【うざい】夫の在宅勤務で専業主婦のストレスが限界!妻たちの声や上手な対処法まで!

「夫の在宅勤務が辛い専業主婦は私だけ?」

「夫の在宅勤務で専業主婦がイライラする理由は?」

「夫の在宅勤務で専業主婦がイライラしないための対処法はある?」

といったお悩みを抱えていませんか?

 

在宅勤務の夫が増え、ストレスが溜まる専業主婦は少なくありません。

働いてくれていることに感謝しつつも、夫にイライラしてしまう気持ちを我慢するのは辛いですよね。

 

当記事では

  • 夫の在宅勤務が専業主婦のストレスに!妻たちの声
  • 夫の在宅勤務で専業主婦がイライラする理由
  • 在宅勤務の夫と専業主婦の妻がイライラしないための対処法

といった内容を徹底解説していきます。

 

在宅勤務の夫にストレスが溜まっている専業主婦の方は、ぜひ参考にしてください。

最後までお読みいただければ、在宅勤務の夫に専業主婦がイライラしないための方法がきっと分かるはずです。

 

夫の在宅勤務が専業主婦のストレスに!妻たちの声

せっかく働いてくれているのに、イライラしてしまうと

私って駄目な妻なのだろうか?

と自分を責めてしまいますよね。

しかし在宅勤務の夫にイライラしてしまうのは、あなただけではありませんので安心してください。

 

ネット上でも

  • 夫のイライラがうざい
  • ずっと家にいるのに何もしない
  • テレワークは早くやめてほしい

といった声が寄せられていました。

それぞれの声を具体的に見ていきましょう。

 

夫のイライラがうざい

まずは在宅勤務でイライラしている夫がうざいという妻の声です。

夫が4月から在宅勤務になり、リビングで仕事をしています。子供達も3月から休校です。仕事に集中できないらしく、イライラして八つ当たりするようになりました。

パソコンに向かってため息をついたり、音楽をイヤホンで聴きながら机を強く叩いてリズムをとり、イライラしているのがわかります。また何か怒られるのではないかと緊張します。

引用:ハスノハ

 

確かに仕事は大変でしょうし、在宅勤務で夫もストレスが溜まっているのでしょう。

感情のコントロールができないほどに、精神的に追い込まれている可能性も。

 

このまま放っておくと、さらなるDVに発展することも考えられます。

お子さんもおられるということですので、早めに行政などに相談してみましょう。

 

ずっと家にいるのに何もしない

在宅勤務で家にいるにもかかわらず、家事育児を手伝ってくれないとイライラしますよね。

夫がコロナで在宅勤務になったのに家事を全く手伝ってくれません。もともと「専業主婦なら家事は全部負担が当然」という古い考えの持ち主だったのですが、コロナで在宅勤務になってずっと家にいるのに、パソコンと電話ばかりしていて、食べ終わったあとの食器洗いも自分の洗濯も全部私に押し付けます。
もちろん料理も三食全部私が作らされます。

引用:ジョブカタログ

 

在宅勤務になると、少なくとも通勤時間の分の時間は空くはずです。

せめてお皿洗いや、手の空いた時の育児などはやってほしいと期待してしまいますよね。

 

とはいえ、在宅勤務も仕事のひとつです。

いつも自由に動けるわけではないということは、覚えておきましょう。

 

テレワークは早くやめてほしい

ストレスが溜まるので、テレワークを早くやめてほしいと願う妻は少なくありません。

唯一の私の休憩時間もゆっくりすることができず、本当に早く出社してほしい!

引用:ニコビデオ

 

上記は1歳半の子どもを持つ主婦の声です。

1歳半の子供を見ながら、家事をするのは毎日の重労働。

 

子供のお昼寝の時などに、やっと一息つこうと思っても、夫が在宅勤務だとなかなかゆっくりできません。

夫が嫌いなわけではないけれど、少しくらいは一人になりたいと思うのも自然なことです。

 

夫の在宅勤務で専業主婦がイライラする理由

好きな人とずっと一緒にいられるのは幸せなはずなのに、なぜ在宅勤務の夫にイライラしてしまうのでしょうか?

 

夫の在宅勤務で、専業主婦の妻がイライラしてしまうのには、下記のような理由が考えられます。

  • 気を使う
  • ゆっくりできない
  • 昼食の用意が面倒
  • 子供を静かにさせるのが辛い
  • 夫が何もしない

それぞれの理由を詳しく見ていきましょう。

 

気を使う

まずは「気を使う」からという理由が挙げられます。

家にいるとはいえ、在宅勤務も立派な仕事です。

 

時には仕事の内容で、電話やオンライン会議などをすることもあるでしょう。

集中している夫を邪魔しないように、物音を立てずに生活しなければなりません。

 

テレビを見るにも音が気になりますし、常に気を使わなければならない状況はストレスになりますよね。

 

ゆっくりできない

次は「ゆっくりできない」という理由です。

夫が家にいなければ、ゴロゴロしたり朝風呂に入ったりと有意義な時間を過ごすことができます。

 

しかし、夫がいると、常に見張られているような気になり、なかなかゆっくりできません。

何も言われなくても

専業主婦が暇だと思われたら嫌だ!

と思ってしまい、いつも以上に忙しくしてしまう人もいることでしょう。

 

昼食の用意が面倒

「昼食の用意が面倒」だというのも、理由のひとつです。

専業主婦の多くは、昼食を質素に済ますことが多いでしょう。

 

残り物や冷蔵庫にあるものを適当に食べたり、何もなければ食べないという選択肢も。

しかし、夫が在宅勤務の場合はそうもいきません。

 

昼食を作り、お皿を洗うという仕事が増えることに。

毎日3食用意しなければならないことに、うんざりしている妻も少なくありません。

 

子供を静かにさせるのが辛い

「子供を静かにさせるのが辛い」という妻もいます。

特に子供が小さい場合は、静かにさせるのも一苦労。

 

天気が良ければ外で遊ばせることもできますが、雨の日にはなかなか外にも出られません。

家の中にいるばかりで、そのうえ静かにしていなければならないとなると、子供もストレスが溜まるでしょう。

 

子供に神経質に注意しなければならないので、妻にとっても大きな負担になります。

 

夫が何もしない

最後は「夫が何もしない」という理由です。

通勤時間が短縮され、家にいる時間が増えたにもかかわらず、家事育児は今まで通り妻任せという夫も少なくありません。

 

やらないだけならまだしも、家にいる分、小言が多くなる夫も。

  • 洗面台が汚れてるよ
  • そろそろ掃除機かけたら?
  • 窓は拭かないの?

など、いちいち口を出されるとイライラしますよね。

 

在宅勤務の夫と専業主婦の妻がイライラしないための対処法

在宅勤務の夫を持つ妻も、できればイライラせずに過ごしたいと思っているはず。

不満があるとはいえ働いてくれている夫に、イライラをぶつけたくはないですよね。

 

在宅勤務の夫と専業主婦の妻がイライラしないために、下記の対処法がおすすめです。

  • ストレスに感じることを話し合う
  • 食事は各自で用意する
  • リビングと仕事部屋を分ける
  • 仕事の時間を決めてもらう
  • 外に出る

それぞれの対処法を詳しく見ていきましょう。

 

ストレスに感じることを話し合う

まずは「ストレスに感じることを話し合う」ことが大切です。

働いている夫に対し、不満を伝えられずに一人で悩んでいる妻は少なくありません。

 

とはいえ、一緒に暮らしているのですから、お互いが譲歩し合うのは当然のこと。

文句を言うのではなく、冷静に不満を伝えてみましょう。

 

あなた自身も夫と話すことで、すっきりする可能性があります。

二人で話し合うことで、新たな解決策が見つかるかもしれませんよ。

 

食事は各自で用意する

「食事は各自で用意する」のもひとつの方法です。

昼食の用意は、専業主婦にとって大きなストレスのひとつ。

 

朝晩は妻が用意するにしても、昼はお互いそれぞれで用意するのもおすすめです。

会社に行けば、昼食は自分で取らなければなりません。

 

買いに行ったり、外で食べてもらうと妻の負担は少なくなります。

お金がないなどの事情がある場合は、朝作っておいて、昼に食べてもらうのもいいでしょう。

 

リビングと仕事部屋を分ける

次は「リビングと仕事部屋を分ける」ことが挙げられます。

基本的にリビングは家族がくつろぐ場所。

 

仕事はリビング以外でやってもらいましょう。

部屋にゆとりがない場合は、外で仕事をしてきてもらうという方法もあります

 

部屋を分けることで、子供の声やテレビの音も気にならなくなり、夫のイライラも減ることでしょう。

お互いにストレスが軽減されるので、部屋を分けるのはおすすめです。

 

仕事の時間を決めてもらう

「仕事の時間を決めてもらう」こともポイントのひとつ。

家だと通勤時間もないので、ついつい遅くまで仕事をやってしまいがち。

 

とはいえ、家族も丸一日夫に気を使いながら生活することはできません。

仕事は夜7時まで

など、仕事の時間をある程度決めてもらいましょう。

 

外に出る

「外に出る」のもおすすめです。

家にいれば、夫に気を使わなければなりませんし、イライラも溜まってしまうでしょう。

 

とりあえず家事は後回しにして、夫が家にいる間は外に出てみてください。

生活時間をずらすことで、イライラも軽減されるはずです。

 

在宅勤務の夫に限界がきた時の対処法

さまざまな対処法を試しても、妻の我慢には限界があります。

これ以上は一緒にいられない!

と爆発寸前になってしまうこともあるでしょう。

 

在宅勤務の夫に限界が来たときは、下記の対処法を試してみてください。

  • 一人の時間を作ってもらう
  • 趣味に没頭する
  • 別居する

それぞれの対処法を具体的に見ていきましょう。

 

一人の時間を作ってもらう

最初は「一人の時間を作ってもらう」ことです。

いくら好きな相手とはいえ、四六時中一緒にいると窮屈に感じるのも無理はありません。

 

一人になれる時間を意識的に作りましょう。

特に子供が小さな家庭は、専業主婦の妻が一人になれる時間はあまりありません。

 

一日30分でもいいので、子供をみてもらい、妻も一人の時間を堪能しましょう。

ゴロゴロしたり、好きなテレビを自由に見ているだけでもストレス発散になりますよ。

 

趣味に没頭する

次に「趣味に没頭する」ことも大切です。

何もせずにいると、夫の言動がいちいち気になり、妻のストレスに繋がります。

 

一人で楽しめる趣味を見つけて、空き時間には趣味に没頭しましょう。

手芸や読書であれば、家の中でも静かに趣味を楽しむことができます。

 

思い切って外に出て、ランニングや散歩を楽しむのもいいでしょう。

ストレス発散にも繋がり、一石二鳥ですよ。

 

別居する

最後の手段は「別居する」こと。

どうしても我慢できないと感じた場合は、別居することもひとつの方法です。

 

ストレスが溜まりすぎると、身体に不調が出たり、精神面で病んでしまう人も少なくありません。

そうなる前に、限界を感じたら距離を置くことも検討しましょう。

 

夫が在宅勤務の間だけでも、別居することでストレスは軽減されますよ。

 

まとめ

夫の在宅勤務が増え、不満を持つ専業主婦は少なくありません。

ネット上でも

  • 夫のイライラがうざい
  • ずっと家にいるのに何もしない
  • テレワークは早くやめてほしい

といった声が寄せられていました。

 

夫の在宅勤務で、専業主婦の妻がイライラしてしまうのには、下記のような理由が考えられます。

  • 気を使う
  • ゆっくりできない
  • 昼食の用意が面倒
  • 子供を静かにさせるのが辛い
  • 夫が何もしない

 

新しい仕事の形として、テレワークが普及しつつある一方で、在宅勤務に反対の妻も多いようです。

確かに家の中で常に顔を合わせていると、お互いにイライラする瞬間も多くなるでしょう。

 

お互いが気持ちよく生活するためにも、二人に合った対処法を模索していく必要があります。

せっかく夫婦になったのですから、よく話し合って、最適な方法を見つけたいですね。

 

在宅ストレス症候群については、下記の記事でも解説していますので、ぜひ参考にしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました