【必見!】夫に溺愛される妻の特徴10選!愛され妻を持つ夫のエピソードも徹底後悔!

「夫から溺愛される妻の特徴は?」

「夫から溺愛されたい時に注意したいポイントは?」

「妻を溺愛する夫のエピソードが知りたい!」

などとお考えではありませんか?

 

夫に溺愛されたいと思うのは、妻として当然の心理ですよね。

愛されて、幸せな結婚生活を送りたいと思うことでしょう。

 

当記事では

  • 夫から溺愛される妻の特徴10選
  • 夫に溺愛されたい!?注意したいポイント
  • 夫に溺愛される理由は?夫たちの声

といった内容を徹底解説していきます。

 

夫に溺愛されたいという妻は、ぜひ参考にしてください。

最後までお読みいただければ、夫に溺愛されるにはどうしたらいいかがきっと分かるはずです。

 

夫から溺愛される妻の特徴10選

夫から溺愛される妻の特徴としては、下記が挙げられます。

  • 常に女性らしくいる
  • 感謝の気持ちを忘れない
  • 甘え上手
  • 優しくて思いやりがある
  • 夫を尊敬している
  • 笑顔でいる
  • 基本的な挨拶を欠かさない
  • 夫に依存しない
  • 常に謙虚さを忘れない
  • 素直に喜べる

10の特徴を、詳しく見ていきましょう。

 

常に女性らしくいる

まずは「常に女性らしくいる」ことが挙げられます。

結婚して何年も経つと、どうしてもお互いに異性として意識しなくなっていくもの。

 

特に子供が生まれると、忙しくて自分に手がかけられなくなります。

しかし、母になって激太りしたり、夫の前でも平気でゴロゴロしているような妻を溺愛する夫はなかなかいません。

 

夫が望む女性らしさを、常に忘れないようにしましょう。

スタイルを維持したり、香りで女性を意識させるように気を配ってみてください。

 

感謝の気持ちを忘れない

「感謝の気持ちを忘れない」ことも大切です。

毎日一緒にいると、夫の行動が「当たり前」になってしまい、感謝の気持ちを忘れがち。

 

不満もあるでしょうが、感謝すべき部分もたくさんあるはずです。

些細なことでも「ありがとう」を伝え、感謝の気持ちを忘れないようにしましょう。

 

夫婦円満の秘訣として「感謝の気持ちを忘れない」ことを挙げる人も多いようです。

明治安田生命は11月22日の「いい夫婦の日」にちなみ、夫婦をテーマとしたアンケート調査を実施。

「夫婦円満のために何が必要か」という問いには、全体では「よく会話をする」が69.6%で1位、次いで2位は「感謝の気持ちを忘れない」で57.3%、3位が「相手を尊重・信頼する」で54.2%だった。

引用:ニュースSALT

 

甘え上手

「甘え上手」な妻も、溺愛される要因のひとつになります。

男性は女性から「頼られたい」と思うもの。

 

何でも一人でしようとするのではなく、夫に甘えて頼りましょう。

頼る時には

お願いしてもいい?

と謙虚に伝えることを忘れないでください。

 

夫がやってくれた時は、結果がどうだったとしても、必ず「ありがとう」と感謝するようにしましょう。

上手に頼り、甘えることで、夫も妻を守りたいと思うはずです。

 

優しくて思いやりがある

「優しくて思いやりがある」妻を目指すこともポイント。

結婚生活の中では、仕事で忙しくて、イライラしてしまう日もあるでしょう。

 

普段から仕事をがんばっている夫に対し、優しく労う言葉をかけてあげてください。

さりげなく気遣い、優しさを示すことが大切です。

 

疲れている時にしつこく原因を聞いたり、イライラしていることに腹を立てるのは逆効果

妻の思いやりや優しさに気づくと、夫も

この人と結婚してよかった……

と思うはずです。

 

夫を尊敬している

「夫を尊敬している」妻も、愛される傾向にあります。

「尊敬」は相手を認めること。

そん‐けい【尊敬】 の解説

その人の人格をとうといものと認めてうやまうこと。その人の行為・業績などをすぐれたものと認めて、その人をうやまうこと。

引用:goo辞書

 

口先だけ夫を立てるのではなく、心から夫を尊敬することが大切です。

夫に過剰な期待をすると、尊敬できなくなります。

 

素直に「素晴らしい」と思えるところを、見つける努力をしましょう。

考え方や生活習慣など、誰にでも尊敬できるところはあるはずです。

 

笑顔でいる

「笑顔でいる」ことも忘れないようにしましょう。

いつも笑顔でいる妻に、夫は癒されるものです。

 

暗い女性よりも、明るい女性と一緒に暮らしている方が楽しいと思うもの。

家事や育児で疲れていても、できるだけ笑顔を心がけましょう。

 

妻が笑顔でいるだけで、家庭内の雰囲気は良くなります。

夫が「帰りたい」と思うような、家庭を作ることができるでしょう。

 

基本的な挨拶を欠かさない

「基本的な挨拶を欠かさない」ことも意識してみてください。

毎日一緒に生活していると、ついつい挨拶がおろそかになってしまいます。

 

「おはよう」「おやすみ」「行ってらっしゃい」など、基本的な挨拶を忘れていないでしょうか?

挨拶はコミュニケーションの基本でもあります。

 

挨拶から会話が生まれることもあるでしょう。

たとえ喧嘩をしたり、お互いに気まずい状況だったとしても、基本的な挨拶は欠かさないようにしてください。

 

夫に依存しない

甘えることは大切ですが「夫に依存しない」ようにしましょう。

夫に全面的に依存してしまうと、一緒にいることが息苦しくなってしまうからです。

 

夫に気持ちよく仕事をしてもらうためにも、全面的に依存することは避けましょう。

依存しないためにも、夫に自由な時間を与えてあげてください。

 

常に一緒にいるのではなく、お互いにひとりの時間を楽しめる夫婦になりましょう。

ストレス発散もできますし、夫婦の絆も強まるはずです。

 

常に謙虚さを忘れない

「常に謙虚さを忘れない」妻も、夫から溺愛されます。

男性は女性に比べて、プライドが高いものです。

 

常に妻よりも頼りになる存在でありたいと思うのは、自然なことでしょう。

人前で馬鹿にしたり、夫をけなすような言動は避けてください。

 

どんな状況でも一歩引き、夫を立てる妻は、夫にとって大切な存在。

常に謙虚さを忘れずに、夫のプライドを包み込むようにしましょう。

 

素直に喜べる

「素直に喜べる」女性も、夫に溺愛される傾向にあります。

妻が喜んでいる姿を見るのは、夫にとっても幸せなこと。

 

妻を笑顔にさせていることで、承認欲求も満たされるでしょう。

夫から何かをしてもらったり、プレゼントをもらった時は素直に喜びを表現してください。

 

本当は〇〇の方がよかったな……

などと思ったとしても、気持ちを切り替えて喜びを表現することが大切です。

少し大げさなくらいに、喜びを表現するように意識してみてくださいね。

 

夫に溺愛されたい!?注意したいポイント

夫に溺愛されたいと思うのは自然なことですが、下記の点には注意しましょう。

  • 行き過ぎた束縛に注意する
  • 外見だけに捉われない
  • 夫の気持ちを責めない
  • 妻としての役割を忘れない

それぞれのポイントを、具体的に解説していきます。

 

行き過ぎた束縛に注意する

まずは「行き過ぎた束縛に注意する」ようにしましょう。

夫のことが大好きだと、ついつい束縛するような言動をとってしまいがち。

 

少しくらいのヤキモチは可愛いですが、行き過ぎた束縛行為は夫の気持ちを遠ざけるだけです。

たとえば

  • 勝手にスマホを見る
  • 夫の行動を制限する
  • どこに行くのか常に把握しようとする
  • 返信がこないと何度もメールを送る

などの行動は、避けるようにしましょう。

 

束縛をしても、本当の信頼や安心感は得られません。

次から次に不安が募るようになってしまいますので、行き過ぎた束縛には注意しましょう。

 

外見だけに捉われない

「外見だけに捉われない」こともポイントです。

夫の気持ちを繋ぎとめようと、ついつい外見ばかり気になってしまうのも無理はありません。

 

いつまでも若くいようとすると、化粧品や洋服にお金を費やしてしまいます。

しかし、年を取れば、少なからず外見は変わっていくものです。

 

外見を磨くことも大切ですが、同じように内面を磨くことも忘れないようにしましょう。

外見だけ着飾っても、中身が可愛くない女性は夫から愛されません。

 

夫の気持ちを責めない

次に「夫の気持ちを責めない」ことも挙げられます。

自分の理想と同じくらい、夫が愛してくれるとは限りません。

 

たとえ夫が愛していたとしても、言動からは気づけないこともあるでしょう。

どうしてもっと〇〇してくれないの!?
もっと愛してほしいのに!

などと、夫の気持ちを責めるのはNG。

 

夫の気持ちを責めても、今以上に愛してもらうことはできません。

溺愛してほしいのであれば、溺愛される妻になるように心がけましょう。

 

妻としての役割を忘れない

「妻としての役割を忘れない」こともポイントのひとつ。

女性として愛してほしい気持ちは自然なことですが、妻としての役割も忘れないようにしましょう。

 

独身時代とは違い、妻には妻の役割があります。

夫を支え、夫がくつろげる家庭を作ることも妻の役割のひとつ。

 

自分磨きも大切ですが、妻として安らげる家庭を築くことも大切にしましょう。

妻としての役割を果たすことで、夫もあなたと結婚してよかったと心から思ってくれるはずです。

 

夫に溺愛される理由は?夫たちの声

夫に溺愛される妻はどのようなところに魅力があるのでしょうか?

夫側の意見を見ていきましょう。

  • 一緒にいると大笑いしてしまう
  • 優しい言葉をかけてくれる
  • 頑張り屋の奥さん

 

一緒にいると大笑いしてしまう

面白い妻であれば、家庭内が明るくなります。

ウチの妻は、よく気難しいところがありますが、関西出身らしくとにかく話、やることが面白いです。

CMソングの替え歌をよく歌ったりしています。その歌詞もちゃんとお笑いが入っています。それ程美人とは言えないかもしれませんが、こうやって大笑いさせてもらえるのは本当にありがたい限りです。

引用:ママリナ

 

一緒にいて楽しいというのは幸せなこと。

結婚生活も毎日が楽しいに越したことはないですよね。

 

どんなに仕事が忙しくても、妻が笑わせてくれれば、疲れも吹っ飛びます。

ストレスから解放されるためにも、面白い妻は夫にとって大切な存在となるでしょう。

 

優しい言葉をかけてくれる

思いやりがあり、優しい言葉をかけてくれる妻は、夫にとっても貴重です。

突然、会社をやめました。次の日から毎日、仕事探しに明け暮れました。ですが一向に仕事が見つかりません。不安と焦りで押し潰されかけたある日、彼女がいいました。

「そんなに慌てて働かなくていいんじゃない?今まで何十年も一生懸命に働いたらんだから!」その何気なく言ってくれた言葉身体の中のモヤモヤが一気に晴れ渡り、涙がこぼれ落ちました。彼女はいつも優しい、どんな時も勇気をくれる。いつも心の支えになってくれる。こんな彼女を一生守りたいし、これからの人生も一緒に過ごしたい。

引用:ママリナ

 

落ち込んでいる時に優しく接してくれる妻がいると、夫の心の支えになります。

一生一緒にいたいと思うのも自然なことです。

 

反対に夫が落ち込んでいる時に、責めるような妻とは一緒にいたいとは思わないでしょう。

夫が辛い時ほど、優しい言葉をかけるようにしてあげてください。

 

頑張り屋の奥さん

何事も一生懸命がんばっている妻は、夫にとって愛しい存在です。

私の奥さんはとにかく頑張り屋さんです。どんな事にも、最初から出来ないと言わずに頑張ってこなしてくれます。

奥さんはあまり料理が得意ではないのですが、私のお弁当を一生懸命に作ってくれます。確かに彩りや味は他の人から見れば劣るかも知れませんが、真心込めて作ってくれるだけで、本当に嬉しいものです。

奥さんが此れだけ頑張り屋なのですから、もし、私が奥さんに頼られたら、精一杯努力して、力になってあげたいと思います。

引用:ママリナ

 

自分のために一生懸命尽くしてくれれば、誰でも嬉しいもの。

苦手な家事も、精一杯こなせば、夫も満足してくれるはずです。

 

すべての家事を完璧にこなせる人はいません。

苦手な分野であっても、精一杯自分のできることをしていきましょう。

 

まとめ

夫から溺愛される妻の特徴としては、下記が挙げられます。

  • 常に女性らしくいる
  • 感謝の気持ちを忘れない
  • 甘え上手
  • 優しくて思いやりがある
  • 夫を尊敬している
  • 笑顔でいる
  • 基本的な挨拶を欠かさない
  • 夫に依存しない
  • 常に謙虚さを忘れない
  • 素直に喜べる

 

夫に溺愛されたいと思うのは自然なことですが、下記の点には注意しましょう。

  • 行き過ぎた束縛に注意する
  • 外見だけに捉われない
  • 夫の気持ちを責めない
  • 妻としての役割を忘れない

 

男性であっても、女性であっても、愛しいと思えるポイントに大きな差はありません。

自分だったらこうしてほしい!

と思うことを、夫にしてあげるようにしましょう。

 

そうすれば、きっと夫も喜んでくれるはずです。

夫婦円満の秘訣は下記の記事でも解説していますので、ぜひ参考にしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました