【限界】夫の臭いが酷すぎてストレス!原因と対策を徹底解説!

「夫の臭いがひどすぎてストレス!

「夫が臭すぎるのはなぜ?」

「夫が臭うときどうしたらいい?」

上記のような悩みを抱えていませんか?

 

夫の臭いがひどいと、イライラするしストレスですよね。

どうしたら治るのだろう?と思う方も多いでしょう。

 

当記事では

  • 夫の臭いが酷すぎてストレス!原因は?
  • 体臭が酷いときの解決策
  • 夫を臭わせない!今日からできる予防法

上記の内容をご紹介していきます。

 

夫が臭くて困っている方はぜひ参考にしてみてください。

最後までお読みいただければ、夫が臭う理由や、対処法がわかるでしょう。

 

夫の臭いが酷すぎてストレス!原因は?

夫の臭いがひどすぎて困っている妻も少なくありません。

  • 臭いがひどくてストレス!
  • なんでこんなに臭うんだろう?

と考えることはありませんか?

 

夫が臭う原因を、下記にまとめました。

  • 歳を重ねると発生する「加齢臭」
  • 20代でも要注意!「早期加齢臭」ストレスや疲れなどで発生する「ストレス臭」
  • つんと鼻を突く「酸っぱい臭い」
  • 枕から使い古した油のような臭いがする「まくら臭」
  • 生ごみのような臭い「キャベツ臭」

当項目では夫臭う時に考えられる理由を具体的に紹介します。

 

歳を重ねると発生する「加齢臭」

「加齢臭」の原因は加齢による脂肪酸・過酸化脂質の増加です。

年齢を重ねると、皮脂の中にパルミトレイン酸という脂肪酸と、過酸化脂質という物質が増加します。

このパルミトレイン酸が過酸化脂質や皮膚の常在菌によって分解・酸化されると「ノネナール」という、ひなびたにおいが発生するのです。

 

加齢臭は、男性は40〜60代、女性は個人差はありますが、女性ホルモンが低下する閉経前後の年齢から強くなる傾向があります。

このにおいは年齢を感じさせるものの、いわゆる悪臭というわけではありません。

 

20代でも要注意!「早期加齢臭」

糖質や劣化した油のとり過ぎは「早期加齢臭」の原因になります。

近年増えているのが、糖質の多い食生活や劣化した油のとり過ぎで皮脂が過剰分泌・酸化して発生するぺラルゴン酸の脂くさい臭いです。

20~30代でも見られることから、早期加齢臭といわれています。

 

実は、皮脂の原料となるのは中性脂肪です。

糖質をとり過ぎると、

  • 血中に余った糖が中性脂肪となる
  • 精製された白いご飯や小麦などの炭水化物、白砂糖のとり過ぎによる血糖値の上昇がおきる
  • 様々な加工食品に含まれている異性化糖(果糖を多く含む糖)の摂り過ぎがおきる

といったように中性脂肪を増やす原因になります。

 

その結果、皮脂の分泌が過剰になり、20代でも加齢臭が発生していまうのです。

 

ストレスや疲れなどで発生する「ストレス臭」

ストレス、疲れ、緊張でおきる「ストレス臭」です。

ストレス臭は、様々なニオイ物質による複合臭といわれています。

議論がヒートアップしている会議室に遅れて入ったときに、汗の中に混じるSTチオジメタンというネギのような臭いや、アンモニアのような臭いを感じたら、それらがストレス臭です。

 

ストレスを感じた際に発生する活性酸素の影響による皮脂の酸化や、慢性的な疲れ・ストレスや緊張などによる自律神経の乱れが、体臭の原因となることが分かっています。

また、緊張して交感神経の働きが優位な状態では、手のひらや足の裏からの発汗量が増加するのです。

 

高温多湿の状態となった足の裏で増殖した常在菌は、納豆や銀杏のような臭いがします。

これらが複合して、独特なストレス臭となっているのです。

 

つんと鼻を突く「酸っぱい臭い」

弱った汗腺によるベタベタ汗が原因で「酸っぱい臭い」が発生します。

そもそも、人間の汗の99%はにおいのない水分です。

通常ミネラルは汗腺から再吸収されますから、汗にはほんの少しのミネラルしか含まれていません。

 

ところが、汗腺の機能が低下していると再吸収が行われにくくなり、ミネラル成分の多いベタベタ汗に。

ベタベタ汗をかくと、汗がなかなか乾かず、皮膚の常在菌がミネラルやアカなどをえさにして繁殖します。

その結果、常在菌が発する酸っぱい臭いが体臭となって出てしまうのです。

 

枕から使い古した油のような臭いがする「まくら臭」

シャンプーのしすぎで使い古した油のようなまくらの臭いの「まくら臭」がおきます。

40代をピークに発生するミドル脂臭とも呼ばれますが、年齢のためだけではなく、シャンプーのしすぎによる頭皮の乾燥など皮脂の増加を起こしやすいライフスタイルが原因です。

 

頭を洗い過ぎると頭の皮脂が過剰に取れて頭皮が乾燥し、頭皮を守るためにかえって皮脂の分泌量は増加します。

そして、皮脂の中の中鎖脂肪酸と汗から発生するジアセチルという成分が合わさって汗と皮脂の混合臭(まくら臭)が発生するのです。

 

生ごみのような臭い「キャベツ臭」

腸内環境の悪化や肝機能低下によって「キャベツ臭」がおきます。

胃腸機能の低下による消化不良から腸内環境が悪化すると、腸の中で食べ物(主に動物性タンパク質)が腐敗してしまうことがあるのです。

 

そのような場合も、通常は腸内で発生したニオイ成分は肝臓で分解・無臭化されます。

しかし、アルコールの過剰摂取や生活習慣病などによって肝機能が低下していると、そのニオイ物質を処理できず、血液中にあふれることがあるのです。

 

その結果、呼気を通してキャベツのような生ごみに似た臭い(ジメチルサルファイド)が、口臭として発生します。

さらに、アンモニアが処理しきれないと、汗の中にもアンモニアが溢れてくるのです。

 

体臭が酷いときの解決策

一時的に臭うならまだしも、あまりにも長期にわたって匂いが酷いと心配にになってしまう妻もいるでしょう。

 

体臭が酷いときの解決策ってあるのでしょうか。

  • 運動や入浴で汗腺を鍛える
  • 食生活を見直す
  • ハーブを活用して自律神経のバランスを保つ
  • 頭皮を弱酸性に保つ

詳しく解説していきます。

 

運動や入浴で汗腺を鍛える

運動習慣や湯船に浸かる習慣をつけましょう。

汗腺は汗をかくほど鍛えられ、臭わない汗をかけるようになります。

入浴の際は40℃前後のお湯に15〜30分浸かりましょう。

 

入浴剤はエプソムソルト(硫酸マグネシウム)がおすすめです。

血管が開きやすく、保温効果が高まるため、汗をかきやすくなります。

入浴前に水分をコップ1杯以上とることも忘れずにしましょう。

 

食生活を見直す

腸内環境を悪化させる過剰な肉食や、肝機能を低下させる過度な飲酒、皮脂を増やす糖質の過剰摂取をしていないか、1週間の食生活を振り返ってみましょう。

糖質は炭水化物だけでなく、様々な食品に含まれています。

清涼飲料水や菓子、調味料などに含まれている果糖ブドウ糖液糖などの異性化糖から知らず知らずにとり過ぎている場合もあるのです。

 

食品を選ぶ際は原材料も意識しましょう。

主食は「白」より「黒」の物を意識して、白米や食パン、うどんより精製度の高い玄米やライ麦パン、そばを選ぶようにするとよいです。

 

また、糖質の吸収、血糖値の上昇を抑える食物繊維をしっかりとりましょう。

おすすめの食材は、

  • 食物繊維が豊富で腸内環境を整える野菜や海藻類
  • 皮脂の酸化を抑える抗酸化食材(ナッツや植物油、アボカドなど)

などを積極的に食卓にとり入れるとよいでしょう。

 

ハーブを活用して自律神経のバランスを保つ

いい香りでリラックスして、自律神経のバランスを整えるのも体臭対策に有効です。

リラックスタイムにお部屋で香りを楽しむのがおすすめです。

精油(エッセンシャルオイル)と天然塩(またはエプソムソルト)を混ぜたものを湯船に入れ、リラックスしながら発汗を促し、汗腺を鍛えてもよいでしょう。

 

リラクゼーション効果のある精油にはラベンダー、カモミール、ゼラニウムなどがありますが、大切なのはその時に自分が心地よいと感じる香りを取り入れることです。

苦手な香りはかえってストレスになってしまいます。

 

頭皮を弱酸性に保つ

頭皮の臭いが気になる場合は、皮脂を取り過ぎず、刺激が少ないアミノ酸系のシャンプーを使用しましょう。

それでも改善しない場合は、2日に1度はシャンプーを使用せず、40℃以下のぬるま湯で頭皮をマッサージしながら汚れを洗い流してみるとよいでしょう。

 

また皮脂や汚れは寝る前に落としておきたいので、朝シャンもオススメできません。

皮脂や汚れを落とさずに寝ると、寝ている間に雑菌を増やしてしまう可能性があります。

 

夫を臭わせない!今日からできる予防法

夫の匂いが開戦しないと、疲れてしまいますよね。

夫を臭わせないために妻が出来ることはあるのでしょうか。

 

下記の予防法がおすすめです。

  • 他の人の例を話してみる
  • 健康診断の流れで診察を受ける

それぞれの予防法を具体的に見ていきましょう。

 

発酵食品を積極的に食べる

加齢臭発生の一因は、腸内環境の悪化です。

悪玉菌が増えて善玉菌が減ると、腸内で未消化のタンパク質やアミノ酸を細菌が分解し、アンモニアなどの悪臭物質が出やすくなります。

 

腸の機能は加齢でも衰えるので、まずは腸内環境を整える発酵食品をとる習慣をつけるのがおすすめです。

  • 乳酸菌やオリゴ糖を含有するヨーグルト
  • 納豆
  • 漬物
  • 飲酒した翌日はオルニチンを含むシジミの味噌汁

などを食べさせて肝機能を高めてアンモニアの解毒化を促しましょう。

 

衣類で臭いを防ぐ

クセが強い加齢臭の問題点は、臭いがまわりに伝わることです。

電車内やオフィスといった公共の場で、夫がくさい人認定されないよう、外出前に衣類に消臭スプレーをかけてあげましょう。

 

まるで目に見えないフィルターのように、体から発される加齢臭を服を通して消臭することができます。

そのうえ、衣類による蒸れで繁殖し、臭いを強める雑菌も防げるでしょう。

特に、わきや首まわり、背中など皮脂腺が多く加齢臭が出やすいところは念入りにかけるとよいです。

 

シーツや枕カバーなど寝具はこまめに替える

睡眠中、皮脂腺の多い頭皮や背中が密着するだけに、臭いがつきやすい寝具はまめに交換しましょう。

ノネナールのもとは、皮脂に含まれる脂肪酸の一種です。

つまり、脂でできている物質なので、繊維にしみ込みやすくとれにくいうえ、そのまま放置しておくと空気に触れて酸化します。

 

雑菌が繁殖し、どんどん臭いが強くなって、寝室が加齢臭まみれに、なんて事態にもなりかねません。

臭い防止機能つき寝具に頼れば、加齢臭の沈着が防げてなにかとお得です。

 

一日中着たスーツは帰宅後即お手入れ

女性のほうが加齢臭がしにくい理由のひとつは、毎日着替えるからだといわれています。

一方、男性が日常的に着るスーツは頻繁にクリーニングしないぶん、しみついた汗や皮脂が酸化し、寝具同様、雑菌が繁殖するので、お手入れしないとどんどん臭くなってしまうのです。

 

ただでさえ、衣類に蓄積しやすい加齢臭なので悪臭がこびりついたスーツを着ると、中のシャツに臭いが移る可能性もあります。

その日の臭いはその日のうちに徹底消臭しましょう。

 

抗酸化物質が豊富な料理を心がける

活性酸素の発生を阻む食生活は、加齢臭を防ぐ必須条件といえます。

摂取すべきは、ノネナールが苦手とする抗酸化物質を含む料理です。

 

晩酌するなら、適量の赤ワインがベターでしょう。

同時に食物繊維も組み合わせて腸内環境の改善もねらい、クエン酸がとれる酢の物で疲労物質の乳酸も抑制します。

逆に脂肪酸の分泌を高める動物性タンパク質が豊富な肉類は避け、低脂質のささ身にするなど、臭わせないメニューに腕をふるってあげましょう。

 

お風呂で疲労回復

血液の循環が悪くなると体内に疲労物質の乳酸が増加します。

体内環境が酸性に傾き、汗腺でアンモニアが生成されて汗の臭いが強くなるのです。

帰宅が遅い日は省略されがちだけど、疲れているときこそ入浴時はバスタブにつかるよう誘導してください。

 

血液循環を促し、新陳代謝を上げると汗をかきやすくなるので加齢で衰える汗腺が鍛えられ、臭わない汗をかけるようになります。

頑固な加齢臭の原因物質を一掃する洗浄剤をそろえるのも忘れずにしましょう。

 

室温は27℃が原則

汗腺機能は衰えやすく、汗をかかない生活をしていると、ひと夏で劣化します。

結果、濃度の濃い臭う汗が出やすくなるので、エアコン好きは要注意です。

 

夏場、特に入浴後の室内はキンキンに冷やしておきたい人もいるが、24~25℃でも汗腺機能は衰えるので、室温は理想の27℃にしましょう。

 

まとめ

夫の臭いが酷い原因は下記の通りです。

  • 歳を重ねると発生する「加齢臭」
  • 20代でも要注意!「早期加齢臭」ストレスや疲れなどで発生する「ストレス臭」
  • つんと鼻を突く「酸っぱい臭い」
  • 枕から使い古した油のような臭いがする「まくら臭」
  • 生ごみのような臭い「キャベツ臭」

 

夫の匂いが酷くストレスが溜まる時には、下記の対処法を試してみましょう。

  • 運動や入浴で汗腺を鍛える
  • 食生活を見直す
  • ハーブを活用して自律神経のバランスを保つ
  • 頭皮を弱酸性に保つ

コメント

タイトルとURLをコピーしました