【迷惑】夫が病院に行かないのはなぜ?!病院に行かない人の理由と特徴、対処法を解説!

「夫が病院に行かない!

「夫が病院に行かないのはなぜ?」

「夫が病院に行かないときどうしたらいい?」

上記のような悩みを抱えていませんか?

 

夫が具合が悪いのに病院にいかないと、イライラするし心配しますよね。

どうしたら病院に行ってくれるのだろう?と思う方も多いでしょう。

 

当記事では

  • 夫が病院に行かないのはなぜ?!理由は?
  • 夫が病院に行かないのはなぜ?!病院に行かない人の特徴は?
  • 夫を病院に行かせる対処法は?

上記の内容をご紹介していきます。

 

夫が病院に行かなくて困っている方はぜひ参考にしてみてください。

最後までお読みいただければ、夫が病院に行かない理由や、対処法がわかるでしょう。

 

夫が病院に行かないのはなぜ?!理由は?

具合が悪いのに、夫がちっとも病院に行かないと困っている妻も少なくありません。

  • 早く病院に行って欲しい!
  • 男性の頭が仕事中心なのはなぜだろう?

と考えることはありませんか?

 

夫が病院に行かない原因を、下記にまとめました。

  • 時間がない
  • お金がかかる
  • 長い待ち時間が嫌だから

当項目では夫が病院に行かない時に考えられる理由を具体的に紹介します。

 

時間がない

病院に行く時間がない人は多いでしょう。

病院は大体平日の日中と土曜日の午前中にしかやっておらず、仕事をしていて忙しい人にはハードルが高いのです。

 

休憩時間に行こうにも混雑していて1時間じゃ終わらないことがほとんどです。

わざわざ休みを取って行くのも積極的に病院に行きたい人ではないとなかなか出来ないといえます。

 

お金がかかる

お金がかかるのがいやで病院にいきたがらない人もいます。

  • お金がない
  • お金がもったいない

このどちらかでしょう。

 

確かに病院によっては、検査や薬の処方で3割負担といえども数千円~数万円かかります。

お金がかかることが原因になるケースは意外に多いでしょう。

 

長い待ち時間が嫌だから

仕事の合間に行きたいと思っていても、いつ行っても病院は混んでいます。

長い待ち時間がいやで病院を敬遠する人は多いでしょう。

 

予約をしても大体ずれ込みますし、その予約時間帯の中で1番に受付をしなければいけません。

結局予約の1時間前などに病院に行き、受付を済ませた後はただただそこで時間を潰さなければならないのも、働いている身からすると非常に負担が大きいです。

 

夫が病院に行かないのはなぜ?!病院に行かない人の特徴は?

一時的に病院に行かないならまだしも、あまりにも長期にわたって具合が悪いの通院しないと心配にになってしまう妻もいるでしょう。

 

病院に行かない人の特徴ってあるのでしょうか。

  • 頑固者
  • 自分は身体が丈夫だと思っている
  • 病院に行くのが面倒に感じる
  • 結果を知るのが怖い
  • 周囲が説得しても行かない
  • 自分の勝手にさせろと言う
  • 人に迷惑をかけてまで生きたくない
  • 病院の雰囲気が嫌い
  • 病院に対してトラウマがある
  • 最後に健康診断を受けたのがいつなのか分からない

詳しく解説していきます。

 

頑固者

「頑固者」なのは病院に行かない人の特徴の一つです。

病院に行かない人は、若者からお年寄りまで基本的に頑固者が多いでしょう。

 

周囲の人がどんなに説得しても

自分のことを思ってくれているのは痛いほどわかる。だけど、自分は病院には行かない

などと言い張ります。

 

周囲の人が手をつけられないほどの頑固ぶりを発揮しているケースが多いのではないでしょうか。

ただ、このように非常に頑固な人でも、強烈な痛みや苦しみを伴う状況になった時には、これまでとは打って変わって突然従順になるケースがあるります。

 

自分は身体が丈夫だと思っている

病院に行かない人の特徴の一つは「自分は身体が丈夫だと思っている」です。

病気の怖いところは、自覚症状があまりない病気が多数あることではないでしょうか。

明らかに痛かったり、血を吐いたりなどすれば、体に異常があると誰でもわかります。

 

ところが、自覚症状があまりないものもあるものです。

これが実に恐ろしいのではないでしょうか。

 

病院に行きたがらない人の中には、自分は身体が丈夫だと思っている人も多いのです。

ところが、そのように過信しているために、無自覚症状の大病が進行し、気づいた時には手遅れになっていると言うケースも多いでしょう。

 

病院に行くのが面倒に感じる

「病院に行くのが面倒に感じる」のは病院に行かない人の特徴の一つです。

病院に行きたがらない人の中には、行くのが面倒と言う人も多いのではないでしょうか。

病院に行く時には、そこに行くまでの時間や待合室で待たされる時間などがあり退屈な時間です。

 

健康が一番と考え、自分の健康を気にしている人は、たとえつまらない時間であることがわかっていても、きちんと病院に行くものでしょう。

ところが、あまり健康を気にしていない人の中には、この退屈な時間と面倒を嫌がり、病院に行くことが億劫である人も多いのです。

 

結果を知るのが怖い

病院に行かない人は「結果を知るのが怖い」という特徴があります。

病院に行きたがらない人の中には、結果を知るのが怖くて、病院に行けない人も多いのです。

 

例えば、毎日たくさんお酒を飲んだりタバコを吸っている人が、長期間に渡って健康診断を受けていなければ、健康状態がかなり悪いことも考えられるでしょう。

そのような中で、健康診断を受け、自分の現実を突き付けられた時に「ショックが大きすぎて、受け入れることができない」という気持ちが強い人も多いのです。

 

周囲が説得しても行かない

病院に行かない人「周囲が説得しても行かない」ところがあります。

病院に行かない人が側にいる時は、大抵周りの人が非常に心配し、病院に行くように説得することが多いです。

ところが、病院に行かない人は、頑固者であったり偏屈であったりすることが多いものです。

 

周囲がどんなに心配して病院に行くように勧めても、頑なに拒みます。

何度か説得しても、病院に行ってくれない時には、本人がその気になるまで待つよりほかないことも多いのではないでしょうか。

 

自分の勝手にさせろと言う

病院に行かない人の特徴の一つは「自分の勝手にさせろと言う」です。

病院に行きたがらない人の中には「自分の人生だ。自分の勝手にさせろ」と言う人も多いのではないでしょうか。

自分の人生を悲観的に捉えていたり、生きていることに充実感を感じられなければ、長生きしたいと思えなくなるのかもしれません。

 

世の中には、家族など周囲の人達のために必死で働き、生きることを求められた人も多いです。

そのような人にとっては、人生の最後の時こそ自分の好きなように自由に生きたい思う気持ちが強くなります。

結果として「病院に行くことなどどうでも良い」と思ってしまう人もいるでしょう。

 

人に迷惑をかけてまで生きたくない

病院に行かない人の特徴として「人に迷惑をかけてまで生きたくない」というものがあります。

病院に行かない人の中には「人に迷惑をかけてまで生きたくない」と言い張る人も多いです。

長生きすることで、周りに迷惑をかけることが多いと感じているのでしょう。

 

ぽっくり亡くなり、あの世に行きたいと考えている場合もあります。

ところが、これは逆に周りの人に迷惑をかける結果につながることも多いのです。

 

例えば、運悪くポックリあの世に行けない場合もあります。

障害が残ったりすれば、周りの人の介助が必要になることもあるでしょう。

 

病院の雰囲気が嫌い

病院に行かない人の特徴の一つは「病院の雰囲気が嫌い」です。

病院の雰囲気を楽しいと思う人は、ほとんどいないはずでしょう。

 

例えば下記のように

  • 病院独特の匂いを嗅ぐ
  • 具合が悪そうにしている人達をたくさん見る
  • それに付き添う人が不安な様子を浮かべているのを何度も目撃する

病院という空間はあまり雰囲気が良いものではないです。

 

そして、その雰囲気を嫌いになってしまう人も多いのではないでしょうか。

病院に行かない人の中には、このような特徴を持った人も多いのです。

 

病院に対してトラウマがある

「病院に対してトラウマがある」のは病院に行かない人の特徴の一つです。

病院に行きたがらない人の中には、下記のような病院に対するトラウマを持っている人も多いのではないでしょうか。

  • 以前病院に行った時に、たまたま自分の担当医と相性が悪かった
  • 注射を打たれた時に強烈な痛みを経験し、病院に対する恐怖を覚えた
  • 生きるか死ぬかと言う大病を患い、辛い思いをした

 

いずれにしても、病院に対してトラウマがある人は、病院に行きたくない気持ちが大きくなってしまいます。

 

最後に健康診断を受けたのがいつなのか分からない

病院に行かない人は「最後に健康診断を受けたのがいつなのか分らない」という特徴があります。

病院に行かない人の中には、最後の健康診断がいつだったのか全く思い出せない人もいます。

その時の健康状態がどのようなものであったのかを覚えていない人も多いのです。

 

病院に行くことがしばらくご無沙汰となっていれば当然の話でしょう。

ですが、この状態は非常に恐ろしいといえます。

 

若い時どんなに健康であったとしても、時間の経過とともに悪化している事は十分に考えられるでしょう。

また、以前軽症だったものが重症化し、手がつけられない状態になっている可能性もあります。

 

夫を病院に行かせる対処法は?

夫が病院に行ってくれないと、疲れてしまいますよね。

そんな状態が続くと、家庭内の空気も悪くなるでしょう。

 

夫を病院に行かせるには、下記の対処法がおすすめです。

  • 他の人の例を話してみる
  • 健康診断の流れで診察を受ける

それぞれの対処法を具体的に見ていきましょう。

 

他の人の例を話してみる

病院に連れて行くには、知り合いの人が認知症の診断を受けに行った体験談などを話してみましょう。

「認知症だと思って病院で診断を受けたら、脳血管障害だった」などの話を何度か伝えることで、本人に受診の必要性を感じてもらえることがあります。

 

人は、自身のことよりも他人事の方が受け入れやすい性質を持っているので、他人のエピソードを離すことで自覚を促すきっかけにもなります。

 

健康診断の流れで診察を受ける

かかりつけ医や産業医がいる場合は、その医療関係者から「健康診断」として通院を提案してもらうと良いでしょう。

信頼できるかかりつけ医院からの提案であれば、本人も受け入れやすいためです。

 

なお、総合的な健康チェックは健康寿命を伸ばす上で必要なので、積極的に診断を受けましょう。

例えば物忘れなどが酷いと感じたら、「脳の健康チェックも受けましょう」などのように医療関係者から提案をするように働きかけることで受診してくれるケースが多いのです。

 

まとめ

夫が具合が悪いのに病院に行かないときに考えられる主な原因は下記の通りです。

  • 時間がない
  • お金がかかる
  • 長い待ち時間が嫌だから

 

夫が病院に行ってくれず疲れた時には、下記の対処法を試してみましょう。

 

  • 他の人の例を話してみる
  • 健康診断の流れで診察を受ける

コメント

タイトルとURLをコピーしました