【悲劇】夫に別の家庭があった?!サレ妻の今後の対処法は?夫の不倫に気付く瞬間も!

「夫に別の家庭があったことを知ってつらい」

「夫に別の家庭があったとしても離婚はしたくない」

「いわゆるサレ妻ってやつで、つらすぎて何も考えたくない」

 

上記のように思ってはいませんか?

今回の記事では、夫が別の家庭を持っていると知ってしまった奥さんのため、以下3点を解説します。

  • 夫が別の家庭を持っている!サレ妻とは?
  • 夫が別の家庭を作っているかも?!今後の対処法は?
  • 夫が別の家庭を持っているかも?!奥さんが勘付く瞬間は?

夫が別の家庭を持っているのはつらいですが、今後の対処法次第では、奥さんもハッピーになれる可能性が高いですよ。

さっそく順番に見ていきましょう。

 

夫が別の家庭を持っている!サレ妻とは?

まずは、夫が別の家庭を持っている、いわゆる「サレ妻」について以下の通り解説します。

  • 夫に不倫された妻のこと
  • サレ妻になりやすい女性の特徴

順番にみていきましょう。

 

夫に不倫された妻のこと

サレ妻とは、夫に不倫された妻のことをいいます。

サレ妻は、2001年頃からネットの2chなどで使われており、今ではテレビドラマのタイトルになるほど知名度が高い言葉です。

 

他にもある主な不倫用語は、以下の通り。

  • 「サレ夫」…不倫された夫
  • 「シタ妻」…不倫した妻
  • 「シタ夫」…不倫した夫

上記のような不倫用語が存在しているということは、不倫はダメだとわかっていながら、やめられない人が多くいるということですよね。

 

せっかく相思相愛で結婚した夫婦なのですから、生涯寄り添いたいと願うのが普通の気持ち。

しかし、夫婦で生涯寄り添うというごく普通のことが、現代ではとても難しいものになってしまったようです。

 

サレ妻になりやすい女性の特徴

サレ妻、つまり「不倫された妻」になりやすい女性は、おおよそ決まっています。

 

以下は、サレ妻になりやすい女性の主な特徴です。

  • 基本的に自己完結型(夫に頼らず生きていける)
  • 家事や育児に追われて夫を放置気味
  • 夫のことが好きすぎて何でも許してしまう
  • 夫からの夜の誘いを断り続けている
  • 身だしなみに気を配っていない
  • 夫を男性として見ていない

上記のような女性がサレ妻になってしまうのは、容易に想像できますね。

 

ちなみに、サレ妻にならないためには、以下のような女性になれば良いのです。

  • 適度に夫を頼る
  • 夫婦で家事や育児を分担し、夫とのスキンシップの時間を作る
  • 夫のことを好きなのを継続した上で、なんでも許すことはやめる
  • 身だしなみに気を配る
  • 付き合った頃のように夫を男性として見てみる

サラっと記載したものの、上記は思いのほか大変なこと。

とはいえ、サレ妻にならないためには奥さん自身の努力も必要ですよ。

 

夫が別の家庭を作っているかも?!今後の対処法は?

奥さんが「夫が別の家庭を作っているかも?」と思った場合、起こすべきアクションは何なのでしょうか。

今回の章では、今後の対処法として以下4つを紹介します。

  • 事実確認&証拠集めをする
  • 不倫を知っていることをほのめかす
  • 弁護士に相談する
  • 現状のまま放置する

順番に見ていきましょう。

 

事実確認&証拠集めをする

夫が別の家庭を作っているかも?と思ったら、事実確認&証拠集めをすることが大切です。

たとえば、夫の不倫が原因で離婚に至った場合、証拠があるだけで奥さんは有利になります。

 

  • 夫と不倫相手のLINEやメールのやりとりを奥さんのスマホに転送する
  • 財布の中身に見慣れないカードがないか確認する
  • 夫の休日の予定を書き出しておく(休日出勤などと嘘を付いて外出した日を把握)

事実確認や証拠集めをしたら、夫にバレないように隠しておくことも忘れずにしてくださいね。

不倫の事実が奥さんに知られていると察知した夫は、今まで以上に気を付けた行動を心掛けるはず。

つまり、夫がボロを出さない限り、奥さんが不倫の証拠集めをする機会は奪われてしまいます。

 

不倫の事実確認や証拠集めは、夫にバレないように密かに行うのが大事

不倫を泳がせて、夫を後で十分懲らしめてやりましょう。

 

不倫を知っていることをほのめかす

不倫の事実を知っているとほのめかすのも、夫が別の家庭を作っているかも?と思ったらやって欲しいことの一つです。

 

外で別の家庭を作っている夫は、奥さんに甘えている証拠。

奥さんに不倫がバレたところで、きっと離婚にまでは至らない

上記のように、不倫を軽く考えているのです。

だからこそ、夫に対して「不倫していることは知っている」「不倫している人と結婚関係を継続していくなんてありえない」という態度をしっかり見せていくようにしましょう。

 

  • 金曜日だけやけに残業が多いのね!
  • 時々違う匂いで帰ってくるけど香水ショップにでも寄ってるの?
  • 友達の旦那さんが不倫したらしんだけど、我が家だったら即離婚よね!

上記のような言動を見せることで、夫は「奥さんに不倫しているのがバレているのではないか?」と思うことになります。

そして、離婚されるかもしれないという恐怖心が出てきて、不倫関係を清算してくれることでしょう。

 

弁護士に相談する

夫が別の家庭を作っているかも?と思ったら、弁護士に相談するのも一つの手です。

 

いくら奥さんが夫の不倫の証拠を掴んだとしても、夫が「不倫はしていない」と突っぱねれば話は終わり。

夫の不倫が原因で離婚したとしても、慰謝料や養育費を満額支払ってもらえる保証もありません。

特に頭の回転が早い夫に対しては、第三者つまり弁護士を入れておくと安心できます。

 

夫の不倫で弁護士を雇う主なメリットは、以下の通り。

  • 弁護士が夫に適切に交渉してくれる
  • 夫の不倫に対するストレスが軽減される
  • 離婚交渉のためにかかる時間が軽減する

夫の不倫に対して、奥さんと夫の当事者同士で話していては埒があきませんが、不倫トラブルのプロである弁護士に交渉を任せれば、当事者同士よりも話し合いがスムーズに進む可能性が考えられます。

弁護士に依頼する費用はかかってしまいますが、夫とすんなり離婚するため、いち早く弁護士を雇うのも一つの手といえるでしょう。

 

現状のまま放置する

現状のまま放置するのも、夫が別の家庭を作っているかも?と思った場合の対処法です。

 

とはいえ、現状のまま放置しても良いのは、以下のパターンのみ。

  • 小さな子どもがいて夫の稼ぎが必要な場合
  • 子どもがパパっ子の場合
  • 義理両親に何かしらの支援をしてもらっている場合

つまり、夫を男性として見るのではなく、お金を持って帰ってきてくれるただの同居人と捉えるのです。

 

  • 外で家庭を作っているけれど、毎月それなりの給料を持って帰ってくるからいいや
  • 子どもがある程度大きくなるまでは、現状維持でいいや
  • 義理両親の金銭的支援が必要だから、不倫は見て見ぬふりをしよう

夫が外で家庭を作っていることより現在の生活維持が大切と思う場合、現状維持を選択すべき。

とはいえ、現状維持を選択した場合、夫の中で「遊びの恋愛」が「本気の恋愛」に変わってしまうリスクがあります。

現状のまま放置するのも良いですが、現状維持のリスクは常に頭に入れておきましょう。

 

夫が別の家庭を持っているかも?!奥さんが勘付く瞬間は?

最後に、奥さんが「夫が別の家庭を持っているかも?!」と勘付く瞬間について、以下の通り5つ紹介します。

  • 夫が約束をたびたびドタキャンするから
  • スマホにロックをかけるようになったから
  • 身だしなみに気を配るようになったから
  • 仕事の帰りが遅くなったから
  • 奥さんの予定をやたら気にしてくるから

順番に見ていきましょう。

 

夫が約束をたびたびドタキャンするから

奥さんが「夫が別の家庭を持っているかも?」と勘付く瞬間は、夫が約束をたびたびドタキャンするからです。

 

  • 週末に出かける予定があったのにドタキャンされた
  • 子どもの学校行事をドタキャンした
  • 絶対に出席しないといけない行事をドタキャンした

ドタキャンが続くと、夫の不審な行動に目がいきますよね。

特に、子どもとの約束をドタキャンされた場合、悲しみというより怒りの感情が込み上げてくることでしょう。

 

最近ドタキャンが多すぎない?

仕方ないじゃないか。

直前になって仕事の都合で予定が変更されるんだから

本当に全部仕事の都合なの?

疑ってるのか?!

 

ドタキャン続きの夫に対して不倫を疑ってしまうのは、仕方ありません。

 

スマホにロックをかけるようになったから

スマホにロックをかけるようになったのも、奥さんが「夫が別の家庭を持っているかも?」と疑う瞬間です。

 

スマホにロックなんてかけてたっけ?

何?俺のスマホを勝手に見たの?

そんな大げさに驚かなくても…。
スマホゲームの画面を見たくて!

じゃあ一言言ってくれれば良いじゃないか!

 

今までスマホのロックなんてかけなかった夫がいきなりスマホをロックしたら、怪しさ全開

奥さんが夫の不倫を疑うのも、無理はありません。

 

身だしなみに気を配るようになったから

奥さんが「夫が別の家庭を持っているかも?」と思うのは、夫が身だしなみに気を配るようになったからです。

 

結婚すると、異性から異性として思われなくても良くなるため、最低限の身だしなみで終える人が大多数になります。

ところが、ある日を境に夫がオシャレに目覚めたら要注意

 

いきなりオシャレに目覚めてない?

今までもオシャレだっただろ!

いや、今まではオシャレとは程遠かった気が…

たまには俺だってオシャレしても良いじゃないか!

 

夫がオシャレして出かけるようになったら、既に意中の女性がいる証拠。

つまり、夫は家庭以外に魅力を感じているということです。

 

仕事の帰りが遅くなったから

仕事の帰りが遅くなったことも、奥さんが「夫が別の家庭を持っているかも?」と思う瞬間です。

 

仕事が遅くなったことで残業代が上乗せされるのであれば、問題ありません。

実際に、仕事が原因で帰りが遅くなっている証拠ですよね。

 

しかし、

残業が増えているにも関わらず給料の変動がまったくない場合は要注意

夫が別の家庭を持っている可能性が高くなります。

仕事量と給料が見合っていない場合、夫に説明責任を果たしてもらうのも良いでしょう。

 

奥さんの予定をやたら気にしてくるから

奥さんが「夫が別の家庭を持っているかも?」と思うのは、夫が奥さんの予定をやたら気にしてくるからです。

 

  • 次の週末はママ友と遊んだりしないの?
  • 今日のお出かけの目的地は?何時に帰ってくる予定?
  • 君の見たがってた映画が来週公開されるよ!たまには見てくれば?

今まで奥さんの行動に無関心だった夫が、いきなり奥さんの予定を聞いてくるようになったら要注意。

 

夫が奥さんの予定を逐一確認する=奥さんの不在時を狙って何かしようとしている

ということ。

奥さんの予定を逐一確認してくる夫には要注意です。

 

まとめ

今回の記事では、夫が別の家庭を持っている奥さんに向け、対処法を紹介しました。

 

夫が別の家庭を持っていると勘付いた奥さんは、以下のようなことを実践していきましょう。

  • 事実確認&証拠集めをする
  • 不倫を知っていることをほのめかす
  • 弁護士に相談する
  • 現状のまま放置する

離婚の有無に関わらず、ひとまず事実確認と証拠集めは早くに始めておくと安心です。

外で別の家庭を持っている夫を懲らしめるため、夫に逃げられないように徹底した証拠集めをしておきましょう。

 

ちなみに、夫が浮気した場合の復讐方法や修復方法については、以下の記事も参考にしてみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました