【限界】夫が激務で辛い!離婚は出来る?激務な夫の特徴と良い家庭を築く方法を解説!

「夫が激務で辛い!

「激務な夫と良好な関係を築くには?」

「激務な夫と離婚は出来る?」

上記のような悩みを抱えていませんか?

 

夫が激務で家庭を顧みないと、どうしたらいいかわからなくなりますよね。

激務を理由に離婚は出来る?と思う方も多いでしょう。

 

当記事では

  • 夫が激務で辛い!離婚は出来る?
  • 激務な夫の心理と特徴とは?
  • 仕事が忙しすぎる夫に妻が感じる3つのこと
  • 激務の夫と良い家庭を築くには

上記の内容をご紹介していきます。

 

夫が激務で離婚を考えている方はぜひ参考にしてみてください。

最後までお読みいただければ、激務な夫の特徴や、離婚が出来るかどうかがわかるでしょう。

 

夫が激務で辛い!離婚は出来る?

夫が激務で辛い!とお悩みではありませんか?

 

当項目では激務な夫と離婚できるかを紹介していきます。

  • お互いの合意があれば離婚可能
  • 合意がなくても離婚事由があれば離婚できる場合がある

夫が激務で悩んでいる方は是非ご覧ください。

 

お互いの合意があれば離婚可能

旦那の仕事が忙しい・仕事で帰りが遅いことを理由に離婚したい場合、夫婦で協議した結果離婚に合意した場合は離婚が可能となります。

これを協議離婚といいます。

 

協議離婚とは下記のような離婚の方法のことを言います。

夫婦が話し合いをし、離婚する旨の合意が成立すれば、後は離婚届を市区町村に提出するだけで離婚が成立します。

この手続により離婚するケースが大半を占めています。

弁護士パーフェクト離婚ガイドより

日本ではほとんどの夫婦が、協議離婚によって離婚しているのが現状です

 

合意がなくても離婚事由があれば離婚できる場合がある

妻としては仕事で忙しい夫と離婚したい、いつも仕事で帰宅が遅くて家庭を顧みない仕事ばかりの旦那と離婚したいと我慢の限界にきています。
ですが、夫婦で離婚について話し合いを重ねても、合意に至らないこともあります。
しかし、合意に至らなくても以下に挙げる民法第770条1項各号の離婚事由があれば離婚請求が可能となります。
第770条
夫婦の一方は、次に掲げる場合に限り、離婚の訴えを提起することができる。
一 配偶者に不貞な行為があったとき。
二 配偶者から悪意で遺棄されたとき。
三 配偶者の生死が3年以上明らかでないとき。
四 配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき。
五 その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき。
裁判所は、前項第一号から第四号までに掲げる事由がある場合であっても、一切の事情を考慮して婚姻の継続を相当と認めるときは、離婚の請求を棄却することができる。
これを裁判離婚といいます。

裁判離婚では、離婚の理由が上記に該当することを裁判官に証明しなければならないのです。

 

激務な事に加え、以下のような事情があれば「その他婚姻を継続し難い重大な事由」として離婚が認められる可能性もあります。

  • 激務と見せかけて実は浮気をしていた
  • 何度話し合いをしても家庭を顧みず、日常生活を送るのが難しい

ただし、上記のような事情があったとしても必ず離婚が認められるとは限りません。

仕事が忙しいということはそれだけ生活のために収入を得ており、むしろ夫婦生活を維持するための努力をしている、とみることもできるからです。

 

激務な夫の心理と特徴とは?

激務な夫の心理や特徴ってあるの?とお考えではありませんか?

 

当項目では激務な夫の心理・特徴を説明していきます。

  • 妻や家庭より仕事が好き
  • 毎日仕事することでしか愛情表現ができない
  • 激務が当たり前で仕事でいっぱいいっぱいに
  • 家に帰りたくない
  • 浮気・不倫をしている

激務な夫の特徴と心理を知りたい方は参考にしてください。

 

妻や家庭より仕事が好き

仕事が好きで、のめり込んでしまっているが故に家庭が疎かになっている場合があります。

仕事で上手く成果をあげ、評価されれば誰だって嬉しいものですよね。

世の中には子作りもせず、”働くことだけが楽しい”という人も当然います。

特に男性は女性より1つのことに集中するタイプの人が多いため、仕事が軌道に乗ると夢中になってしまう傾向があるようです。

 

毎日仕事することでしか愛情表現ができない

家庭のことは妻に任せ、夫は仕事でお金を稼ぐ」という価値観に囚われてしまっている人もいます。

このような人は、働くことが愛情表現であると考えているため、家庭まで意識が向かなくなってしまっているのです。

 

ある意味では良い夫でいようとしていることが感じ取れますが、家庭をもう少し考えてほしい妻からすれば複雑な心境です。

 

激務が当たり前で仕事でいっぱいいっぱいに

深夜に及ぶ残業・休日出勤など、はたから見れば激務だとわかりますが、当の本人はこの忙しさが当たり前になってしまっている可能性もあります。

そのため、子どもの行事にいけないのも、仕事ばかりで家事を手伝えず、仕事でいっぱいいっぱいなのも仕方がないと思ってしまうのです。

 

家に帰りたくない

妻や家庭が苦手なために、仕事でわざと遅く帰宅しているケースもあります。

  • 家にいるといつも妻がイライラしている
  • 早く帰ると嫌な顔をされる
  • 妻や子どもと不仲で気まずい

など、家にいると居心地が悪いと帰りたくなくなってしまいますよね。

家庭環境に問題があって仕事人間になっているのかもしれません。

 

浮気・不倫をしている

これはあまり考えたくないことですが、残業・出張が多いのは不倫や浮気が関係していることも考えられます。

別の女性と妻にバレずに会うには、仕事を言い訳にするのが一番簡単です。

 

いつも帰りが遅ければ怪しまれることも少ないでしょう。

「仕事で疲れた」という割には身だしなみが綺麗だったり、おしゃれな買い物をしていたりと違和感を感じるならば、浮気の可能性も検討してみましょう。

 

仕事が忙しすぎる夫に妻が感じる3つのこと

夫が激務で寂しい!とお悩みではないですか?

 

当項目では仕事が忙しすぎる夫に妻が感じる3つのことを紹介していきます。

  • 一人の時間が多くて悩みや寂しさが限界に
  • 家事・子育ての時間格差がひどい
  • 夫が偉そうな態度をとる

激務な夫との生活に、悩んでいる方は是非ご覧ください。

 

一人の時間が多くて悩みや寂しさが限界に

旦那が毎日仕事ばかりで忙しいと、子どもや家庭のことを相談する時間もないため、悩みを抱え込みがちになることもあるでしょう。

特に新婚であるときには、「結婚すればもっと一緒にいられると思ったのに…」と結婚前の願望と結婚後の現実との間に大きなギャップを感じて寂しくなることも多いようです。

 

また、専業主婦だと家庭内で喋れる人もおらず、一人でいる時間が退屈に感じてしまいます。

土日・クリスマス・お盆などの休み、出産といった大切な場面でも仕事が入っていると、自分が愛されているのか不安に思ってしまうのも無理はありません。

 

家事・子育ての時間格差がひどい

夫が仕事ばかりで忙しいと、家事・育児に対する男女の役割の差や時間格差、頻度に不満をもつ人もいます。

例えば、共働き家庭で子どもが生まれた場合、妻は職場に復帰しても保育園の送り迎えなどがあるため、妻のみ時短勤務をせざるを得ません。

 

家事・育児・仕事と忙しいことに加え、キャリアアップという面でも夫に比べて不利になってしまいます。

そんな中で、旦那は仕事ばかりで妻を手伝ってくれないと、ワンオペ育児の疲れもあいまってストレスが溜まることも多くなるでしょう。

 

夫が偉そうな態度をとる

現状に不満を感じて夫に愚痴を言うと、「俺が食わせてやっているのに!」と偉そうな態度をとられる場合があります。

確かに専業主婦の場合、家事や育児には給料が発生しませんが、やってくれる人がいなければ生活が成り立たちません。

それなのに、妻より夫の方が上であると見下されると段々夫に対して嫌気がさしてくることでしょう。

 

激務の夫と良い家庭を築くには

激務の夫と良い関係を築くにはどうしたらいいの?とお考えではありませんか?

 

当項目では激務の夫と良い関係を築くための方法を説明していきます。

  • 夫が帰りたくなるような環境にする
  • 家庭で話し合う時間を作る
  • 一人で楽しめるようなことを見つける

激務の夫と良い関係を築くために悩んでいる方は参考にしてください。

 

夫が帰りたくなるような環境にする

まずは、夫が「帰りたいな」と思うような家庭環境を作るように意識しましょう。

仕事だけではなく浮気の防止にもなります。

「おはよう」「おかえりなさい」など、当たり前な挨拶をきちんと言うだけでも印象は変わるのです。

 

もし時間が上手く合わないときには、LINEで一言送るだけでもいいでしょう。

たまにある休日では、夫のやりたいことや好きな食べ物を用意するものいいかもしれません。

 

また、仕事が忙しいことを責めたり、夫に強く当たることは控えましょう。

いつもお疲れ様、長時間働いてて大丈夫?
ちょっと元気ないね。どうしたの?

と労いや心配の声をかけて、家が安心してくつろげる場所だということを認識させることも大切です。

 

家庭で話し合う時間を作る

夫婦で話し合える時間を設けて、直接自分の気持ちを伝えることも1つの手です。

毎週日曜の夜は一緒に過ごすなど、あらかじめ時間を決めておくといいでしょう。

また、子どもがいても同様に、定期的に外食するといった工夫で交流すれば家庭での摩擦も少なくすることができるかもしれません。

 

一人で楽しめるようなことを見つける

とはいえ、夫の残業がいきなり少なくなるということはあまり考えられません。

もしかしたら、家庭を顧みてほしいという気持ちが届かない可能性もあるでしょう。

 

そのため、専業主婦であっても寂しさや退屈をしのぐことができるよう、趣味や習い事などを探してみることをおすすめします。

一人でも楽しく過ごせるようになれば、旦那がなかなか家に帰ってこなくても気にならなくなるでしょう。

 

まとめ

  • 夫が激務で辛い!離婚は出来る?
  • 激務の夫と良い家庭を築くには

当記事では上記について解説しました。

 

激務な夫と離婚が出来るかは下記で説明しました。

  • お互いの合意があれば離婚可能
  • 合意がなくても離婚事由があれば離婚できる場合がある

激務な夫と離婚が出来るかは上記の記事をご参考にしてみてください。

 

激務な夫と良い家庭を気づくにはどうしたら良いかは下記です。

  • 夫が帰りたくなるような環境にする
  • 家庭で話し合う時間を作る
  • 一人で楽しめるようなことを見つける

一生を共にする夫が仕事にばかり夢中になって、妻や家庭を大切にしてくれないことには寂しさを感じますよね。

 

しかし、自分が仕事人間であることに夫が気付いていないケースもあるように、黙って我慢していても改善することはありません。

もし仕事ばかりな夫の意識を変えたいと思ったのであれば、先述した対処法を少しずつ試してみてはいかがでしょうか。

 

激務な旦那の解決法は、下記の記事でも解説していますのでぜひ参考にしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました