【難しい】『夫』のドイツ語は何?夫以外の家族を表すドイツ語表現も徹底解説!

「『夫』をドイツ語でいうと何になる?」

「『夫』を呼ぶ時のドイツ語は?」

「『夫』以外の家族のドイツ語表現も知りたい!」

などとお考えではありませんか?

 

ドイツ人の彼氏がいる人は、結婚後の呼び方が知りたいと思いますよね。

今後のためにも、ドイツ語表現を覚えておきましょう。

 

当記事では

  • 『夫』のドイツ語はEhemann
  • 『夫』を意味するEhenmannとMannの違いは?
  • 妻と夫が呼び合うドイツ語表現は?

といった内容を徹底解説していきます。

 

『夫』のドイツ語表現を知りたい方は、ぜひ参考にしてください。

最後までお読みいただければ、ドイツ語で『夫』を表現する方法がきっと分かるはずです。

 

『夫』のドイツ語はEhemann

『夫』を表すドイツ語は『Ehemann』

発音記号は「ˈeːəˌman」。

 

カタカナ表記にすると「エーアマン」が近いでしょう。

「結婚している」を意味する『Ehe』と、男性を表す『Mann』を組み合わせた言葉です。

 

複数形は『Ehemänner』になります。

最初の『E』は大文字で表すのが一般的です。

 

『夫』を意味するEhenmannとMann、Gatteの違いは?

『夫』を意味する別の表現として『Mann』や『Gatte』といったものも。

『Ehemann』との違いが気になるところでしょう。

 

まず『Mann』ですが、英語でいう『man』と同様の意味を持ちます。

つまり『男性』を意味する言葉。

 

この『Mann』に『Mein』つまり「私の」を意味する言葉を合わせるとと「私の夫」という意味に。

「私の夫」と具体的に表したい際は「Mann」を使った方が分かりやすいでしょう。

 

ちなみにドイツ語でも『man』という言葉は存在します。

しかし『Mann』が名詞で男性を意味するのに対し『man』は代名詞。

 

発音は同じですが、意味や機能が異なります。

一方『Gatte』も、配偶者を指す言葉。

 

どちらかというと『Ehemann』よりも固い表現です。

『Ehe』ははっきりと「結婚」を意味する言葉。

 

そのため「正式に結婚した夫」を意味する表現といえるでしょう。

法律的な結婚をしている以外にも、さまざまなカップルの形が増えている現代だからこそ必要な『Ehemann』という言葉なのです。

 

妻と夫が呼び合うドイツ語表現は?

次に妻と夫が呼び合うドイツ語表現をご紹介します。

日本語では下の名前やニックネームで呼ぶのが一般的です。

 

ドイツ語では下記のような表現を用います。

  • Schatz
  • Hase
  • Maus
  • Liebling
  • ニックネーム

それぞれの表現を具体的に見ていきましょう。

 

Schatz

最初にご紹介する表現は『Schatz』です。

『Schatz』は宝物を意味する表現。

 

つまり自分の宝として、大切であることを示す言葉といえるでしょう。

妻が夫を呼ぶだけでなく、夫が妻を呼ぶ時にも使える表現です。

 

「Schätzchen」や「Schatzi」などと変化させた表現も使われます。

大事な人を宝物に例えて呼ぶとはロマンチックですね。

 

ただし現代では、あまり用いられなくなってきており「古い表現」と思われることも。

『Schatz』に代わる表現として、真珠を意味する『Perle』が用いられることが増えてきているようです。

 

Hase

次の表現は『Hase』

『Hase』は「うさぎ」を意味する言葉です。

 

女性が付き合っている男性に対して使います。

甘えて言いたい時には「Hasi(うさちゃん)」と言うことも。

 

可愛いイメージのあるうさぎを、男性に使うという発想は日本にはあまりないですよね。

ドイツならではの表現といえるでしょう。

 

Maus

『Maus』という言葉も、夫を呼ぶ表現として用いられます。

『Maus』はネズミを意味する言葉。

 

しかもRatteがはつかねずみなどの家ネズミを指すのに対し、Mausは主にどぶねずみを表します。

日本と同じように、ドイツでもあまり良いイメージではありません。

 

それでも小さくてかわいいというイメージから使われるのでしょう。

妻が夫を呼ぶ時ではなく、夫が妻を呼ぶ表現として主に用いられます。

 

Liebling

次は『Lieblin』という表現。

英語の『darling(ダーリン)』に当てはまる呼び方といえるでしょう。

 

『Liebling』は男女問わずに使える表現。

直訳すると「お気に入り」「愛しい」といった意味になります。

 

『Lieblings』+名詞で「お気に入りの(愛しの)~」といった表現としても使うことが可能です。

英語でいうところの「favourite」に当たるでしょう。

 

ニックネーム

日本と同じくニックネームで呼び合う夫婦も。

名前に「-lein」か「-chen」の語尾をつけると、可愛いイメージになります。

 

子音で終わる名前には「-chen」、母音で終わる名前には「-lein」を付けるのが法則です。

たとえば「Adam」は「Adamchen」になり「Leo」は「Leolein」になります。

 

その人だけの名前で呼べるので、特別感も演出できるでしょう。

夫と妻が呼び合う表現としても、人気のある表現といえます。

 

『夫』以外の家族を表現するドイツ語

『夫』以外の家族を表現するドイツ語も見ていきましょう。

  • 妻:Ehefrau
  • 両親:Eltern
  • 父親:m Vater
  • 母親:f Mutter
  • 兄弟:m Bruder
  • 姉妹:f Schwester
  • 息子:m Sohn
  • 娘:f Tochter

 

妻:Ehefrau

妻を表す言葉は『Ehefrau』

『Ehemann』の反意語でもあります。

 

『Ehemann』と同じく、結婚している状態を表す『Ehe』と女性を指す「frau」を合わせ「結婚している妻」を表す言葉。

複数形は『Ehefrauen』になります。

 

使い方は下記の通り。

Sie ist meine Frau.(彼女は私の妻です)

 

両親:Eltern

両親を表す言葉は「Eltern」

英語の「parents」と同じ意味で、発音は「エルターン」となります。

 

対義語は子供を意味する「Kind」です。

下記のような使い方をします。

Er wohnt bei seinen Eltern.(彼は両親の家に住んでいる)

 

父親:Vater

父親を意味する言葉は「Vater」です。

創立者や創設者などといった意味も含みます。

 

配偶者の父親を指す言葉は『Schwiegervater』。

妻が夫の父親を指す時は『Schwiegervater』を使うようにしましょう。

 

papaやVatiといった表現も用いられます。

例文は下記の通り。

Ihr Vater war ein ruhiger, liebevoller Mensch.(彼女のお父さんは静かで優しい人だった)

 

母親:Mutter

『Mutter』は母親を指す言葉です。

複数形は「Mütter」になります。

 

母親を指す正式な表現ですので、フォーマルな場でも用いることが可能です。

厳格な家庭では、自分の母親に対して「Mutter」と呼ぶ人もいます。

 

MamaやMuttiといった表現も。

Mutterの例文は下記の通り。

Nur meine Mutter versteht mich wirklich.(母だけが本当に私を理解している)

 

兄弟:Bruder

兄や弟など兄弟を指す言葉は『Bruder』です。

複数形は『Brüder』。

 

兄は『älterer Bruder』、弟は『Jüngerer Bruder』と表現します。

英語で言う『older brother』『younger brother』に当たる表現でしょう。

 

『Bruder』を使った例文は下記の通り。

Hast du einen Bruder?(兄弟はいる?)  

 

姉妹:Schwester

姉妹を指す言葉は『Schwester』です。

姉妹以外にも修道女や看護婦などといった意味も含まれます。

 

兄や弟と違って、姉と妹の言葉の違いはありません。

家族の集まりなどでは「小さい」を意味する『klein』と「大きい」を意味する『groß』を名詞として呼ぶことがあります。

 

Schwesterを使った例文は下記の通り。

Der Name meiner Schwester ist Patricia.(私の妹の名前はパトリシアです)

 

息子:Sohn

息子を意味する言葉は『Sohn』

息子が複数名いるなど、複数形にする場合には『Söhne』となります。

 

発音は『ゾーン』です。

「mein Sohn」は小さな子への呼びかけとして「ねえ君」などといった意味で用いられます。

 

『Sohn』を使った例文は下記の通り。

Er wünscht sich einen Sohn.(彼は息子が欲しい)

 

娘:Tochter

『Tochter』は娘を指す言葉です。

複数形は『Töchter』となります。

 

『Tochter』を使った表現として『die einzige Tochter』というものが。

この表現は「一人娘」を意味する言葉です。

 

『Tochter』を使った例文は下記の通り。

Sie ist ganz die Tochter ihres Vaters.(彼女は父親にそっくりです)

 

まとめ

『夫』を表すドイツ語は『Ehemann』。

「結婚している」を意味する『Ehe』と、男性を表す『Mann』を組み合わせた言葉です。

 

『Mann』や『Gatte』も配偶者を指す言葉ですが、結婚しているとはっきり単語に含まれているのが特徴の表現。

夫と妻がお互いを呼び合う言葉としては、下記が挙げられます。

  • Schatz
  • Hase
  • Maus
  • Liebling
  • ニックネーム

 

『Hase』や『Maus』など、動物を使った表現が多く用いられていることが分かるでしょう。

日本語もそうですが、家族や身内を指す表現はひとつではないので、使い方に困ることもありますよね。

 

言葉のニュアンスを理解して、適切な言葉を使えるようにしましょう。

日本語の『夫』や『主人』『旦那』といった言葉の違いについては、下記の記事でも解説していますので、ぜひ参考にしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました