【離婚?】夫が嫌い!50代の妻たちが嫌になる原因は?熟年夫婦が仲良く過ごすためには?

「夫が嫌いな50代妻たちが嫌になる原因は?」

「熟年夫婦が仲良く過ごすためにはどうしたらいい?」

「熟年離婚が増える理由はなに?」

といったお悩みを抱えていませんか?

 

50代になり夫が嫌になる妻は少なくありません。

熟年夫婦が仲良く過ごすためにはどうしたらいいんだろうか?

と思ってしまいますよね。

 

当記事では

  • 夫が嫌い!50代の妻たちが嫌になる原因
  • 熟年離婚が増える理由は?
  • 熟年夫婦が仲良く過ごすためには?
  • 夫婦関係をよくするためには?

といった内容を徹底解説していきます。

 

夫が嫌いで悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

最後までお読みいただければ、熟年夫婦が仲良く過ごす方法がきっと見つかるはずです。

 

夫が嫌い!50代の妻たちが嫌になる原因

夫が嫌い…と悩む女性は意外と多いものです。

何で嫌になってしまったんだろう…

思う時もあるでしょう。

 

50代の夫を嫌になる原因としては、下記が挙げられます。

  • 会話がない
  • 性格が合わない
  • だらしない、不潔
  • 女性として扱われない
  • 感謝されない

それぞれの内容を具体的に見ていきましょう。

 

会話がない

結婚生活が長くなってくると会話が減っていく傾向にあります。

「この人と話してもつまらない」「どうせ話を聞いてくれない」という諦めから、妻から夫に話しかけることがなくなっていくのです。

夫婦での会話がないことにストレスや不満が溜まり、夫への関心がなくなってしまうことに繋がってしまいます。

 

性格が合わない

50代の夫婦仲が悪くなる原因で一番多いのは性格の不一致です。

喧嘩をしているわけではなくても、性格の不一致が原因で毎日イライラしたり、モヤモヤしてしまうこともあるでしょう。

 

結婚する前は好きだったのに、結婚したら「こんな人だと思わなかった」と感じる事も多くなり性格が合わないことで嫌いになってしまうこともあります。

例えば、

  • 片付けをしない
  • 命令口調で話す
  • 自分が正しいと思っている
  • 家事を手伝わない
  • 自分の都合ばかりを優先する

このように、旦那と性格が合わない!と感じている女性は多いのです。

 

結婚生活で、性格が合わないのは大きな問題となります。

性格が合わないことがきっかけで、妻の負担は大きくなりストレスも溜まってしまうでしょう。

 

だらしない、不潔

年齢が上がってくると「加齢臭」といって臭いがきつくなってきます。

加齢臭は女性よりも男性の方がきつく、たばこを吸っていたり、汗の臭いなどでもっときつい臭いになってしまう人もいます。

「くさい」と感じると、洗濯も分けたくなってしまったり、近づくのも嫌になるほど生理的に受け付けられなくなってしまうのです。

 

また、体系が変わってしまいお腹が出ている旦那に「だらしない」と感じ、一緒に歩くのも嫌だと感じることもあります。

何をするにもだらしなさや臭いが気になりイライラしてしまうのです。

 

女性として扱われない

結婚生活が長くなっても、年齢が上がっても、美しくありたいと思うのは女性共通の思いです。

「綺麗だね」「似合ってるね」という、褒め言葉は50歳になっても嬉しいものでしょう。

 

しかし、結婚生活が長くなってくるとお母さんという存在になってしまい女性として扱ってもらえなくなります。

どんなにオシャレをしても気付かれなかったり、無関心だったりすると悲しいですよね。

前の様に男女の関係になりたいわけではなくても、「もう私には興味がないんだ」と感じると、理由がなくてもイライラしてしまいます。

 

感謝されない

毎日、家事や身の回りのことをしているのに、「ありがとう」の言葉を伝えてくれないどころか、「やって当たり前」だと思われていることもあります。

ずっと家事や育児に努めてきたけれど、全く感謝されていないことに不満も溜まってくるのです。

 

当たり前のようにご飯を食べて、お風呂に入り、洗濯済の服を着る旦那のことが嫌いになってしまう傾向にあります。

 

熟年離婚が増える理由は?

近年熟年離婚が増えています。

熟年離婚が増える理由は何なのでしょうか。

 

下記をご紹介します。

  • 子供
  • 経済的不安
  • 50代の離婚はしっかりした準備が必要!

それぞれのポイントを具体的に見ていきましょう。

 

子供

若いうちに離婚をしなかった理由のひとつに「子供」があります。

子供には苦労させたくないと、経済的な面も考えて、子供の為に離婚しなかったという人はたくさんいるでしょう。

 

しかし、50代になり、子供も社会人になって手がかからなくなったことをきっかけに離婚する人が多くなります。

子供が離れたことによって、離婚を踏みとどまっていた理由がなくなってしまうことが、熟年離婚をする人が増えている理由なのです。

 

経済的不安

今の50代は専業主婦の割合が多く、どんなに離婚をしたくても経済的不安からすぐに離婚に踏み切れなかったという理由があります。

離婚資金をパートやへそくりで長年コツコツ貯めていき、時間がかかって熟年離婚というケースになってしまう人が多いのです。

 

若いうちは経済的に不安でなかなか離婚に踏み切れなかった方も多いでしょう。

 

50代の離婚はしっかりした準備が必要!

子供も親離れし、やっと夫との結婚生活も終わりにできると考えている人も多いと思います。

今まで「子供のため」「経済的なこともある」と離婚を踏みとどまっていた人も、色んなきっかけにより離婚しようとしていませんか?

 

しかし、老後のことも含めて人生設計をしっかりしていかないと離婚後に後悔することになります。

例えば、

  • ずっと住める家はあるのか
  • 老後は面倒見てくれる人はいるのか
  • 生活をするために働き先はあるのか
  • 年金や保険のこと

このように、生活するためには大切なことや、病気になった時のことなども考えて行動しなければいけません。

 

また、50代から新たに仕事を探すのも難しく、経験もスキルの無い状態での正社員の採用は思っている以上に大変でしょう。

離婚をするのは簡単ですが、離婚後のことをしっかりと考えて、ある程度のお金の準備や仕事先や住む場所のことも決めておかないといけません。

 

熟年夫婦が仲良く過ごすためには?

長年寄り添ってくると、夫の嫌な部分が見えてくるのは当然のことです。

 

熟年夫婦が仲良く暮らすコツをご紹介していきます。

  • わがままを言わない
  • 束縛しない
  • 感謝の気持ちを伝える
  • 感情的にならない

それぞれのポイントを具体的に見ていきましょう。

 

わがままを言わない

夫婦関係が円満な50代カップルの特徴として、わがままを言わない夫婦があげられます。

おたがいのことを尊重してわがままを言わないことで、50代カップルがおたがいにネガティブな感情を抱かなくなります。

わがままを言って自分の意見を押しとおそうとすると、パートナーに対する愛情が冷めてしまいます。

 

束縛しない

お互い束縛しないことがポイントです。

50代になると、子育てがひと段落をして自由にできる時間が増える女性が多いです。

また、男性は30代から40代のころがもっとも忙しいことが多く、自由にできるお金や時間が増えます。

そのため、おたがいにいままでできなかった趣味や付き合いを楽しみたいと思うようになります。

そんなときに、束縛しすぎる夫婦は関係が悪化してしまいます。

 

感謝の気持ちを伝える

50代のカップルが夫婦関係を円満にするためには、おたがいに感謝を伝え合うことが大切です。

結婚生活が長くなると、「感謝を伝えることが恥ずかしい」「いちいち感謝を伝えることがめんどくさい」と感じがちです。

しかし、感謝を伝えない50代のカップルは夫婦関係が悪化していくので注意しましょう。

 

感情的にならない

すぐに感情的になる50代のカップルは、夫婦関係がうまくいきません。

感情的になると話し合いもまともに出来なくなります。

いやなことがあっても感情的にならずに、冷静になって話し合うことが大切です。

 

夫婦関係をよくするためには?

このままでは夫婦関係を継続していくのは難しいのでは?と不安に感じるのはあなただけではありません。

夫婦の関係をよくして行く方法を知りたい方も多いでしょう。

 

当項目では夫婦の楽しみについて紹介していきます。

  • 夫婦で楽しめる趣味を見つける
  • 新婚気分で旅行する
  • ペットを飼う

それぞれを具体的に見ていきましょう。

 

夫婦で楽しめる趣味を見つける

夫婦で一緒に楽しめる趣味を見つけることで、夫婦円満になる50代夫婦がたくさんいるのです。

例えば

  • 料理
  • 映画鑑賞
  • 囲碁・将棋
  • カメラ
  • 盆栽
  • 読書
  • ゴルフ
  • ウォーキング・ランニング
  • 旅行
  • 登山

などたくさんあります。

 

また、さまざまなイベントに積極的に夫婦で参加することで充実した日常を送れるでしょう。

 

新婚気分で旅行する

50代夫婦が新婚気分で旅行することで、若返った気持ちになるでしょう。

子育て世代では子ども連れや親連れの旅行が多い傾向にありますが、50代を過ぎるあたりから夫婦2人水入らずの旅行が出来るようになります。
子ども連れではなく、2人になってからこその新たな発見があるのです。

また、金銭的に余裕ができてくる時期なので、いままで行けなかった土地へ旅行することで充実感をえることができます。

 

ペットを飼う

子育てがひと段落した50代夫婦は、ペットを飼うことで夫婦円満になるケースが多いです。

ペットを飼うと

  • 心が癒される
  • 人との交流が増える
  • 認知症の予防になる
  • 運動不足が解消される

といったようなメリットがあります。

 

世話をすることでメリハリのある生活を送れるのです。

 

まとめ

50代の夫が嫌になる原因は、下記4つの通りです。

  • 会話がない
  • 性格が合わない
  • だらしない、不潔
  • 女性として扱われない
  • 感謝されない

 

熟年夫婦が仲良く暮らしていくためにすると良いことは、下記です。

  • 夫婦で楽しめる趣味を見つける
  • 新婚気分で旅行する
  • ペットを飼う

 

50代になると、スキンシップがなくなるケースが多いです。

このまま夫婦でいていいんだろうか?

と不安に思う方もいるでしょう。

 

しかし、適度なスキンシップをとることで夫婦円満に過ごすことができます。

まずはコミュニケーションやスキンシップととってみましょう。

 

夫婦円満の秘訣については、下記の記事でもご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました