【面倒】夫を育てるための5つの方法!理想の夫像や育てる際の注意点を詳しく解説!

「夫を育てるにはどうしたらいい?」

「夫を育てるとどんな理想の夫になるのだろう?」

「夫を育てる際の注意点はある?」

といったお悩みを抱えていませんか?

 

子供と同じように、夫も育てることで少しずつ変わっていきます。

育てることで、理想の夫になってほしいと願う妻は少なくないでしょう。

 

当記事では

  • 夫を育てるための5つの方法
  • 理想の夫とは?
  • 理想の夫を育てる際の注意点

といった内容を徹底解説していきます。

 

夫を育てることに興味のある方は、ぜひ参考にしてください。

最後までお読みいただければ、理想の夫に育てる方法がきっと分かるはずです。

 

夫を育てるための5つの方法

きっとあなたも理想の結婚生活を、付き合っていた頃は思い描いていたことでしょう。

しかし、実際に結婚してみたら理想とは全然違っていて、がっかりする人も。

 

理想の夫に育てるために、下記の方法がおすすめです。

  • 価値観の違いを認める
  • 感謝の気持ちを伝える
  • 家事育児を可視化する
  • とにかく褒めて育てる
  • 笑顔を意識する

それぞれの方法を詳しく解説していきます。

 

価値観の違いを認める

まずは「価値観の違いを認める」ことが大切です。

生まれ育った環境や出身地、過去の経験などにより、さまざまな価値観が形成されていきます。

 

妻にとっては

夫が育児をまったく手伝ってくれない!

とイライラすることも、なぜそうなのか考えてみましょう。

 

たとえば父親が育児に非協力的な家庭で育ち、それを見てきた夫は

男性は育児に口を出すべきではない

と思っている可能性があります。

 

価値観の違いを受け止めることで、夫のことを理解するように努めることができます。

価値観が大きく違うのであれば、何度も話し合いを重ねて、お互いの価値観を擦り合わせていくことが大切です。

 

感謝の気持ちを伝える

次に「感謝の気持ちを伝える」ようにしましょう。

毎日一緒にいると、ついつい夫の悪いところばかりが目につきがちです。

 

とはいえ、人間はダメ出しばかりされると、相手に拒否感を抱くようになっていきます。

反対に相手から感謝されると

もっと役に立ちたい!

と思うものです。

 

あなた自身も、家事や育児を夫に感謝されれば嬉しいと感じることでしょう。

あなたが嬉しいと思うように、夫もあなたに感謝されたいと思っているはずです。

 

些細なことでも「ありがとう!」「助かる!」と大げさに伝えてみましょう。

お互いに労わり合う感謝の気持ちが、円満な夫婦関係を築く秘訣です。

 

家事育児を可視化する

「家事育児を可視化する」のもポイントのひとつ。

もっと協力してよ!

と不満をぶつけても、夫は何をしていいか分かっていない可能性も。

 

まずは家事や育児の細かなタスクをリスト化しましょう。

料理や洗濯などの主な家事だけでなく、洗濯物の仕分けげやキッチン洗剤の補充といった名もなき家事もリストに入れてください。

 

どれだけ家事がたくさんあるかが分かれば、夫も大変さが分かるはずです。

感情的に伝えるのではなく、論理的に具体的なデータや数字を用いて伝えると、ロジカル思考の夫にも伝わりやすくなります。

 

とにかく褒めて育てる

家事をやってもらったら「とにかく褒めて育てる」ことも忘れてはいけません。

最初は感謝していても、次第に「やるのが当たり前」になっていくものです。

 

夫がやる気をなくさないよう、とにかく褒めることを意識してください。

特に意識して伝えたいのが「すごい」「さすが」「すばらしい」の誉め言葉。

 

褒められれば夫も

妻の喜ぶ顔が見たい!

と期待に応えてくれるでしょう。

「できて当然」ではなく、やってもらったことを大げさに褒めるようにしてみてください。

 

笑顔を意識する

最後は「笑顔を意識する」ことです。

夫にイライラする気持ちも、少しくらいは受け流して笑顔を心がけましょう。

 

笑顔の妻には、夫も優しくなるものです。

また妻が笑顔だと、家の中が明るくなります。

 

毎日、家事や育児で疲れていても、できるだけ笑顔を意識してみてください。

妻の笑顔が増えるなら、と夫も家事や育児に協力してくれるはずです。

 

理想の夫とは?

人によって『理想の夫』像は異なります。

世の中の妻たちは、どのような夫を理想としているのでしょうか?

 

主に下記のような男性が理想に挙げられます。

  • 家事や育児をやってくれる夫
  • 優しくて思いやりがある夫
  • 仕事を真面目にやってくれる夫

それぞれの男性像を具体的に見ていきましょう。

 

家事や育児をやってくれる夫

まずは「家事や育児をやってくれる」夫が挙げられます。

近年では、共働き世帯が増えており、フルタイムで仕事をする妻も少なくありません。

 

仕事をして、家に帰ってきて、そこから家事をするのは大変なことです。

夜遅くまで洗濯や掃除、子供の世話に追われることもあるでしょう。

 

同じように働いているのだから、夫にも家事をやってほしい……

と思うのも無理はありません。

 

優しくて思いやりがある夫

次に挙げられるのが「優しくて思いやりがある夫」です。

女性であれば誰しもが、妻の気持ちを分かってくれる、優しい夫に憧れるもの。

 

付き合っている当初と変わらず、思いやりや感謝の気持ちを忘れない優しい夫でいて欲しいですよね。

たとえば

  • 記念日や誕生日を大切にする
  • 体調を気遣ってくれる
  • 妻の意見を尊重してくれる
  • 女性として見てくれる

など、まめな気遣いは女性にとって憧れでしょう。

 

妻が喜べば夫も幸せですし、夫婦円満になること間違いなしです。

やってもらったことを当たり前と思わず、素直に嬉しいという気持ちや感謝を伝えるようにしましょう。

 

仕事を真面目にやってくれる夫

最後は「仕事を真面目にやってくれる夫」です。

男性でも女性でも、仕事を一生懸命している人は魅力的にうつるもの。

 

上司や後輩から信頼されている様子を見れば、男性として惚れ直すのも無理はありません。

仕事をいい加減にしていたり、すぐに怠ける男性より、真面目な男性がいいのは当然です。

 

家の外でバリバリ働いてくれる夫であれば、妻にとっても「自慢の夫」であるに違いありません。

 

理想の夫を育てる際の注意点

理想の夫を育てるのは、夫婦円満の秘訣ともいえます。

とはいえ、下記の点には注意しましょう。

  • 期待しすぎない
  • 否定をしない
  • 自分も成長する
  • 感情的にならない
  • めんどくさいなら諦めるのもひとつの方法

それぞれの注意点について、詳しく解説していきます。

 

期待しすぎない

最初の注意点は「期待しすぎない」ということです。

夫に対してイライラしてしまうのは、妻が夫に

こうしてくれるはず!

と期待しているから。

 

自分の期待に添わない言動を取られると、ついついイライラしてしまいます。

夫を育てるのは、子供を育てるよりも大変です。

 

今まで何十年もかけて培った価値観や性格を変えるのは、一筋縄ではいかないでしょう。

最初から期待しすぎると、相手にガッカリし、イライラの原因になります。

 

いつか理想の夫になってくれればいい……

程度の気持ちで夫を育てるようにしましょう。

 

否定をしない

次に「否定をしない」ことも大切です。

一般的に男性はプライドが高い傾向にあります。

 

夫のことをけなしたり、馬鹿にされれば簡単に傷ついてしまうでしょう。

服を脱ぎ捨てる夫にイライラして

本当にだらしない人!

というよりも

ついでに洗濯機に入れてくれると助かる!

と言った方が、夫も聞き入れやすいはずです。

 

自分も成長する

夫に期待するだけでなく「自分も成長する」ようにしましょう。

理想の夫に憧れるのは自然なことですが、あなた自身は「理想の妻」になれているでしょうか?

 

あなたが素敵な女性でいることで、夫も妻の期待に応えたいと思うはずです。

男性が思い描く『妻の理想像』としては、下記が挙げられます。

  • 優しい
  • 家事ができる
  • 一緒にいて楽しい
  • 笑顔が素敵
  • いつまでも女性らしい

 

あなたが夫に不満があるのと同じように、夫もあなたに不満がある可能性も。

相手に求めるだけでなく、自分も成長していくことは大切です。

 

感情的にならない

「感情的にならない」ことも忘れないようにしましょう。

夫を育てようと思っても、すぐに変わってくれるわけではありません。

 

思い通りにならない時に、感情的になると逆効果。

話を聴いてほしい時ほど、感情的にならず、数値やデータを使って夫を説得しましょう。

 

たとえば

忙しいんだから手伝ってよ!

と頭ごなしに言うのではなく

最近残業が増えてきたから、家事の分担してもらえる?

などと、具体的に説明することがポイントです。

 

めんどくさいなら諦めるのもひとつの方法

「めんどくさいなら諦めるのもひとつの方法」と言えるでしょう。

夫を育てて、理想の夫像に近づけるためには10年以上かかることも。

 

もしかしたら10年以上かけても、変わらない可能性もあるのです。

それだけの時間をかけても、夫が変わってくれる頃には育児が大変なピーク時期も過ぎていることでしょう。

 

いっそのこと、夫を育てることを諦めるのもひとつの方法です。

夫に労力をかけるよりも、子供の養育に力を入れたいと考える妻も少なくありません。

 

まとめ

理想の夫に育てるために、下記の方法がおすすめです。

  • 価値観の違いを認める
  • 感謝の気持ちを伝える
  • 家事育児を可視化する
  • とにかく褒めて育てる
  • 笑顔を意識する

 

女性が憧れる、理想の男性像としては下記のようなものが挙げられます。

  • 家事や育児をやってくれる夫
  • 優しくて思いやりがある夫
  • 仕事を真面目にやってくれる夫

 

せっかく夫と結婚したのですから、理想の結婚生活を送りたいと思うのは当然です。

理想の夫にしたいのであれば、妻の方から行動を起こし、夫を育てるようにしましょう。

 

言わなくても分かってほしい……

という気持ちは分かりますが、話し合いをすることで理想の夫に近づくことができます。

 

夫を育てることで、妻も明るく楽しい結婚生活を送れるようになるでしょう。

家事や育児に非協力的な夫を変える方法は、下記の記事でも紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました