【迷惑】夫の作る料理がまずい!嬉しくないときの理由と改善策を徹底解説!

「夫の作る料理がまずい!」

「夫が料理を作ってくれるけど嬉しくない!

「夫が料理を作ってくれるけど嬉しくないときはどうしたらいい?」

上記のようなお悩みはありませんか?

 

夫が料理を作ってくれてもまずいと、どうしたらいいかわからなくなってしまいますよね。

改善策があるなら知りたい!と考える女性は多いでしょう。

 

当記事では下記について解説します。

  • 夫の作る料理がまずい!美味しくない料理が出来上がる理由
  • 夫の作る料理が嬉しくない理由
  • 夫の作る料理がまずい時の改善策

 

当記事を読んでいただければ、夫の料理がまずい時の理由や改善策がわかるでしょう。

夫の料理がうれしくなくて悩んでいる方は、是非最後までお読みください。

 

夫の作る料理がまずい!美味しくない料理が出来上がる理由

夫の作る料理がまずい!どうしておいしくないの?とお悩みではありませんか?

 

当項目では夫の料理がまずい理由を紹介していきます。

  • 料理の仕方を知らない
  • 味覚が独特
  • いい加減な性格

夫の料理がおいしくないと悩んでいる方はぜひご覧ください。

 

料理の仕方を知らない

これまで料理の経験が全くなかったり、簡単なものしか作る習慣がなたっかという人が、いきなり美味しいものを作ることはできません。

妻のために手の込んだメニューに挑戦することがありますが、これが裏目に出てしまうことがあります。

 

食材の切り方や調味料を使用するタイミングなど、料理には様々なことが関係しています。

そのためこうしたスキルや知識がなければレシピを見ながら料理しても、美味しいものができないことが多々あるのです。

ここで不味い等と夫に伝えてしまうと新しいレシピに挑戦する気が無くなり、同じようなご飯の繰り返しになってしまうので注意ですね。

 

味覚が独特

人の味覚は様々です。

そのため一般的に美味しいといわれている食べ物は多くの人が感じる標準的な味覚に基づいて判断されたものです。

中には人気の食べ物をまずいと感じる人もおり、このような事実は味覚には個人差があることを示しています。

 

そのため家庭で料理を担当する人が独特の味覚である場合、家族はその人の作った料理が美味しくないと感じることがあります。

また味覚は普段の食生活によっても変化します。

 

そのため昔から塩気の多いものを食べる傾向にあったり、甘いものが好みであるという人は、味覚に偏りが見られる傾向にあります。

それでもこのような味覚は改善が可能であるために、訓練することで正常な味覚へと変化させることができます。

 

いい加減な性格

料理には手順がありますし、食材の切り方や調味料の量など、細かな作業が味を良くするポイントとなるわけです。

しかしこれらのポイントを学ぼうとしなかったり、知っているものの面倒であるために行わないという人がいます。

 

このような状況は料理の味に大きな影響を及ぼし、美味しいと感じるものを作ることはできません。

こうしたことはいい加減な性格の人に起こりうることです。

 

夫の作る料理が嬉しくない理由

夫が料理を作ってくれるのがうれしくない!とお悩みではありませんか?

 

当項目では料理がまずい意外に妻がうれしくない理由についてを紹介していきます。

  • 片づけをしない
  • 邪魔になる
  • 段取りが悪い
  • 費用をかけすぎ
  • 使ってほしくない食材を使われる
  • 時間がかかりすぎる

夫が料理を作ってくれることが苦痛で、悩んでいる方は是非ご覧ください。

 

片づけをしない

夫が料理を作ってくれる際のうれしくない理由のひとつとして片付けをしないことが挙げられます。

滅多にしない料理を作って、「満足!」してしまうんのです。

 

こういう場合は「片づけまでがセット」ということで料理をお願いするのもアリかもしれません。

 

邪魔になる

普段料理をあまりしない夫が料理してくれる場合、妻の邪魔になることもしばしばあります。

 

夫に料理を任せて自由になっているはずなのに、

あれどこだっけ?
〇〇ってあったっけ?

と度々話しかけられたり、呼び出されてしまうと、「意味ないじゃん!!」と余計イライラしてしまいますね。

 

さらには、いつも整理整頓しているキッチンが、夫が物を探しているうちにごちゃごちゃに…。

「だったら料理しないでー!」という妻もいるようです。

こういう場合は、旦那さんに料理する前に調理器具や材料、調味料の場所や有無を確認することをお願いしましょう。

 

段取りが悪い

普段料理をしない、慣れていない夫に多いのが段取りが悪いことです。

クックパッドで調べて、ちょっと野菜を切って、また調べて、さらに「あれどうするんだっけ…」と物を探したり、手を洗ったりの繰り返し。

見ていて「段取りが悪い!イライラする!」という妻もいるようです。

 

こういう場合は、奥さんが片目をつぶる必要もあります。

逆に褒め上手になって、繰り返し夫が料理してくれるようになれば、自然に段取りは良くなるでしょう。

 

費用をかけすぎる

旦那さんが完璧主義のためにレシピ通り、高い調味料を使ったり、長時間火を使ったり…

料理に費用をかけすぎて困る
普段の節約が全部吹っ飛んでしまう気がする

と頭を悩ませている妻も少なくありません。

 

料理してくれるのは嬉しいけれど、コスパが悪すぎるのです。

買い出しの時から、値札を見ずにかごに入れたり、高い食材を買ってしまうことも多々あります。

作ってくれる気持ちは嬉しいけれど、食費でリアルに家庭が圧迫されて困ってしまうのです。

 

解決策としては、感謝を伝えつつ、正直に「節約もして欲しい」「これくらいの予算で」お願いするほうが良いでしょう。

月10万などあまりにも高額になってしまう場合は、食費と趣味費に分けて、料理を夫の趣味費として月いくらくらいまで使っても良いのかルール決めることが大事だと思います。

 

使ってほしくない食材を使われる

使って欲しくない食材を勝手に使われるイラっとしてしまいます。

例えば

  • 小分けに冷凍してあったお肉を一気に使われてしまった
  • 計画を立てて食材をストックしているのに使われてしまった

場合、普段冷蔵庫を管理しているのが妻なので、乱されると困ってしまいますよね。

 

普段料理していない夫としては、「冷蔵庫にあるものは使っていいのでは?」と感じているようです。

どうしても残しておいて欲しいものや、使ってほしくない食材、ルールがあるなら、事前に夫に伝えることで、配慮してくれるかもしれません。

 

時間がかかりすぎる

段取りが悪くて料理に時間がかかってしまう夫と、料理を凝りすぎて時間がかかってしまう夫と2パターンいるでしょう。

料理を凝りすぎる場合は、17時から作り始めて、食べ始めるのが20時半~21時というケースもあります。

 

あまり夕食の時間が遅くなると、子供もお腹がすくし、寝る時間も遅くなるし、困ってしまうのです。

趣味としての料理なら認められますが、子供の生活リズムが崩れてしまうのは困るでしょう。

 

料理に慣れていなくて時間がかかってしまう旦那さんも、分相応なものを作ればそこまで時間はかからないはずです。

おおよそ夕食の時間や、遅くても何時には食べ始めたいと正直に伝えるのが良いでしょう。

 

夫の作る料理がまずい時の改善策

では、夫の料理がまずいときの改善策ってあるの?とお悩みではありませんか?

 

当項目では夫の料理がおいしくないときに妻が出来る対策について紹介していきます。

  • 一緒に料理する
  • 一緒に勉強する
  • 味覚の改善
  • やる気を起こさせることが大切

夫が料理を作るのが嫌になる前に、ぜひご覧ください。

 

一緒に料理する

妻の府が経験を多く積んでいるケースが圧倒的に多いので嫌味のない仕方で料理を教えましょう。

たとえば休みの日に、「一緒に料理でもしようか」といって夫と台所に立つことができます。

 

そのときに

この食材はこうやって切ると美味しく食べられるんだよ

とか

この食材は火を通しすぎると食感が失われてしまうから、これくらいの時間炒めるだけで十分なんだよ

といいながらお手本を見せましょう。

 

またこのときに、「いつも作ってくれている料理も美味しいけど、こうすればもっと美味しくできるよ」といったように誉め言葉を交えると、夫はアドバイスを受け入れやすく感じます。

 

一緒に勉強する

妻も夫も料理が不得意である場合、夫婦で料理の仕方を勉強することができます。

この際にレシピや調理法に関する本や動画を一緒に見て、学ぶことができるのです。

 

夫に対して「料理がまずい」とか「もう少し勉強して、美味しいものを作ってくれないかな」などというと、夫が傷ついてしまうことがあります。

このような状況を回避するためには、夫に気まずい思いをさせずに料理の腕が上達する方法を実践する必要があるのです。

 

その方法の一つが夫婦で一緒に料理について勉強することといえます。

また学んだ事柄を実践し、夫婦で料理を作ってみることができます。

 

たとえあまり美味しいとはいえないものができたとしても、

恐らく火を通しすぎたんだろうね

とか

もう少し野菜を細かく切ったほうが良かったね

などと次回に改善できる点を指摘することができるでしょう。

 

この料理は夫一人が作ったものではなく、妻と夫が二人で作ったものです。

そのため改善点が述べられても、夫はそれを自分に対する文句であるととらえることはありません。

純粋に料理を美味しく作るためのアドバイスとして受け入れることができるのです。

 

味覚の改善

先にも少し触れましたが、極端な味のものを食べ続けると、それが普通であると感じてしまうことがあります。

たとえば塩辛いものを食べ過ぎると塩分濃度の濃いものを好むようになり、料理を作るときには必要以上に調味料を使用するようになるのです。

当然のことながらこのような料理は多くの人にとっては美味しいと感じられるものではありません。

 

しかし塩辛いものを好んで食べる人が、意識して塩分を減らしたものを食べるようにすることで、舌はその習慣に容易にアジャストされます。

もちろんもともと味覚が他の人と大きく異なる場合、それを変化させることは容易ではありません。

しかし食習慣が招いた味覚の変化は、比較的容易に改善できるのです。

 

そのため極端に塩辛い料理を作る傾向にある妻や夫がいる場合、薄味の食事を意識して取るように心がけることができます。

塩辛い食事は健康に害を及ぼすことがあるのです。

そのため「少し健康のことを考えて、二人で塩分の少ない食事を取るように心がけようか」などといって減塩に取り組むことができます。

 

やる気を起こさせることが大切

作った料理に対して意見されると、最初に頭に上るのは「せっかく作ったのに、文句なんかいわなくてもいいのに」という感情でしょう。

しかし実際のところ、意見する方はそのような意味合いを込めて意見しているのではないことが多々あります。

この意図がうまく伝わらなければ、料理を上達させることは難しいでしょう。

 

そのためまずは感謝の気持ちを伝えたり、向上心を持って料理に臨んでほしいことを相手に上手く伝えるように心がけるべきです。

「いつも食事を作ってくれてありがとう」と述べるだけでも、料理を担当している妻、もしくは夫は嬉しく感じます。

その後に改善点を優しく述べるなら、もっと美味しいものを作ろうという意欲が湧いてくるはずです。

 

料理はセンスも関係していますが、経験を積むことで上達できます。

そのため正しいダイレクションのもと、訓練されれば必ず美味しいものを作れるようになるでしょう。

この点を考慮し、簡単に作れる料理を紹介しているレシピを使用することもできます。

 

いきなり難しい料理にチャレンジするなら、失敗する確率はかなり高くなるはずです。

しかし最初のうちは簡単にできる料理から始め、上達していくにつれて少しずつ難度の高いものにチャレンジしていくようにしましょう。

 

まとめ

  • 夫の作る料理が嬉しくない理由
  • 夫の作る料理がまずい時の改善策

当記事では上記について解説しました。

 

夫の作る料理が嬉しくない理由は下記6つが挙げられます。

  • 片づけをしない
  • 邪魔になる
  • 段取りが悪い
  • 費用をかけすぎ
  • 使ってほしくない食材を使われる
  • 時間がかかりすぎる

夫が料理を作ってくれても嬉しくなくて、なぜだろう悩んでいる時は上記の記事をご参考にしてみてください。

 

夫の料理がまずいとき時の改善策は下記です。

  • 一緒に料理する
  • 一緒に勉強する
  • 味覚の改善
  • やる気を起こさせることが大切

夫が料理を作ってくれるのは本来嬉しいことなので、まずいのであれば改善したいですよね。

是非上記の改善策を試してみてください。

 

 

また、夫が料理をしてくれない時の対策を説明した内容のページもありますので、あわせてご覧いただけると幸いです。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました