【絶望】旦那に絶望した瞬間は?現状打破するためにやるべきことについても!

旦那

「旦那に絶望して結婚生活がつらい」

「旦那に絶望しているけれど離婚するほどではなくて悩んでいる」

「旦那との夫婦関係を再構築する方法って何がある?」

実際、旦那に対して絶望感を抱えている奥さんは非常に多く、けれど離婚するほどではない!と頭を悩ませていることと思います。

今回の記事では、以下について解説します。

  • 旦那に絶望!感じた瞬間は?
  • 旦那に絶望している奥さんは意外と多い!実態は?
  • 旦那に対する絶望はやめよう!対処法は?

順番に見ていきましょう。

 

旦那に絶望!感じた瞬間は?

旦那に絶望を感じる瞬間は奥さんによって異なりますが、ほとんど似たり寄ったりなものばかりです。

今回の章では、奥さんが旦那に絶望を感じる瞬間として挙げられる6つのことについて、以下の順番で紹介します。

  • 浮気をしたから
  • 連絡なしに朝帰りしたから
  • 休日なのに子どもの面倒を見てくれないから
  • とにかくだらしないから
  • スマホゲームばかりやっているから
  • 家事を一切やってくれないから

順番に見ていきましょう。

 

浮気をしたから

旦那に絶望する瞬間は、旦那が浮気をしたからです。

旦那が浮気をして、ホイホイ許す奥さんはいないでしょうから当然ですね。

 

  • 浮気している旦那の姿を見てしまった
  • 浮気相手とのメールのやりとりを見てしまった

いくら夫婦関係が冷めていたとしても、浮気をされたら一気に絶望感が漂いますよね。

浮気を知ってしまった以上、結婚生活を今後も継続していくのか悩むことになりますし、旦那に浮気の真相を伝える勇気も必要です。

奥さんは「どうして私が悩まなくちゃいけないんだ…」と、旦那の犯した過ちに絶望してしまうことでしょう。

 

連絡なしに朝帰りしたから

旦那が連絡なしに朝帰りした場合も、奥さんは絶望を感じます。

そもそも結婚していて、朝帰りするのが変な話。

「会社の付き合いで断れそうにないから…」という事であれば、事前に連絡を入れれば良いだけですし、無断外泊なんて結婚生活であってはならないことです。

 

したがって、連絡なしに朝帰りをした旦那に対して奥さんは、以下のように思ってしまいます。

  • 酔っぱらって、近くにいた女性とホテルに入ったのではないか
  • 無断外泊ということは、私には言えない何かをしたのではないか

旦那は、奥さんに疑われて当然ですよね。

奥さんが、「結婚したのに独身のようなことをして…」と旦那に対して絶望感を抱いても仕方ありません。

 

休日なのに子どもの面倒を見てくれないから

奥さんが旦那に絶望を感じるのは、休日なのに子どもの面倒を見てくれないからです。

せっかくの休日は、奥さんもゆっくりしたいもの。

一人でスーパーに買い出しに行ったり、ほんの少しカフェに入って一人時間を過ごしたいと願っています。

 

しかし、自分のことしか考えていない旦那は、休日なのに子どもの面倒を見ようとはしません。

したがって、奥さんは仕方なく普段通りのローテーションをしなくてはなりません。

 

  • 休日くらい私もゆっくりしたいのに
  • 自分だけソファーでくつろいで最低!
  • 休日は子どもを公園へ連れて行くと言っていたママ友のパパさんを見習ってほしい

奥さんの不満が溜まっても無理はないですよね。

 

とにかくだらしないから

旦那がとにかくだらしない場合も、奥さんは旦那に対して絶望を感じます。

 

  • 出しっぱなし脱ぎっぱなしは当たり前
  • 食べ方が汚くてテーブルの下に食べかすが散らかり放題
  • 休日はソファーから一歩も動かない

甘い結婚生活を夢見て結婚したのに、結婚生活に慣れた途端に旦那のだらしなさが浮き彫りに。

「私は貴方の家政婦ではないんですけど!」と声を上げたくなる程、だらしなさ全開の旦那に嫌気が差している奥さんは多くいます。

 

スマホゲームばかりやっているから

スマホゲームばかりやっている旦那にも、奥さんは絶望を感じています。

 

  • 今日の出来事を話したいのに、旦那はスマホに夢中
  • 旦那がトイレでもスマホゲームをするから、なかなかトイレに入れない
  • 休日もスマホゲームに夢中で、一緒に出掛けてくれない

旦那がスマホゲームにハマり過ぎると、奥さんは絶望を感じます。

ゲーム中心の生活になってしまうと、日常生活がままならなくなり、支障をきたしてしまいますよね。

特に、夫婦の会話が乏しくなってしまうのは、考えものです。

 

家事を一切やってくれないから

奥さんが旦那に絶望を感じる理由は、家事を一切やってくれないからです。

 

昨今は共働き家庭が増えたことにより、家事は妻の仕事というかつての固定概念はなくなりました。

しかし、亭主関白気味の旦那は、未だに「家事は妻の仕事」と考えている場合が多いのも事実。

奥さんがどんなに忙しそうにしていても、旦那は家事を手伝おうとはしません。

 

いま手が離せないから、

ご飯温めるのだけやってもらって良い?

料理の支度はお前の仕事だろ

でも今赤ちゃんのおむつを替えてるから…

じゃあ食事は、

おむつ替えが終わったらで良いよ

 

家事をすべて任せているわけではないのに、「俺は何もやらない」という態度を曲げない旦那。

「私は貴方の家政婦ですか?!」と聞きたくなりますよね。

奥さんが、旦那に絶望して当然です。

 

旦那に絶望している奥さんは意外と多い!実態は?

幸せを求めて結婚したはずなのに、結婚生活が長くなるにつれ、旦那に絶望感を抱く奥さんは多くいます。

 

今回の章では、以下2点について解説します。

  • 多くの奥さんが旦那に絶望している
  • 常にラブラブでいられるのは新婚時代だけ

順番に見ていきましょう。

 

多くの奥さんが旦那に絶望している

実際問題、多くの奥さんが旦那に絶望していることがわかっています。

 

「あなたは生まれ変わっても今のパートナーと結婚しますか?」というアンケートがあるのですが、女性の結果は以下の通りです。

必ず選ぶ 12.5%
恐らく選ぶ 21.7%
絶対に選ばない 10.0%
恐らく選ばない 18.3%
何とも言えない 37.5%

「選ぶかも」と回答した34.2%に対し、「選ばないかも」と回答した人は28.3%という結果に。

5.9%の微々たる差というのが、現実を物語っていますよね。

 

要は、約3割の奥さんは、「旦那と来世では結婚したくない!」と思いながら結婚生活を続けているということ。

「なんともいえない」と回答している奥さんも4割弱いるので、「結婚生活って何なんだろう…?」とふと考えてしまいますよね。

 

常にラブラブでいられるのは新婚時代だけ

残念ながら、四六時中ラブラブでいられるのは新婚時代だけという調査結果もあります。

新婚時代は、帰宅する家が一緒というだけでワクワクしますよね。

一緒に食卓を囲って、これからの2人の未来についての話をする。

過去を振り返ってみても、心がワクワクした当時のことを鮮明に思い出せるでしょう。

 

しかし、結婚してから時間が経過すると、「大好き」という気持ちが落ち着いてきます。

だからといって離婚に至るわけではないのですが、恋愛感情が落ち着くことで相手の欠点も見えてくるようになるのです。

 

  • お付き合い中はもっとカッコイイ人だったのに
  • 結婚して安心したからなのか急におじさんみたいに老けた
  • 新婚時代のウキウキ感がなくなってしまった

上記のように、「こんなはずじゃなかった…」と思ってしまうことが多々出てきます。

とはいえ、新婚時代の感情のまま、結婚生活を続けていける夫婦のほうが稀です。

あまり悲観的に思うようなことはせず、恋愛感情が落ち着いてきた現在の状況を楽しめると良いですよね。

 

旦那に対する絶望はやめよう!対処法は?

最後に、旦那に対する絶望をやめるための対処法を4つ紹介します。

おすすめする対処法は、以下の4つです。

  • 旦那の良い部分を探す
  • 旦那に直して欲しいことを正直に伝える
  • 旦那に対して過剰に期待しすぎない
  • お互いに感謝の気持ちを持つ

順番に見ていきましょう。

 

旦那の良い部分を探す

旦那の良い部分を探すと、旦那に対する絶望感が薄れていく期待が持てます。

 

そもそも旦那に絶望している原因は、旦那の欠点しか見えていないから。

旦那の嫌な部分が積み重なって奥さんの中で爆発した時、旦那への感情が絶望に変わってしまうのです。

だとすれば、旦那の良い部分を探すことに努めてみましょう。

 

  • 私生活はだらしないけれど、仕事は頑張ってくれている
  • に対しての態度には疑問があるけれど、子どもにはとても優しいパパ
  • お酒に飲まれることは多々あるけれど、ギャンブルに手は出さない

「うちの旦那って意外と良いところがあるかも?!」と思えますよ。

 

旦那に直して欲しいことを正直に伝える

旦那への絶望感を消すため、旦那に直して欲しい部分を正直に伝えることも大切です。

旦那に絶望したまま、結婚生活を続けていくのはつらいですよね。

だからこそ、できるだけ早いうちに、奥さんの正直な気持ちを旦那に知ってもらうのがベストです。

 

  • 脱ぎっぱなし出しっぱなしを改めてほしい
  • もう少し育児に参加してほしい
  • 休日は家族で出かけたい
  • スマホゲームをやめろとは言わないから頻度を落としてほしい

丁寧な口調でお願いするように話せば、旦那も理解してくれるはず。

不満が溜まる前に、できるだけ丁重にお願いしてみましょう。

 

旦那に対して過剰に期待しすぎない

旦那に対して過剰に期待しすぎないのも、旦那への絶望感を軽減する方法の一つです。

旦那に絶望してしまうのは、どこかで旦那に期待を持っていて、期待が裏切られてしまったから。

 

たとえば、以下のようなこと。

  • 次の休日はお出かけしたいな→実際は旦那が出かけてくれず絶望
  • 次の休日は子どもを預けて美容室へ行きたいな→旦那が子どもを見てくれず絶望

旦那に期待しすぎるあまり、期待を裏切られた時の反動が大きくなってしまうのです。

だからこそ、初めから旦那にはあまり期待しないようにしましょう。

期待したことをやってくれた場合は、ラッキー程度に思えると良いですね。

 

お互いに感謝の気持ちを持つ

旦那への絶望感を軽減するため、お互いに感謝の気持ちを持つこともおすすめです。

結婚生活が長くなると、「ありがとう」という言葉がなかなか出てこなくなりますよね。

とはいえ、付き合いが長くなってきた時こそ、感謝の気持ちを伝え合うのはとても大切です。

 

  • 旦那の給料日には「ありがとう、お疲れ様でした」と伝える
  • 子どもの面倒を見てくれたら「ありがとう、助かったよ」と伝える

改めて言うと少々照れくさい「ありがとう」ですが、言われた側は悪い気はしません。

お互いに感謝の気持ちを持って、夫婦関係を再構築できたら良いですね。

 

まとめ

今回の記事では、旦那に絶望している奥さんのため、対処法を紹介しました。

紹介した対処法は、以下の4つです。

  • 旦那の良い部分を探す
  • 旦那に直して欲しいことを正直に伝える
  • 旦那に対して過剰に期待しすぎない
  • お互いに感謝の気持ちを持つ

 

旦那に絶望しているからといはいえ、多くの奥さんが離婚までは考えていないかと思います。

だとしたら、旦那との今後を良くしていくために、奥さんの考えを改める必要があります。

せっかくの結婚生活ですから、ハッピーなものにしたいですよね。

より幸せな結婚生活を送れるよう、夫婦共に改心していけたら良いですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました