【モラハラ?】夫を見下す妻!見下される夫の特徴と離婚される前にできる対処法を紹介!

「夫を見下す妻ってモラハラ?

「夫を見下してしまうのはなぜ?」

「夫を見下してしまう!対処法はある?」

上記のような悩みを抱えていませんか?

 

妻が夫を見下してしまうということはどういうことなのでしょう。

離婚される前に対処したいと思う方も多いでしょう。

 

当記事では

  • 見下される夫の特徴
  • 妻が夫を見下す理由5選
  • 夫を見下す妻の特徴
  • 離婚される前に夫を見下すのをやめるための対処法5選

上記の内容をご紹介していきます。

 

夫を見下してしまうことに悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。

最後までお読みいただければ、見下される夫の特徴や、対処方がわかるでしょう。

 

見下される夫の特徴

夫を見下してしまう!どうしたらいいの?とお悩みではありませんか?

 

当項目では見下される夫の特徴について紹介していきます。

  • 優しくて争いを好まない
  • ストレスがあると黙り込む
  • 責任感が強い

夫を見下してしまう方は是非ご覧ください。

 

優しくて争いを好まない

見下されてしまう夫は、相手との争いを好まない傾向にあります。

妻から罵倒されても同じ勢いで言い返すことはせずに、相手の話を全部聞いて受け入れてしまうのです。

 

それは優しさなのでしょうが、そのために妻が、自分が不当なことをしてると気づかなくなってしまいます。

 

ストレスがあると黙り込む

強いストレスがある場合に、周囲に当たる方もいれば、じっと黙り込んでしまう方もいます。

すると、相手がモラハラ傾向の場合、相手にまくし立てられてストレスがかかると、逆に一言も言い返さずに、何時間もじっと黙って聞いている状態になります。

 

ただ内心では当然ですが妻に対する反論や意見も多数あるので、夫には強いストレスが残ったままになってしまいます。

 

責任感が強い

見下されてしまう夫は責任感が強い男性が多いです。

妻がヒステリックに罵倒してくるのを見ても、「俺が悪いから妻はこんなに怒っているんだ」、「妻をこんなふうにしてしまったのは俺の責任だ」と、自分が悪いと考えてしまう男性もいます。

 

これも夫としての責任感とは思いますが、この姿勢だとやはり妻は、自分が悪いことをしてるという自覚を持ちません。

 

妻が夫を見下す理由5選

結婚当初から夫を見下していた人はおそらく少ないはずです。

それでは、なぜ夫を見下すようになってしまったのでしょうか。

 

妻が夫を見下す理由を5つご紹介します。

  • 夫を尊敬できない
  • 夫に不満がある
  • 夫に興味がない
  • 夫の話がつまらない
  • 妻のほうが家庭内で強い立場にいる

では、それぞれ詳しく見ていきましょう。

 

夫を尊敬できない

1つめは夫を尊敬できないからです。

結婚生活が長くなるとお互いの存在になれてしまって、だらしない姿を見せる傾向があります。

 

夫婦だからこそ妻に甘えているのでしょうが、夫のだらしない生活を見ていると、イライラしたりムカついたりとストレスを感じて当然です。

自分の身の回りのことができない旦那に、うんざりしてしまいます。

 

夫に不満がある

2つめは夫に不満があるからです。

例えば夫はとてもおっちょこちょいで忘れ物やミスが多いせいで妻が迷惑することもたびたびあるので、どうしてもイライラして見下してしまいます。

 

結婚当初はかっこよく見えた夫でも、一緒に生活していくにつれて欠点が見えてくることはありませんか。

夫に対する不満が募ったせいで見下してしまうのでしょう。

 

夫に興味がない

3つめは夫に興味がないからです。

夫は仕事を頑張ってくれていて妻はそのぶん家事や育児をしています。

給料日には「今月も頑張った!」と給与明細を見せてくるのですが、正直「そんなの当たり前でしょ」と思ってしまいます。

 

旦那に対する興味がないので、何か言われても見下したような態度をとってしまうのです。

旦那に興味があれば、話しているときも好意的な雰囲気が出ますよね。

長年一緒にいることで旦那のことがどうでもよくなり、見下した態度になるのでしょうか。

 

夫の話がつまらない

4つめは夫の話がつまらないからです。

夫の話は芸能ニュースや同僚の話など、妻にとってはくだらないことばかりです。

話が本当につまらないので「はいはい」と見下したような態度をとってしまいます。

 

3つめの興味がないと似ていますが、旦那の話がつまらないとこちらの反応もそっけなくなってしまいますね。

そっけない態度が見下しているように見えてしまうのかもしれません。

 

妻のほうが家庭内で強い立場にいる

5つめは、妻のほうが家庭内で強い立場にいるからです。

夫が赤ちゃん並に手がかかると自分のことは自分でやってほしいのが本音でしょう。

言っても聞かないのでもう無関心で、確実に私のほうが立場が強いので、ついつい見下してしまいます。

 

赤ちゃん並に手がかかるとなると、見下してしまうのも仕方ないですね。

本来なら夫婦は対等な存在であるはずなのですが……

 

夫を見下す妻の特徴

夫を見下す妻の特徴ってあるの?とお悩みではありませんか?

 

当項目では夫を見下す妻の特徴を紹介していきます。

  • 外面が良い
  • 感謝をしない
  • 実家にベッタリ
  • 役割を押し付ける
  • 都合が悪くなると無視する
  • 他人に厳しく自分に甘い
  • 自分の非は認めない

夫を見下してしまうことに関して、悩んでいる方は是非ご覧ください。

 

外面が良い

夫を見下す妻は外面がいいという特徴があります。

近隣や職場など家庭の外では、素敵な女性として外見の良い姿勢をとります。

 

そうすると、なぜ、妻の周りに対する態度は、あまりにも違うのかと、夫は悩みます。

これは自己中心主義の哲学で生きている性格に根差すものですから、急に改善するのは無理でしょう。

 

感謝をしない

夫を見下す妻には、周りから恩恵を受けても、感謝をしない傾向があります。

そもそも、モラハラ妻は、自分が最高だと思っていますから、他人から恩恵を受けても、それを受けるだけの価値が自分にあると考えています。

ですから、他人から恩恵を受けても感謝はしません。

 

それでは夫に対してまで感謝しないのはなぜでしょうか。

それは、夫に対して感謝しないでいたほうが、メリットが大きいと考えているからでしょう。

妻が夫に感謝しないでいると、夫は、もっと妻を喜ばせようと焦りますから、それだけ夫をコントロールしやすくなるからかもしれません。

 

実家にベッタリ

モラハラ妻には、いつまでも、じぶんが生まれ育った実家にべったりしがみついている姿勢がみられます。

妻はわがまま育ちですと、結婚してからも、そのハートのなかでは、親から離れたくないという気持ちを持ち続けてしまいがちです。

実家の側でも、嫁がせた娘をいつまでも子供扱いして、子離れがすすみません。

 

その結果、実家における親子の心理的な依存関係が強く残ります。

そうした心理構造から、結婚後の新家庭での幸せを感じにくい傾向がみられ、妻はじぶんの感情のコントロールができないで、モラハラ妻の淵に沈淪してしまうのでしょう。

 

役割を押し付ける

夫を見下す妻には、役割を夫や周りに押し付ける傾向があります。

憲法の人権規定では「平等の原則」が規定され、「男女平等」の発想が定着しています。

 

モラハラ妻は、男女平等ですから、男性の夫にも仕事以外にそれなりの役割があるとして、夫に役割を押し付けてくるのです。

妻から「あなた、男女平等の現代でしょう。男のくせに役割果たしていないでしょう」と強気にでられると、夫は「ああそうか」と洗脳され、マインドコントロールされてしまいます。

 

都合が悪くなると無視する

モラハラ妻は、自分にとって都合が悪くなるシチュエーションでは、その事情を無視するといわれます。

夫を攻撃して、反撃され、反発できなくなると、その問題を無視して逃げ腰になるのです。

そうすると、無視された夫には心理的な負担が残りますから、これを避けるために、夫は妻にしたがい、結果的には妻が優位になってしまいます。

 

他人に厳しく自分に甘い

モラハラ妻は、夫だけでなく、家族、近隣、職場など周りに厳しい反面、自分に甘いといわれます。

それは、モラハラ妻は自己中心主義の哲学で生きていますから、自分が正しく、他人は誤っていると判断し、周りの他人に厳しく、自分を甘く判断しやすいからでしょう。

 

具体例でみると、家計が苦しいからと、夫の小遣いを減らしておきながら、自分は、高級なブランドものを購入してしまいます。

周りからみれば、矛盾したアクションにでて、周りを振り回し、心理的に安定させようとしていることも考えられるのです。

 

自分の非は認めない

まずモラハラ妻の最も大きな特徴としては、自分の非は認めない傾向があります。

自己中心主義の哲学で武装された妻は、自分が絶対に正しいと信じていますから、自分に落ち度があるトラブルでも、決して非は認めません。

ですから夫に対して「あなたが悪い」と自分の責任を愛する夫にすりつけます。

 

ときには、弱弱しいシチュエーションを作出して、夫にしがみつき、泣きつづけるケースもみられるのです。

そうかと思えば、強がり女に豹変して、夫の過去のミスを持ち出して攻撃してくるケースもあるでしょう。

 

離婚される前に夫を見下すのをやめるための対処法5選

夫に離婚される前に、夫を見下すのをやめる対処法はあるの?とお悩みではありませんか?

 

当項目では夫に離婚される前に妻がすべき対応についてを紹介していきます。

  • 夫のいいところを見つける
  • 多少の不満は目をつぶる
  • 自分に余裕をもつ
  • 夫婦間のコミュニケーションを増やす
  • ストレス発散させる

夫を見下すのをやめる方法について、悩んでいる方は是非ご覧ください。

 

夫のいいところを見つける

1つめは、っとのいいところを見つけることです。

夫を見下してしまうのは、相手の欠点にばかり目がいっているからと考えられます。

 

しかし、生活をともにするうちに欠点が見えてくるのは仕方ないことではないでしょうか。

なぜなら、欠点は誰にでもあるもので、あなたにも必ずあるものだからです。

 

だからこそ欠点にばかり目を向けるのではなく、いいところについてもう一度考えてみましょう。

もしかしたらずっと忘れていた出会った頃の感情を取り戻せるかもしれません。

 

多少の不満は目をつぶる

2つめは、多少の不満は目をつぶることです。

相手にまったく不満がない夫婦というのは、存在しないのではないでしょうか。

 

きっとあなた自身も完璧な人間ではないはずです。

もしかしたら夫も、あなたの欠点に気づきながらも受け入れてくれているのかもしれません。

 

自分に余裕をもつ

3つめは、自分に余裕をもつことです。

余裕がないと、相手にきつい態度をとってしまいがちではないでしょうか。

 

私も経験があるのですが、余裕がないと普段気にならないようなことでもイライラしてしまうんですよね。

ある意味、八つ当たりに近いのかもしれません。

 

しかし、余裕がないのは自分の問題であって、相手には関係ないことです。

夫をつい見下してしまうという人は、自分の状況について一度振り返ってみるのもいいかもしれません。

 

まとめ

  • 見下される夫の特徴
  • 離婚される前に夫を見下すのをやめるための対処法5選

当記事では上記について解説しました。

 

見下される夫の特徴は下記3つが挙げられます。

  • 優しくて争いを好まない
  • ストレスがあると黙り込む
  • 責任感が強い

見下される夫の特徴は上記の記事をご参考にしてみてください。

 

離婚される前に夫を見下すのをやめるための対処法5選は下記です。

  • 夫のいいところを見つける
  • 多少の不満は目をつぶる
  • 自分に余裕をもつ
  • 夫婦間のコミュニケーションを増やす
  • ストレス発散させる

見下している方も理由があってのことだと思いますが、見下されている方もつらい思いをしているのは間違いないでしょう。

このままの状況を続けてしまうと夫婦関係が悪化することは確実です。

いきなり見下すのをやめるのは難しいかもしれませんが、少しずつでも新婚の頃のような良好な関係に戻っていけたら良いですね。

 

また、見下された旦那の気持ち・理由や対処法を説明した内容のページもありますので、あわせてご覧いただけると幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました