【病気?】夫と話し合いができない!効果的な5つの方法や話す際の注意点を徹底解説!

「夫と話し合いができない時はどうしたらいい?」

「夫と話し合いができないのはどうして?」

「夫と話し合いができないのは病気だから?」

といったお悩みを抱えていませんか?

 

大事な話をしようとしても、なかなか話し合いができないと困ってしまいますよね。

話し合いができないことにイライラしてしまうのも無理はありません。

 

当記事では

  • 夫と話し合いができない!効果的な5つの方法
  • 夫と話し合いができない4つの理由
  • 話し合いができない夫は病気の可能性も!

といった内容を徹底解説していきます。

 

夫と話し合いができないとお悩みの方は、ぜひ参考にしてください。

最後までお読みいただければ、話し合いができない夫との適切な接し方がきっと分かるはずです。

 

夫と話し合いができない!効果的な5つの方法

夫婦であれば、大事な話をしなければいけない場面が必ず生じます。

にもかかわらず、夫と話し合いができないと、頭を抱えてしまうことでしょう。

 

夫と話し合いができない時には、下記の対処法を試してみてください。

  • 話し合いの場所を整える
  • 話し合いの目的を伝える
  • 時間を事前に決める
  • 夫の意見から聞く
  • 話し合うのは諦める

それぞれの対処法について、具体的に見ていきましょう。

 

話し合いの場所を整える

まずは「話し合いの場所を整える」ことが大切です。

環境を整えることで、話し合いに集中できるようになるでしょう。

 

たとえば

  • テレビを消す
  • 二人きりになる
  • 落ち着いた時間帯を狙う

などといった対策が重要。

 

子供たちがいたり、テレビがついている環境では、夫も集中できません。

お互いにリラックスして、話し合いができる時間を選びましょう。

 

話し合いの目的を伝える

「話し合いの目的を伝える」ことも効果的です。

男性は、目的のない話し合いや結論の出ない話が苦手な傾向にあります。

 

まずは何を話し合いたいのか、目的を伝えましょう。

話を聞いてほしいだけなのか、結論を出してほしいのか、伝えておくことも大切です

 

話し合いの目的を伝えることで、夫が話を真剣に聞いてくれる可能性も高くなります。

 

時間を事前に決める

次に「時間を事前に決める」ようにしましょう。

この話はいつまで続くのだろう?

と夫が考えてしまうと、集中力も途切れてしまいます。

 

事前に

10分だけ話を聞いてほしいんだけど……

などと時間を決めておきましょう。

 

時間を決めることで、妻も話をできるだけ簡潔に話すことができます。

有益な話し合いにするためにも、時間を決めておくことは大切です。

 

夫の意見から聞く

「夫の意見から聞く」ことで、本音を引き出すことができます。

最初に妻の意見を言ってしまうと、反対意見を言いづらくなってしまうからです。

 

夫の意見を聞きたいのであれば、先に聞いてしまいましょう。

自分の意見を押し付けたいのではなく、夫の意見を聞きたいことをアピールするのがポイントです。

 

途中で口を挟むと、話す気が亡くなってしまうので注意しましょう。

 

話し合うのは諦める

最後は「話し合うのは諦める」方法です。

お互いに意見交換できるのが一番ですが、できないのであれば話し合いは諦めてしまいましょう。

 

夫に期待するのをやめることで、楽になる妻も少なくありません。

話し合いをするのではなく、自分の決定事項を伝えるだけならできるはずです。

 

直接顔を合わせて話せないのであれば、メールや手紙で伝えるという方法もあります。

 

夫と話し合いができない4つの理由

「話し合いができない」と言っても、さまざまなタイプがあるでしょう。

なぜ話し合いができないのか、理由を知ることで適切な対処法が見えてくるはずです。

 

夫と話し合いができない理由としては、主に下記が挙げられます。

  • 黙る
  • キレる
  • 話し合いをしようとすると逃げる
  • 論点がズレる

それぞれの理由を詳しく見ていきましょう。

 

黙る

まずは「黙る」夫です。

話し合いをしようと思っても、黙ってしまうとどうしようもありません。

 

夫が黙り込むのには、下記のような理由が考えられます。

  • 何を言っても無駄だと思っている
  • 妻の圧に押されている
  • 口論になるのが面倒

いずれの理由にせよ、話し合いの仕方に問題がある可能性が高いでしょう。

 

冷静に話し合いができるよう、自分の感情をコントロールしてください。

伝えたいことを紙に書いて、まとめておくのもおすすめです。

 

キレる

次は「キレる」タイプの夫の場合を見ていきましょう。

話し合いをしようとすると、怒鳴ったりキレる夫だと、話を切り出すのも怖くなってしまいますよね。

 

冷静な話し合いはまずできないので、話し合いは諦めるのもひとつの方法です。

手紙やメールで要件を伝えれば、言い合いになることもないでしょう。

 

あまりにも妻に怒鳴り散らすようであれば、DVの可能性もあります。

すぐキレる旦那は怒りによって妻をコントロールしたい心理があります。自分が怒れば妻は自分の要望を叶えてくれる、自分の望む通りに妻が動くと思っているのです。

DVのなかの「モラルハラスメント(精神的DV)」に該当する可能性があるので、何を言われてどのように怒られたか記録を残しておくことをおすすめします。

引用:離婚弁護士ナビ

ひどい場合は離婚や別居も視野に入れましょう。

 

話し合いをしようとすると逃げる

「話し合いをしようとすると逃げる」夫もいます。

大事な話をしようとすると、席を立ってしまう夫。

 

あなたと向き合わないのは、何か後ろめたいことがある可能性も考えられます。

もしくはあなたに感情をぶつけられるのを恐れているというケースも。

 

夫が逃げると、ついつい

最後まで聞いてよ!

と怒りたくなってしまいますが、まずは冷静になってみましょう。

 

論点がズレる

最後に「論点がズレる」ことが挙げられます。

揚げ足を取るように、話のポイント以外のところを突いてくるのです。

 

そういうことを言いたいわけじゃないのに……

と思いながらも、なぜか夫に説教される羽目になるケースも。

 

論点がズレる夫の場合、目的を明確にして話をすることがおすすめです。

何を決めたいのかを最初に伝え、分かりやすい説明を心がけましょう。

 

話し合いができない夫と話す際の注意点

話し合いができない夫と話す際には、下記の点に注意してください。

  • 全否定しない
  • 感情的にならない
  • 責めない

それぞれの注意点について、詳しく見ていきましょう。

 

全否定しない

まずは「全否定しない」ことが大切です。

夫の意見が自分の意見を違ったとしても、全否定はしないようにしましょう。

 

誰だって、自分の意見を全否定されればいい気はしません。

否定され続ければ

どうせまた聞いてもらえないんだから……

と話し合いを拒否するようになってしまうでしょう。

 

夫がせっかく意見を言ってくれたのであれば、否定せずにまずは受け止めるようにしてください。

 

感情的にならない

「感情的にならない」ことも意識しましょう。

話し合いをする際は、とにかく「冷静さ」が大切です。

 

感情的になると、相手は心を閉ざしてしまいます。

相手も感情的になれば、口論になってますます話し合いどころではなくなるでしょう。

 

感情的になりそうになったら、まずは深呼吸をしてください。

怒りに反射せずに、6秒待って怒りを鎮めるのがアンガーマネジメントの方法です。

アンガーマネジメントは怒らないことを目指すものではありません。違いを受け入れ、人間関係を良くする心理トレーニングです。
1970年代にアメリカで生まれたとされている怒りの感情と上手に付き合うための心理教育、心理トレーニングです。

引用:公式日本アンガーマネジメント協会

 

責めない

最後は夫を「責めない」こと。

人間は責められると、自己防衛で黙る傾向にあります。

 

とにかく相手からの攻撃をやり過ごそうと、反撃するのではなく、黙ってしまうのです。

夫の行動や言動を責めるのではなく、まずは意見を聞きましょう。

 

特に夫の浮気や行動についての話し合いの際は、ついつい責める口調になりがち。

あなたはどう思っている?

と気持ちを聞くことが第一優先です。

 

話し合いができない夫は病気の可能性も!

いつまでも話し合いができないと

夫は病気なのではないか!?

と思ってしまうことでしょう。

 

確かに、自分の家庭だけどこかおかしいのではないかと不安になるのも無理はありません。

話し合いができないことで考えられる病気としては「発達障害」が挙げられます。

 

たとえば、ASD(自閉症スペクトラム)の場合は人とのコミュニケーションが苦手で、話し合いができない人も少なくありません。

ASDは発達障害の一つです。「雰囲気や空気が読めない」「相手の心情を察することができない」「感情表現が苦手」など、主にコミュニケーションにおいて様々な困難を抱えているケースが多いです。

引用:Salad

 

発達障害の場合、適切な治療を受けることで状況を改善できる可能性もあります。

詳しくは下記の記事でも解説していますので、ぜひ参考にしてください。

 

まとめ

夫と話し合いができない時には、下記の対処法を試してみましょう。

  • 話し合いの場所を整える
  • 話し合いの目的を伝える
  • 時間を事前に決める
  • 夫の意見から聞く
  • 話し合うのは諦める

 

夫と話し合いができない理由としては、主に下記が挙げられます。

  • 黙る
  • キレる
  • 話し合いをしようとすると逃げる
  • 論点がズレる

 

手を取り合って人生を歩んで行こうと決めたにもかかわらず、話し合いができないと悲しくなってしまうのも無理はありません。

話し合いができないと、円満な結婚生活を送ることは難しいでしょう。

 

夫と話し合いができず、精神的に辛いのであれば、離婚をするのもひとつの方法。

一人で悩まずに、弁護士や身近な人に相談してみましょう。

 

夫とうまくいかない場合の対処法は、下記の記事でも解説していますのでぜひ参考にしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました