【少ない?】旦那の給料が手取り40万だとお小遣いや貯金額はどれくらい?

旦那

「旦那の給料が手取り40万のときお小遣いはいくら渡せばいい?」

「旦那の給料が手取り40万の家庭ではみんどのくらい貯金しているのかな」

「旦那の給料が手取り40万なら専業主婦になれる?」

上記のようにお考えではありませんか。

 

お小遣いや貯金額などのお金のことって、気になるけど人には聞きづらいですよね。

そこで当記事では以下の内容についてまとめています。

  • 旦那の給料が手取り40万のとき旦那のお小遣いの金額は?
  • 旦那の給料が手取り40万のとき貯金額はどれくらい?
  • 旦那の給料が手取り40万なら専業主婦になれる?

 

旦那の給料が手取り40万の家庭の金銭事情について気になる方は、ぜひ当記事を最後までご覧ください。

お読みいただければ、お小遣いの金額や貯金額などが詳しくわかるはずです。

 

旦那の給料が手取り40万のとき旦那のお小遣いの金額は?

まずは旦那の給料が手取り40万の場合のお小遣いの金額についてご紹介します。

 

各家庭によってさまざまな金額がありますが、ざっくりまとめると以下の4つに分けることが可能です。

  • 昼食やガソリン代は含めないので3万円
  • 手取り額の1割が妥当ということで4万円
  • タバコやら付き合いやらで必要らしく5万円
  • 昼代込みなので多めの8万円

それでは内容を詳しくみていきましょう。

 

昼食やガソリン代は含めないので3万円

1つめは昼食やガソリン代は含めずに3万円が挙げられます。

1日千円として1ヶ月で3万円という計算です。

 

40万稼いでいると考えると少ないような気もしますね。

しかし、お小遣いを使う機会はそれほど多くないでしょうから、旦那さんが納得しているのなら問題ないでしょう。

 

手取り額の1割が妥当ということで4万円

2つめは手取り額の1割ということで4万円が挙げられます。

お小遣いは手取り額の1割という計算方法を用いている家庭は多いようです。

 

固定の金額ではなく割合にすることで、もし旦那の給料が上がった場合にはお小遣いも上がることになります。

頑張った結果が還元されるので旦那の仕事に対するモチベショーンも上がるのではないでしょうか。

 

タバコやら付き合いやらで必要らしく5万円

3つめは少し多めの5万円です。

タバコ代飲み会などの付き合いで出費がかさむという理由で、多めに設定されていると考えられます。

 

個人的には「タバコは健康のためにもやめてほしいし、やめれば節約できるから一石二鳥」と考えてしまいますが、きっと優しい奥さんなのでしょう。

付き合いは仕事の延長で嫌でも行かなければならないときもありますから、そのぶんお小遣いも増えてしまいますね。

 

昼代込みなので多めの8万円

4つめは昼食代込みなので8万円が挙げられます。

昼食代が1日千円として、純粋なお小遣い額は5万円というところでしょうか。

 

昼食代込みとしても少し多いと思われます。

共働きの場合は可能かもしれませんが、旦那さんの収入だけで生活している場合は生活費を切り詰めないと厳しいでしょう。

 

旦那の給料が手取り40万のとき毎月の貯金額はどれくらい?

次に旦那の手取りが40万円のときの毎月の貯金額はどれくらいなのでしょうか。

ネットで調べてみたところ、以下の3つがありました。

  • 4万が多数!
  • 妻が働いている場合、妻の収入は全額貯金!
  • 貯金できていない家庭も……

 

貯金額も他人にはなかなか聞きづらいですよね。

さっそく詳細を確認していきましょう。

 

4万が多数!

ネットで検索してみたところ、4万円という意見が多く見られました。

旦那 私 中学生 小学生高学年の4人家族

夫 小遣い 5万
私 小遣い 1万
貯蓄 4万

参考サイト:WOMAN’S PARK

一部を抜粋してご紹介しておりますので、詳しくは参考サイトにてご確認ください。

 

手取り額の1割として4万円を貯蓄にまわしているようです。

貯金するときは給料天引きなどの先取り貯金をすることで、うっかり使い込んでしまうことがなくなります。

 

妻が働いている場合、妻の収入は全額貯金!

共働きの場合は妻の収入を全額貯金にまわしている家庭が多いようでした。

普通は夫婦共働きの場合、奥さんの収入は全て貯金して旦那さんの収入のみで生活しています。

参考サイト:yahoo不動産

 

妊娠や出産などで妻の収入は減ることがあります。

つまり、妻の収入から生活費を出しているといつか足りなくなってしまうのです。

上記のような危機を防ぐため、生活費は旦那の収入の中でやりくりする家庭が多いと考えられます。

 

貯金できていない家庭も……

一方、貯金ができていない家庭もみられました。

少し前まで貯蓄が全くできず、ボーナスから補填する以外に、貯蓄を取り崩して生活していました。

参考サイト:大和証券SODATTE

 

貯金ができない理由は多々あります。

  • 妻が妊娠している
  • 子どもが小さい
  • 病気や親の介護などの事情

上記のようなさまざまな理由により、妻が専業主婦をしている家庭は貯金ができないこともあるようです。

 

夫婦2人だけなら手取り40万で貯金できる可能性があります。

しかし、子どもがいる場合は食費も日用品費も増えますし、教育費もかかるでしょう。

生活費をかなり切り詰めないと貯金できないと考えられます。

 

旦那の給料が手取り40万ってどう?女性が結婚相手に求める月収とは

次に、旦那が手取り40万というのは結婚相手としてはどのように思われるのでしょうか。

女性が結婚相手に求める月収についての調査がありますのでご紹介します。

Q.結婚相手に最低限求める手取り月収はいくらですか?
第1位「25~30万円未満」……25.65%
第2位「20~25万円未満」……24.3%
第3位「30~35万円未満」……21.2%
第4位「35~40万円未満」……8.8%
第5位「40万円以上」……8.4%

参考サイト:マイナビウーマン

 

最近は結婚後も仕事を続ける女性が増えていますので、全体的に低めになっていますね。

また、20代や30代だとまだ手取り額が少ないことも影響しているのでしょう。

 

手取り40万円の男性は額面50万前後だと考えられます。

上記の調査によると、かなり好条件といえる可能性が高いです。

では、それぞれ詳細をみていきましょう。

 

1位:25〜35万円:25.6%

1位は25〜35万円で、全体の25.6%でした。

「多いに越したことはないけど、今の世の中これくらいかなと……」

参考サイト:マイナビウーマン

 

年収に換算するとだいたい500万円前後になります。

余裕があるわけではないですが、アラサーの男性の平均収入も考慮してのことでしょうか。

 

2位:20〜25万円:24.3%

2位は20〜25万円で24.3%でした。

「自分が働いていたとしても、相手が20万くらいないと生活していけないから」

参考サイト:マイナビウーマン

 

年収で考えると400万前後です。

共働きを前提としている女性は、男性の収入が低めだとしても自分も稼ぐので問題ないと考えられます。

 

3位:30〜35万円:21.2%

3位は30〜35万円で21.2%でした。

「そんなに贅沢できなくてもそれなりの生活ができれば満足。足りなければ自分が働けばいい」

参考サイト:マイナビウーマン

 

年収に換算すると600万前後です。

節約を意識せずに不自由ない生活をするとなると、このくらいは必要になりますね。

しかし、男性の平均年収よりは高くなりますので、相手を見つけるのが少し難しくなりそうです。

 

4位:35〜40万円:8.8%

4位は35〜40万円で8.8%でした。

「自分の年齢を考えると相手は40歳くらいになると思うので、日本で男で40歳ならそれぐらい稼げる能力がないと魅力を感じにくい」

参考サイト:マイナビウーマン

 

年収に換算すると650万前後です。

男性の年齢が上がるにつれて、求める収入も上がっていくと考えられます。

また、地域によって物価も違うので収入に影響するのでしょう。

 

5位:40万円以上:8.4%

5位は40万円以上で8.4%でした。

「相手が家事をしない人だという前提ならこれぐらいの収入があってほしいです。その人の洗濯をやってあげるわけですから」

参考サイト:マイナビウーマン

 

男性の収入のみでやっていくことを考えると、収入が高いに越したことはないです。

年収にすると700万円以上なのでかなりスペックの高い男性といえますね。

高収入の男性は人気もあるでしょうから、結婚できるように自分もがんばらねばならないでしょう。

 

旦那の給料が手取り40万なら専業主婦になれる?

最後に、旦那が手取り40万円のとき専業主婦になれるのでしょうか。

専業主婦に憧れのある女性は現在でも少なくないと思われます。

しかし、生活できないのであれば、いくら憧れがあったとしても働かざるを得ないですよね。

 

結論としては以下のようになります。

かなり節約しないと専業主婦は厳しいかも……
理由として、2人以上の世帯の1ヶ月の平均支出が家賃以外で約27万である

では、それぞれ詳細をみていきましょう。

 

かなり節約しないと厳しいかも……

旦那が手取り40万円のとき専業主婦になるには、かなり節約しないと厳しいようです。

夫婦2人だけなら、節約すれば専業主婦になれる可能性もあります。

 

しかし、子どもがいる場合はそうはいきません。

食費や日用品費などが全体的に増えるだけでなく、さらに教育費もかかるのです。

 

2人以上の世帯の1ヶ月の平均支出:家賃以外で約27万

2人以上の世帯の1ヶ月の平均支出は家賃以外で約27万という調査があります。

食費:8万0198円
住居(修繕・維持費):1万7374円
光熱・水道費:2万1836円
家具・家事用品:1万2708円
被服及び履物:9175円
保健医療:1万4296円
交通・通信:3万9972円
教育費:1万0293円
教養娯楽:2万4987円
その他:4万7088円
合計:27万7926円

参考サイト:総務省統計局

家賃以外でもけっこうな出費があることがわかります。

 

そして世帯の人数が増えるほど広い家に住む必要があるので、そのぶん家賃も高くなるでしょう。

すると、手取り40万円では支出でほぼ消えてしまい、貯蓄ができなくなってしまいます。

上記の理由から、手取り40万円では専業主婦になるのは厳しい可能性が高いのです。

 

まとめ

まず、旦那が手取り40万円のときのお小遣いの金額について紹介しました。

  • 昼食やガソリン代は含めないので3万円
  • 手取り額の1割が妥当ということで4万円
  • タバコやら付き合いやらで必要らしく5万円
  • 昼代込みなので多めの8万円

具体的には上記の4つの金額が挙げられました。

各家庭によってさまざまな事情があるので、当記事の意見を参考にして自分たちに合った金額を設定したいですよね。

 

次に、旦那が手取り40万円のときの毎月の貯金額について説明しました。

  • 4万が多数!
  • 妻が働いている場合、妻の収入は全額貯金!
  • 貯金できていない家庭も……

妻が専業主婦なのか共働きなのかによって貯金額に差があるようでした。

旦那が手取り40万円のときの金銭事情について気になる方は、ぜひ当記事を参考にして自分たちの生活に役立ててみてください。

 

また、関連した内容として旦那の年収が低いことについてまとめた記事があります。

合わせてこちらもご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました