【心配】夫の残業が多い!残業ばかりの夫に妻がしてあげあれることは?

「夫の残業が多い!」

「夫の残業が多いときに時にできることってある?

「夫の残業が多いときに時にしてはいけないことってある?」

上記のようなお悩みはありませんか?

 

夫の残業が多く帰りが遅いと、体が心配になってしまいますよね。

妻ができることってあるなら知りたい!と考える女性は多いでしょう。

 

当記事では下記について解説します。

  • 夫の残業が多い!妻ができることは?
  • 残業ばかりの夫にしてはいけないこと
  • 夫が過労死する前に妻が行動できること

 

当記事を読んでいただければ、夫の残業が多い時の妻のすべき行動やしてはいけないことがわかるでしょう。

夫の残業が多く、悩んでいる方は、是非最後までお読みください。

 

夫の残業が多い!妻ができることは?

夫の残業が多い!妻が出来ることはある?とお悩みではありませんか?

 

当項目では夫の残業が多いときに妻ができることを紹介していきます。

  • 体調を気遣ってみる
  • 話し合いの時間を検討する
  • 悩み相談にのる
  • 栄養ドリンクやアイマスクなど、疲れを取るアイテムを用意する
  • 夫が1人になりたい時は拒否せず、1人の時間を尊重する

夫の残業が多く体調が心配だと悩んでいる方はぜひご覧ください。

 

体調を気遣ってみる

激務な夫が妻に言われて嬉しく感じるのは、やはり自分の体調や健康を「大丈夫?」と気遣ってくれる時なのではないでしょうか。

長時間労働が毎日続くと、どんなにタフな人でも、やはり心や体が徐々にすり減っていってしまいます。

 

会社では上司から厳しく仕事の成果を求められ、仕事を急かされることはあっても、体調を気遣ってくれることは会社ではほとんどないでしょう。

そもそも体調を心配してくれるようなホワイトな会社ならば、夫のように長時間労働に苦しめられることもないはずです。

 

仕事で忙しい社会人生活を過ごしている人にとって、家庭というのは唯一心からリラックスできる場所であり、そうあるべきだと思います。

どんなに会社が忙しくても、家に帰れば自分のことをちゃんと心配してくれる人が待っているという事実は、何よりも心強い支えになるのです。

話し合いの時間を検討する

夫が残業ばかりしていると、いつの間にかすれ違いがうまれてしまう可能性があります。

なので短時間でも話し合いの時間を作りましょう。

話し合いのときは、夫のストレスになるような話題を出さないのがマストです。

 

夫は残業のしすぎで心も体もボロボロなのですから、優しい言葉と態度を心がけましょう。

余りにも疲れている様子だったら、さりげなく転職を勧めてみるのもいいかもしれません。

 

悩み相談にのる

仕事のストレスを誰にも話さず内側に溜め込んでしまうと、どんどんそのストレスが膨れ上がり、心や体を傷つけてしまいます。

もし夫が苦しんでいるようなら、「何かあったの?」と話を聞いてあげて、ストレスを外に吐き出す手伝いをしましょう。

 

特に男性は、辛いことがあっても誰にも話さず、一人で抱え込んでしまう人が多いのです。

男性は女性のように友人や家族に愚痴を言ってストレスをその都度吐き出すことができません。

 

放っておくとどんどんストレスを溜め込み、いつか潰れてしまうかもしれません。

女性が気持ちを吐き出せるきっかけを作ってあげることが必要なのです。

 

栄養ドリンクやアイマスクなど、疲れを取るアイテムを用意する

毎日のように夫が仕事で忙しいと、少しでも体の疲れを癒やしてあげたいですよね。

夫が帰宅する前に、疲れを取るものを用意しておきましょう。

  • 栄養ドリンク
  • マッサージグッズ
  • お香やアロマ
  • アイマスク
  • 疲労回復に効果的な入浴剤

など、夫の疲れや好みに応じ、準備してみてください。

 

お香やアロマを選ぶ際には、香りの効果もチェックしましょう。
例えば、ローズウッドの香りにはストレスを軽減する、ヒノキにはリラックスさせる効果があるといわれています。
仕事の疲れを癒やすような香りが良いですね。

事前に疲れを取るアイテムを用意し、夫が仕事が忙しい時期だと分かったらプレゼントするのもおすすめです。

 

夫が1人になりたい時は拒否せず、1人の時間を尊重する

夫が仕事で忙しいのであれば、家族みんなで過ごす時間がなく、寂しい思いをしている妻もいるはずです。

しかし、次のような行動は避けましょう。

  • 夫が家にいる時、ほとんど同じ部屋で過ごす
  • 夫が休みの日には必ず家族で出かける

たとえ妻であっても、誰かと一緒にいると気が休まらず、家にいる時や休みの日は1人でゆっくりしたいという男性もいます。

 

1人で仕事のことを考えたいという男性も多いので、もし夫から「1人になりたい」と言われたら拒否せず、お互いの時間を尊重するようにしてください。

「やっと旦那さんと一緒に過ごせる」と思い、少しでも長く一緒にいたい気持ちも分かります。

でも、「仕事で疲れているからそっとしてほしい」という旦那さんの気持ちも察してあげましょう。

 

残業ばかりの夫にしてはいけないこと

では、夫の残業が多い時にしてはいけないことってあるの?とお悩みではありませんか?

 

当項目では激務な夫をもつ妻がしてはいけない対応について紹介していきます。

  • 仕事の話題を出す
  • 不満を怒りでぶつける
  • 帰りが遅いことを咎める

夫の不安定なメンタルが悪化してしまう前に、ぜひご覧ください。

 

仕事の話題を出す

残業ばかりしている夫は会社で仕事をしすぎており、とても疲れているはずです。

疲れているときにその疲れの原因の話をされると、気分が重くなることでしょう。

 

あなたの夫ももしかしたらそうかもしれません。

ときには話題を選ぶことも大事です。

残業ばかりしている夫には疲れてしまわないよう、夫の好きなことや今日家であったことなどリラックスできる話題を振るようにしましょう。

 

不満を怒りでぶつける

残業ばかりしている夫は、やりたくて残業ばかりしているわけではありません。

あなたたち家族を養うためにしかたなく残業ばかりしているというパターンが一番多いでしょう。

 

残業ばかりしている旦那さんに「私は家のことをちゃんとやっているのにどうして家に帰って来ないの?」と、怒るのは悪いことではありません。

ですがそれを怒りという形で夫にぶつけるのは、絶対にしてはいけないことです。

話し合いの際には、優しく「こんなに頑張っているのに帰って来なくて寂しいな…」という程度にしておきましょう。

 

帰りが遅いことを咎める

仕事でヘトヘトに疲れた夫が帰ってきた時、帰りが遅いことを責めるのはやめてあげてください。

ただでさえ激務で心がすり減っているのに、家庭でも妻から責められてしまうのは、あまりにも酷です。

仕事が忙しいのは、決して夫の責任ではありません。

 

夫だって、会社で仕事がなければすぐにでも家に帰りたいと思っています。

長時間労働はそれを強いる会社側に問題があるのであって、働いている社員は被害者であり、何も悪くはないのです。

 

しかし、それを理解せず仕事が遅いのが夫の責任だと責めるような発言をしてしまうと、溜まりに溜まったストレスが爆発し、大ゲンカに発展してしまう危険性が高くなります。

もしケンカにまで至ってしまえば、夫婦の溝はより一層広がってしまうでしょう。

 

夫が過労死する前に妻が行動できること

夫が過労死する前に、妻が行動できることってある?とお悩みではありませんか?

 

当項目では夫が激務で過労死してしまう前に妻がすべき対応についてを紹介していきます。

  • 会社を訴える
  • 今すぐ辞めさせる
  • 転職させる

夫の激務を改善する方法について、悩んでいる方は是非ご覧ください。

 

会社を訴える

まず1番簡単な方法は、妻が夫の代わりに会社を訴えることです。

このご時世、残業が月60時間以上でも相当問題になります。

それ以上の残業、例えば100時間とか、200時間の残業を旦那がしていた時点で会社を訴えることが可能です。

 

そして会社を訴えれば、間違いなく旦那は残業から解放されます。

該当者の残業は、その後は基本月0時間(残業無し)、最高でも月20時間程度までしか許されなくなるのです。

ただし訴えると問題もあって、その後会社に居づらくなる可能性があります。

 

例えば

  • 会社からは腫物に触るような態度を取られ、何をするにも他の人とは一歩引いたような態度になる
  • 会社内での評価も低くされ、給料などもあまり上がらなくなる
  • 同僚が毎日残業している中、夫だけ毎日定時退社という状況となり、同僚の視線が毎日痛くなる

などの弊害が起こる可能性があるのです。

 

なので訴えた後の会社や同僚からの態度に耐えられれば、会社を訴えるのも方法の1つでしょう。

 

今すぐ辞めさせる

2つ目は、夫を今すぐ辞めさせることです。

やはり残業時間が多く、それが何ヵ月も続くと心配なのが夫の体調でしょう。

どんなに平気そうに見えても、いきなり会社で倒れたり、うつ病になったり、最悪ぶっ倒れたまま過労死する可能性も0では無いのです。

 

そう考えると、旦那を説得して今すぐ仕事を辞めさせるのも1つの手段です。

ただし今すぐ辞めるにも問題はあり、それは即辞めると収入が無くなることでしょう。

 

今すぐ辞めるとなると、法律上、会社を辞める際は最短でも2週間前にやめることを伝える必要があるため、最短で2週間になります。

なので大体の人は、転職先を見つけることがほぼできないまま会社を辞めるしか無いのです。

 

そのため、すぐに会社を辞めると収入が途絶えてしまうという問題が発生します。

夫の体を取るか?収入を取るか?これは妻の判断によりますが、収入を確保してから辞める方がやはり良いでしょう。

 

転職させる

最後の方法としては、夫を転職させる方法となります。

会社の残業って、結局その会社自体が原因な場合が多いため、夫が長時間残業をしている場合、転職をさせるのも有効な手段です。

 

例えば会社が残業しないとやっていけない状況、残業しないといけない雰囲気、更にはサービス残業を強要するなど、全てその会社が原因でしょう。

なので今いる会社から違う会社に転職することによって、今の残業地獄からは確実に逃れられるのです。

なので、を説得して転職をさせましょう。

 

しかし、全く聞き入れてもらえないこともあるでしょう。

そんなときは妻自身で転職サイトに登録してみるのもひとつの手です。

 

例えば年収が500万円以上、残業代が全て支給、週休2日以上、福利厚生が良いところなどなど。

とにかく夫が興味を持ちそうな会社を検索しまくり夫に紹介するのです。

いい条件のところが見つかれば夫も納得し、収入面なども考慮すると、転職が一番でしょう。

 

 

まとめ

  • 夫の残業が多い!妻ができることは?
  • 残業ばかりの夫にしてはいけないこと

当記事では上記について解説しました。

 

夫の残業が多い時に妻がすべき行動は下記5つが挙げられます。

  • 体調を気遣ってみる
  • 話し合いの時間を検討する
  • 悩み相談にのる
  • 栄養ドリンクやアイマスクなど、疲れを取るアイテムを用意する
  • 夫が1人になりたい時は拒否せず、1人の時間を尊重する

夫の激務が心配でどうしてあげたらいか悩んでいる時は上記の記事をご参考にしてみてください。

 

残業ばかりの夫にしてはいけないことは下記です。

  • 仕事の話題を出す
  • 不満を怒りでぶつける
  • 帰りが遅いことを咎める

もし激務が辛く、退職や転職を考える際、夫だけではなかなかその判断ができないこともあります。

収入が減ってしまえば家族にも迷惑がかかってしまうため、自分が辛いからという理由で辞めることに抵抗を感じてしまうのです。

そんな時は、奥さんの方からも転職を勧めてあげてください。

「今の会社を辞めても構わない、それよりも健康の方がはるかに大切」だということを伝えることで、夫も安心して会社を辞めることができるはずですよ。

 

また、夫が残業ばかりでイライラしてしまうときの対策を説明した内容のページもありますので、あわせてご覧いただけると幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました