【不安】夫が適応障害になってしまった!妻ができる7つのサポート&NG行動とは?

「夫がいきなり適応障害になってしまった」

「夫が適応障害になった時妻はどうしたらいいの?」

「適応障害の夫に対してやってはいけないNG行動とは?」

と悩むことはありませんか?

 

家族のために一生懸命に働いていた夫がいきなり適応障害だと診断されると、妻としては心配や不安が一気に押し寄せますよね。

そこで今回は、大切なパートナーのために適応障害の夫にできることや、やってはいけないことについて徹底的に調べました。

 

当項目で紹介する内容は、下記の通りです。

  • 夫が適応障害の時にできるサポートとは?
  • 夫が適応障害の時にやってはいけないこととは?
  • 適応障害の夫を支える妻の心境とは?

 

夫がいきなり適応障害になってしまってパニックになりそうな方や、なかなかゴールが見えない毎日の苦労で泣きそうになっている方はぜひ最後までお読みください。

夫を支える妻自身の気持ちが、少しでも楽になると幸いです。

 

夫が適応障害の時にできる7つのサポートとは?

夫が適応障害になったから「できるだけサポートしたい」「私が頑張らなきゃ」と思う妻は大勢います。

しかし、同時に次のように感じる妻も少なくありません。

  • 具体的にどんなサポートがいいのだろう?
  • 夫のためになるサポートって何?

 

当記事では適応障害になった夫に対する下記の具体的なサポート7つを、紹介します。

  • 現実的な行動をとる
  • 程よい距離を保つ
  • 話をよく聞く
  • 旦那を肯定する
  • 笑顔を忘れない
  • 長期戦になる覚悟をする
  • 病院に一緒に行く

 

現実的な行動をとる

現実的な行動をとり、生活が困らないように対策をすることができます。

適応障害になった夫は、治療のために休職したり、退職したりすることが多く、経済的に困難な状況になりかねません。

経済的に困窮しないためにも、早めに対策をとることが大切です。

 

具体的にできる行動は、下記にまとめました。

  • 適応できるサポートや制度がないか探す
  • 生活費の出費を見直す
  • 妻が働く

 

適応障害になった人が活用できる国や自治体、会社の支援制度がないか確認しましょう。

日常生活の出費の見直しをして、削れるものがないかチェックしたり、夫が回復するまでの間、妻が代わりに働いたりすることもできるでしょう。

 

なお厚生労働省には、自治体の相談窓口を紹介するホームページがあります。

それぞれの家庭の状況で利用できるサポートが異なりますので、信頼できる専門家のアドバイスを聞いて、自分たちの状況に合った対策をするのも大切です。

厚生労働省のホームページへいく

 

程よい距離を保つ

夫と程よい距離を保つことも、効果的です。

夫が適応障害になった場合、夫のことが心配になりすぎて全力でサポートをしたいと思うあまりに必要以上に構いすぎることがあります。

 

しかし、程よく距離を保つことのメリットは、下記の通りです。

  • 夫が自分のペースで病気と向き合える
  • 妻も疲れすぎない

 

程よく距離を保つことで、夫はマイペースに病気と向き合えます。

妻もいつも夫に振り回されなれることがなくなり、疲れ切ってしまうのを防げるでしょう。

夫の適応障害の回復は、長期戦となる可能性もありますので、お互いのペースで病気と向き合う方法を考えるのが大切です。

 

話をよく聞く

適応障害になった夫は、自分の気持ちを聞いてくれる相手を必要としています。

夫の話をよく聞くことは、夫をサポートする大切な方法です。

 

話を聞く時に、意識できるのは下記の通りです。

  • 夫の気持ちを汲み取る努力をする
  • 口を挟みたくなっても我慢する

 

夫の話を聞く時には、話の内容だけでなく夫の気持ちを汲み取る努力をして、次のように考えましょう。

  • どうして夫はそんなことを言うのだろう?
  • 夫の言葉の背景には何があるのだろう?

 

夫の話の中で口を挟みたくなってもぐっと堪え、最後まで聞くことも大切です。

「話すより聞くことの方が大切」と言う言葉も存在するほどに、妻が話をよく聞いてくれるという事実は夫にとって癒しになるでしょう。

 

夫を肯定する

夫を肯定することも大切です。

夫の話を聞いたり、態度を見たりするうちにイライラする気持ちが込み上げてくる可能性も否定できません。

  • 結局のところ、あなたのわがままじゃない?
  • あなたは甘すぎるのよ!

 

特に夫や家族を支えていると、上記のように感じてしまうこともあるでしょう。

しかし、夫を否定するようなことは言いたくなる気持ちをぐっと我慢して、夫を肯定する努力をすることは重要です。

夫は「妻は自分の味方でいてくれる」事実が、心の支えになっている可能性も否定できません。

 

笑顔を忘れない

家の中では、笑顔でいることが適応障害の夫に良い影響を与える可能性も否定できません。

夫が適応障害だと次のような状況になりがちです。

  • 夫の精神状況が不安定
  • 子供も緊張している
  • 家の中に空気が漂っている

 

夫の病気が影響して、家の中にどんよりとした重い空気が漂う可能性が高くなります。

妻がいつも笑顔でいることで、どんよりとした空気を軽くできるでしょう。

  • ママが笑っているからなんとなく大丈夫そう!
  • 妻のおかげで救われている

 

上記のように、妻の笑顔が家族を救うと言っても過言ではありません。

とはいえ、妻もいつも笑顔でばかりではいられないのも事実ですよね。

上手に気分転換をしながらメリハリとつけて、夫の病気と付き合っていきましょう(気分転換の仕方については、ここへジャンプ)。

 

長期戦になる覚悟をする

適応障害になると、すぐに回復しない可能性も否定できません。

夫が適応障害と診断された時には、病気との戦いが長期戦になる覚悟で対応することが大切です。

 

  • 夫がなかなか治らないことで焦る必要はないことを理解しておく
  • 長期スパンで計画を立てる

上記のように、夫がすぐに回復しないことで焦る必要はありませんが、家計のことや妻自身の仕事のことなどを長期スパンで計画するのが良いでしょう。

 

病院に一緒に行く

夫が病院に行く時には、一緒に付き添うこともできるでしょう。

一緒に付き添って病院に行くメリットは、下記の通りです。

  • 先生に直接相談できる
  • 夫の状況がわかる
  • 夫が安心できる

 

一緒に病院に行くことで、担当の先生と直接話せるので夫の状況を把握できます。

夫自身も、妻と二人三脚で病気と向き合っていることから安心感を得られるでしょう。

 

夫が適応障害の時にやってはいけないこととは?

家族を大切に思う、愛情いっぱいの妻は適応障害になった夫のために全力でサポートをしたいと感じますよね。

しかし、全力のサポートの仕方を間違えるとかえって悪循環になる可能性も否定できません。

 

夫が適応障害の時についやってしまいがちなNG行動は、下記の通りです。

  • 励まさない
  • かかりっきりになりすぎない
  • 特別なことをしない

当項目では、適応障害の夫に対してやってはいけないNG行動について紹介します。

 

励まさない

夫が適応障害になった時に、励まさないように気をつけましょう。

「早く良くなってほしい」「夫に元気を出してもらいたい」と言う一心で、励ましたくなることってありますよね。

 

しかし、適応障害の夫に対して励ましてはいけない理由は、下記の通りです。

  • 励まされるとプレッシャーになりがち
  • 症状が悪くなる可能性も否定できない
  • 夫が自分のことを惨めに感じる可能性もある

励まされるとプレッシャーに感じ、本当はやりたいのにできない自分を責めてしまうこともあります。

 

かかりっきりになりすぎない

適応障害の夫にかかりっきりになりすぎないように、気をつけましょう。

夫のことが心配になり、ついかかりっきりになることもあります。

 

適応障害の夫にかかりっきりにならない方がいい理由は、下記の通りです。

  • 適応障害の夫は適度な距離感が心地いい場合が多い
  • 妻自身も疲れる
  • 子供のことがおろそかになりやすい

 

適応障害の夫は、全く無視をされるわけではなく、近すぎない適度な距離で接してもらうのを好む傾向にあります。

妻が夫にかかりっきりになることで、夫にとってのちょうど良い距離感がなくなり悪循環になりかねません。

 

夫にかかりっきりになると妻もヘトヘトに疲れますし、子供のことも疎かになりますよね。

長期スパンであることも考慮に入れて、かかりっきりになりすぎないことも大切です。

 

特別なことをしない

適応障害になった夫に対して特別なことをしないことも、大切です。

夫に対して特別なことをしない方がいい理由について、下記にまとめました。

  • 普通に接されることの方が夫の気持ちが楽になることもある
  • 特別扱いされると夫のプレッシャーになる場合もある

 

腫れ物に触るような対応をされたり、不必要に優しくされすぎると夫がプレッシャーになる可能性も否定できません。

反対に「妻がいつも通りに普通に接してくれたことで、気持ちが救われた」と感じた夫は、大勢います。

 

夫が引きこもりになった時に関しては、下記を参考にされてください。

 

適応障害の夫を支える妻の心境や状況とは?

適応障害の夫を支える妻たちの、サポートと努力は本当に素晴らしいものです。

しかし、家族のために笑顔で頑張っている妻たちも、心身ともに疲れることだってありますよね。

 

適応障害の夫を支える妻たちが思いがちな心境や、置かれがちな状況は下記の通りです。

  • 支えたい!
  • 夫が離婚したいと言い出したので焦っている
  • 適応障害の夫に対してイライラしてしまう
  • ストレスを感じて自分もうつになりそう
  • 感情的に限界になることも

当項目では、適応障害の夫を支える妻たちについて具体的に迫ります。

 

支えたい!

適応障害になった夫のことを支えたいと、心から思っている妻たちは大勢います。

 

大好きな夫が倒れたり、体調が悪そうにしていたりしたら本当に心配ですよね。

  • 夫婦二人三脚で頑張りたい
  • 夫が前のようにイキイキと生活ができるようにサポートしたい

上記のように心から思い、サポートをしたいと感じている妻たちは少なくありません。

 

夫が離婚したいと言い出したので焦っている

妻は夫をサポートしたいと一生懸命になっているのに、夫の方から離婚をしたいと言い出したので焦っている妻も珍しくありません。

  • 妻の負担になりたくないから離婚したいと言い出した
  • 夫は家で居心地が悪そうにしている

 

上記のように、妻は離婚をする気ではなくても夫が離婚をしたいと言い出すこともあります。

離婚だけに限らず、夫が思いがけないことを言い出して妻が振り回されたり焦ったりする状況も少なくありません。

 

適応障害の夫に対してついイライラしてしまう

適応障害の夫に対してつい、イライラしてしまう妻も大勢います。

夫が適応障害だと、妻にかかる負担は相当なものです。

  • 家計を支える
  • 夫を支える
  • 子供を育て、ケアをする

 

適応障害の夫は休養していることも多く、妻は家計を支えるために働いているケースも珍しくありません。

働きながら夫や子供たちのケアをするのは相当なプレッシャーになるため、心身ともに限界がくることもあります。

 

夫が悪くないと分かっていてもつい、夫に対してイライラしてしまうこともあるのです。

  • イライラしているのが夫にも伝わっている……
  • イライラしていて申し訳ないと思う
  • 夫が適応障害になったせいで……と、つい思ってしまう

妻としても、イライラすることに対して申し訳ないと感じていることがうかがえます。

 

ストレスを感じて自分もうつになりそう

ストレスが溜まりすぎて、自分もうつになりそうだと感じている妻も少なくありません。

うつになりそうな妻たちの心境の一例を、下記にまとめました。

  • ストレスを発散させる場所がない
  • とにかく心の休める場所がない
  • 自分が頑張らないと家が潰れると思ってしまう
  • もう限界

上記のように、一生懸命に頑張っているからこそ、もう限界と潰されそうになっている様子がうかがえます。

 

感情的に限界になることも

上記の項目と重複しますが、感情的に限界になる妻も大勢います。

夫が適応障害になって戸惑いがちな時でも「私がしっかりしなきゃ」と、気丈に振る舞う妻は少なくありません。

 

しかし、妻にかかるプレッシャーが多すぎて妻が耐えられないと感じることもあります。

  • 相談できる相手がいない
  • もう全てを投げ出したいと感じることもある
  • 夫が憎らしく感じることもある

上記のように「あまりにも耐えられない」「限界だ」という状況です。

 

しかし、1人ではありません。

辛い時には、上記で紹介した行政のサポートに相談し、みんなで一緒に問題を乗り越えましょう。

 

適応障害の夫を支える妻のストレスを軽減させる方法5つとは?

適応障害になった夫も大変ですが、支える妻も大変です。

上手にストレス解消をしなければ、夫をサポートするうちに妻自身がストレスで倒れかねません。

 

適応障害の夫を支える妻のストレスを軽減させる方法5つとは、下記の通りです。

  • 夫にかかりっきりにならずに自分の時間をもつ
  • 趣味の時間を作る
  • 自分を褒めてあげる
  • 自分の気持ちを誰かに話す
  • 自分の気持ちを文字に書き下ろす

 

夫にかかりっきりにならずに自分の時間をもつ

夫にかかりっきりにならずに、自分の時間をもつことも大切です。

先ほども紹介した通り、夫にかかりっきりになるのは夫や子供たちにとっても効果的な方法とは言えません。

 

妻自身も、心身ともに疲れすぎてしまいます。

  • 夫と適度な距離を保つ
  • 子供たちとも時間を使う
  • 自分自身の1人の時間を作る

上記のように、夫と適度な距離を保ち、子供たちと時間を過ごしたり1人の時間を作ったりしましょう。

 

趣味やスキルアップの時間を作る

妻自身の時間を大切にするために、趣味やスキルアップの時間を作ることも効果的です。

自分がホッとする時間や何かに打ち込める時間があると、ストレスの多い状況と上手に付き合いやすくなります。

 

ストレス発散ができる自分時間の一例を、下記にまとめました。

  • 美味しいコーヒーを淹れる練習をする
  • あえて時間をかけてカフェご飯を作り気分転換をする
  • 新しいことを学ぶ
  • 読書や映画鑑賞をする

 

コーヒーの香りはリラックス効果もあるので、コーヒーにこだわることで気分転換をしている人もいます。

いつもは忙しくてパパッと作ってしまうランチでも、じっくりと時間をかけてカフェご飯にしたり、テーブルセッティングにこだわってみたりするのも効果的です。

上記はあくまで一例ですので、自分にとってリラックスできる方法を見つけましょう。

 

自分を褒めてあげる

自分を褒めてあげることも大切です。

忙しいと、自分のやっていることを自分自身で認めるのが難しく感じたり、夫がなかなか治らないのを自分のせいだと感じたりしますよね。

 

しかし、自分は頑張っているんだと認めましょう。

  • 寝る前に「頑張ったね」と自分に声をかけてあげる
  • 夫の態度が影響して気分が沈みがちな時にも「えらい!」と、自分に言い聞かせる

上記のようにまず、自分が頑張っていることを自分で肯定することで、気持ちが楽になることもあります。

 

自分の気持ちを誰かに話す

自分の気持ちを誰かに話すことも、効果的です。

自分の気持ちを誰かに話すメリットを、下記にまとめました。

  • 悩みを聞いてもらえるとスッキリする
  • 話しているうちに自分の頭や心を整理できる
  • 同じ経験をしている人が理解してくれることもある

 

問題そのものは解決できなくても、自分の悩みを聞いてもらえるだけで心や頭がすっきりすることがあります。

自分と同じ境遇で、夫が適応障害の人が自分の悩みを理解してくれたり、アドバイスをくれたりする場合もあるでしょう。

どうしても、夫のことを周囲に知られたくない場合は、行政のサポートを活用できます。

 

自分の気持ちを文字に書き下ろす

自分の気持ちを文字に書き下ろすことで、気持ちがスッキリする場合も少なくありません。

特に、適応障害の夫を支えている場合、妻は自分でも上手に言葉にできないストレスを抱えることもあります。

 

言葉にできないストレスを抱えた時にできることを、下記にまとめました。

  • 日記をつける
  • 嬉しかったことを文字にする
  • 誰にも言えない辛い気持ちを文字にする

上記のように、日記をつけたり自分の感情を文字にすることによって自分の気持ちが整理しやすくなったり、自分と向き合いやすくなったりします。

 

そもそも適応障害とは?

そもそも適応障害ってどんな病気なの?

と思うことはありませんか?

 

当項目では、適応障害について下記のことを紹介します。

  • うつ病と適応障害の違いとは?
  • 適応障害の症状とは?
  • 適応障害で可能な休職はどれくらい?
  • 妻が原因で適応障害になることも?

 

うつ病と適応障害の違いとは?

うつ病と適応障害の症状が似ていることも多く専門家でも見分けるのが難しいとされていますが、違いは、下記の通りです。

  • うつ病:はっきりした原因はわかっていないが、脳の不調が原因で起こるとされている
  • 適応障害:ストレスが原因で起こる。ストレスが取り除かれると治ることも多い。ストレスがなくなると6ヶ月以内に症状が回復することもある(長くても2年以内に回復することが多い)。

 

あらたまこころのクリニックのホームページには次の説明が載せられていました。

適応障害とうつ病の区別は、1つは、適応障害では病気と原因となったきっかけがはっきりしていることが特徴です。うつ病でもきっかけはありますが、適応障害は、よりはっきりしていて環境の方に原因があるという考え方です。状況依存性と言います。会社でつらい気分になるので休職したら、とたんに元気なる。復職するとまたつらいなる。

引用:あらたまこころのクリニック

適応障害の原因はストレスなので、ストレスの原因を突き止めて取り除くことで対策できます。

 

適応障害の症状とは?

適応障害の症状についても、あらたまこころのクリニックに載せられていました。

適応障害とは簡単に、ストレスに耐える力を超える出来事が起きたときに、心や体に不調が起きる病気です。どんな環境で、どんなきっかけがその人にストレスになるかは人によって様々なため、誰もがなる可能性のある病気です。

具体的な症状は、憂うつ気分や不安感、喪失感や涙もろくなるなどの精神症状や、不眠、食欲不振、頭痛、腹痛などの身体症状、無断欠席や過度な飲酒、攻撃的になるなどの行動にあらわれる場合もあります。

症状は一過性のもので、原因となるストレスから離れると症状は改善しますが、逆にストレスからすぐに離れることができない状況が続くと、症状が悪化したり長引くこともあります。

引用:あらたまこころのクリニック

 

上述の説明でもあったように、適応障害の症状は人によって異なります。

【精神症状】

うつ状態になる、不安感、喪失感、涙もろくなる

【身体症状】

不眠、食欲不振、頭痛、腹痛

【日常生活に現れる症状】

過度の飲酒、無断欠席、攻撃的になる

場合によっては、出勤前に急に具合が悪くなったり、体が震えて会社に行けなくなったりすることもあるのです。

 

適応障害で可能な休職はどれくらい?

適応障害が回復するために必要なことは、ストレスの原因となっているものをなくし治療に専念することです。

適応障害の治療に専念するために休職を選択する人も、珍しくありません。

 

適応障害が原因で休職する場合の目安について、下記にまとめました。

【適応障害の回復に必要な期間の目安とは?】

  • 最低でも1ヶ月が必要。
  • 6ヶ月があると理想だとされている

【会社との関係は?】

  • 会社と相談して決める
  • 休職中は、無休であることも多いことを覚えておく

休職に関する期間は、会社や医者と相談して決める必要があります。

 

妻が原因で適応障害になることも?

結婚は、人生の大きな転換期です。

夫だけに限ったことではありませんが、結婚により生活が一変したことの適応を難しく感じる人もいます。

 

結婚後に変化する状況の一例を、下記にまとめました。

  • 生活スタイルが一変する
  • 住む環境が一変する
  • 異なる環境で育ったもの同士が夫婦になるという現実

 

結婚すると、食事をするタイミング、寝るタイミングなどの生活スタイルは一変しますし子供が生まれるとますます変化します。

異なる環境で育った2人が家族になると、意見の違いや価値観の違いもでがちです。

 

環境が変化したことに対応できずに悩む夫も、少なくありません。

夫婦で何度もよく話し合い、少しずつお互いに歩み寄る方法を見つけていくことが大切です。

 

まとめ

夫が適応障害になった時に、妻ができることを再度紹介します。

  • 現実的な行動をとる
  • 程よい距離を保つ
  • 話をよく聞く
  • 旦那を肯定する
  • 笑顔を忘れない
  • 長期戦になる覚悟をする
  • 病院に一緒に行く

 

適応障害の夫に対してやってはいけないNG行動は、次の通りです。

  • 励まさない
  • かかりっきりになりすぎない
  • 特別なことをしない

 

適応障害の夫を支える妻ができるストレス対処法を、再度紹介します。

  • 夫にかかりっきりにならずに自分の時間をもつ
  • 趣味の時間を作る
  • 自分を褒めてあげる
  • 自分の気持ちを誰かに話す
  • 自分の気持ちを文字に書き下ろす

 

大切な夫がピンチになった時こそ、支えたいと感じる妻は大勢います。

家族や夫のために自分のことを犠牲にしながら一生懸命にサポートをしてる人も、少なくありません。

 

まずは頑張っている自分を、思いっきり褒めてあげてください。

頑張りすぎて妻自身が倒れてしまわないように、夫の病気と上手に向き合いながら自分自身の時間も大切にしましょう。

 

夫がうつ病になった時や癌になった時に関しては、下記をご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました