【イライラ】夫の頭が悪い!少しでも改善するための7つの方法や注意点を解説!

「夫の頭が悪い!改善する方法はある?」

「夫の頭が悪いことでイライラするのは私だけ?」

「夫の頭が悪いのはなぜ?」

といったお悩みを抱えていませんか?

 

一緒に生活している夫の頭が悪いと、何をするにも疲れてしまいますよね。

もう話もしたくない!

と思う妻も少なくありません。

 

当記事では

  • 夫の頭が悪いのでイライラする!現状を改善するための5つの方法
  • 夫の頭が悪い場合にやりがちなNG言動と注意点
  • 頭が悪い夫の特徴

といった内容を徹底解説していきます。

 

夫の頭が悪いことでお悩みの方は、ぜひ参考にしてください。

最後までお読みいただければ、頭が悪い夫への適切な対処法がきっと分かるはずです。

 

夫の頭が悪いのでイライラする!現状を改善するための5つの方法

夫の頭が悪いと、なかなか会話も噛み合いません。

何を言っても伝わらず、イライラすることも多いでしょう。

 

イライラしてしまう現状を改善するには、下記の方法がおすすめです。

  • 分かりやすい言葉で説明する
  • 夫を理解するように努める
  • 何度も説明する
  • 前向きに伝える
  • 脳を活性化させる

それぞれの対処法について、詳しく見ていきましょう。

 

分かりやすい言葉で説明する

まずは「分かりやすい言葉で説明する」ことが大切です。

難しい言葉で話しても、おそらく内容が正確に伝わりません。

 

特に最近よく耳にするようなカタカナ語の使用は要注意。

本当は理解していないのに、聞き返したくないという夫のプライドで、そのまま話が進んでしまうケースもあります。

 

そうなると、話が噛み合わず、お互いにイライラすることに。

分かりやすい日本語で説明するように心がけましょう。

 

夫を理解するように努める

次は「夫を理解するように努める」ことです。

あなたの常識が、夫にとっての常識とは限りません。

 

育ってきた環境が違うので、価値観はまったく同じではないでしょう。

夫は頭が悪い!

と決めつけるのではなく、夫を理解するように努めてください。

 

夫を理解するためには、お互いの価値観をすり合わせる必要があります。

 

何度も説明する

頭が悪い夫には「何度も説明する」ことが必要でしょう。

頭が悪いと、物事を記憶することが苦手です。

 

同じ失敗を何度も繰り返し、妻も

何度言ったら分かるの!?

とイライラしてしまうでしょう。

 

しかしイライラをぶつけても、状況は改善されません。

根気強く何度も説明しましょう。

 

説明する際は、先述したように分かりやすい言葉を使うのがポイントです。

分かったフリではなく、しっかり理解するまで何度も説明しましょう。

 

前向きに伝える

「前向きに伝える」ことで、夫も話を聞きやすくなります。

どうして頭が悪いの!?
なんで何回も言わないと分からないの!?

などと、夫を否定するような言葉は避けるようにしましょう。

 

否定的な言葉で伝えると、相手は話を聞くことを拒絶してしまいます。

相手を否定するのではなく、夫の良いところを認め、褒めてあげてください。

 

褒めたうえで、直してほしいところや改善点を伝えてみましょう。

前向きに伝えることで、夫も話を聞いてくれるはずです。

 

脳を活性化させる

「脳を活性化させる」ことで、頭が悪いという短所を改善できる可能性もあります。

脳を活性化させることで、集中力を高めたり、記憶力の低下を防ぐことができるからです。

 

たとえば、下記の食品は脳の働きを活性化させる『ブレインフード』と言われています。

  • 青魚
  • ナッツ類
  • ブルーベリー、ブラックベリー
  • 緑黄色野菜
  • エクストラバージンオイル、アマニ油
  • チョコレート
  • 大豆製品

 

また、脳の80%以上は水でできているため、水分を接種することも大切です。

睡眠や運動など、普段の生活習慣も大きく影響していますので、意識してみるといいでしょう。

 

夫の頭が悪い場合にやりがちなNG言動と注意点

夫の頭が悪いと、妻はストレスが溜まりますよね。

とはいえ、言動に注意しなければ、夫婦関係が悪化してしまうので注意が必要です。

 

夫の頭が悪い場合に、やりがちなNG言動と注意点は下記の通り。

  • 夫を責める
  • 自分の常識を押し付ける
  • 無理に相手を変えようとする

それぞれの注意点を詳しく見ていきましょう。

 

夫を責める

まずは「夫を責める」行為です。

残念ながら頭の良し悪しは、そう簡単に改善できる問題ではありません。

 

たとえ夫が自分の頭が悪いことを認め、努力したとしてもそう簡単には改善できないでしょう。

それなのに妻から

どうしてそんなに頭が悪いの!?

などと責められれば、夫としてのプライドも傷つけられます。

 

改善しようという気すら起きない可能性も。

夫を責めるような発言は避けるようにしましょう。

 

自分の常識を押し付ける

次は「自分の常識を押し付ける」ことです。

先述したように、自分の常識が夫の常識と一致するとは限りません。

 

なんでそんなことも分かんないの!?

とイライラしたとしても、夫はこれまで何も困らずに生活できていたのでしょう。

 

自分の常識を押し付けるのではなく、夫の常識とすり合わせる努力をしてみてください。

すり合わせがうまくいかないと、お互いにイライラしますし、価値観の違いから距離も生まれてきます。

 

無理に相手を変えようとする

最後は「無理に相手を変えようとする」行為です。

これまで何十年も今のまま過ごしてきたのですから、そう簡単に変えることはできません。

 

たとえ無理やり変えたとしても、それは夫が「分かったフリ」をしているだけ。

本当に理解しているわけではないでしょう。

 

夫が自覚していないのに、頭が悪い現状を変えることはまず不可能です。

相手を変えるのではなく、自分の考え方を相手に合わせるようにしましょう。

 

頭が悪い夫の特徴

「頭が悪い」といっても、どのシーンでそう感じるかは人によってそれぞれです。

頭が悪いと思われる、主な要因は下記の通り。

  • 会話が成り立たない
  • 基礎知識を知らない
  • 物覚えが悪い
  • 天然
  • ニュースを見ない

それぞれの特徴を詳しく見ていきましょう。

 

会話が成り立たない

まずは「会話が成り立たない」という特徴です。

頭が悪い人は、論旨からズレて、長々と分かりづらい話をする傾向にあります。

 

話が終わったはずなのに

で、結局何が言いたいの?

と言いたくなってしまうことも。

さらに話を聞くのも苦手です。

 

こちらが話していても、論点ではないところに食いつき、話が進まないというケースも少なくありません。

感情論に走ってしまい、会話が成り立たないことも多いでしょう。

 

基礎知識を知らない

次の特徴は「基礎知識を知らない」ことです。

頭が悪いと開き直っている人は特に、学生時代に何も勉強をしてこなかったというケースも。

 

地理や日本史といった基礎知識がないため、会話の内容についていけません。

〇〇に旅行に行きたい!

と言っても

〇〇ってどこ?

と返ってくれば、盛り上がりにもかけてしまうでしょう。

 

大河ドラマの内容や旅番組など、テレビを見ていても内容をなかなか把握できません。

その都度、説明を求められれば、妻がイライラするのも自然なことでしょう。

 

物覚えが悪い

「物覚えが悪い」のも、妻が夫に対して頭が悪いと思ってしまう要因になります。

何度言っても分かってもらえないと

どうして何度言っても覚えられないの!?

とイライラしてしまうでしょう。

 

基本的に男性は女性に比べ、感情や出来事を関連付けて記憶するすることが苦手です。

男性脳と女性脳の違いもありますので、女性とまったく同じように記憶することを期待するのは難しいでしょう。

 

天然

「天然」な夫も、妻にとっては頭が悪いのではないかと思ってしまいがちです。

天然とは、ちょっとズレた受け答えをしたり、予想外の行動を起こすなど、感覚や言動が他の人とズレていることを指します。

 

「天然=頭が悪い」というわけではないのですが、一緒にいる妻は疲れてしまうことも多いでしょう。

本人に天然の自覚がない場合がほとんどなので、改善するのもなかなか難しいのが実際のところです。

 

ニュースを見ない

最後の特徴は「ニュースを見ない」ということでしょう。

どんな仕事であれ、ある程度世の中の出来事を知っておくのは、社会人としてのマナーです。

 

仕事ができる男性は、ほとんどがテレビやスマホ、新聞などで毎日のニュースをチェックしています。

バラエティやドラマばかりで、ニュースを見ていないと、世の中の出来事についていけません。

 

その結果、周囲の会話についていけず

この人、頭が悪いのでは?

と思われてしまうのです。

 

夫の頭が悪いと悩む妻たちの声

夫の頭が悪いと悩む妻は、意外に大勢います。

ネット上でも

  • 結婚してから夫の頭の悪さに気づいた
  • 頭が悪いから嫌い
  • 40なのにしっかりしてくれない

といった声が寄せられていました。

それぞれの声を詳しく見ていきましょう。

 

結婚してから夫の頭の悪さに気づいた

付き合っている時は気づかなかったのに、結婚してから頭の悪さに気づいたという人もいます。

夫が頭が悪くて本当に悩んでいます。
今の夫とは4年間付き合ってから結婚し、今結婚1年目です。付き合っている頃は、こんなに夫が頭が悪いとは気付けませんでした。

結婚を機に、夫が人前で話すのを客観的に見る機会が多くあり、その中で夫の話下手、脈略の無い話をしてしまい空気が微妙になること、自分の頭で整理がついていない話をして、相手が不可解な表情に変わり「あ~」という、相手の微妙な反応を見ること(それっとこうゆう意味?などと気兼ねなく聞いてもらえるほどの仲でもない)が本当に多く、その度に横にいる私は情けない気持になります。

引用:Yahoo!知恵袋

 

職場恋愛であれば、仕事をしている夫を客観的に見る機会もあるでしょう。

しかし職場も違えば、他人とどのように接しているのか、付き合っている時はなかなか見ることができません。

 

結婚して初めて、他人との会話が下手なことに気づくことも。

結婚した以上、支えていかなければと思いながらも、イライラしてしまうのは自然なことでしょう。

 

頭が悪いから嫌い

頭が悪いことで「嫌い」とすら思ってしまう妻も。

夫が嫌いです。
1番イライラするのは、頭が悪いことです。

漢字が読めない、通り慣れた道を間違える。共働きなので、夜勤明けの夫に買い物を頼むことがありますが、メモを持たせてもきちんと買い物ができません。

収入も低い、顔もイケメンじゃない、頭も悪い、えっなんで結婚したんだろう?とすごく後悔しています。

引用:Yahoo!知恵袋

 

傍から見るとほほえましいと感じることも、毎日一緒にいる妻にとってはストレス以外の何物でもありません。

とはいえ

嫌な顔せずに買い物に行ってくれるだけで素敵!

という声も寄せられていました。

 

なんでも器用にこなされると、妻の立場がないという意見も。

求めればキリがないですが、至らない点はお互い様と割り切る気持ちも大切でしょう。

 

40なのにしっかりしてくれない

若い夫だけでなく、ある程度年齢がいった夫の場合は、よりイライラするという声もありました。

頭の悪い夫
夫の頭の悪さにもううんざりです。

人の話が聞けない。道が覚えられない。
通勤の道を間違えたりする。スーパーの駐車場では、必ず止めたところを忘れて探し回る。仕事の早出出勤や休日出勤を忘れてしまう。

もうすぐ40なんだから、もうちょっとしっかりして欲しいですが無理でしょうかね?一緒に暮らしていると、イライラしてきます。

引用:Yahoo!知恵袋

 

まるで子供のように手のかかる夫だと、妻も大変ですよね。

生活に支障が出るほどの物忘れのひどさがあれば、何か脳に原因がある可能性も。

 

脳疾患や若年性認知症などの病気も考えられます。

また注意欠陥など生まれつきの障害が原因になっていることも。

 

あまりにもひどい場合は、大学病院などで検査をしてみることをおすすめします。

 

まとめ

夫の頭が悪いという理由でイライラしてしまう現状を改善するには、下記の方法がおすすめです。

  • 分かりやすい言葉で説明する
  • 夫を理解するように努める
  • 何度も説明する
  • 前向きに伝える
  • 脳を活性化させる

 

夫の頭が悪い場合に、やりがちなNG言動と注意点は下記の通り。

  • 夫を責める
  • 自分の常識を押し付ける
  • 無理に相手を変えようとする

 

頭が悪いと感じる理由は人それぞれです。

妻の努力で改善できるものから、改善が見込めないケースもあるでしょう。

 

相手を変えようとするのではなく、まずは自分がストレスを軽減できる方法を見つけることが大切です。

適度にストレス発散をしながら、上手に付き合っていきましょう。

 

旦那への不満を解消する方法は、下記の記事でも紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました