【知らないと恥!】旦那を敬語で言う場合の適切な呼び方は?使い分けについて解説!

旦那

「旦那を敬語で言うとどのような呼び方になるの?」

「相手の旦那を敬語で呼ぶ場合はなんと呼ぶのが適切?」

「旦那が急に敬語で話してきたのはなぜ?」

上記のようにお考えではありませんか。

 

同僚や目上の人と話していて旦那の話になることもあるでしょう。

間違った言い方をしてしまうと恥をかいてしまうだけでなく、社会人マナーとしても良くない可能性があります。

 

そこで当記事では以下の内容について徹底的に調べました。

  • 自分の旦那を敬語で言う場合どのような呼び方が適切?
  • 相手の旦那を敬語で言う場合どのように呼べばいい?
  • 旦那が急に敬語で話すのはなぜ?

 

旦那を敬語で言うときの適切な呼び方について疑問に思っている方は、ぜひ当記事を最後までご覧ください。

ご覧いただければ、状況に応じてどの言葉を使えばいいかわかるでしょう。

 

自分の旦那を敬語で言う場合どのような呼び方が適切?

まずは自分の旦那を敬語で言う場合はどのような呼び方が適切なのか説明していきます。

考えられるのは以下の4つです。

  • 公的機関への提出書類など公の場では「夫」
  • かしこまった間柄の場合は「主人」
  • 親しい人と話すときは「旦那」
  • 他には「亭主」もある

 

どれも聞き慣れた言葉ですが、どの言葉がどの状況に適しているのかきちんと理解していますか。

それでは詳しくみていきましょう。

 

公的機関への提出書類など公の場では「夫」

1つめは「夫」です。

公的機関や職場への提出書類などの公の場では「夫」を使用します。

 

「夫」は「妻」の対義語です。

ふたつが対等な関係だということを示しているので、今の時代にも合った表現といえますね。

「旦那」や「主人」などの他の言葉を使いたくない人は、プライベートのときに「夫」を使ってもOKですよ。

 

かしこまった間柄の場合は「主人」

2つめは「主人」です。

話している相手が目上の人や初対面の人など、かしこまった間柄の場合は「主人」を使います。

 

「主人」は配偶者をたてる言い方なので「夫」よりも丁寧ですね。

しかし、上下関係を示す言葉なので、最近では使用を控える人もいるといわれています。

 

親しい人と話すときは「旦那」

3つめは「旦那」です。

親しい人と話すときは「旦那」を使っても問題ありません。

 

「旦那」には相手を敬う意味が含まれているので、かしこまった場では使わないほうがいいでしょう。

日本では身内を敬うような表現は良くないとされています。

「旦那」を使用するのは、友人などの親しい人だけにするのが無難です。

 

他には「亭主」もある

4つめは「亭主」です。

「亭主」も「旦那」同様、相手を敬うニュアンスがあります。

 

よって、目上の人相手に使用しないほうがいいでしょう。

親しい間柄の場合は使っても問題ありません。

 

相手の旦那を敬語で言う場合どのように呼べばいい?

では、相手の旦那を敬語で呼ぶ場合はどのように呼べばいいのでしょうか。

以下の3つの選択肢がありました。

  • 上司など丁寧にしたい場合は「ご主人」
  • 親しい間柄の場合「旦那様」
  • かなり堅苦しい言葉「ご夫君」

 

相手の旦那さんについて話すときは特に、相手に失礼の無いようにしたいですよね。

詳しく説明していくので、それぞれの違いをしっかり把握するようにしましょう。

 

上司など丁寧にしたい場合は「ご主人」

まず相手が上司など丁寧にしたい場合は「ご主人」を使うのがいいでしょう。

社会人のマナーとして一般的なのは「ご主人」なのでこれを使っておけば間違いないと思われます。

 

似た表現として「ご主人様」も使いがちですが、これは間違いです。

「ご」と「様」が二重敬語になっているため、ふさわしくないといわれています。

 

親しい間柄の場合「旦那様」

次に親しい間柄の場合は「旦那様」がいいでしょう。

「旦那」という言葉にはパトロンのような意味が含まれているので、少しくだけた表現になります。

 

上記の理由から、かしこまった場で「旦那様」を使うのはふさわしくありません。

年上の人や上司でも、特に親しい間柄の場合だけに留めるといいでしょう。

 

かなり堅苦しい言葉「ご夫君」

最後に「ご夫君」という言葉もあります。

「ご夫君」はかなり堅苦しい表現です。

 

「ご主人」と呼ぶのがピンとこない場合は「ご夫君」を使っても間違いではありません。

しかし、かなり形式張った表現になりますので、状況をよく見極めて使うといいですよ。

 

補足:旦那の呼び方の意味の違い

補足として、旦那の呼び方の意味の違いについて説明します。

最初の段落で状況によって4つの呼び方があることをご紹介しましたが、それぞれの言葉の意味とはどのようなものなのでしょうか。

 

ざっくりと説明すると以下のようになります。

  • 「夫」は夫婦の男性の方を指す言葉
  • 「主人」は一家の主・自分の使える人という意味
  • 「旦那」は奉公人が主を呼ぶ時の言葉
  • 「亭主」は宿屋の主・家の主という意味

では、それぞれ詳細をみていきましょう。

 

「夫」は夫婦の男性の方を指す言葉

まず「夫」は夫婦の男性の方を指す言葉といわれています。

(おっと)は、結婚している男性を指す。

参考サイト:wikipedia

 

夫の対義語は「妻」です。

男女平等を重んじている現在の社会に適していますね。

 

「主人」は一家の主・自分の使える人という意味

次に「主人」という言葉は、一家の主・自分の使える人という意があります。

1 家の長。一家のぬし。また、店のぬし。あるじ。「隣家の主人」「老舗(しにせ)の主人」

参考サイト:weblio辞書

 

「主人」という言葉は例えば「女主人」のように女性に使うこともできます。

主従関係や上下関係を表すので、使用するときは注意が必要でしょう。

 

「旦那」は奉公人が主を呼ぶ時の言葉

次に「旦那」という言葉は奉公人が主を呼ぶ時の言葉です。

  • 夫(配偶者)のこと。
  • 船場ことばで商家の主人のこと。

参考サイト:wikipedia

 

時代劇などでお客さんを「旦那」と呼ぶシーンを観たことはありませんか。

「旦那」にはお金を出してくれるパトロンのような意味も含まれているのです。

 

「亭主」は宿屋の主・家の主という意味

最後に「亭主」には宿屋や家の主という意味があります。

 その家の主人。特に宿屋・茶店などのあるじ。

参考サイト:goo辞書

 

「亭主関白」で使われているように家の主という意味ですね。

尊敬の意味が含まれているので、目上の人と話すときは使用しないほうが良いと思われます。

 

補足:旦那が急に敬語で話すのはなぜ?

補足として、旦那が急に敬語で話してきたら不思議に思いますよね。

いったいどんな理由があるのでしょうか。

 

  • イライラしている
  • 隠していることがある
  • 距離を置きたいと思っている
  • お願いしたいことがある
  • 妻に対する敬意や感謝
  • 周りに人がいるので配慮している

考えられる理由は上記の6つです。

それでは内容を詳しくみていきましょう。

 

イライラしている

1つめはイライラしているからです。

イライラしているけど直接話すことができないので、敬語で話すことであなたに伝えようとしている場合があります。

もしくは激しい口調にならないように自分を律しているため、敬語になっている可能性もあるでしょう。

 

イライラしている原因が予想できるなら、あなたの方から謝るようにすると穏便に解決するかもしれません。

 

隠していることがある

2つめは隠していることがあるからです。

  • 何か隠したいことがある
  • やましいことがある

上記のようなとき、人は敬語になることがあるようです。

 

敬語にすることで他人行儀になったり相手と壁を作る効果があります。

他にもあなたの機嫌をとろうとして下手に出ている可能性もあるでしょう。

 

距離を置きたいと思っている

3つめは距離を置きたいと思っているからです。

  • 相手とわかりあえない
  • 価値観が違う
  • 今は話したくない

旦那さんが上記のように思っている場合、あえて敬語を使ってあなたとの距離をとっている可能性があります。

 

そのまま放置していると離婚につながってしまうことも。

心当たりがある場合は早めに話し合う機会を設けるようにしましょう。

 

お願いしたいことがある

4つめはお願いしたいことがあるからです。

お願いしたいことがあるときは下手に出たくなってしまいませんか。

 

相手の機嫌をとることでお願いを聞いてもらえるようにしているのでしょう。

私自身、旦那にお願いするときは敬語になっていることがあります(笑)

 

妻に対する敬意や感謝

5つめは妻に対する敬意や感謝です。

例えば、

  • 尊敬できることがあった
  • すごいと思うような出来事があった
  • 感謝したいことがあった
  • 自分より上の存在だと実感した

上記のようなことがあったとき、敬語になってしまう可能性があります。

 

1から4までの理由と違ってポジティブな理由なので気にすることはありません。

もし敬語を使われるのが嫌な場合は伝えるといいですよ。

 

周りに人がいるので配慮している

最後は周りに人がいるので配慮している可能性があります。

周りに人がいるとき、よそ行きモードになることはないでしょうか。

 

夫婦ですから家ではくだけた会話をしていると思いますが、人前で同じようにできない場合もありますよね。

回りに居るのが上司や目上の人の場合はなおさらです。

 

まとめ

まず自分の旦那を敬語で呼ぶ場合、どのように呼べばいいのか説明しました。

  • 公的機関への提出書類など公の場では「夫」
  • かしこまった間柄の場合は「主人」
  • 親しい人と話すときは「旦那」
  • 他には「亭主」もある

いろいろな呼び方があるので、その場に合わせた呼び方を使用できるようにしたいですね。

 

次に、相手の旦那を敬語で呼ぶ場合について紹介しました。

  • 上司など丁寧にしたい場合は「ご主人」
  • 親しい間柄の場合「旦那様」
  • かなり堅苦しい言葉「ご夫君」

迷った場合は「ご主人」を使えば間違いないでしょう。

 

旦那を敬語で呼ぶ方法は多々あるので難しいですが、ぜひ当記事を参考にして適切な言葉を使用してください。

 

また、関連した内容として旦那の呼び方やマナーについてまとめた記事があります。

ぜひ合わせてご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました