • 給料が安い
  • とにかく大変&生活が苦しい
  • 誇りに思う
  • 将来が不安
  • 世間の反応が冷たいことも

当項目では、旦那の職業が介護職の時に妻が思いがちな心境を紹介します。

 

恥ずかしいからママ友の間では会社員と言っている

旦那が介護職であることを、恥ずかしいと感じる妻もいます。

私の旦那は介護職。
それがどうしても人には言えない。
私の職場の人にもご近所さんにも友達にも言ってない。

医療関係です、なんて話を盛る気にもなれずに会社員で通してる。

引用:ママスタ

 

介護職を恥ずかしいと感じる妻たちの心境を、下記にまとめました。

  • 周囲から冷たい目で見られるのが嫌
  • ママ友たちの年収とは格段に違うから言い出せない

 

上記のように、旦那の仕事自体を恥ずかしいと思っているのではなく周囲からの反応が怖いと感じることの方が多いようです。

周囲の目を気にして、恥ずかしいと感じる妻たちは珍しくありません。

 

給料が安い

旦那の職業が介護職だと給料が安いと感じている妻は、大勢います。

介護職!
給料ほんとに安いし、夜勤が多くて家にあんまりいないし、いてもほぼ寝てるからつまんない。

引用:ガールズちゃんねる

 

旦那の給料が安いと感じる妻が感じがちな本音を、下記にまとめました。

  • 一生懸命に働いているのに給料低すぎ!
  • 共働きじゃないとやっていけない
  • 子供を持つことをためらう

 

上記のように、旦那の給料だけじゃやっていけないと感じる妻たちは大勢います。

特に子供を持つことについて躊躇してしまうことも、珍しくないようです。

 

介護職はとにかく生活が大変&苦しい

旦那が介護職だと、とにかく生活が大変で苦しいと感じる妻たちも、珍しくありません。

給料が手取り16万。
共働きじゃないととてもじゃないけど、やっていけない。
夜勤もするから夫婦の時間がない。

引用:ガールズちゃんねる

 

生活が苦しく大変だと感じる妻たちが感じがちな本音を、下記にまとめました。

  • 給料が低いから苦しい
  • 夜勤や早朝出勤などシフトがきついから大変
  • 家では疲れ切っていつも寝ているから夫婦の時間が取れない
  • 家族旅行を計画できない

 

上記の本音から考えると、妻たちが大変&きついと感じる理由は主に次の3つであることがうかがえます。

  • 経済面
  • 仕事の大変さ
  • 家庭の時間が取れない

ハードな仕事で、家族の時間も取れないのに給料は低いのであれば、妻たちの不満が出るとしても、無理もありません。

 

誇りに思う

旦那が介護職で一生懸命に働いていることを誇りに思っている妻も、大勢います。

確かに給料安いです。
でも旦那は介護の仕事が楽しいと言っていますし、そう言える旦那を私は尊敬しています。
上を見ればきりがないと思っているので、別に私は不満に思ってないです。

引用:ガールズちゃんねる

 

旦那のことを誇りに思う妻の心境を、下記にまとめました。

  • 大変な仕事なのに好きだと言える旦那はすごいと思う!
  • 誇りと責任を持って仕事をする態度を尊敬する
  • 給料のことを言い出したらキリがない

 

上記のように旦那が介護職の仕事に取り込む姿勢を見て、尊敬する妻は少なくありません。

給料が高い低いの問題以前に、旦那の特質に惚れ込んでいるようです。

 

将来が不安

将来のことを考えて不安になる妻も、少なくありません。

若いウチは体力があるから良いですが
年々キツくなる一方だと思います

給料安いし

引用:ガールズちゃんねる

 

将来が不安になる心境を下記にまとめました。

  • 彼氏が介護職だから結婚をためらっている
  • 今は若いけどこのままずっと続けていけるのかと思う
  • 貯金ができていない
  • 体を壊さないか心配

 

妻だけでなく、介護職の男性と交際している女性も「このまま結婚して大丈夫だろうか?」と悩むことがあります。

とてもハードな仕事なので、体を壊して仕事を継続できないかもしれないと将来のことを心配する妻も少なくありません。

 

旦那が介護職についている家庭の現実とは?

旦那がこれから介護職に就こうとしている場合や、介護職の彼氏とこれから結婚する場合は特に次のことが気になりますよね。

  • どんな生活になるのだろう?
  • やっていけるのだろうか?

 

当項目では、旦那が介護職についている家庭にありがちな状況とは次の4つです。

  • 共働きが多い
  • 周囲の金銭感覚についていけない
  • 夜勤や早朝出勤が多い
  • 介護職を馬鹿にされる
  • 優しい旦那で尊敬する

当項目では、旦那が介護職についている家庭にありがちな状況を紹介します。

 

共働きが多い

旦那が介護職だと、共働きの家庭が多い傾向にあります。

  • 将来に備えて貯金もしたい
  • 旦那の給料だけじゃやっていけない

 

上記のように、家計を支えるために妻が働く必要を感じている家庭も少なくありません。

特に子供を育てることや、将来に備えて貯金をしたい場合は夫婦共働きになるケースが多いようです。

 

周囲の金銭感覚についていけない

周囲の金銭感覚についていけないと感じる状況が、多い傾向にあります。

 

例えば、次の状況で金銭感覚が合わないと感じることも少なくありません。

  • ママ友とのランチ
  • 子供の習い事
  • 日常的な会話

 

付き合いによっては同僚やママ友とランチに行くこともありますよね。

  • どのお店に行くか?
  • 上限金額はいくらか?

など、お店の選び方で金銭感覚の違いを感じることも少なくありません。

 

そもそも、ランチには行かず子供たちとお弁当を持ってピクニックへ行くなど他の方法で楽しむ家庭もあります。

子供の習い事に関する話や生活に関する話などちょっとした会話の中で、金銭感覚のズレを感じることも珍しくありません。

 

夜勤や早朝出勤が多い

介護職は夜勤や早朝出勤が多いので、シフトによって旦那の生活は不規則になりがちなのは、仕方がありません。

 

例えば、夜勤や早朝出勤が多いと起こりがちな状況を下記にまとめました。

  • 夜勤で家にいないことも多い
  • 朝早く出かける
  • 家に帰ってきたら疲れ果てて爆睡している

上記のように、仕事のシフトが不規則なのはストレスですし体力的にもきついですよね。

 

妻には次の負担がかかる可能性も否定できません。

  • 旦那がいなくてつまらない
  • 寂しい
  • 子育ての負担がかかることも

 

大好きな旦那と夜に2人でゆっくりと過ごせないことを寂しいと感じることもありますし、夜に子供を1人で世話するケースもあります。

仕事だから仕方がないとわかっているものの、一緒にいられない時も多いと寂しく感じるのは無理もありません。

 

介護職を馬鹿にされる

旦那が介護職であることを、馬鹿にしたり見下したりする人がいるので嫌な思いをする妻も少なくありません。

知人に旦那の職業を話したら「ああ・・・」と言ってうなずかれました。
何かどうリアクションしていいのか困ってるような感じでした。

引用:ママスタ

 

旦那が介護職だと、周囲に示されがちな反応は次の通りです。

  • 反応に困った表情をされる
  • 「大変でしょ〜」と明らかに同情的な顔をされる
  • 見下される
  • 低所得者扱いをされる

 

妻自身が気にしていなくても、周囲から同情的な反応や困った反応をされるのは気持ちのいいものではありません。

「めんどくさい」「嫌だ」と感じたり「なんでそんなに言われないといけないの?」と理解に苦しむこともあります。

 

優しい旦那で尊敬する

介護職についていると、知り合いでない高齢者に対しても優しく接することも多く旦那を尊敬する妻も大勢います。

 

妻が旦那を尊敬しがちな状況は、次の通りです。

  • 高齢者に対して辛抱強く接している
  • 旦那の態度から優しさを感じる
  • 高齢者だけでなく基本的に優しい
  • 家族を大切にする

 

特に知らない高齢者に対して、とても親切に接している態度を見て「優しい」と感じる妻は大勢います。

人生の先輩に対して、旦那が丁寧に接する様子を見るのは嬉しいですよね。

 

妻としては、少々ストレスに感じることがあったとしても特質の良い旦那を見た時に

  • 人として尊敬する
  • この人と結婚してよかった

と感じ、尊敬しているのもうなずけます。

 

旦那を尊敬している妻に関する記事は、下記を参考にされてください。

 

介護職が恥ずかしいと言われがちな理由と現実は?

先ほども紹介した通り、旦那が介護職だと世間の目を気にして「恥ずかしい」と思うこともあります。

  • ちゃんと仕事をしているのになぜ恥ずかしいと言われないといけないの?
  • 何が恥ずかしいの?

と疑問に思うこともあるのではないでしょうか?

 

介護職はとても重要で立派な仕事なのに、恥ずかしいと言われがちな理由とは次の通りです。

  • 給料が低い!平均年収306万円
  • 誰でもできる仕事と思われがち
  • 悪いイメージを持たれがち
  • 介護職は勝ち組を言われるステータスから外れている
  • 持ち家が持てない?

当項目では、介護職が恥ずかしいと言われがちな理由について迫ります。

 

給料が低い!平均年収306万円

介護職は平均年収に比べると、全体的に年収が低い傾向にあります。

求人ボックスに紹介されている介護職で正社員として働いている平均年齢とは、次の通りです。

求人ボックスによると、介護福祉施設で正社員として働いている場合の平均年収は次の通りです。

引用:求人ボックス

 

介護職で働いている男性の平均年収情報についても、求人ボックスにのせられていました。

引用:求人ボックス

 

以上3つのデータをまとめた、介護職で働く男性の給料情報とは次の通りです。

  • 介護職全体の平均年収:306万円
  • 介護施設で働く人の平均年収:338万円
  • 介護職で働く男性の平均年収:365万円

 

国税庁によると、日本男性の平均年収は461万円なので介護職は平均年収より低い傾向にあります。

「年収=ステータス」と考えている人から見ると、年収の低い介護職は恥ずかしいと思われがちす。

 

ちなみに、介護職で収入を増やしたい場合に考える方法は次の通りです。

  • 他の資格を取る
  • 管理職に就く

介護職の中でさらに、ケアマネージャー、喀痰吸引等研修、認知症ケア専門士などの資格を身につけることで年収がアップする可能性は高くなります。

 

誰でもできる仕事と思われがち

介護職は誰でもできる仕事だと思われがちなので特に男性が介護職で働いていると、見下されることがあります。

誰でもできる仕事だと思われがちな理由は、次の通りです。

  • 高学歴でなくても働ける
  • 比較的簡単に資格を取得できる
  • 資格がなくても働けることもある

 

介護福祉士は国家資格ですが、合格率は70%前後です。

比較的取得しやすい資格である他、専門学校に行く(大学、短大もあり)と国家試験を受ける権利を持てるので高学歴は必要ありません。

 

そのため誰でもできる職種だと思われがちで、次のように誤解されることもあります。

  • 結局のところ学歴が低いから介護職に就くしかないんでしょ
  • 学校で遊んでたんでしょ

 

しかし実際のところ、介護職を続ける場合、次のことが必要です。

  • 体力
  • 忍耐力
  • 優しさ

人と接する介護職はとてもハードで、忍耐力や体力、人としての優しさも必要なので誰でもできる職種ではありません。

 

悪いイメージを持たれがち

介護職は悪いイメージを持たれがちで、比較的人気の低い職種です。

  • 吐物、排泄物を処分するも多い
  • とにかく体力的にきつい
  • 腰をやられる
  • 給料は低い
  • 人の命を預かる仕事

 

上記のように、吐物や排泄物を処分するなどの仕事など多くの人が好まない作業や、お風呂に入れてあげるなどの体力仕事が伴います。

腰をやられるほどにハードな仕事なのに、給料は低いなどあまり良いイメージを持たれないことも珍しくありません。

 

介護職は勝ち組と言われがちなステータスから外れている!

勝ち組、負け組という言葉を、耳にしたことがあるかもしれません。

一部の人たちが言っている言葉で、結婚した旦那の条件でその人の勝ち負けが決まるという考え方です。

 

一般的に結婚条件で勝ち組だと言われがちなステータスを、下記にまとめました。

  • 旦那の年収が高い
  • 旦那が高学歴
  • みんながうらやむ仕事(医者や弁護士、銀行員など)についている
  • 生活レベルが高い
  • 背が高くかっこいい

 

上記のように、年収や学歴、職種が重要視されがちです。

介護職はいわゆる一部の人が勝ち組と考えている条件に満たないだけでなく、平均年収以下なので見下されることもあります。

 

勝ち組の考え方については、次の記事を参考にされてください。

 

持ち家が持てない?

旦那が介護職だと、持ち家が持てないのではないかと懸念されることもあります。

しかし実際には、持ち家を持っている家庭は少なくありません。

 

ヤフー不動産でも介護職で持ち家は持てるのかという質問がなされており、それに対する回答では家を持っている人がいました。

まだ持ってないが近いうちに建てます。
職場でも結婚している男性職員の半数以上が持ち家です。介護職だから家を建てられないってのはよほどの都会に建てたいか、金遣いの荒い人です。

引用:ヤフー不動産

 

旦那が介護職の多くの家庭は、家を購入しているようです。

  • 給料が低いからローンを組めないイメージ
  • 家を建てられないイメージ

上記のイメージが勝手に作られている可能性も、否定できません。

 

旦那が介護職で恥ずかしいと感じる時の対策は?

  • 旦那のことを誇りに思っている!
  • あまり気にしていない!

とは言ったものの周囲の反応に押されて、旦那が介護職であることを恥ずかしく感じるもありますよね。

 

旦那が介護職であることを恥ずかしいと感じる時に、妻ができる具体的な対策は次の通りです。

  • 介護職についてもう一度理解する
  • 誰でもできる仕事ではないことを再確認する
  • 旦那に感謝できることを探す
  • 年収が高い=勝ち組ではないことを考える
  • 家族で仲良く暮らす方法を考える

当項目では、旦那の介護職という仕事のことを恥ずかしいと感じてしまった時にできる具体的な方法を紹介します。

 

介護職についてもう一度理解する

介護職について、もう一度理解することが助けになると感じる妻は大勢います。

 

先ほども紹介した通り、介護職は次の悪いイメージを持たれがちです。

  • 頭が悪い人でもできそう!
  • 誰でもできる仕事
  • 家も持てないほどに低所得

が実際には勝手なイメージであることも、少なくありません。

 

  • 旦那がどれだけ大変な仕事をしているのか?
  • どれだけ苦労して今のスキルを身につけたのか?

上記のように旦那の努力や仕事内容に焦点を当てて、介護職についてもう一度理解すると見方の角度が変わることもあります。

 

【ポイント1】

  • 旦那の仕事について理解する努力を再度やってみよう!
  • 旦那がスキルを身につけるまでにやってきた努力や仕事内容に焦点を当てよう!

 

誰でもできる仕事ではないことを再確認する

介護職は誰にでもできる仕事ではないことを、再確認しましょう。

先ほど紹介した通り、介護職についてもう一度理解する努力をしたなら介護職は誰でもできる仕事ではないことがわかります。

  • 忍耐力や体力が必要
  • 誠実な人
  • 優しい人

 

上述のように一般的に嫌だと思われがちな作業や、ハードな仕事をこなす必要があるため忍耐力や体力が必要です。

人生の先輩を相手にする仕事なので、人に対する誠実さや優しさ、人を尊重する気持ちがなければ続きません。

旦那の仕事をもう一度考え直すと、旦那のことを尊敬し直せる可能性があります。

 

【ポイント2】

介護職は決して誰でもできる仕事ではないことを再認識しよう!

 

旦那に感謝できることを探す

恥ずかしいと感じる時には、往々にして旦那についてネガティブな考えをいだきがちです。

旦那の職業が恥ずかしいと感じる時こそ、旦那に感謝できることをリストアップしましょう!

 

旦那と結婚して良かった点、旦那に感謝している点を考えてみてください。

  • 優しい
  • 両親に対する態度が誠実
  • 家族思い
  • 一生懸命に働く

 

上記に挙げた頃はごく一部ですが、リストアップしていくうちに旦那の良いところを再確認できるケースも少なくありません。

旦那の良い点を考えるとネガティブな気持ちが小さくなり、旦那に対するポジティブな思いが大きくなりがちです。

 

【ポイント3】

  • 旦那に感謝できることや結婚して良かったことをリストアップしよう!
  • 旦那を選んだ自分に自信を持とう!

 

年収が高い=勝ち組ではないことを考える

年収が高い、良い職業についている旦那と結婚した人は勝ち組というのは、一部の人が言っている考え方であることを忘れないでください。

旦那のことを本当に知らない他の人が言っているステータスに、左右される必要はありません。

 

実際に年収がいくら高くても、幸せな結婚生活が送れていないと感じている妻たちもいます。

引用:Yahoo!知恵袋

上記のように、高所得者と結婚しても幸せになれるとは限りません。

 

幸せの度合いは、年収額には左右されないことがわかります。

旦那の良いところをよく知っているのはあなたですから、旦那を選んだ自分に自信を持ちましょう!

 

【ポイント4】

世間一般に言われがちな「収入=勝ち組」の考えを忘れよう!

 

家族で仲良く暮らす方法を考える

家族で仲良く暮らす方法を探すことも、大切です。

他の人と比べて落ち込んでも状況は変わりませんが、自分の見方は変われます。

 

自分たちなりの楽しみ方を、工夫して探しましょう。

  • お金をかけずに楽しめる方法を探す
  • 家族仲が良くなる方法を探す
  • 夫婦の時間を作る工夫をする

自分たち家族は幸せだと胸を張って言える状況を作るなら、周囲の冷たい声に左右されずにすみます。

 

【ポイント5】

  • 他と比べても仕方がない!
  • 自分の家族が仲良く暮らす方法を探して工夫しよう!

 

旦那とずっと仲良しでいる秘訣については、下記を参考にされてください。

 

まとめ

旦那が介護職についていることで、妻が感じがちな本音は次の通りです。

  • 恥ずかしいからママ友の間では会社員と言っている
  • 給料が安い
  • とにかく大変&生活が苦しい
  • 誇りに思う
  • 将来が不安
  • 世間の反応が冷たいことも

 

旦那の仕事が介護職の家庭でありがちな状況を、下記にまとめました。

  • 共働きが多い
  • 周囲の金銭感覚についていけない
  • 夜勤や早朝出勤が多い
  • 介護職を馬鹿にされる
  • 優しい旦那で尊敬する

 

周囲に影響されて旦那が介護職であることを恥ずかしく感じた時にできる対策を再度紹介します。

  • 介護職についてもう一度理解する
  • 誰でもできる仕事ではないことを再確認する
  • 旦那に感謝できることを探す
  • 年収が高い=勝ち組ではないことを考える
  • 家族で仲良く暮らす方法を考える

 

旦那が介護職だと、共働きになったり夜勤で家にいなかったりと妻にも負担がかかりやすいのは事実です。

周囲の冷たい反応に傷つく妻も少なくありません。

しかし、そんな時こそ旦那の優しい点や尊敬できる点、感謝できる点を探し旦那を選んだ自分に自信を持ちましょう。

 

低収入に関する記事や実際に妻が働くときの扶養についての記事は、下記を参考にされてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました