【不安】夫の転勤が決まったら妻は退職するべき?選ぶ基準や上手な伝え方を徹底解説!

「夫の転勤が決まったら妻は退職すべき?」

「夫の転勤で妻が退職するかどうかの判断基準は?」

「夫の転勤が決まった!退職以外の妻の生き方は?」

といったお悩みを抱えていませんか?

 

夫の転勤が突然決まったら、妻として付いていくかどうか迷うのも無理はありません。

今の仕事を退職してまで行った方がいいのか、判断が難しいところです。

 

当記事では

  • 夫の転勤で妻は退職するべき?選ぶための5つの基準
  • 夫の転職で妻が退職した場合は特定理由離職者に!
  • 夫の転勤で退職した妻の生き方

といった内容を徹底解説していきます。

 

夫の転勤が決まり、退職すべきかどうかお悩みの方はぜひ参考にしてください。

最後までお読みいただければ、夫の転勤で妻が退職すべきかどうかの判断基準がきっと分かるはずです。

 

夫の転勤で妻は退職するべき?選ぶための5つの基準

夫の転勤が決まったら、働く妻にとっては大きな決断を迫られます。

退職してキャリアを諦めるか、それとも残るのか、決めなければならないからです。

 

退職すべきかどうか迷った時は、下記を判断基準にしましょう。

  • 転勤先の状況
  • 転勤の期間
  • 子供の有無
  • 夫の気持ち
  • 経済状況

それぞれの判断基準について、詳しく解説していきます。

 

転勤先の状況

まずは「転勤先の状況」を調べてみましょう。

転勤先が地方や海外の場合は、特に注意して調べる必要があります。

 

働き先がなかったり、海外の場合は治安が悪い可能性もあるからです。

全国規模で支店や店舗、関連会社などがある会社に勤務していれば、異動ができるかもしれません。

 

夫の転勤先の状況をリサーチして、ついて行ってもうまくやっていけるかどうかを判断しましょう。

地域の治安や利便性など、ネットを使ったり、実際に足を運んで調べておくことをおすすめします。

 

転勤の期間

次の判断基準は「転勤の期間」です。

転勤の期間が1年や2年など、はっきり決まっている場合は、休職ができる可能性も高くなります。

 

もちろん、今と同じキャリアを維持するのは難しいケースもありますが、戻ってきた時の就職先を確保できるのは心強いですよね。

反対に、短期間であれば寂しいのを我慢して、単身赴任で行ってもらうという選択もできるでしょう。

 

夫の転勤期間が決まっているのかどうか、会社に確認してもらうことをおすすめします。

 

子供の有無

「子供の有無」も、判断に大きく影響してくるでしょう。

子供がいると、考えなければいけないポイントは増えるからです。

 

転校先の学校の状況や、習い事を続けられるかどうかも調べなければなりません。

子供の年齢が高ければ、転校を拒否する可能性も高いでしょう。

 

子供がいない夫婦で、これから子供が欲しいと思っている場合も要注意。

単身赴任になれば、当然子供ができる確率が低くなってしまうからです。

 

夫の気持ち

「夫の気持ち」もしっかり聞いてから決めるようにしましょう。

転勤が決まると、どうしても動揺して、自分の気持ちばかりを考えてしまいがち。

 

しかし夫婦の問題ですので、まずは冷静になって夫の気持ちを聞いてみましょう。

退職して一緒に来て欲しいと思っているのか、それとも残って家を守ってほしいのか、夫の本音を聞いてみてください。

 

どちらの気持ちだったとしても、責めることなく、冷静に話し合うことが大切です。

 

経済状況

最後の判断基準は「経済状況」

単身赴任となると、家計に大きな影響が及びます。

 

確かに会社から手当が支給されることも多いですが、金額は会社によってもまちまち。

大抵はすべての生活費を賄う額までは支給されません。

 

単純に自宅が2つになるのですから、家計は二重にかかることに。

場合によっては、車の購入が必要になるケースもあるでしょう。

 

夫の転職で妻が退職した場合は特定理由離職者に!

夫の転勤を機に、妻が退職する場合は「特定理由離職者」になります。

特定理由離職者になると、さまざまなメリットが。

 

特定理由離職者について、下記の項目で解説していきます。

  • 特定理由離職者のメリット
  • 特定理由離職者の手続き方法

 

特定理由離職者のメリット

特定理由離職者とは、やむを得ない事情によって退職した人が受けられる制度のこと。

その条件のひとつに、夫の転勤も含まれています。

(5) 次の理由により、通勤不可能又は困難となったことにより離職した者
(g) 配偶者の事業主の命による転勤若しくは出向又は配偶者の再就職に伴う別居の回避

引用:ハローワーク

 

転勤先が片道2時間以上離れた場所にあれば、特定理由離職者として認められる可能性が高くなるでしょう。

特定理由離職者に認定されると、失業手当の受給時に下記のメリットがあります。

  • 2ヶ月の給付制限がなくなる
  • 雇用期間が短くても受給できる
  • 国民健康保険料が軽減される

 

失業手当をすぐに受給できるようになるので、家計も助かるはずです。

損をしないように、ぜひチェックしておきましょう。

 

特定理由離職者の手続き方法

特定理由離職者として執拗手当を受給するには、下記の手順が必要です。

  1. 退職前の会社から「離職票」をもらう
  2. ハローワークで雇用保険手続きをして「特定理由離職者」の申請をする
  3. 7日間の待期期間
  4. 雇用保険受給説明会に参加する
  5. 失業認定日にハローワークに行く

上記の工程を経た後に、1回目の失業手当の受給が始まります。

 

特定理由離職者認定のために、前の勤務先の住所や出勤時間などの聴き取りがありますので用意しておきましょう。

その後も4週間ごとにハローワークで失業認定を受けなければなりません。

 

夫の転勤で退職した妻の生き方

夫の転勤て退職すると

これから何をして過ごせばいいのだろう?

と困惑する人も少なくありません。

これまで毎日仕事を頑張ってきた妻は特に、一日の過ごし方に戸惑ってしまいますよね。

 

夫の転勤で退職した妻は、下記のような生活を送っているようです。

  • 転勤先で仕事を探す
  • 自分磨きをする
  • 在宅勤務をする

それぞれの生き方を、詳しく見ていきましょう。

 

転勤先で仕事を探す

まずは「転勤先で仕事を探す」という選択肢です。

退職したからといって、必ずしも専業主婦になる必要はありません。

 

正社員ではなくても、パートやアルバイトをすると、寂しい気も紛れます。

また仕事仲間から、地域の情報を得られる可能性も高いでしょう。

 

友達がいないからといって、引きこもっているとホームシックになりがちです。

思い切って新しい仕事に挑戦してみましょう。

 

自分磨きをする

「自分磨きをする」こともできます。

せっかく時間ができたのですから、今までできなかった勉強や資格取得に励むという方法も。

 

特にこれからも転勤を繰り返す可能性がある場合は、資格があると便利です。

資格があることで、転勤先での就職も有利になるでしょう。

 

また難しい料理に挑戦してみたり、趣味に打ち込んでみるのもいいですね。

フルタイムで働いている時は忙しくてできなかったことに、積極的にチャレンジしてみましょう。

 

在宅勤務をする

「在宅勤務をする」という方法もおすすめです。

在宅勤務なら、場所を選ばずに仕事を続けることができます。

 

最近ではフリーランスで在宅ワークをする人も増加傾向です。

今持っている資格や、これまでの勤務経験を生かした仕事なら、高単価を得ることもできるでしょう。

 

キャリアアップや高単価の仕事がしたいのであれば、下記のような仕事がおすすめです。

  • オンライン講師
  • コールセンター
  • Webデザイナー

仮に特に資格がないという方でも、未経験でできる仕事も多いので安心してください。

 

夫の転勤が決まった!退職以外の妻の選択肢

夫の転勤が決まっても、妻が退職しなければいけないわけではありません。

夫の意向も汲みながら、それ以外の選択肢も検討してみましょう。

 

退職以外には、下記のような選択も可能です。

  • 単身赴任してもらう
  • 休業する
  • 配偶者同行制度を利用する

それぞれの選択肢を具体的に見ていきましょう。

 

単身赴任してもらう

まずは「単身赴任してもらう」という方法です。

働いている妻なら、夫の転勤が決まった時に一度は考える選択肢でしょう。

 

「単身赴任」と聞くと、デメリットばかり考えてしまいがちですが、意外なメリットもあります。

妻にとってのメリットの一例としては、下記が挙げられるでしょう。

  • 食事を手抜きできる
  • 夫の時間に合わせる必要がない
  • 一人でゆっくりできる時間が増える
  • 夫のありがたみを実感できる
  • 仕事を続けられる

 

もちろん、夫がいない寂しさや孤独を感じることもあるはずです。

メリットとデメリットを天秤にかけて、冷静に判断しましょう。

 

休業する

場合によっては「休業する」ことも考えてみてください。

退職までしなくても、休業することで夫についていくことも可能です。

 

特に転勤の期間が決まっていれば、会社とも交渉しやすいでしょう。

最長何年までであれば休業できるのか、会社に確認してみてください。

 

戻ってきた時の就職先があると思うだけで、安心して引越しできるはずですよ。

 

配偶者同行制度を利用する

会社によっては「配偶者同行制度」があるところも。

「配偶者同行制度」は、夫の転勤に同行できる制度のことです。

 

配偶者同行制度
配偶者が転勤になった場合、その随伴のための転勤を認める制度。夫の転勤に妻も「同行」することで、妻が退職せずに済む、というメリットがあります。妻の転勤に夫が同行するパターンは、今のところ、ほとんど見られません。

引用:日本の人事部

転勤先に支店があれば、そこへの異動を検討してもらえます。

 

また退職しても、3年以内であれば復職できるなど、会社ごとにさまざまな制度が導入されています。

ただし、配偶者同行制度はどの会社にもあるわけではありませんので、会社に確認してみましょう。

 

まとめ

退職すべきかどうか迷った時は、下記を判断基準にしてください。

  • 転勤先の状況
  • 転勤の期間
  • 子供の有無
  • 夫の気持ち
  • 経済状況

 

夫の転勤で退職した妻は、下記のような生活を送っているようです。

  • 転勤先で仕事を探す
  • 自分磨きをする
  • 在宅勤務をする

 

夫の転勤が突然決まると。妻として考えなければいけないことが山のように出てきます。

そもそもついていくかどうかで、迷うのも無理はありません。

 

考える時間があまりないので、余計に焦ってしまいますよね。

夫と冷静に話し合い、後悔しないように結論を出しましょう。

 

夫の単身赴任を乗り越えるための方法は、下記の記事でも紹介していますのでぜひ参考にしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました