【困惑】夫と義母が不仲!嫌いになった原因と妻として出来ることを徹底解説!

「夫と義母が不仲!

「夫と義母が不仲の原因ってある?」

「夫と義母が不仲な場合妻として出来ることはある?」

上記のような悩みを抱えていませんか?

 

夫と義母が不仲なときどうしたらいいのとお悩みの方は多いです。

妻として出来ることは何?と思う方も多いでしょう。

 

当記事では

  • 夫と義母が不仲!息子が親を嫌いになった原因は?
  • 夫と義母が不仲!妻として出来ること
  • 妻として義母との関わり方は?

上記の内容をご紹介していきます。

 

夫と義母が不仲な場合、うまくやっていきたいと思う方はぜひ参考にしてみてください。

最後までお読みいただければ、夫と義母が不仲な場合うまくやっていくコツがわかるでしょう。

 

夫と義母が不仲!息子が親を嫌いになった原因

夫と義母が不仲でお悩みではありませんか?

 

当項目では夫が義母と不仲になった原因7つを紹介していきます。

  • 十分な愛情を注いでもらえなかった
  • 過干渉で束縛が強い
  • 完璧主義で褒めてくれない
  • 自分が果たせなかった夢を押しつける
  • 他人と比較される
  • 子どもの気持ちを尊重しない
  • 他人の悪口やグチばかり聞かされる

夫と義母が仲が悪くて、悩んでいる方は是非ご覧ください。

 

十分な愛情を注いでもらえなかった

共働きやシングルマザーなどで母親が忙しくて、母親と接するどころか話す機会があまりなかったため、愛情を感じられなかったケースでは、母親嫌いになってしまうことが多い傾向にあります。

子どもにとっては、母親に話したいことがたくさんあるのに相手にしてもらえないと、やはり寂しくて傷ついてしまうでしょう。

 

「お母さんは僕のことを愛してくれていない」という気持ちが募っていき、それが母親嫌いのきっかけとなってしまいます。

母親が子どものために真面目に働いていてもこうなのですから、家のことを放って浮気やギャンブルに溺れている母親の場合はなおさら、子どもは愛情を感じられないでしょう。

 

過干渉で束縛が強い

  • 幼少期の頃は箸の上げ下ろしから食事の好き嫌い
  • 勉強時間や友達との遊びについても口うるさく干渉
  • 成人しても門限を設ける
  • 交友関係を事細かく把握したがる
  • 進学や就職へ逐一口出しする

といった、過干渉で束縛が強い母親も多いものです。

恋愛や結婚に関しては、子どもの意思に関係なく母親の思い通りにならなければ、延々と文句を言ってきたり不機嫌になったりします。

 

母親が自分のことを適度に心配してくれるのは嬉しいものですが、過度に干渉され、束縛されていると、自由を求めたくなるのも自然なことです。

子どもが一定の年齢になると、「お母さんがいると自由な人生を歩めない」と考えるようになり、母親嫌いにつながってしまいます。

 

完璧主義で褒めてくれない

子どもは母親に褒めてもらうことで心が満たされ、ますます頑張ろうという気持ちになって成長していくものです。

しかし、子どもに完璧を求めるあまりに、ほとんど褒めることをしない母親も少なくありません。

 

「常に成績トップじゃなきゃいけない」「良い大学に行かなきゃいけない」「良い会社に就職しなきゃいけない」という完璧主義の価値観の押し付けが酷い母親。

そして果たせなければ褒めてくれない、むしろ不機嫌になる、というような母親です。

このような母親は、子どもにとっては愛情を感じるどころか恐怖の対象となってしまう可能性があります。

 

また、母親が褒めてくれるのは「結果」であって子どもが努力する姿勢ではないのですから、愛情を感じないということにもなってしまいます。

さらに、母親自身が高学歴で高収入であればともかく、そうでない場合は「自分のことを棚に上げて厳しいことばかり言う」と思われ、子どもの反発を買うことになるでしょう。

 

自分が果たせなかった夢を押しつける

親であれば、誰しも子どもが立派に育ってほしいと願うものですが、子どもの意思を無視して自分が果たせなかった夢を子どもに押しつける母親もいます。

「良い大学に行け」「スポーツ選手になれ」「医者になれ」「弁護士になれ」など、知らないうちに親が子どもの夢を決めつけているようなケースです。

 

子ども自身も気付かないうちに夢を押し付けられているため、あたかも自分の意思で目指していたかのように錯覚してしまうこともあります。

このような場合、いったん挫折してしまうと、自分で夢を見つけるという経験をしていないため、どのようにすれば立ち直れるのかが分からなくなってしまうのです。

場合によっては、「母親に夢を押しつけられたために、自分の人生が間違った方向にいってしまった」と考え、母親嫌いになることもあります。

 

他人と比較される

兄弟がいる場合、他の兄弟と比較されることで母親が嫌になるケースも多いです。

「○○ちゃんはできるのに」「○○ちゃんはかわいいのに」などと平気で口にする母親も少なくありません。

 

人にはそれぞれ長所と短所があるのですから、本来なら母親は兄弟の一人一人と向き合い、長所を褒めて短所を改善するように導くべきものです。

しかし、他の兄弟を比較して叱られてばかりいると、「そんなに〇〇ちゃんがいいのなら、僕なんて生まなければよかったのに」と思ってしまい、母親嫌いになることがあります。

 

子どもの気持ちを尊重しない

子どもの気持ちを尊重せず、母親自身の価値観を押し付け、その価値観があたかも世の正解とでも思いこませようとする母親も、子どもから嫌われがちです。

子どもというのは、幼少期の頃はもちろんのこと、大きくなってからも自分の気持ちを親に汲み取ってほしいと思うものです。

特に、父親よりも母親に対してその役割を求める傾向が強いといえます。

子どもの気持ちを汲み取ろうともせず、一方的に価値観を押しつけてくるような母親に対しては、「お母さんには何を言っても分かってくれない」と、母親嫌いにつながってしまいます。

 

他人の悪口やグチばかり聞かされる

口を開けば他人の悪口やグチばかり言うような人は女性に多い傾向にありますが、母親がこのタイプであれば子どもは辛くなってしまいます。

他人の悪口やグチというのは、例え内容が真実であったとしても聞いていて気分の良いものではありませんし、聞いたからといって何かの役に立つわけでもありません。

 

また、この手の母親は、他人を褒めたり他人のいい話をしたりすることはめったにないのも特徴的です。

さらに、家の中のみならず公共の場でも平気で大声で他人の悪口を言うこともあるでしょう。

母親がこのような人なら、子どもが嫌ってしまうのも無理はありません。

 

夫と義母が不仲!妻として出来ること

夫と義母が不仲の場合、妻として出来ることはないの?とお考えではありませんか?

 

当項目では夫と義母が不仲なとき妻として出来ることを説明していきます。

  • 母親と話し合わせて親子関係を改善する
  • 割り切って表面上の関係を円満に保ってもらう
  • カウンセリングを受けさせる

夫と義母が不仲で悩んでいる方は参考にしてください。

 

母親と話し合わせて親子関係を改善する

母親と子どもの双方が話し合って和解できれば、それが一番理想的です。

母親嫌いな人の多くは、母親と言い争いなどの親子喧嘩はしょっちゅうしていても、面と向き合って「ああしてほしい」「こうしてほしい」という話し合いをしたことはないのではないでしょうか。

一度、義母が落ち着いているときを見計らって膝を突き合わせて、今までの母親に対する想いを伝えさせた上で、今後の希望を要望してみましょう。

 

きちんと話し合ってみれば、母親の意外な気持ちを知ることができて、お互いに相手の立場に対する理解を深め合った上で、親子関係を改善できることもよくあります。

今までは単に分かり合っていなかったために、関係がうまくいかなかったというケースは数多くあります。

 

割り切って表面上の関係を円満に保ってもらう

話し合っても分かり合えない場合や、そもそも話し合いが成立しない親子関係というのもあるでしょう。

その場合は無理に話し合わず、割り切って表面上の親子関係を円満に保つことも考えられます。

母親を変えることは難しいので、波風を立てないまま「夫は夫の人生を生きる」ことに専念することです。

 

そのためには、家族ではあっても母親とは必要最小限の関わりで済ませられるような工夫をしてみましょう。

他人の悪口やグチを聞かないために電話には出ず、メールの返信もしない、緊急時にのみ連絡を取るなど、さまざまな方法が考えられるでしょう。

 

カウンセリングを受けさせる

母親との関係について悩むなら、専門のカウンセリングを受けさせるのもひとつの手段です。

心理学を活用したカウンセリングで、親子関係に関する専門的なアドバイスをしてくれるカウンセリング機関が数多くありますので、ネットで探して利用させてみるとよいでしょう。

 

自分で解決策が見つからないときでも、第三者からの専門的なアドバイスを受けることで、解決の糸口が見つかる可能性もあります。

役所など行政の相談窓口でも、親子関係に関する無料相談を受け付けているところが多いので、まずはそういったところに相談してみるのもよいでしょう。

悩みを聞いてもらうだけでも、精神的にはぐっと楽になるはずです。

 

妻として義母との関わり方は?

夫と義母の仲が悪い場合、妻として義母との関わり方はどうしたらいいの?とお考えではありませんか?

 

当項目では妻として義母との関わり方を説明していきます。

  • 知らないフリをし、普通に接する
  • 両者の架け橋的立ち位置に挑戦する
  • 夫を立てて、義母と程よい距離感を保つ

夫と義母の仲が悪くて困っている方は参考にしてください。

 

知らないフリをし、普通に接する

義娘になったとしても、他人は他人。

義母が“息子との不仲”を妻に晒したくないと考えることもあるでしょう。

 

このような場合には、事情をくみ取り、義家族と夫が“ごく一般的で良好な関係性を築いている”という体で接することが妻としては最善の選択といえます。

世間一般のイベントやお祝い事などは義娘としてきちんとこなしてみましょう。

 

両者の架け橋的立ち位置に挑戦する

不仲の原因が仲が悪くなった原因をはっきりと思い出せない、お互いのプライドが邪魔をし、素直に話し合う機会を逃し続けているという場合もあります。

どちらかに明らかな原因があり、その一件さえ解決すれば関係を修復することができるかもしれません。

 

そんなときは

  • ラフな食事会を企画する
  • 事前に連絡し、義実家を訪問する
  • 母の日や父の日、義家族の誕生日を祝う
  • 近況報告の手紙を書く

元々仲が悪い状態からのスタートなので、失敗を恐れず挑戦してみましょう。

 

まとめ

  • 夫と義母が不仲!息子が親を嫌いになった原因は?
  • 夫と義母が不仲!妻として出来ること

当記事では上記について解説しました。

 

息子が親を嫌いになった原因は下記7つが挙げられます。

  • 十分な愛情を注いでもらえなかった
  • 過干渉で束縛が強い
  • 完璧主義で褒めてくれない
  • 自分が果たせなかった夢を押しつける
  • 他人と比較される
  • 子どもの気持ちを尊重しない
  • 他人の悪口やグチばかり聞かされる

なぜ夫が義母と不仲になってしまったのかは上記の記事をご参考にしてみてください。

 

夫が義母と不仲な場合妻として出来ることは下記です。

  • 母親と話し合わせて親子関係を改善する
  • 割り切って表面上の関係を円満に保ってもらう
  • カウンセリングを受けさせる

夫と義家族との関係性は千差万別です。

妻としての対応に頭を悩ませることもあるでしょう。

そんなとき、一度立ち止まって思い出してほしいことがあります。

 

それは役所に婚姻届けが受理された瞬間、それまで赤の他人だった彼氏の両親との関係性が、実の両親と同じ一親等となることです。

戸籍上は、まぎれもなく“あなたの両親”なのです。

そう考えると、妻として娘として、夫や義家族との関わり方の糸口が見えて来るかもしれませんね。

 

また、旦那の実家に行きたくない時の対処法を詳しく説明した内容のページもありますので、あわせてご覧いただけると幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました