【心配】夫の元気がない時はどうしたらいい?適切な対処法や考えられる理由を解説!

「夫の元気がない時はどうしたらいい?」

「夫の元気がないのはなぜだろう?」

「夫に元気がないと感じるのはなぜ?」

といったお悩みを抱えていませんか?

 

ふとした瞬間に夫の元気がない様子を見てしまうと、不安になりますよね。

なんとかして元気を出してほしい!

と思うことでしょう。

 

当記事では

  • 夫の元気がない時の適切な対処法5選
  • 夫が元気がない時にしてはいけないNG言動!
  • 夫の元気がない!考えられる理由は?

といった内容を徹底解説していきます。

 

夫の元気がないとお悩みの方は、ぜひ参考にしてください。

最後までお読みいただければ、夫が元気のない時の対処法がきっと分かるはずです。

 

夫の元気がない時の適切な対処法5選

夫の元気がないと、妻としてはどう対応していいか迷ってしまいますよね。

声をかけるべきか、そっとしておくべきか、適切な対処法に困ってしまうのも無理はありません。

 

夫の元気がない時は、下記の対処法を試してみてください。

  • 居心地の良い環境を整える
  • 話を聞く
  • 好物を揃える
  • ほっとく
  • マッサージで労わる

それぞれの対処法を詳しく見ていきましょう。

 

居心地の良い環境を整える

まずは「居心地の良い環境を整える」ことが大切です。

夫がリラックスできるような居場所を作りましょう。

 

物が散乱していたり、埃まみれの部屋では、夫もくつろぐことができません。

特に子供がいると、ついつい子供優先になってしまいますが、たまには夫がくつろげるように過ごしてみてください。

 

自分が大切にされているということが分かるだけでも、元気になれるはずです。

 

話を聞く

「話を聞く」ことで、夫を元気にさせることができることも。

辛いことや苦しいことがあれば

誰かに聞いてほしい……

と思いますよね。

 

日ごろの不満や愚痴があれば、吐き出せるように話を聞いてあげましょう。

途中で話を遮らさず、最後まで聞いてあげることがポイントです。

 

好物を揃える

「好物を揃える」ことも対処法のひとつになります。

空腹な状態では元気が出ませんし、落ち込んでもなかなか回復しません。

 

反対に美味しいものを食べると、人間は元気が出るものです。

夫の好きな物を揃えて、日ごろの苦労を労いましょう。

 

スタミナが付く料理を作って、疲れを癒してあげるのもおすすめ。

自分のために作ってくれたということが分かれば、夫も自然と元気を取り戻せるはずです。

 

ほっとく

できることをやったら「ほっとく」こともポイント。

たまには一人で考え事をしたり、ボーっとする時間も必要です。

 

しばらくそっとしておいて、話しかけられたり愚痴をこぼした時に聞いてあげるといいでしょう。

一人で考え事をしている間に落ち着きを取り戻し、また普段のような夫に戻ってくれる可能性もありますよ。

 

マッサージで労わる

最後は「マッサージで労わる」こともできるでしょう。

疲れが溜まっていると、どうしても元気がないように見えてしまいます。

 

せめて体の疲れがとれるように、マッサージで労わってあげましょう。

肩を揉んだり、背中をマッサージすることで、だいぶ疲れも取れるはずです。

 

マッサージをすると「オキトキシン」や「セロトニン」という幸せホルモンが分泌されます。

ストレスホルモンの分泌を抑制してくれるので、イライラも軽減されるでしょう。

 

夫が元気がない時にしてはいけないNG言動!

夫の元気がない時に、下記の言動はNGです。

  • 無理に聞き出す
  • 自分の愚痴を言う
  • イライラする

それぞれの言動を詳しく解説していきます。

 

無理に聞き出す

まずは「無理に聞き出す」ことです。

元気がないと心配になって、ついつい

どうしたの?
何があったの?

と聞き出したくなってしまいますよね。

 

とはいえ、夫が話してくれないのに無理に問い詰めるのはNG。

まずは一人で考えたいこともあるでしょう。

 

無理に聞き出すのではなく、相手が話してくれるのを待つ姿勢も大切です。

 

自分の愚痴を言う

次に「自分の愚痴を言う」ことも避けましょう。

夫の愚痴を聞くつもりが、ついつい自分の愚痴になってしまった……

というのは、よくある話です。

 

自分の話を聞いてもらいたい気持ちは分かりますが、まずは夫の話を聞くことが最優先。

適度な相槌を打ち、最後まで相手の話を聞いてあげましょう。

 

イライラする

最後は「イライラする」ことです。

何を言っても、何を聞いても答えてくれない夫を見ると、イライラしてしまいますよね。

 

とはいえ、元気がない夫に怒りをぶつけても逆効果。

より自分の殻に閉じこもってしまう可能性もあります。

 

イライラする気持ちはグッと抑えて、まずは夫に元気になってもらうのを最優先にしましょう。

 

夫の元気がない!考えられる理由は?

夫の元気がない原因が分からないと、どうしていいか分からなくなりますよね。

 

元気がなくなる要因は人それぞれですが、主に下記のような原因が考えられるでしょう。

  • 仕事の疲れ
  • 家庭のストレス
  • 怒っている
  • 考え事をしている
  • うつ病の可能性も

それぞれの原因について、詳しく解説していきます。

 

仕事の疲れ

最初に考えられるのは「仕事の疲れ」です。

仕事で問題があった時や、プレッシャーを感じている時はどうしても疲れが生じてしまいます。

 

人事異動や転勤などの環境の変化があれば、より大きな負担になっていることでしょう。

仕事の疲れを癒してもらえるよう、家の中の環境を整えてみてください。

 

家庭のストレス

「家庭のストレス」が原因になっている可能性もあります。

仕事で疲れて帰ってきて、癒しの場となるはずの自宅に問題があれば、疲れが溜まって元気がなくなるのも当然でしょう。

 

下記のようなことがないか、思い返してみてください。

  • 夫の居場所がない
  • ちょっとしたことで妻に怒られる
  • 仕事や給料に文句を言われる
  • 子供優先で大事にされていない

 

家庭内で生じるストレスは、うつ病などの原因にもなりかねません。

まずは家の中の状態を見直し、夫の居心地のよい家を作りましょう。

 

怒っている

次の要因は「怒っている」ことが挙げられます。

何か気に入らないことがあったので、不機嫌になっている可能性も考えられるでしょう。

 

直前の会話や行動で、気になる点がなかったか思い返してみてください。

特に理由もないのに怒っている場合は、モラハラの可能性もあります。

 

不機嫌になることで、妻をコントロールしようとしているのです。

モラハラについては、下記の記事も参考にしてください。

 

考え事をしている

「考え事をしている」ことで、元気がないように見えることも。

何を言っても返答が上の空であれば、考え事をしている可能性が高いと言えます。

 

仕事のことや人間関係など、何か頭の中で考えているのでしょう。

あまり話しかけると、考えがまとまらず、余計に時間がかかってしまいます。

 

考え事をしている様子であれば、少し様子を見てみることも大切です。

 

うつ病の可能性も

ずっと元気がない場合は「うつ病の可能性」も考慮しましょう。

うつ病の症状の一つに「抑うつ気分」があります。

 

【うつ病の特徴】
気分の落ち込み(抑うつ気分)
ゆううつで、気持ちが晴れない、気持ちが落ち込んだ状態です。本人の言葉や表情、元気のない様子から周囲も異変に気付く場合があります。 抑うつ気分は1日の中でも波がみられることが多く、朝方は最も気分が落ち込んで、午後から夕方にかけて症状が軽くなることがあります(日内変動)。

引用:磐田こころのクリニック

うつ病の場合は、同時に意欲や興味の低下といった症状が出てくるでしょう。

 

うつ病かもしれない……

と不安な方は、早めに心療内科を受診してみることをおすすめします。

 

夫の元気がないと感じる瞬間は?

どんな時に「夫の元気がない」と感じるのでしょうか?

一般的に妻が夫の元気がないと心配する瞬間は下記の通りです。

  • いつもよりテンションが低い
  • 食欲がない
  • 気力がない

具体的な例を見ていきましょう。

 

いつもよりテンションが低い

まずは「いつもよりテンションが低い」瞬間が挙げられます。

  • 好きな話題を振って食いついてこない……
  • いつも言っている冗談が通じない
  • 笑顔が少ない

など、普段と違う反応を見て「元気がない」と感じる妻も。

 

テンションが低いと「何か怒ってるのかな?」と不安になりますよね。

しかし、疲れている時や考え事をしている可能性もあります。

 

どんな人でも常にハイテンションでいると疲れてしまうでしょう。

「たまにはそんなこともある」程度に考えて、そっとしておくことも大切です。

 

食欲がない

次に「食欲がない」瞬間も挙げられます。

いつもたくさん食べるのに、少ししか食べないと

具合が悪いのかな?

と不安になることでしょう。

 

妻としては、健康のためにもたくさん食べて栄養を取ってほしいですよね。

胃に優しいものや夫の好物を用意してみましょう。

 

長期で食欲がない場合は、うつ病や胃腸炎の可能性もありますので、早めに病院を受診してください。

 

気力がない

「気力がない」瞬間も、妻が心配することでしょう。

  • 休みの日にも布団から出られない
  • いつも行なっている趣味に手をつけない

など、気力がない状態が続くと、心配になってしまいますよね。

 

もちろん、誰しも疲れやストレスで憂鬱になることはあるでしょう。

とはいえ、長期で憂鬱な状態が続くのであれば『うつ病』の可能性もありますので、病院を受診するようにしてください。

 

まとめ

夫の元気がない時は、下記の対処法を試してみましょう。

  • 居心地の良い環境を整える
  • 話を聞く
  • 好物を揃える
  • ほっとく
  • マッサージで労わる

 

元気がなくなる要因は人それぞれですが、主に下記のような原因が考えられるでしょう。

  • 仕事の疲れ
  • 家庭のストレス
  • 怒っている
  • 考え事をしている
  • うつ病の可能性も

 

夫の元気がないと、心配になるのは妻として当然のことです。

なんとかして元気になってほしい!

と思ってしまいますよね。

 

とはいえ、安易な声掛けや励ましが夫のプレッシャーになってしまうことも。

まずは夫の心に寄り添い、大切に思っていることを伝えていきましょう。

 

夫がうつの場合の対処法は下記の記事でも紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました