【情けない】夫が優柔不断でイライラする!優柔不断な夫の特徴や付き合い方を紹介!

「夫が優柔不断でイライラする!

「優柔不断な夫の特徴ってある?」

「優柔不断な夫とどのように付き合えばいい?」

上記のような悩みを抱えていませんか?

 

夫が優柔不断だと生活する上でいろいろ困ってしまいますよね。

どうしたら優柔不断の夫とうまく付き合えるだろう?と思う方も多いでしょう。

 

当記事では

  • 優柔不断な夫の特徴
  • 「優柔不断な夫」との付き合い方
  • 優柔不断な夫のデメリットとメリットとは?

上記の内容をご紹介していきます。

 

夫が優柔不断で情けないと思ってしまう方はぜひ参考にしてみてください。

最後までお読みいただければ、優柔不断な夫の特徴や、付き合い方などがわかるでしょう。

 

優柔不断な夫の特徴

夫がいつも優柔不断だと

どうしたらいいの?情けない!

とイライラしてしまいますよね。

 

優柔不断の夫の特徴は下記の通りです。

  • 何ごとも、決めるのに時間がかかる
  • 決定したことに自信が持てない
  • 決めるべきことを後回しにする
  • 過去にこだわる
  • 他人任せにする
  • 周りの意見を聞きすぎる

それぞれの特徴を詳しく見ていきましょう。

 

何ごとも、決めるのに時間がかかる

日常的なことやどんなささいなことでも、なかなか決められないのが、「優柔不断」な人の特徴です。

  • 服装
  • 昼食のメニュー
  • 観る映画
  • 住む場所
  • 旅行先
  • 会社選び
  • 結婚式場
  • 子供の名前

 

などなど挙げるときりがありません。

AとBを選ぶ際に、Aを選んだ時、Bから得られるメリットのことばかり考えてしまい、なかなか決められないのです。

 

決定したことに自信が持てない

「優柔不断」な人は、自分に対する評価が低めです。

なので、自分の決めたことや考え、感情に自信が持てません。

なので、一度決めたことに関しても、いつまでも「これでよかったのかなあ…」と悩み続けてしまうのです。

 

決めるべきことを後回しにする

「優柔不断」な人は、「決める」「決断する」ことに対して逃げ腰です。

重要な問題になればなるほど、後回しにしてしまい、決めたころには「時すでに遅し…」となりがち。

 

特に恋愛などのシチュエーションでは、相手がヤキモキしていても、モジモジするばかりで決められないということもあるでしょう。

これでは、チャンスを逃してしまいます。

 

過去にこだわる

「優柔不断」な人が決められない理由のひとつに、過去にこだわってクヨクヨしてしまうという心理があります。

先に述べた自信のなさともつながりますが、

  • 前に同じようなミスをして、上司にきつく叱られた
  • 同じようなタイプの男性と付き合ったことがあり、悲しい結果に終わった

などと、過ぎ去ったことにこだわり続けてしまいます。

 

そして前に進めなくなってしまうことが、「優柔不断」な人にはよくあるのです。

 

他人任せにする

「優柔不断」な人は、自分で決定することを、できる限り避けようとします。

たとえば、友人グループで旅行をしようという時「優柔不断」な人は、人の意見を聞くだけでそれらをまとめて決めるということをしません。

自分でない誰かが決めるのを、ひたすら待つのです。

 

周りの意見を聞きすぎる

優柔不断な人は、自分に自信がありません。

なので、周りの意見を聞きすぎる傾向があります。

 

周りの人、すべてが納得する答えを探し続けてしまうのです。

でも、そんなことはほぼ無理なのでいつまでも決断できないままなのです。

 

「優柔不断な夫」との付き合い方

夫がいつも優柔不断だと、どう接していいか分からなくなりますよね。

優柔不断な夫とどう付き合っていったら良いか悩む方も多いでしょう。

 

優柔不断な夫とうまく付き合っていく方法は下記です。

  • 選択肢を提示する
  • 褒めながら、変えるいったん離れる
  • いったん離れる
  • 自分がリードできると前向きに捉える

それぞれの方法を具体的に見ていきましょう。

 

選択肢を提示する

優柔不断な夫には選択肢を提示しましょう。

ただでさえ、決めるのが苦手な人に、「今度のデート、どこに行く?」などと、漠然とした質問を投げかけても、答えは「うーん…」で終わってしまうことが多いものです。

 

「優柔不断」な人に質問をする時には、「AとB、どっちがいい?」のように、選択肢を提示すると、比較的、決定しやすくなります。

決定しやすくしてあげることが大切です。

 

褒めながら、変える

優柔不断な人の特徴は自信がないことなので、否定せずまず褒めましょう。

「もうっ! いつも優柔不断なんだから!」と否定ばかりされると、自己肯定感の低い「優柔不断」な人はさらに自信をなくしてしまいます。

 

「いつも私の話を聞いてくれてうれしいんだけど、たまにはあなたの意見も聞きたいな」というように、現状を受け止めてあげましょう。

少しずつ自信を持てるようになっていきます。

 

いったん離れる

すぐに答えを求めるのではなく、いったん決定権を預けてみましょう。

決定を迫っている間、ずっとそばにいると、「優柔不断」な人は、それだけで困ってしまいます。

 

「AかB、どちらの企画を進めるか、明日の会議までに考えておいて」といったん、その場を離れてしまいましょう。

そうすれば、ストレスなく考えることができるのです。

 

自分がリードできると前向きに捉える

優柔不断な男性は、付き合ってからも決断が苦手です。

そのため、自分で好きなようにリードして付き合うことができるでしょう。

 

結婚式や新居のインテリア、デートスポットや新婚旅行の場所など、大切なことを女性側がリードして決めることができます。

決断に勇気が必要なものの、自分の理想をどんどん叶えていける付き合い・結婚生活ができるのは理想的でしょう。

 

優柔不断な夫のデメリットとメリットとは?

夫が優柔不断だと、生活に疲れてしまいますよね。

優柔不断な夫のメリットとデメリットはあるのでしょうか。

 

下記にがメリットとデメリットです。

  • デメリット1:人の信用を得られない
  • デメリット2:物事が進行しない
  • デメリット3:チャンスを逃してしまう
  • メリット1:人の意見を素直に聞く
  • メリット2:慎重であることが評価される
  • メリット3:危機管理能力に優れている

それぞれの内容を具体的に見ていきましょう。

 

デメリット1:人の信用を得られない

人の信用を得られないというデメリットがあります。

決められない、決めても迷い続ける「優柔不断」な人。

 

そのような人を客観的に見ると、なかなか信用できないものです。

一度「優柔不断」だと思われてしまうと、「あの人の意見はどうせ変わるから」と意見を言ってもまともに取り合ってもらえなくなる場合があります。

 

デメリット2:物事が進行しない

「優柔不断」な人がリーダーを務めるチームでは、決定がなされないわけですから、話が前に進みません。

優柔不断な人は決断する前にあれこれと考えてしまうので判断スピードが遅く行動力に欠けてしまいます。

 

そのため任せきれないイメージを抱かれやすく、人から頼られることが少なくなります。

判断力の遅さに周りをイラつかせてしまうことも多いでしょう。

 

デメリット3:チャンスを逃してしまう

悪い部分ばかり考えて選択に慎重になるのが優柔不断な人の特徴です。

慎重に選ぶことは大事ですが、悪い部分ばかり気にしているとネガティブな思考になり最終的に何も選べず仕舞いになってしまいます。

例えば、恋愛のシーンで誰がどうみても、お互いに惹かれあっているのに、どちらも告白しないとなると、その恋は実ることなく、枯れていってしまうでしょう。

せっかくのチャンスが目の前にあっても、「優柔不断」でいるがために、みすみす逃してしまうのです。

 

メリット1:人の意見を素直に聞く

「優柔不断」な人は、自分で決められない分、人の意見はよく聞き、周囲の意見を素直に吸収することができます。

周囲の声をやわらかな物腰で聞くので、やさしい人という印象を持つ人もいるでしょう。

ひとつの物事に固執しないので、視野が広く意見を論理的にまとめる力があります。

 

例えば、介護の現場などでお年寄りのお話をゆっくり聞く、というようなシーンにおいては、この人柄はとても好意的に受け止められると思います。

素直に聞き入れる姿勢から他人から好かれることも多いはずです。

 

メリット2:慎重であることが評価される

ポジティブに捉えればとても観察力が高く慎重に物事を決められる性格とも言えます。

決断をするとき、早ければいいというわけではありませんよね。

その場の勢いで決めることがないので後悔のない質の良い決断をすることができます。

 

さまざまな状況やリスクを検討して、熟考する姿勢は、場合によってはとても評価される姿勢です。

大きなプロジェクトチームの一員として、さまざまなパターンを検討するという立場にはぴったりな資質といえるでしょう。

 

メリット3:危機管理能力に優れている

メリット2とも重なりますが、慎重に物事を進めることで、リスクを軽減できるというメリットがあります。

リスクを犯してでも押し進めるという気迫には欠けるかもしれませんが、たとえば仕事などにおいては、リスクを減らすことのほうが重要な場合もたくさんあるのです。

決断が遅いということはおそらく物事の良い点と悪い点を見つけているからでしょう。

 

まとめ

優柔不断の夫の特徴は下記の通りです。

  • 何ごとも、決めるのに時間がかかる
  • 決定したことに自信が持てない
  • 決めるべきことを後回しにする
  • 過去にこだわる
  • 他人任せにする
  • 周りの意見を聞きすぎる

 

優柔不断な夫とうまく付き合っていくには、下記の方法を試してみましょう。

  • 選択肢を提示する
  • 褒めながら、変えるいったん離れる
  • いったん離れる
  • 自分がリードできると前向きに捉える

コメント

タイトルとURLをコピーしました