【憂鬱】旦那が低収入で不安すぎる!年収の低い旦那への本音7つや対策について解説!

旦那

「旦那が低収入だから将来が不安でたまらない」

「低収入な旦那なのに威張っているからイライラする」

「何もしないのに稼がない旦那のことをいらないと思ってしまう」

と感じてしまうことはありませんか?

 

旦那の年収が低いと妻の不安や負担も増え、ストレスが溜まることもありますよね。

そこで今回は、旦那が低収入の時にありがちな妻の本音や現状、問題点、対策について徹底的に調べました。

 

当記事で紹介する内容は、次の通りです。

  • 低収入の旦那に対して妻が思いがちな本音について
  • そもそも低収入の旦那と言われやすい目安とは?
  • 旦那が低収入の時に効果的な対策法とは?

 

旦那の年収が低く将来のことが不安になっている方や、旦那の態度に不満を抱えている方はぜひ最後までお読みください。

多くの妻たちがやっている対策法が参考になると幸いです。

 

低収入の旦那に対して妻が思いがちな本音7つとは?

旦那が低収入だと分かって結婚したものの、いざ生活を始めてみると思っていた以上に大変だったと感じる妻は少なくありません。

  • こんなはずじゃなかったのに……
  • 甘く見ていた……

と思う瞬間はありませんか?

 

低収入の旦那と結婚後に妻が思いがちな本音とは、次の通りです。

  • 低収入の旦那との結婚を後悔している
  • みじめな気持ちになる
  • こんな生活うんざりだと思う
  • 旦那が低収入でパートをしているのに家事や育児をしない
  • 金遣いが荒いことにイライラする
  • 不安で仕方ない
  • 低収入でも働いてくれることに感謝

当項目では、低収入の旦那と結婚した妻が思いがちな心境について具体的に紹介します。

 

低収入の旦那との結婚を後悔している

正直なところ、低収入の旦那と結婚したことを一度は後悔したことのある女性は大勢います。

引用:Yahoo!知恵袋

 

低収入の旦那との結婚を後悔しがちな理由は、次の通りです。

  • 子供が産まれると出費も多くなる
  • 家計のやりくりで喧嘩になることがある
  • 生活のために妻も働く必要があるのでヘトヘトに疲れる

上記のように、家系のやりくりがストレスになり夫婦喧嘩に発展するパターンや、妻が家計を支えるために働かなければならないストレスがあげられます。

 

旦那が低収入なので否応なしに仕事をしなければならない妻は、次のように思いがちです。

  • もっとやりがいのある仕事をしたい!
  • 転職だと思える仕事をしたい
  • そもそも仕事をしたくない

 

家計のやりくりのためだけにパートをしているケースが多いので、仕事にもやりがいを感じず仕事や育児に追われる生活が辛いと感じることもあります。

そのため、低収入の旦那と結婚したことに対して後悔することも少なくありません。

 

みじめな気持ちになる

旦那の給料が低いので、惨めな気持ちになったことのある妻も少なくありません。

また、低所得なので、周りがポンポン旅行に行ったりするのが羨ましいです。 惨めな気持ちにもなります。 幸せに暮らしてはいますが、経済的な不安が常について回ります。 覚悟はしてたつもりですが、現実は厳しいです。

引用:Yahoo!知恵袋

 

妻が惨めな気持ちになりがちなことの一例を、下記にまとめました。

  • ママ友たちがおいしいランチを食べた話をしている時
  • 周りは新しい服を買っているのに自分はいつも着回しの服ばかり
  • 旅行に行きたいけどお金がない

 

特に、周囲の人たちの生活が楽しそうに見える時に自分の生活が惨めに見えがちです。

  • 他の家庭と比べて自分はどれだけ貧乏な生活を送っているのだろう
  • 私もリッチな生活がしたかった

と感じ、辛い気持ちになる妻も少なくありません。

 

こんな生活うんざりだと思う

低収入な生活を送ることに対して、ストレスを感じこんな生活うんざりと感じる妻も珍しくありません。

低収入旦那のくせに態度デカすぎてムカついてます。

引用:Yahoo!知恵袋

 

うんざりだと感じがちな状況の一例を、次に紹介します。

  • 旦那は低収入なのに威張っている
  • 自分はいつもパートで働きクタクタに疲れている
  • 時にはオシャレをして出かけたい
  • 他のママ友みたいにランチに行きたい

 

特にクタクタに疲れた時に、妻はこんな生活うんざりと感じがちです。

妻は家計を支えるために一生懸命に頑張っているのに、旦那が威張った態度を示してきたり協力的でないことがあったりすると妻がイライラするのも理解できます。

 

旦那が低収入で妻もパートをしているのに家のことや育児をしない

旦那が家事や育児に協力的でないことに対して怒りを感じるも、大勢います。

学歴や頭の良さは夫の方が優れており、尊敬はしていますが、家事育児に参加しない夫に、どうして私ばかり、給料も安いのにと、思ってしまいます。

引用:発言小町

低収入の上に育児・家事手伝わず。
本当にイラつく。

引用:がーるずチャンネル

 

低収入なのに家事や育児に協力的でない旦那に対して、妻が感じがちな本音は次の通りです。

  • 仕事で疲れたと言ってゴロゴロするのに腹が立つ
  • 私だって無理矢理仕事をさせられて疲れているのに
  • (妻に比べて)俺の方が稼いでいるからお前が家事をするのは当然だという態度にイライラする

 

上記のように、旦那が妻の疲れや労働に感謝や労りのない態度を示すことがあります。

「夫婦で一緒に頑張ろう」という優しさや思いやりのない旦那の態度に妻は怒りを感じるのも無理もありません。

 

金遣いが荒いことにイライラする

低収入なのに金遣いは荒い旦那の態度にイライラする妻も、大勢います。

結婚当初は1000万あって、大威張りで無駄遣いしてたくせに、
年々減りつづけ、今年は既に8ヶ月連続して手取りで25万しかない。
なのに、1000万の態度のまま。

引用:ガールズちゃんねる

 

収入が低い旦那の行動としてありがちなことを、下記にまとめました。

  • 妻に対してはケチなのに自分の欲しいものは買おうとする
  • 以前高収入を稼いでいたので生活レベルを落とせない
  • 節約に協力してくれない

妻には我慢をさせ、自分の欲しいものに関しては我慢ができない旦那の行動や、生活レベルを落とせない旦那の行動です。

 

節約生活を心がけている妻からすると

  • もともと誰のせいでこんな生活していると思っているのよ!
  • なんで私だけ我慢しないといけないの?

とイライラするのも理解ができます。

 

不安で仕方がない

旦那の収入が低いので将来が不安で仕方ないと感じている妻も、少なくありません。

妻がかかえがちな不安は、次の通りです。

  • 妊娠中で子供が生まれたら私はしばらく働けない
  • 子供が欲しいけど収入が低いから無理だと思う
  • 将来の老後の蓄えが全くない
  • 子供たちをちゃんと育てていけるのかが心配

 

上記のように、老後の生活の心配や子育てや教育に関する心配を感じがちです。

  • 子供には苦労させたくない
  • 貧乏な生活をさせたら可哀想

と言う気持ちもあり、将来のことが心配になる妻たちも少なくありません。

 

低収入でも働いてくれる旦那に感謝

旦那に感謝している妻も、珍しくありません。

友達に知られているSNSに愚痴るのだけはしたくない!旦那に悪い

引用:ガールズちゃんねる

  • SNSで旦那の収入を愚痴ることはしたくない
  • 旦那の耳に入ったら申し訳ない

上記のように感じているようです。

 

旦那の年収について不満に感じることはあっても、他の人に話して旦那を惨めな気持ちにさせたくないと感じる妻も少なくありません。

 

年収が低くても、次のことを考えて旦那に感謝しているようです。

  • 年収が低くても一生懸命に働いてくれるから感謝
  • 家族のために頑張ってくれている

旦那の年収に目を向けるのではなく、家族で健康に暮らしていることや旦那が家族を想って働いてくれることに目を向けている妻も大勢います。

 

そもそも低収入と言われる年収の目安とは?

  • そもそも低収入ってどれくらいのことを指すの?
  • うちは低収入?

と思うことはありませんか?

 

一言に低収入といっても具体的にイメージができない人も、少なくありません。

当項目では、低収入の定義について以下のこと紹介します。

  • 年収が300万円以下だと低収入と言われやすい
  • 専業主婦になりたい場合は500万円以下でも低収入と感じるケースも
  • 日本人男性の平均収入を紹介

 

年収が300万円以下だと低収入と言われやすい

一般的に言うと、年収が300万円以下だと低収入と言われやすいようです。

年収が300万円の場合、手取りが240万円となり月々20万円前後で生活をする必要があります。

 

月20万円で生活をする場合の目安は(夫婦2人もしくは子供が1人いることを過程した場合)、以下の通りです。

  • 家賃の目安:5万円前後の家
  • 食費の目安:4〜5万円
  • 光熱費:1〜2万円
  • 子育て:児童手当を活用することも検討

 

年収300万円だと、次のことは慎重に検討する必要があります。

  • 家の購入
  • 車の購入
  • 住むエリア

 

年収300万円男性が結婚できないわけではありません。

しかし、上手に節約して生活する共働きを検討する必要があるでしょう。

 

専業主婦になりたい場合は年収が500万円以下でも低収入と感じるケースも

妻が専業主婦になることを希望している家庭の場合、年収が500万円以下だと低収入だと感じるケースもあります。

専業主婦になるのに必要な旦那の年収の目安は、500万円前後だと言われることが多いからです。

 

プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMESには、女性ソーシャルメディア「OKGIRL」による調査結果が載せられていました。

引用:PR TIMES

 

アンケート調査によると多くの主婦たちは、専業主婦になるのに700〜500万円の年収が必要だと考えていることがうかがえます。

年収500万円前後の場合、手取りが390〜395万円ほどになり、月々で計算すると24〜26万円です。

 

年収500万円で専業主婦をしている妻たちの本音の一例を、下記にまとめました。

  • 節約生活をすれば子育てしながら生活ができる
  • たくさんの貯金はできないけれど生活ができる
  • 無駄遣いしなければ貯金も可能
  • ママ友とランチに行ったりお化粧品を買ったりすると自分のお小遣いはすぐになくなる
  • 贅沢はできないけど生活はできる

「贅沢はできないけれど節約をすれば生活ができる」と感じている人が多いようです。

 

日本人男性の平均収入を紹介!

日本人男性の平均収入について国税庁のホームページには、性別、年齢別の平均収入の統計が載せられていました。

(第12図)年齢階層別の平均給与

引用:国税庁ホームページ

 

統計結果を参考にして、日本人男性の年齢別平均収入を下記にまとめました。

年齢 収入
20〜24歳 288万円
25〜29歳 394万円
30〜34歳 485万円
35〜39歳 580万円
40〜44歳 635万円
45〜49歳 676万円
50〜54歳 707万円
55〜59歳 697万円
60歳以上 520万円

 

全体的な日本人男性の平均収入は次の通りです。

567万円

上記のデータを考慮すると、ある程度の年齢で年収が300万円以下の家庭のことを「うちは低年収だ」と考えるのも理解できるでしょう。

 

旦那が低収入で不安な時にできる対策法は?

他の家庭の平均年収と自分の家庭の年収を比べたところで、収入が増えるわけではありません。

旦那が低収入で不安に思う時には、対策をするのが先決です。

 

実際に多くの妻たちが試してみて効果的だと感じている対策を、下記にまとめました。

  • 夫婦で過ごす時間を増やす
  • 家事や育児を分担し、妻の負担を減らす
  • 夫婦で一緒に話し合って節約方法を決める
  • 金銭感覚を夫婦で揃える
  • 稼いだ方が勝ち組だと言う考え方を捨てる
  • カードの使い方に注意する

当項目では、旦那の収入が低いことが原因で不安に感じる時にできる具体的な対策を紹介します。

 

夫婦で過ごす時間を増やす

贅沢はできないけれど、夫婦や家族で過ごす時間を増やし上手な楽しみ方を見つけている家庭も珍しくありません。

引用:Yahoo!知恵袋

 

  • 豪華なデートはできないけどピクニックができる
  • 豪華なホテルには泊まれないけどキャンプ気分を楽しんでいる
  • サイクリングやDIYなどの楽しみ方を見つけている
  • ただ2人で散歩したり話したりするだけで楽しい

上記のように、特別なことをしなくてもちょっとした工夫をして夫婦や家族で楽しめます。

 

パートナーや家族の時間を大切にすることのメリットは、次の通りです。

  • より親しくなれる
  • お互いの考え方を知れる
  • 満足感が得られやすい

その結果、低収入でもこの人と結婚してよかったと幸せに感じている妻は少なくありません。

 

家事や育児を分担し妻の負担を減らす

家事や育児を分担し、妻の負担を減らすことで妻が助かっているケースもたくさんあります。

確かに低収入だけど、私が毒親育ちで体力的にもメンタル的にも弱いところを補ってくれる。同じ職場(中小)だったから、賃金にならなくても仕事出来る姿を知ってるし、帰宅が早い分家事育児をこまやかにやってくれる。充分です。ありがとうしかない。

引用:ガールズちゃんねる

旦那が低収入の家庭では、妻も正社員やパートで働いている場合も珍しくありません。

 

家族なので助け合って生活しようと、夫婦で色いろな仕事を分担している家庭もあります。

  • 妻も働くので夫も家事を負担する
  • 子育てに率先して手伝う

上記のように、夫婦で協力して仕事と家庭のことをこなしている状況です。

 

収入に関わりなく、旦那が優しいので幸せすぎると感じている妻も少なくありません。

旦那が優しくて幸せだと感じている妻たちに関する記事は、下記を参考にされてください。

 

夫婦で一緒に話し合って節約方法を決める

夫婦で一緒に話し合って、節約方法を決めることもできます。

旦那も妻もお互いに相手に節約して欲しい、我慢して欲しいと考えていると喧嘩や不満の原因になりかねません。

 

具体的に話し合える内容の一例を、下記にまとめました。

  • お互いに節約できる(我慢する)ことを決める
  • 片方だけに負担になりすぎないようにする
  • 楽しく節約する工夫を一緒に考える
  • 生活必要な出費を見直す

 

例えば、旦那や妻がそれぞれ独身時代に自分が楽しみにしていたことを我慢しなければならないことも少なくありません。

  • アルコールの量を減らす
  • 新しい服を買いまくるのではなく、古着などを上手に使う
  • エステやジムに行く頻度が減る
  • 新しい家電が出たらすぐに買いたい

 

上記のように、お互いに楽しみにしていたことができなくなる場合があります。

どちらか片方が我慢をするのではなく、夫婦でお互いにできることを探しましょう。

 

下記の通り、生活に必要で欠かせない出費については、夫婦で話し合い見直すことも大切です。

  • 通信料金
  • 生命保険
  • 教育費
  • 家賃
  • 食費

2人でアイデアを出し合って決めるなら、夫婦で納得して節約ができます。

 

金銭感覚を夫婦で揃える

先ほどと少し重複する点ですが、金銭感覚を夫婦で揃えておくことも大切です。

外食ムリだからごはん食べてから出掛ける

引用:ガールズちゃんねる

 

特に低収入なので毎日貧乏生活しているとは限らず、次のようなメリハリをつけた生活をしたいと考えている家庭も少なくありません。

  • しっかりと節約をしたいけど必要な出費は仕方ないと考えている
  • 時には頑張っているご褒美が欲しい

 

頑張っているご褒美や必要な出費の価値観が夫婦でずれてしまうと、お互いに対して

無駄遣いをしている

と感じる可能性も否定できません。

 

お互いの金銭感覚を揃えたり、お互いの金銭感覚を理解したりすることにより普段と違う出費に対して理解しやすくなります。

お金の使い道で喧嘩になるのを避けるためにも、普段からの話し合いは大切です。

 

稼いだ方が勝ち組という考え方を捨てる

世の中には「勝ち組」「負け組」という言葉を使って、自分の生活や結婚について評価しようとする動きがあるのは事実です。

一般的に旦那の年収が高いことも「勝ち組」の条件に入りやすい傾向にあります。

しかし「稼いでいる」「高収入」だから勝ち組だと言う考え方を捨てましょう。

 

他の人と比べて、自分は負け組だと感じるととても辛くなるだけです。

年収が低い事実は変わらないので、今ある中で幸せを見つけることにより満足感を得られやすいと感じている妻たちも大勢います。

  • 節約のために野菜を育てているけど無農薬で美味しい!
  • 家具を自分で作ると愛着がわいて楽しい
  • 工夫しておしゃれなインテリアができるようになった!
  • 美味しいパン屋さんでパンを買えないから手作りパンが上手になった
  • ただおにぎりを作って外で食べるだけで楽しい!

 

節約生活をしているうちに、自分の生活レベルが上がったと感じる妻たちも少なくありません。

お金をかけて何かを買うより、時間をかけて何かを作ることに喜びを感じることもあります。

 

きれいな空気とか、海や山、自然の恵み、自分で育てた野菜美味しい!
とか小さな幸せを見つけてる。

引用:ガールズちゃんねる

上記で紹介したがーるずチャンネルのコメントでも「お金は欲しい」という事実を認めた上で、小さな幸せを見つける努力をしていることが載せられていました。

 

カードの使い方に注意する

今はキャッシュレスの時代ですし、上手にクレジットカードを使うとポイントも貯まるのでとても便利です。

しかし使用方法を間違えると、家計を圧迫する危険もあるのでクレジットカードの使用には注意が必要です。

 

具体的には次のことに注意ができます。

  • 自分で把握できないほど沢山のクレジットカードを持たない
  • クレジットカードの限度額について再検討する
  • 毎月のカードの出費を把握する
  • リボ払いには注意する
  • 本当に必要なものかを考えて購入する

 

クレジットカードはその場でお金を払う必要がないので、つい無駄な買い物をしたり分割払いにしたりしがちです。

クレジットカードの返済ができなくなり家計を圧迫する結果にならないように、クレジットカードの使用方法を考えましょう。

 

旦那が低収入だとありがちな問題点は?

旦那が低収入の家庭で起こりがちな問題は、次の通りです。

  • 子供を産めないと思う
  • 将来が不安になる
  • 周りと比べて惨めになる
  • 生活ができないと感じることがある

先ほど紹介した妻の本音とほとんど重なっていることが分かります。

 

旦那が低収入の時に実際に起こっている問題と妻の本音は、直結しているようです。

当項目では、旦那が低収入の時にありがちな問題について具体的に紹介します。

 

子供を産めないと思う

旦那が低収入なので、子供を産めないと感じる家庭は少なくありません。

子供を持つことに対して、次の考え持ちがちです。

  • 本当は数人欲しいけど1人が限界
  • 子供がいないから低収入でもなんとかやっていけている

 

子供が産まれて成人するまでにかかるお金は、2000万円を超えると言われています。

自分たちはとても無理だと考え子供を持つこと自体を諦めたり、子供の数を諦めたりするケースも珍しくありません。

 

将来が不安になる

将来が不安になる、安定しないと感じている家庭は多くあります。

  • 低収入なので貯金ができない
  • 怪我や病気をしたら生活ができないと不安になる

 

上記のように、毎月の生活を送るのに必死で貯金ができていないことも珍しくありません。

病気や怪我で夫婦のどちらかが働けなくなった時に生活に困ると感じて、不安に思いがちです。

 

周りと比べて惨めになる

低収入で質素な生活をしていると、周りと比べて惨めな気持ちになると感じることもあります。

  • 親戚からバカにされるから会いたくない
  • 子供がいじめられないか心配
  • 美味しいランチに行った話を聞くのが辛い
  • ポンポン旅行に行っている家が羨ましい

 

上記のように、高収入の家庭が送っている生活と自分たちの生活の差に愕然とすることも珍しくありません。

ママ友の間では、自分たちの生活を見せびらかしてマウントを取ってくることもあるので自分たちと比べて惨めな気持ちになることもあります。

 

生活できないと感じることもある

低収入すぎて、とても生活できないと感じることもあります。

  • 妊娠が発覚してこれからどうしたらいいのか途方に暮れている
  • 旦那が病気になって働けなくなったからどうしたらいいか分からない

 

上記のように、実際に今までと状況が変わった時に、低収入なので対応できないと感じ不安になるとしても仕方がありません。

旦那が病気になったことで働けない場合は、補助金や生活保護の情報を調べるも大切です。

 

旦那が病気になったことに関する記事は、下記を参考にされてください。

 

そもそも旦那が低収入だと妻が不満に思いがちな理由とは?

一般的に、低収入の旦那に対して妻が不満にいだきがちなことを、下記にまとめました。

  • 妻に家事や育児をさせていること
  • 低収入なのに浪費癖があること
  • 思いやりがないこと
  • 勝ち組になりたい人は低収入であること自体惨めだと感じがち

 

多くの場合、旦那が低収入であると言う事実ではなく旦那の態度に対して不満をいだいているようです。

当項目では、旦那が低収入の時に妻が不満に抱きがちな具体的な理由を考えます。

 

妻に家事や育児をさせていること

先ほども紹介しましたが低収入で夫婦が共に働いているのに、旦那が家事や育児に協力的でない時に妻は不公平や怒りを感じがちです。

あまりの忙しさにストレスを抱え、次のように感じることさえあります。

  • 私だけ忙しい
  • 外れクジを引いた

 

反対に低収入でも旦那が家事や育児に協力的な場合には、妻は旦那のことを不満に感じるどころか感謝の気持ちを抱くことも少なくありません。

 

低収入なのに浪費癖があること

低収入なのに浪費癖がある旦那の態度に対して、怒りや不満を抱きがちです。

浪費癖のある旦那にありがちな態度や状況を、下記にまとめました。

  • 低収入という自分たちの家計の問題を正しく理解していない状況
  • ワガママを言うと欲しい物が手に入ると思い込んでいる態度
  • 妻が家計をやりくりしていることへの感謝を示していない態度

 

本来なら夫婦で知恵やアイデアを出し合って、低収入の状況を乗り越えたいところです。

しかし旦那が協力的でないことに対して妻は、次のように感じ不満を抱えます。

  • 誰のせいでこんな苦労をしていると思っているのよ!
  • 自分たちが低収入だっていつになったら理解してくれるの?

 

一生懸命に頑張っている妻からすると、自分の努力が踏みにじられていると感じるのも無理はありません。

 

旦那の思いやりがないこと

旦那の思いやりがない態度に対して不満を抱きがちです。

亭主関白で、モラハラの旦那や妻を見下す態度を取る旦那もいます。

 

旦那が低収入であることと、思いやりがないことには直接関係があるわけではありません。

しかし、思いやりのない旦那と毎日暮らしていると、旦那が低収入であることに怒りの矛先が向くこともあります。

 

妻が旦那に対して怒りを感じた時に、感じがちなことを下記にまとめました。

  • 低収入のくせに威張ってばかり!
  • そんなに威張るんだったらもっと稼いできてよ!

妻は思いやりのない旦那に対して、なんの取り柄もないと感じる程にストレスを抱えることもあります。

 

勝ち組になりたい人は低収入であること自体が惨めだと感じがち

もともと「高収入=勝ち組」と言う考え方を持っている人は、旦那の態度や行動に関係なく旦那が低収入なこと自体が惨めだと感じがちです。

例えば、旦那に対して次のような条件を求める妻もいます。

  • 高収入
  • 高学歴
  • イケメン
  • 有名企業で働いている

 

しかし、現実はそう上手くいかない場合もありますが、一例を下記にまとめました。

  • 自分が結婚した相手が低収入のケース
  • 高収入だった旦那の状況が変化し低収入になるケース

 

高収入で悠々自適に過ごすことを夢見てきた妻にとっては、低収入の生活を送っていること自分が働く必要があること自体を受け入れられないこともあります。

上記の理由により自分の状況を、惨めだと感じがちです。

 

勝ち組に関する記事は、下記を参考にされてください。

 

まとめ

低収入の旦那と結婚生活を送っている時に妻が感じがちな本音や一度は感じたことのある心境は次の通りです。

  • 低収入の旦那との結婚を後悔している
  • みじめな気持ちになる
  • こんな生活うんざりだと思う
  • 旦那が低収入でパートをしているのに家事や育児をしない
  • 金遣いが荒いことにイライラする
  • 不安で仕方ない
  • 低収入でも働いてくれることに感謝

 

低収入な家庭でも、賢く&楽しく生活するための具体的な対策法を再度まとめました。

  • 夫婦で過ごす時間を増やす
  • 家事や育児を分担し、妻の負担を減らす
  • 夫婦で一緒に話し合って節約方法を決める
  • 金銭感覚を夫婦で揃える
  • 稼いだ方が勝ち組だと言う考え方を捨てる
  • カードの使い方に注意する

 

多くの場合、低収入の旦那に対してではなく旦那の態度に対してストレスを抱えたり腹を立てたりする妻が多いことが分かりました。

低収入という事実は変わらなくても生活を工夫したり、旦那との関係を改善したりすることによって満足のいく生活が送れることもあります。

上手に息抜きしたりアイデアを出し合ったりして、小さな幸せを見つけましょう。

 

関連記事も参考にされてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました