【急変】夫がパワハラの加害者になった?!パワハラをする夫の特徴と対処法も解説

「夫がパワハラの被害者になった、信じられない、これからどうすればいいの?」と思いではありませんか?

夫がパワハラの加害者になったと言われて、焦ってしまい、これからどうすればいいのか考えても専門家ではないので、全くわかりませんよね。

そこで、夫がパワハラの被害者になって、何をしていけばいいのか以下の内容です。

  • パワハラの夫の特徴を知ること
  • パワハラになりうるケース、ならないケースの理解
  • パワハラの加害者になったときの対処方法
  • 夫が二度とパワハラで訴えられないためには
  • 夫がパワハラで訴えられた体験談

 

当記事を読めば、夫がパワハラの加害者になったときの対処方法、二度と訴えられないようにするためにはどうしたらいいのかわかり、これからの夫婦生活が安心して過ごせるようになりますよ。

是非、最後まで当記事をご覧ください。

副業でWEBデザインで稼ぐ方法とは?

パワハラをする夫の特徴

パワハラをする夫の特徴は何なのか、気になりますよね。特徴を知ることによって、対処法がわかりやすくなりますよ。

パワハラをする夫の特徴は以下の内容です。

  • プライドが高く、自己中心的である
  • 自己顕示欲が強い
  • 仕事上・あるいは家庭内でストレスを抱えている
  • 幼少期に親が過干渉・家庭内暴力など家庭内環境に問題があった
  • 発達障害をもっている

プライドが高く、自己中心的である

パワハラをする人の一番の特徴はプライドが高く、自己中心的な人です。

プライドが人一倍高いため、自分の考えが一番正しいと思っており、自分のやり方を他の人もできると勘違いして、できないと強い口調で叱ったりします。

このような人は、自分より地位が低い人にだけこのような態度を大きくだす傾向にあります。

自己顕示欲が強い

自己顕示欲が強いため、自分が一番で輝いていたい、周りからの注目は自分にむいていないと安心できません。

そのため、自分の立場が危うくなると、不安になり自分より立場が下の人をターゲットにして嫌がらせをしたりします。

自分の話ばかりして、人の話は聞かず、他人からの評価を必要以上に気にする傾向にある人です。

仕事上・あるいは家庭内でストレスを抱えている

パワハラをする人は、多くのストレスを抱えてることが多いです。

それが我慢の限界を迎え始めていると、なんらかのきっかけで自分より立場が下の人にぶつけてきます。

いつもイライラしていたり、ため息が多い、疲れている様子が見られる人です。

幼少期に親が過干渉・家庭内暴力など家庭内環境に問題があった

幼少期に親が必要以上に関わってきたり、これからの生き方を決めつけられ自分の意見が受け入れてもらえない環境で育った人です。

さらには、不当な扱いをたくさんしてきた人はそれが当たり前となっているため、自分がパワハラをしているとは気づくことができません。

夫の家庭が過干渉、または無関心な家庭の場合に多くみられます。

発達障害をもっている

パワハラをする人には、発達障害を持っていることもあります。

この特徴を持っている人の多くは、我慢を知らずに育っていることが多く、そのため自分の過ちを認めることができず、それが発達障害者であることも気づかないまま大人になっています。

ダメだとわかっていても、自分ではなぜ我慢できないのかわからず、その苛立ちのぶつける場所がわかりません。

 

自分が生きやすいように言動や行動とともに、自分の思い通りにしようと周りに求めづつけていきます。

パワハラになりうるケース

パワハラで訴えられた時に、パワハラになりうるケースはどんなことでしょうか?

パワハラになりうる、ならないケースを知っておけは、今後二度と同じことがおきないように対策ができますよ。

 

以下の内容を説明していきます。

  • 身体的、精神的、人間関係を壊す攻撃
  • 過大、過小な要求

身体的、精神的、人間関係を壊す攻撃

物をぶつけたり、机をたたいたりする身体的攻撃と、死ねとかばかにしたりする言葉をあびせて精神的攻撃があります。

さらには、無視をしたり、仲間外れをしたりと会社の中で孤立させようとします。

身体的、精神的な攻撃から人間関係の破壊行為をした場合、パワハラになりうるケースになります。

過大、過小な要求

できないとわかっていて多くの仕事を与えたり、人格を否定してその仕事を行為的に仕事を与えないことです。

働いていている人に過度ないろいろな面から負担をかけることが、パワハラになりうるケースになります。

個人の侵害

プライベートのことに必要以上に関わってきたり、私的な内容をおおやけに本人の了承なくオープンにすることです。

職場の飲み会を強制することも個人の侵害にあたることもあります。

パワハラならないケース

では次に、訴えられた時にパワハラにならないケースとはどんなことでしょうか?

以下の内容で説明していきます。

  • 被害者に業務上の落ち度がある場合
  • 業務上で緊急性、必要性がある場合

被害者に業務上の落ち度がある場合

被害者になる人が、業務上にあきらかに不正やミス、改善点を指摘されたことがパワハラに内容になる場合です。

指導方法として相当であり、会社のためになるものと判断された場合はパワハラにならない可能性があります。

業務上で緊急性、必要性がある場合

業務上で生命にかかわるものや健康上に悪影響をあたえた場合です。

例えば、医療現場で、単純なミスが命に大きく関わり、それに対して当然の指摘と判断されるのであれば、パワハラにならない可能性があります。

夫がパワハラの加害者になったときの対処方法

パワハラをする人の特徴を理解した上で、夫がパワハラの加害者のときはどうしたらいいのか、気になりますよね。

その対処方法は、以下の内容です。

  • 夫の会社に事実関係の確認
  • ハラスメント行為の問題を確認
  • 被害者と加害者の言い分の確認
  • 被害者を悪く言わない
  • 内容からあきらかに夫に非があるとわかれば素直に認める

夫の会社に事実関係の確認

夫の会社に連絡して、事実関係の確認をします。

聞く相手を間違えると違った情報を受け取ることになるので、

事前に夫に会社の誰が今回のパワハラを担当者なのか聞いて、その方から説明を受けましょう。

ハラスメント行為の問題を確認

ハラスメントの行為の問題を聞き、理解することが重要です。

しっかり状況を確認して理解しないと、これからの対処法に影響を及ぼします。

ハラスメント内容を把握しましょう。

被害者と加害者の言い分の確認

ハラスメントの内容を理解したところで、被害者の言い分を聞きましょう。

事前には、夫の言い分を聞いておき、被害者との言い分の食い違いがあればそれをメモに残しておきましょう。

被害者を悪く言わない

パワハラの加害者になってしまったら、大事なことは加害者をおおやけに悪く言わないことです。

もし、そのことが事態をさらに悪くするかもしれません。

被害者はそれを狙っているのかもしれないので、解決するまでは必要以上に悪く言わないことです。

内容からあきらかに夫に非があるとわかれば素直に認める

パワハラの内容、被害者の意見、夫に意見からあきらかに夫に非がある場合は、夫としっかり話し合って非を認めましょう。

そのことにより、もし訴えられたとしても罪が楽になるでしょう。

納得がいかないものがあるなら、納得がいくまで話し合い、夫とともに理解を深めることが大事です。

夫が二度と加害者にならないためには

夫が二度とパワハラの加害者にならないためには、これからどうすればいいのでしょう?二度と同じ思いはしたくないですよね。

夫が二度とパワハラの加害者にならないようにするためには、以下の内容です。

  • ストレスの前兆を見逃さない
  • 家庭でのコミュニケーションを大切にする
  • お互いの人格を認める

 

まずは、家でできることからして、予防していきましょう。

ストレスの前兆を見逃さない

パワハラの加害者になる人の多くはなんかしらの多くのストレスを抱えています。

そのストレスは、日ごろの不平不満が原因です。

ため息が多い、疲れている様子が続いているなどいつも違う雰囲気が見られる場合は、様子を見て声をかけて話を聞いてあげましょう。

家庭でのコミュニケーションを大切にする

人は誰かから必要をされたいものです。

男性なら特にだと思います。

できる限り、食事はみんなで食べるようにする、何か家族で決めることはみんなで決めるなど家族という輪に自分が入っているんだということを認識させることが大切です。

お互いの人格を認める

人はそれぞれ違い、血のつながった親子だって性格は全く違い、夫婦は円満にやっていくには、お互いの人格を認め合うことが大切です。

嫌な部分も良い部分をお互いに理解し合い認めあうことが、安心感が生まれ、心の余裕ができます。

そのことによって、周りにも優しくなれ、周りを認めることができるでしょう。

夫がパワハラの加害者になった体験談

looking-for-g80e367f95_640

最後に、実際にパワハラの被害にあった夫をもつ妻の体験談を知りたくありませんか?上記の内容は理解できたが、実際にパワハラの加害者になったときの何があったのか気になりますよね。

そこで、体験談を3つ紹介します。

【体験談①】

夫がパワハラで訴えられました。モヤモヤして寝られません。 夫が部下の女性(職種は一緒)からパワハラといわれ、人事部長に呼ばれたそうです。 問題は、これが発端で離婚話に及んだこと。家でも私に高圧的な態度を多々取り、いつかその女性からパワハラで訴えられるんじゃないかと内心思ってました。「そういうところがある 、女に厳しい」等、夫の不安な気持ちを差し置いていいました。 一番の味方であるはずの私になぜ言われなきゃいけない?そこから喧嘩になり、今回のことで夫婦の溝がよくわかった、と。全部自分の蒔いた種だ、と開き直ったのか「離婚して」と頭を下げられました。 全く納得できません。だけど優しく全面的に味方になれない自分がいたのは事実です。

出典:Yahoo!JAPAN 知恵袋

こちらの体験談からわかるように、パワハラの加害者になったと言われると日ごろ一緒に生活している夫の行動から見ての同じようなことがあるとついつい感情的になり夫を責めてしまいますよね。

しかし、反省していなったら妻に報告はしてこない可能性があります。

 

妻を思っているからこそあとから報告をされると寂しい思いをするのではないでしょうか。

なので、一緒に乗り越えてほしいと思っている夫のためにも冷静になり、夫の話を聞くことが大切です。

その話の中で本人だけの意見ではわからないことが多いので夫の会社に問い合わせして事実確認をし、解決の糸口を探していきましょう。

【体験談②】

夫がしたパワハラのせいで娘がいじめられています。共働きの主婦で、中学生の娘がいます 最近娘の元気が急になくなり、どうしたのかと尋ねたら「お父さんのせいで皆からLINEブロックされた」と泣きながら訴えられました。そこの仕事先に夫のパワハラが原因で転勤した若い女性がおり、しかも部署も一緒だったようで、そこからその被害者の女性が体調を再度崩し、その女性が娘の仲良しの子でクラスのリーダー格の女の子のお姉さんだったようです。仕事も頑張って休みの日は帰ってきてくれる、本当に良い夫だと思っていました。 だからこそショックを通り越して許せないというか、気付きもしなかった自分に対しても、娘がいる身で他所のお嬢さんをいじめていたという情けない夫にも嫌悪感でいっぱいです。最悪離婚して娘を転校させようとも思っているのですが、今のコロナ禍では就職も転校も難しく…悩んでおります。

出典:Yahoo!JAPAN 知恵袋

夫がパワハラで加害者になると、家族への負担が大きく圧し掛かります。

この体験談からパワハラは家族全体の問題です。

 

そのため、子供がいる場合はとくに冷静になることが大事です。

子供がいじめにあってからでは手遅れになる可能性があります。

パワハラの加害者とわかったら、子供がいる場合は事実確認を早急に行い、子供を守るために何をすればいいのか考え、対応を夫と一緒に考える必要があります。

まとめ

夫がパワハラの加害者になったときの対処方法は以下でした。

  • 夫の会社に事実関係の確認
  • ハラスメント行為の問題を確認
  • 被害者と加害者の言い分の確認
  • 被害者を悪く言わない
  • 内容からあきらかに自分に非があるとわかれば素直に認める

上記の内容を参考に、今の状況を理解し、自分だけの意見だけではなく、夫の意見も聞き、冷静に夫婦が話し合うことが大切です。

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました