【うるさい】夫がクチャラーでゲンナリ!原因や改善方法について紹介!

「夫がクチャラーでゲンナリする!」

「夫がクチャラーになった原因って何?」

「夫のクチャラーを直す方法はある?」

上記のようなお悩みはありませんか?

 

夫がクチャラーだと食事の時間が毎回不快で苦痛ですよね

どうにかして直したいと考える女性は多いでしょう。

 

当記事では下記について解説します。

  • そもそも「クチャラー」の意味とは?
  • クチャラーになってしまう原因
  • クチャラーの特徴とは
  • クチャラーは改善できるの?直し方や注意の仕方とは

 

当記事を読んでいただければ、夫がクチャラーのである原因や改善方法がわかるでしょう。

夫がクチャラーで悩んでいる方は、是非最後までお読みください。

 

そもそも「クチャラー」の意味とは?

「クチャラー」とは、クチャクチャと音を出しながら食事をする人のことです。

本人が自覚している、していないに関わらず、周囲の人に心理的ストレスを与えているでしょう。

 

あえて「クチャラー」と呼んでいるのは、あだ名で呼ぶことによって、感じている「怒りや憎しみを和らげる心理的な効果があるため」だといわれています。

食べる音の「クチャクチャ」に、「〇〇する人」という意味をもたせて「クチャラー」ですね。

 

クチャラーになってしまう原因

なんでクチャラーになってしまったんだろう?とお悩みではありませんか?

 

当項目では夫がクチャラーになってしまった原因について5つ紹介していきます。

  • 鼻呼吸が出来ず、口を開けながら食べるから
  • 歯並びがズレており、噛み合わせが悪いから
  • 舌や口まわりの筋肉が弱い
  • 不快な気分を与えているのに気付いてないから
  • 一度にたくさん頬張る食べ方が習慣になっているため

夫がクチャラーになった原因を知りたい方はぜひご覧ください。

 

鼻呼吸が出来ず、口を開けながら食べるから

それぞれの習慣によって、食べ方に影響を与える場合があります。

例えば、いつも口呼吸になっている人は、クチャラーになりやすい傾向があるのです。

 

通常であれば鼻呼吸をするのが自然ですが、花粉症や慢性鼻炎などを患っていると、どうしても鼻呼吸が難しいため、口呼吸になってしまいます。

そんな場合は、食事の際も口呼吸せざるを得ず、音が出てしまうことが多いでしょう。

 

舌や口まわりの筋肉が弱い

口輪筋と呼ばれる口まわりの筋肉の力が弱いと、口呼吸になりやすくなります。

その結果、口を開けて食べてしまってクチャラーになることがあります。

また、舌の筋肉が弱い人は、口にものを入れているときにクチャクチャという音が出やすくなってしまいます。

 

噛みあわせなど簡単に治せないものと違って、筋肉は鍛えれば強くなります。

クチャラーを治したいと思っている人は、舌や口まわりの筋肉のトレーニングをしてみてもいいかもしれません。

 

歯並びがズレており、噛み合わせが悪いから

噛み合わせは、人の健康にとっても大切な要素です。

しかし、クチャラーは歯並びが悪くても矯正していないことが多いため、物を食べる時にもうまく咀嚼できません

出っ歯だったり、逆に下あごが前に出ていたりなど、噛みあわせが悪い人は唇を閉じて咀嚼することが非常に難しく、クチャラーになりやすいです。

 

結果として、噛みやすいように口の片方だけで咀嚼したり、口の中で食べ物を転がしたりするため、口が開きやすくなるのです。

クチャラーの中には、歯並びが悪くて常に口が開きがちな人も多いでしょう。

 

不快な気分を与えているのに気付いてないから

社会一般で、音を食べるのはマナー違反だという認識がされていますね。

しかし食事の仕方は、幼いころからの習慣で身に付くため、大人になってもクチャラーが改善されていない人は、親からしつけられなかった可能性が高いでしょう。

 

親が無意識のクチャラーである場合は、当然子どももクチャラーになってしまいやすいです。
相手に不快な思いをさせていることにそもそも気が付いていないのです。

 

一度にたくさん頬張る食べ方が習慣になっているため

会社の上司や友達にクチャラーがいる人は、その人が一口で食べる量を注意して見てみましょう。

なぜなら、クチャラーの場合、一度にたくさんの量を口に入れている傾向があるからです。

 

食べ物を噛み砕く際に音がなるため、たくさん頬張るほど咀嚼音も大きくなります。

親によるしつけの影響もありますが、口いっぱい頬張る食べ方を誰にも注意されてこなかったために、クチャラーになってしまった可能性もあるでしょう。

 

クチャラーの特徴とは

クチャラーの特徴ってどんなものがあるの?とお悩みではありませんか?

 

当項目ではクチャラーの人の特徴を紹介していきます。

  • 相手に不快な気分を与えているのに気付いていない
  • 食べ方以外の礼儀作法もだらしない
  • 好きな人と食事に行くと、振られることが多い

夫がクチャラーであることについて、悩んでいる方は是非ご覧ください。

 

相手に不快な気分を与えているのに気付いていない

クチャラーのほとんどは、周囲の人に心理的なストレスを与えているつもりが全くありません。

大きな音を立てているにも関わらず、無意識のため自分の耳には届いていないのです。

 

そのため、周囲から指摘されない限りは、本人が自ら気づくのは難しいでしょう。

自覚も無く汚い食べ方を平然と続けられると、周りから見ている人は余計にストレスを感じてしまいます。

 

食べ方以外の礼儀作法もだらしない

クチャクチャ音を出しながら食べるということは、その人は基本的に礼儀作法に対する関心が低いということです。

そのため、クチャラーは食べ方以外の社会的なマナーや礼儀もきちんとわきまえていない人が多いでしょう。

シャツがしわだらけだったり、店員に横柄な態度をするなど、クチャラーは様々なところでマナーの無さが際立ちます。

 

好きな人と食事に行くと、振られることが多い

彼氏や彼女ができると、一緒に食事へ出かける機会も増えるでしょう。

そんな時にクチャラーだとバレてしまうと、それが原因で付き合って早々振られてしまうこともあります。

 

しかし、クチャラー本人は自覚していないことが多いため、たとえ食事デートの後に振られることが多くても、なぜなのか理解できません。

お店のチョイスが悪かったのかなど、別の部分に原因を探してしまいがちです

 

クチャラーは改善できるの?直し方や注意の仕方とは

夫のクチャラーを辞めさせる方法はないの?とお悩みではありませんか?

 

当項目では夫がクチャラーなのを改善する方法5つを紹介していきます。

  • 真剣に注意して改善を促す
  • 食事風景を動画で撮影するなどして自覚させる
  • 口を閉じて食べる癖をつけさせる
  • 歯医者で歯科矯正をするか検討させる
  • 少しずつ口へ運ぶ食べ方を癖づけさせる

夫が食事の時にクチャクチャすることがストレスで、悩んでいる方は是非ご覧ください。

 

真剣に注意して改善を促す

直接注意したい場合は、まず一方的に責めるのではなく、音を立てて食べることで自分が辛い思いをして悩んでいることを冷静に伝えてください

その後、相手の気持ちも聞いた上で、音を出さないように具体的にどんな改善策を取っていくのか、一緒に話し合いましょう。

相手が感情的になっても、常に冷静に受け止めることが大切です。

 

食事風景を動画で撮影するなどして自覚させる

クチャラー本人は無自覚なことが多いため、客観的に自分を観察してもらうのも効果的といえます。

例えば、一緒に食事している様子を動画で撮影してみるのも、手軽な方法の1つです。

口を開けて食べていたり、1人だけクチャクチャと音を立てている自分の姿に気がつくだけで、改善しなければ、という気持ちが生まれることもあります。

 

口を閉じて食べる癖をつけさせる

クチャラーの人は、食べ方や食事マナーを強く意識していない場合がほとんどです。

テレビやスマホを見ながら食事することも多いため、まずは食べることにしっかり集中してもらいましょう。

 

食べる時の口の動きや音に意識を向けさせることで、徐々に口を閉じて食べる癖が身についていきますよ。

自分の行動を自分で認識することが大切なのです。

 

歯医者で歯科矯正をするか検討させる

噛み合わせの悪さがクチャラーの大きな原因になっているケースもあります。

歯並びが悪いのなら、さりげなく歯科矯正を提案してみるのもおすすめです。

 

歯医者での歯科矯正は費用や時間がかかるため、慎重な判断が必要ですが、歯は全身の健康にも関わるため、一度検討してもらっても良いでしょう。

歯並びが良くなれば、見た目も美しくなるメリットが得られます。

 

少しずつ口へ運ぶ食べ方を癖づけさせる

口いっぱいに食べ物を入れてしまうと、音が出やすくなってしまいます。

クチャラーの食べ方を観察して頬張り過ぎているようだったら、一口を小さくするように促してみましょう。

 

根気よく続けさせることで、少しずつ食べることが癖づいて、クチャラーが改善されることもあります。

少しずつ食べる方が音もなりにくい他、見た目も上品ですね。

 

まとめ

  • クチャラーになってしまう原因
  • クチャラーは改善できるの?直し方や注意の仕方とは

当記事では上記について解説しました。

 

夫がクチャラーになってしまった原因は下記5つが挙げられます。

  • 鼻呼吸が出来ず、口を開けながら食べるから
  • 歯並びがズレており、噛み合わせが悪いから
  • 舌や口まわりの筋肉が弱い
  • 不快な気分を与えているのに気付いてないから
  • 一度にたくさん頬張る食べ方が習慣になっているため

意外にもクチャラーな人は多いです。

 

夫がクチャラーなのを改善させる方法は下記です。

  • 真剣に注意して改善を促す
  • 食事風景を動画で撮影するなどして自覚させる
  • 口を閉じて食べる癖をつけさせる
  • 歯医者で歯科矯正をするか検討させる
  • 少しずつ口へ運ぶ食べ方を癖づけさせる

色々な改善方法があるのでひとつずつ試してみてください。

 

クチャラーの多くは自覚症状がありません。

手を変え品を変え、長くかかるかもしれませんが、ストレスのない食生活のためにも根気よく取り組んでみてください。

ストレスのない食生活は、夫婦円満の秘訣でもあります。

 

また、夫と話し合っても分かり合えない妻への対処法を説明した内容のページもありますので、あわせてご覧いただけると幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました