【憎悪】亭主が憎い!旦那デスノートに書き込みたくなる妻の心境や夫の特徴とは?

「亭主が憎くて旦那デスノートにいつも書き込みをしている」

「旦那デスノートに書き込みをしたい気持ちを抑えられない」

「旦那デスノートに書き込みをしている妻たちの心境を知りたい」

と感じることはありませんか。

 

旦那デスノートに書き込みをすることに対して賛否両論ありますが、少し前に書籍化されるほどに話題になったこともあります。

そこで、今回は旦那デスノートに書き込みをしたくなるほどにストレスを抱える妻の心境や夫の特徴について徹底的に調べました。

 

当記事で紹介する内容は、下記の通りです。

  • 旦那デスノートに書き込みをしたくなる妻の心境とは?
  • 旦那デスノートに書き込みをされがちな亭主の特徴は?
  • 旦那デスノートは危険?徹底解説

 

旦那デスノートに書きたくなるほどに辛いと感じる方は、ぜひ最後までお読みください。

当記事を通して、旦那デスノートに書き込みたくなる妻たちの心境やデスノートを使う危険性が理解できるでしょう。

 

亭主が憎い!旦那デスノートに書き込みをする妻の心境とは?

旦那デスノートの存在が話題になり、本としても発売されました。

旦那デスノートとは、旦那の悪口を徹底的に書き込むサイトです。

 

旦那デスノートに書き込みをすることに対して、賛否両論ありますが次のように思う方は少なくありません。

  • そもそもなんで旦那デスノートに書き込みを入れるの?
  • 旦那デスノートに書き込みをする妻たちの心境を知りたい

 

当項目では、旦那デスノートを書き込みをする妻たちにありがちな次の心境について紹介します。

  • ストレスを吐き出してスッキリする
  • コロナで亭主が家にいることが多くなってストレス
  • 亭主の行動全てがストレス

 

ストレスを吐き出してスッキリする

デスノートに書き込むことでストレスを吐き出して、とにかくスッキリさせたいと考えている妻たちは大勢います。

  • 亭主の悪口は誰にも言えないからネットに書き込んでスッキリしている
  • ストレスや口の捌け口にしている

 

デスノートは匿名で書き込みができるので、誰にも気付かれないという安心感を感じる妻たちは多いようです。

人に悪口を言うと周囲に漏れる心配がありますが、デスノートに書き込むなら誰にも知られずストレス発散ができると考えてストレス発散の吐口にしています。

 

コロナで亭主が家にいることが多くなってストレス

コロナの影響で、亭主が在宅ワークをするようになった家庭も少なくありません。

  • 在宅ワークがそのまま続いている
  • 亭主が家にいることが多くなった

上記のように、職場の状況が一旦落ち着いても在宅ワークをする確率が増えたところもあります。

 

亭主が家にいることに対して妻たちは、ストレスを感じがちです。

  • いつも亭主が家にいるから自由がない
  • 一日中家族の世話に追われている気がする
  • 亭主が家にいても何もしない

亭主が家にいることで妻の負担が増えたり、自由が奪われたりします。

 

亭主の在宅ワークが増えたことによるストレスに関する記事は、下記を参考にされてください。

 

亭主の行動全てがストレス

亭主の行動全てがストレスだと感じて、旦那デスノートに書き込みを入れたくなる妻も少なくありません。

  • 亭主が家にいても帰ってこなくても頭にくる
  • 亭主の浮気が発覚してから何もかも受け付けなくなった
  • 言動にいちいち腹が立つ

 

上記のように亭主が何をしても、何を言っても、もはやイライラする気持ちしか湧き上がらない状況です。

今まで旦那の行動に対して我慢してきたことが限界に達して、怒りがおさまらない状態になっています。

 

夫が何もしないことに関する記事は、下記を参考にされてください。

 

旦那デスノートに書き込まれがちな亭主の特徴とは?

「そもそも妻はどんな亭主に対してイライラし、旦那デスノートに書き込むのだろう?」と考えることはありませんか?

 

旦那デスノートに書き込まれやすい亭主の特徴は、下記の通りです。

  • 家事や育児に無頓着
  • 金銭感覚に無頓着
  • 浮気をする亭主
  • 思いやりのカケラもない亭主

当項目では、妻が旦那デスノートに書き込む亭主の特徴について具体的に紹介します。

 

家事や育児に無頓着

家事や育児に無頓着な亭主は、妻の怒りを買いがちです。

  • 家に帰るなりゴロゴロして何もしない
  • 子供が泣いているとうるさいと妻に文句を言う
  • 家事や育児は妻の世話だと言わんばかりの態度をする
  • 自分はイクメンと思い込んでいる

 

上記のように、家事や育児に協力をしないどころか、妻の方法にケチをつけたり文句を言ったりする亭主もいます。

現在は核家族が増え、夫と妻が協力して家事や育児を取り組みたいところなのに亭主の理解が得られないとなると妻が怒るのも当然ですね。

 

金銭感覚に無頓着

金銭感覚に全く無頓着な夫も、妻の怒りを買います。

  • 稼いだお金は俺のものだと言わんばかりに自由に使いまくる
  • 妻には最低限の生活費しか渡さないくせに自分は贅沢をする
  • 子供の教育費や貯金のことを相談しても全く相手にしてもらえない
  • 何も考えずに高級なものを買おうとする

 

上記のように、独身貴族の考え方が取れずに稼いだお金を全部自分で使おうをする亭主もいます。

妻が必死に節約して頑張っていても、亭主が無頓着だと妻のストレスは計り知れません。

 

浮気をする亭主

浮気をする亭主は、妻の信用と尊敬、愛情を失います。

  • 自分は節約して家族のために尽くしているのに亭主は浮気をしていた
  • 信じていたのに裏切られた
  • 亭主の浮気の証拠を見つけてしまった
  • 反省したといいながら何度も浮気を繰り返す

上記のように、亭主が浮気をしていることが発覚した時の妻のショックは計り知れません。

 

信用していた亭主が浮気をしていたことを知ったときに、妻は亭主を信用できずになり憎しみが込み上げてくることもあるでしょう。

込み上げてきた憎しみを、そのまま旦那デスノートに爆発させることもあるのです。

 

思いやりのカケラもない亭主

妻に対する思いやりのカケラもない亭主だと、妻は旦那デスノートに書き込みを入れたくなるほどにストレスを溜め込むこともあります。

  • 結婚して数年経つと歳をとったと馬鹿にした態度をとる
  • いつも上から目線で見下してくる
  • 妻が疲れて寝ていても「楽している」と嫌味を言う
  • 妻の気持ちをこれっぽっちも考えてくれない

結婚後、月日が経つと、結婚した当初と全く同じ外見、体型でいるのは不可能ですが、思いやりのない亭主は外見や体型を馬鹿にして妻を傷つけます。

 

妻の気持ちを配慮しなかったり見下したりする態度を取られたりすると、妻は亭主から愛されていると感じません。

亭主の思いやりのない態度と毎日接していると、妻のストレスは溜まりどこかに吐口を求めたくなるのもうなずけます。

 

旦那デスノートは危険?解説

旦那デスノートは安全に悪口を吐き出せると思われがちなので、多くの妻たちが利用しています。

しかし、旦那デスノートに書き込みを入れることは危険を伴うことも理解しておいた方がいいでしょう。

 

当項目では、旦那デスノートに書き込みを入れることの下記のリスクについて紹介します。

  • 訴えられることもある
  • 亭主にバレて危機的な状況に至る場合もある
  • ネットはエスカレートしやすい

 

訴えられることもある

旦那デスノートがバレたら、訴えられる可能性もあります。

旦那デスノートは、匿名で書かれるので身元がバレにくいと言われていますが全くバレないわけではありません。

 

亭主に旦那デスノートを書いていることがバレたときには、問題になる可能性があるのです。

  • プライバシーの侵害
  • 名誉毀損

特に旦那デスノートに過激な発言をする内容を書いた場合、上記の内容で訴えられないとも限りませんのでリスクが高いと言えるでしょう。

 

亭主にバレて危機的な状況に至る場合もある

亭主にバレて、危機的な状況に至る場合もあります。

  • 夫婦の中がますます悪くなる
  • 離婚問題、別居問題になる可能性もある
  • 親戚にバレて大騒動になることもある

 

上記のように、亭主にバレたり親戚にバレたりしたことで、思ってもなかった大騒動にならないとも限りません。

ちょっとしたストレスの吐口のつもりが、自分を苦しめることにもなるのです。

 

ネットはエスカレートしやすい

ネットはエスカレートしやすいのも、旦那デスノートの恐ろしさの1つと言えるでしょう。

  • 知らない人に向けて発信するので過激なことを書き込みやすい
  • 問題を大袈裟にして書き込みを入れることもある

 

上記のように「顔も名前も知られていない」と言う状況で、大胆な気持ちになり過激なことを書き込みやすくなります。

他の人が書き込みに加わったことでさらにエスカレートし、つい「殴られた」「怒鳴られた」など大袈裟なコメントを書き込んだりすることも少なくありません。

 

旦那デスノートに書き込まれることを一部紹介

「旦那デスノートに書き込まれる内容って一体どんな内容なのだろう?」と、考えることはありませんか?

旦那デスノートに書き込まれることの一部には、亭主の死亡を願うものや、事故を願うものなど過激なものもあります。

 

しかし全てが死を願う発言のものだけではなく、ただの愚痴の捌け口にしている内容のものも少なくないようです。

News Line 週刊女性PRIMEには、旦那デスノートへの投稿の内容の一部が紹介されています。

社内結婚。結婚3年目。(中略)とりあえずもう少しおまえと生きるのを我慢してやるよ。きのうはあいつの歯ブラシで排水溝掃除。ボディタオルで風呂掃除。クモの死骸が落ちてたからあいつの枕カバーの中に供養。ついでにキャベツについてた青虫も。さて今日はどこを掃除しようかな♪♪

引用:週刊女性PRIME

犬や猿は何回か教えたら、覚えている。おまえには何度も何十回も言っているのになんで覚えない? なんで同じことを繰り返す? おまえの脳みそはプチトマトより小さいのか? おまえ、2児の父親だろうが。おまえがきちんと学べていないくせに子どもを叱るんじゃねえよ。

引用:週刊女性PRIME

 

上記のように日頃のストレスの吐口が見つからず、旦那デスノートに書き込みを入れることでストレス発散をしている妻が多いことがわかります。

心から死を願っているわけではなく、腹を立てて虫の居所が収まらないときにネットに書き込みをしてスッキリしている人も多いようです。

 

亭主が憎い時にできる旦那デスノート以外の効果的な対策とは?

旦那デスノートに書き込みを入れたいほどに、亭主のことをにくく感じるときもありますよね。

  • 旦那デスノートがリスキーでも他にストレス発散方法がない
  • デスノート以外のストレス発散を知りたい

と、考えることはありませんか?

 

当項目では、旦那デスノートに書き込みを入れる以外にできる下記のストレス発散方法を紹介します。

  • 諦めて自分の楽しみを見つける
  • 自立する
  • 無理やり夫に歩み寄る

 

諦めて自分の楽しみを見つける

亭主のことは諦めて、期待せずに自分の楽しみを見つけることで気分転換できます。

  • 趣味を見つけて没頭する
  • 美味しいカフェやレストランを探す
  • エクササイズをして気分転換する
  • 本や映画を楽しむ

 

上記はほんの一例ですが、自分の時間、自分の世界を少しでも持つことでストレス発散ができていると感じる妻たちは少なくありません。

運動したり好きなことをしたりすることで、リフレッシュして亭主の嫌なことを忘れましょう。

 

自立する

経済的にも精神的にも自立することで、亭主に対するストレスを軽減できた妻は大勢います。

  • スキルを見につけて在宅ワークを始める
  • 仕事をする

妻は自分が自立して働いていることで、自尊心を身につけ気持ちが楽になることも珍しくありません。

 

特に在宅ワークとして人気のスキルを、下記にまとめました。

  • Webライター
  • Webデザイン
  • プログラミング
  • 動画編集

上記のものは一度スキルを身につけ、コツを掴むと収入を得られやすいので人気です。

 

無理やり夫に歩み寄る

嫌でも無理やり夫に歩み寄ることも、結果的には効果があったと感じる妻もいます。

  • 亭主に感謝できることを無理やり探す
  • 「ありがとう」と感謝の気持ちを伝える
  • 「おはよう」「ごめんね」などの挨拶も欠かさない

 

感謝できることを無理やり探して、感謝を伝えるようにしましょう。

「おはよう」「おかえり」「ごめんね」などのちょっとした言葉を忘れずに伝えることも大切です。

 

旦那デスノートに書き込みを入れたくなるほどにイライラしていると、下記のように思いますよね。

  • なんであんな奴のために
  • アイツに感謝することなんてない!

グッと堪えて妻の方から歩み寄ることで、自身の気持ちも楽になったと感じる妻は少なくありません。

 

まとめ

旦那デスノートに亭主の悪口を書き込みたくなる妻たちの心境は、下記の通りです。

  • ストレスを吐き出してスッキリする
  • コロナで亭主が家にいることが多くなってストレス
  • 亭主の行動全てがストレス

 

妻が旦那デスノートに書き込みを入れたくなる亭主の特徴を、再度まとめました。

  • 家事や育児に無頓着
  • 金銭感覚に無頓着
  • 浮気をする亭主
  • 思いやりのカケラもない亭主

 

旦那デスノートに書き込みを入れることに、賛否両論があるのは事実です。

旦那デスノートに書き込みをすることで、つい過激な発言をしてしまったり、思ってもみなかったトラブルが起こったりすることがあります。

 

しかし、旦那デスノートに書きたくなるほどにストレスを溜め込んでいる妻たちがいることも事実です。

妻たちの感情を否定したり、事情がわかっていないのに批判したりする権限は、誰にもありません。

 

旦那デスノートに関する下記の記事も参考にされてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました