【厳選】いい夫婦の日に映画を観よう!心温まるおすすめの映画10選!

「いい夫婦の日に映画が観たい!

「いい夫婦の日におすすめの映画はある?」

「いい夫婦の日に映画をみるとどんないいことがある?」

上記のような悩みを抱えていませんか?

 

いい夫婦の日に2人で映画を観ようかと考える夫婦は多いのではないでしょうか。

どんな映画をチョイスするのがいいだろう?と思う方も多いでしょう。

 

当記事では

  • いい夫婦の日は映画館で過ごすのがおすすめ!
  • いい夫婦の日に観る映画おすすめ10選!

上記の内容をご紹介していきます。

 

いい夫婦のひに見る映画に悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。

最後までお読みいただければ、いい夫婦の日に映画を観るのがおすすめの理由がわかるでしょう。

 

いい夫婦の日は映画館で過ごすのがおすすめ!

いい夫婦の日に何をしよう?と悩む方はいますよね。

いつも忙しく過ごしているのでそんなときは映画を観るのはどうだろう?と思う方も多いでしょう

 

いい夫婦の日に映画を観ようと考えている方に、下記の割引情報のおすすめでを紹介します。

  • いい夫婦の日に映画館へ行くなら割引情報をチェック!
  • いい夫婦の日は映画館でいい席を確保しよう!

それぞれを具体的に見ていきましょう。

 

いい夫婦の日に映画館へ行くなら割引情報をチェック!

夫婦はただの「彼氏彼女」ではないので、これからの生活費も考えて、あまり派手な出費はしたくないとお考えではないでしょうか。

映画の料金は、一般的には大人1枚で1,800円くらいです。

 

ということは夫婦2人だと3600になります。

帰りにご飯を食べたりしたら…結構な出費ですよね。

 

そこで、どんな映画の割引サービスがあるのか調べてみました。

 

夫婦の日(毎月22日)の割引

1番のおすすめは、「夫婦の日(毎月22日)」の割引がある「TOHOシネマズ」です。

誰でも対象になります。

 

夫婦なら確実に1人あたり1,100円で見れるのです。

有料会員になるなら、「シネマシティ」が1番安くておすすめといえます。

 

シニア(60歳以上)割引

映画館によってシニア割引というものもあります。

  • シニア割引(60歳以上の場合) 1,100円
  • 60歳以上ならいつでも1,100円で鑑賞することができます。

 

年齢が証明できるものを提示する必要があります。

 

夫婦50割引

夫婦50割引きという割引もあります。

  • 夫婦50割引 (どちらかが50歳以上) 2人で2,200円(1人あたり1,100円)
  • 50歳以上の夫婦ならいつでもOK!!

 

夫婦であることの証明は必要ないですが、どちらかが50歳以上であると証明できるものが必要です。

 

いい夫婦の日は映画館でいい席を確保しよう!

映画館での「いい席」ってどこだと思いますか?

せっかくなのでいい席を確保しましょう。

 

「1番前が1番よく見える」わけではないですよね。

1番前だと、画面が近すぎて目や首が疲れてしまいます。

 

一般的には、会場のど真ん中あたりが1番映画が見やすいといわれています。

ただ、「ただ見やすい」というだけでは「いい席」とはいえません。

 

映画館で気になるのが、回りのお客さんですよね。

ポップコーンを食べる音や、小声で会話する声…

自分が静かに見たい場合はもちろん、自分たちがポップコーンを食べたりしたい時なども含めて、やっぱり映画館での「音」ってすごく気にります。

 

そんなものをシャットアウトしたい場合の裏技として、「席を(余分に)4席取る」というツワモノもいるようです。

確かにそれなら両隣の席が空いているので、パートナーと楽しく過ごせるでしょう。

 

また、映画館によっては「カップルシート」を用意しているところもあります。

値段は少し上がりますが、ラグジュアリーで広い上室なシートが特徴で特別な映画鑑賞になることは間違いいありません。

 

トイレが近い人は出入り口から近い席が過ごしやすくおすすめです。

映画の途中は、すごくトイレに行きづらい空気になりますので地味に「通路側」「入り口付近」というのは重要です。

しかし「せっかくのいい夫婦の日だから、一緒にいい席で見たい」という気持ちがパートナーに伝われば、仮に映画館の席がいい席じゃなくても…幸せな1日になると思います。

 

いい夫婦の日に観る映画おすすめ10選!

いい夫婦の日に見るおすすめめの映画ってどんなものがあるの?とお悩みではありませんか?

 

当項目ではおすすめの映画10選を紹介していきます。

  • カールじいさんの空飛ぶ家
  • きみに読む物語
  • 明日の記憶
  • 愛を積むひと
  • Mr.&Mrs.スミス
  • アバウト・タイム~愛おしい時間について~
  • 幸福な食卓
  • ぐるりのこと。
  • ノッティングヒルの恋人
  • チョコレートドーナツ

この中からきっと夫婦で見たい映画がみつかるでしょう。

 

カールじいさんの空飛ぶ家

                                                                                       引用:Disney

「カールじいさんの空飛ぶ家」は亡き妻の夢をかなえるために78歳のおじいさんが奇想天外な冒険の旅に出るディズニー&ピクサーのアニメーションです。

「亡くなった奥様の夢をかなえる!という素晴らしいその心に感銘する映画です。

 

人の優しさが作品全体に溢れていていつまでも妻を愛する素敵なおじいさんが、可愛いくだんだん変わっていくのも魅力的といえます。

登場するキャラクターの“愛される”魅力も人気の要因な映画です。

 

きみに読む物語

きみに読む物語

引用:映画.com

「きみに読む物語」はアメリカの南部の田舎町を訪れた良家の令嬢と地元の貧しい青年との純愛から認知症になった妻に最期まで出会った頃の思いで接している夫の姿に感動できる映画です。

伴侶へ愛情を注ぎ続けるというのは、なかなかできることではないでしょう。

 

しかし、そんな努力を惜しまないことが奇跡を起こし、幸せを呼ぶんだな、と思わせてくれる映画です。

 

明日の記憶

明日の記憶 ジャケット画像

引用:東映ビデオ株式会社

若年性アルツハイマー病の主人公を名優・渡辺謙が演じた話題作「明日の記憶」もおすすめです。

誰にでも起こりうる症状でそうなった時、夫婦としてどう向き合っていけばいいのかのヒントにもなります。

 

夫婦二人三脚で歩いていく姿が感動的で一途な愛情をもって人に接することが出来る尊さなど、リアルなストーリー展開と深い夫婦愛に多くの人が心を振るわせた作品です。

また名優2人が圧巻の演技を見せています。

 

愛を積むひと

愛を積むひと

引用:映画.com

佐藤浩市と樋口可南子共演で、北海道で第2の人生を送る熟年夫婦の愛と絆を描いた作品です。

妻の持病である心臓病が悪化し、篤史の願いもむなしく亡くなってしまいます。

 

妻の死に絶望し、心を閉ざした夫が、彼女が死の直前につづった自分宛の手紙を読んだことをきっかけに、周囲の人々や疎遠だった娘との関わりを取り戻していきます。

美しく広がる大自然を背景に心が洗われるような感動的なストーリーが共感を呼んでいます。

 

Mr.&Mrs.スミス

Mr.&Mrs.スミス

引用:映画.com

次のお勧めは美男美女のブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリーが同じ画面に映るだけでも興奮すること間違い無しの「Mr.&Mrs.スミス」です。

結婚生活も5、6年経ったスミス夫妻はお互いに隠し事があると思い始め、カウンセリングを受けることになりました。

 

その隠し事というのが、実はこの夫婦、それぞれ別の組織で活動する暗殺のプロであり自分の素性を隠していたのです。

そんなある時、2人は同じターゲットを狙うことになってしまい、お互いがお互いの仕事を邪魔してしまいます。

 

アメリカ映画ならではのアクションと2人のセクシーでかっこいい演技、そして夫婦のやりとりのテンポの良さが見どころです。

とくにキッチンで超ド派手な夫婦喧嘩を繰り広げるシーンは迫力満点です。

作中で息ぴったりの夫婦を演じたブラピとアンジーは、本作がきっかけで交際することになり、今や世界中が憧れる夫婦となりました。

 

アバウト・タイム~愛おしい時間について~

アバウト・タイム 愛おしい時間について

引用:映画.com

「アバウト・タイム~愛おしい時間について~」は「ラブ・アクチュアリー」のリチャード・カーティス監督の作品です。

タイムトラベルを繰り返す青年が本当の愛や幸せとは何かに気づく姿を描いたロマンティックコメディです。

 

ティムはタイムトラベルを続けるうちに、どんな家族にも起こる不幸や波風は、特殊能力を使っても回避することは不可能だということに気づきます。

そして迫られる、人生最大の選択…。

やり直しができない人生だからこそ、今を、愛する人を、もっと大切にしようと強く感じさせてくれる物語です。

 

幸福な食卓

幸福な食卓

引用: Filmarks

「幸福な食卓」は人気作家・瀬尾まいこさんのベストセラーを映画化した、心温まる家族再生の物語です。

主な登場人物はある日突然父さんをやめると言い出す父親、その夫の自殺行為に辟易し、家を出た母親、何事にも真剣に取り組まなくなった兄、そして家族の中では普通と言える主人公・佐和子です。

 

みんな心に小さな闇を抱えて生きているけれど、家族で過ごす日常は全く暗くなく、穏やかに描かれています。

佐和子に起こる“ある悲劇”をきっかけに、崩壊していた家族がゆっくりと再生されていきます。

子供がいる家庭に、特におすすめしたい作品です。

 

ぐるりのこと。

ぐるりのこと。

引用:映画.com

「ぐるりのこと。」は“決して離れない”1組の夫婦の10年を描いた、珠玉のラブストーリーです。

几帳面であるがゆえに心が病んでしまう妻・翔子、飄々と生きる法廷画家の夫・カナオが登場します。

 

夫婦再生のドラマだけでなく、1990年代の実際の社会背景も盛り込まれた、夫婦映画の傑作といえるでしょう。

観終わった後、晴れ晴れとした涙が頬を伝ってきてしまいます。

 

ノッティングヒルの恋人

ノッティングヒルの恋人

引用:映画.com

「ノッティングヒルの恋人」はジュリア・ロバーツ演じる有名ハリウッド女優と、ヒュー・グラント演じる平凡な男の恋の行方をユーモアたっぷりに描いた、90年代を代表するラブストーリーです。

普通だったらありえないようなシチュエーションに、終始ドキドキ&ワクワクします。

 

「いろいろなことが起こる人生だけど、愛する人と友達がいてくれれば乗り越えられる!」そんな気持ちにさせてくれる物語です。

 

チョコレートドーナツ

チョコレートドーナツ

引用:映画.com

最後にお勧めするのは世界の片隅で出会った3人が、一つの家族になる感動の物語を描いた「チョコレートドーナツ」です。

同性愛に対して差別と偏見が強く根付いていた1970年代のアメリカでの実話をもとに、育児放棄された子どもと家族のように暮らすゲイカップルの愛情を描いた映画です。

 

“見返りを求めない愛”とは、まさにこのことで、魅力的な登場人物のハートフルな演技に、最初から最後まで引き込まれます。

号泣必至、鑑賞の際はティッシュを忘れずに用意しておきましょう。

 

まとめ

いい夫婦の日に観るおすすめの映画を紹介してきました。

 

下記で簡単におさらいします。

  • カールじいさんの空飛ぶ家
  • きみに読む物語
  • 明日の記憶
  • 愛を積むひと
  • Mr.&Mrs.スミス
  • アバウト・タイム~愛おしい時間について~
  • 幸福な食卓
  • ぐるりのこと。
  • ノッティングヒルの恋人
  • チョコレートドーナツ

夫婦で観るのにぴったりな映画はたくさんあります。

ゆっくりと夫婦二人の時間を素敵なものにしてみて下さい。

 

また、下記にいい夫婦の日のほかのおすすめの過ごし方を紹介した内容のページもありますので、あわせてご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました