【時代遅れ?】亭主関白な彼氏は辞めた方がいい?亭主関白な特徴や対処法を解説!

「亭主関白な彼氏は辞めた方がいいって言われた……」

「亭主関白な彼氏だと苦労するって本当?」

「亭主関白な彼氏はやっぱり時代遅れ?」

と、悩むことはありませんか?

 

大好きな彼氏と結婚をイメージしながら交際を続けていくと、彼氏の亭主関白な一面が気になることもありますよね。

そこで今回は、亭主関白な彼氏や夫の特徴や対処法、彼女(妻)の心理について徹底的に調べました。

 

当記事で紹介する内容は、下記の通りです。

  • 亭主関白な彼氏にありがちな特徴とは?
  • 亭主関白な彼氏はおすすめしない?
  • 亭主関白な彼氏(夫)の良いところは?

 

亭主関白な彼氏(男性)にありがちな特徴とは?

亭主関白と聞くと、どんなイメージがあるでしょうか?

  • 男が威張っているイメージ
  • 家で男が何もしないイメージ

上記のように、マイナスなイメージを持つ人が多い傾向にあります。

 

亭主関白な男性にありがちな特徴は、下記の通りです。

  • 家事や育児を全くしない
  • 自分がリードしたがる
  • 責任感が強い
  • プライドが高く自分のポリシーを持っている

 

上述の特徴から分かる通り、亭主関白な男性の特徴は悪いことばかりではなく良い点もあります。

当項目では、亭主関白な男性にありがちな特徴について詳しくまとめました。

 

家事や育児を全くしない

家事や育児を全くしない亭主関白な男性は、少なくありません。

亭主関白な男性が家事や育児に関与しないのは、家庭のことは女の仕事だというポリシーがあることが考えられます。

  • 男は仕事で家族を養う
  • 男が家のことをしているとみっともないと思っている
  • 家事や育児は自分の出る幕ではないと思っている
  • 家庭の中で役割分担をはっきり分けたがる

 

上記のように、決して悪気があるわけでも妻を見下しているわけではありません。

「家事や育児は女性の仕事で自分の出る幕はない」と考えているので、家事や育児にノータッチのスタンスを貫く男性が多いのです。

 

自分がリードしたがる

亭主関白のもう1つの特徴は、自分がリードしたがるところです。

亭主関白な男性は面倒見が良く、リードするのも上手なので気づかないうちにグループのリーダー的存在になっていることも少なくありません。

 

リーダー的な特質が家庭でも影響し、次のような状況になることがあります。

  • デートや旅行の予定を自分が計画したがる
  • 保険や携帯、光熱費の契約など家の契約に関する決定は積極的にリードする
  • 自分抜きで決定されていると機嫌が悪くなる

 

デートや旅行など夫婦や家族のイベントを自分が計画しようとしたり、家の契約に関わる決定は自分がやりたいと考えたりしがちです。

逆に自分抜きで家族が決定すると、機嫌が悪くなることも珍しくありません。

 

責任感が強い

責任感が強いのも、亭主関白にありがちな特徴です。

亭主関白な男性は、責任感が強いため次の行動をとることがあります。

  • 家族を守るのは自分の役目だと思っている
  • 妻や家族のピンチには助けようとする
  • 仕事を真面目にすることで家族を支えられると信じている
  • 浮気はしてはいけないと思っている

 

上記のように、責任感が強いので、家族を守ることや家族に対して誠実に振る舞うことが自分の役目だと思っている男性は少なくありません。

責任感の強さから、仕事を重視しすぎてしまったり、家族に相談せずに1人で問題を抱えたりと臨機応変に対応できないこともあります。

 

プライドが高く自分のポリシーを持っている

プライドが高く、自分のポリシーを持っている亭主関白な男性は珍しくありません。

先ほどの項目でも紹介しましたが「男として〜」「女として〜」という考えを強く持っている特徴があるのです。

 

亭主関白な男性が、もちがちなポリシーの一例を下記にまとめました。

  • 男は家でどんと構えているのが良いと思い込んでいる
  • 家事や育児に手を出すのは良くないことだと思っている
  • 男は弱いところを見せてはいけないと思っている
  • いつも強く頼られなければいけないと思っている

 

上記のように、自分の理想とする男性像、女性像があります。

理想とする男性像に向かって努力するだけでなく、妻にまで女性像を押し付けることもあるため妻としてはストレスに感じがちです。

 

亭主関白な彼氏(男性)はおすすめしない?解説

交際している彼氏が亭主関白な傾向にあると気づいた時に、次のように感じるのではありませんか?

  • このまま交際しても大丈夫だろうか?
  • 結婚して後悔しないだろうか?

亭主関白な男性と結婚して不幸になるのではないかと、心配するのももっともと言えます。

 

結論から言うと、亭主関白な男性と相性がいいかどうかは女性次第です。

当項目では、亭主関白の男性がおすすめかどうかについて下記のことを紹介します。

  • リードされるのが好きな人は頼もしいと感じやすい
  • 独立している人は支配的だと感じることも

 

リードされるのが好きな人は頼もしいと感じやすい

リードされるのが好きな人は、亭主関白な男性のことを頼もしいと感じやすい傾向にあります。

  • 自分で決定するのが苦手
  • 誰かが決定してくれる方が安心
  • 守られて生活したいと思う

 

上記のように、もともと自分で何かを決定したり行動したりするのが苦手な人はリードをとってくれる人の方が頼もしいと感じるでしょう。

亭主関白な男性から守ってもらえるので、安心して生活できると感じがちです。

 

独立している人は支配的だと感じることも

もともと独立している人や、家庭内では平等に生活したいと考えている人にとっては亭主関白な男性だと支配的だと感じがちです。

  • いつも誰かに従って生活するのを苦痛に感じる
  • 自分の考えをハッキリと持っていて考えを貫きたいと考えている
  • 誰かに命令されたくないと思っている

 

上記のように、自分の意見をハッキリと持っている人や、命令されるのが苦手な人は亭主関白な男性と一緒にいるとストレスに感じる可能性が高いでしょう。

「なぜこの人は命令口調で話すのだろう?」と、不満に思う人も少なくありません。

 

亭主関白の良いところは?

上記でも触れた通り、亭主関白は悪い点ばかりではなく良い面も存在します。

亭主関白な男性の良い面は、下記の通りです。

  • 真面目な人柄の人が多い
  • 責任感が強い
  • 家族思いのタイプが多い

当項目では、亭主関白な男性の良い面について具体的に紹介します。

 

真面目な人柄の人が多い

亭主関白な男性は、真面目な人柄の人が多い特徴があります。

真面目な人は周囲からも信用されやすく、慕われることも多いですよね。

  • 家族のために仕事をするが大切だと思っている
  • 仕事に対する態度が真面目
  • 家のローンや契約に関することはきちんとやる

 

上記のように、誠実に仕事をこなし、契約関係のこともきちんとしている人は少なくありません。

信用できる人と結婚するのは、大きなメリットと言えるでしょう。

 

責任感が強い

亭主関白な人は、責任感が強いことが多いのも大きなメリットです。

真面目な人柄と重複する点はありますが、責任感が強い人も周囲から信用されますよね。

  • 有言実行で自分の目標を達成する
  • 家族のために努力をする
  • 自分の仕事をきちんと果たす

 

上記のように、責任感が強い男性は仕事や家族に対する責任感が強く誠実に行動しがちです。

亭主関白な男性と結婚すると、安心して生活できると感じる妻たちは少なくありません。

 

家族思いのタイプが多い

亭主関白な男性は、家族思いのタイプが多いのも事実です。

  • 真面目なので家族を大切にしようとする
  • 不器用なだけで妻や子供たちを愛している
  • 自分なりの方法で家族を大切にしている

 

愛情表現をストレートに伝えるのが苦手な亭主関白は、誤解されがちですが家族を大切に思っていないわけではありません。

何かを決定する時に、妻や子供たちのことを考えて決めることも多いのです。

 

亭主関白の悪いところは?

亭主関白な男性の悪い点も知っておきたいですよね。

悪い点を知っておくことで、ある程度の覚悟をしたり対策を考えたりできます。

 

亭主関白な男性にありがちな悪い点は、下記の通りです。

  • 自分の理想を女性に押し付けることがある
  • 融通が効かない
  • プライドが高い

当項目では、亭主関白の男性にありがちなデメリットについて紹介します。

 

自分の理想を女性に押し付けることがある

亭主関白な男性は、自分にはそのつもりがなくても自分の理想を女性に押し付けることがあります。

もともと自分自身だけではなく、一緒にいる相手に対する理想が高い傾向があるからです。

 

理想を押し付ける行動の一例を、下記にまとめました。

  • いちいち小言を言う
  • 妻や彼女にも「こうあってほしい」という、理想を抱いている
  • 女性は男性に守られる必要があると考える傾向がある
  • 妻は自分のものだと思っている人もいる

 

上記のように、亭主関白な男性は自分の妻や家族に対して「こうあるべきだ」と言う理想があり、いちいち小言を言うことも珍しくありません。

妻が夫に相談せずに、いろいろなことを決定すると、機嫌が悪くなることもあります。

 

融通が効かない

融通が効かないことも、亭主関白にありがちな問題点です。

  • 自分の意見と違う意見を受けるのが苦手
  • 急な変化に対して臨機応変な対応を取るのが苦手なこともある
  • 自分の意見を曲げられない
  • 新しいことに挑戦するのに勇気が要る

 

上記のように、自分の理想を曲げたり、新しいことに挑戦したりするのが苦手であることは少なくありません。

特に自分と全く違う意見を受け入れるのが苦手なので、他の人から見ると「融通が効かない」「偏屈だ」「傲慢だ」と思われがちです。

 

プライドが高い

良い意味でも悪い意味でも、プライドが高い亭主関白な男性は大勢います。

  • 実は自分の妻や家族のことを自慢に思っている
  • 自分の仕事や役割をプライドを持って取り組んでいる
  • 自分のプライドが邪魔をして間違いを認められない
  • 感情を表に出すのが苦手

 

上記のように、プライドとの高さは家族を大切に思ったり責任感が強かったりと良い方向に働くこともあります。

しかし反対に、プライドのせいで自分の間違いを認められない、感情を表に出せないなどの問題点があることも否めません。

 

亭主関白の彼氏を持つ彼女の心境とは?

自分の彼氏が亭主関白だと判明した時に、次のように悩むことはありませんか?

  • 亭主関白の彼氏をもつ彼女の心境はどうなんだろう?
  • 亭主関白の彼氏を持つ彼女たちは嫌な思いをしているのでは?

 

当項目では、亭主関白な彼氏を持つ彼女が感じがちな心境について、下記のことを紹介します。

  • このまま結婚してもいいものか悩んでいる
  • 頼もしいと感じる

 

このまま結婚していいものか悩んでいる

このまま亭主関白な彼氏と結婚しても大丈夫だろうかと悩んでいる女性は大勢います。

  • 家事や育児を全く手伝ってくれないと思うと将来が心配
  • 結婚したことを後悔するのではないかと心配
  • 亭主関白な男性はマイナスなイメージが強いから周囲から反対される

 

上記のように、将来結婚したことを後悔するのではないかと心配したり、周囲から反対されたりするので結婚を悩む人は少なくありません。

亭主関白な彼氏のことをよく知る前に頼もしいだけだと思って結婚し、後で後悔するケースもあります。

 

頼もしいと感じる

亭主関白な彼氏のことを、頼もしいと感じる彼女も大勢います。

  • 確かに亭主関白だけど責任感があるので信用できる
  • 困った時には助けてくれるので頼りにしている
  • 威張っているけど不器用なりに大切にされているのは分かる
  • リーダーシップがあって助かる

 

上記のように亭主関白な人は責任感がありリーダーシップもあるので、彼女からも頼りになると思われがちです。

頼り甲斐があると感じている彼女の傾向は、大きく2つに分かれます。

  • 亭主関白な傾向にあると理解した上で頼りに思っているケース
  • 亭主関白だと気付かずに頼り甲斐があると思っているケース

 

亭主関白だと理解した上で彼氏のことを頼りに思っている彼女は、結婚しても後悔せずに幸せに暮しがちです。

一方で、結婚後に亭主関白だったと気づいた彼女は、結婚を後悔する可能性も否定できません。

 

亭主関白な彼氏と結婚して後悔するかどうかについては、下記の記事も参考にされてください。

 

多くの女性は亭主関白と結婚して後悔している?解説

先ほどの項目と少し重複しますが、亭主関白な彼氏と結婚して後悔するかどうかはその人次第です。

 

しかし、多くの場合、自分の彼氏に亭主関白な傾向があると理解した上で結婚している人はその後も上手に対処して生活できています。

反対に亭主関白だと気付かなかったり、大きな問題だと思わずに結婚したりした場合は後ほど後悔する可能性も否定できません。

 

当項目では、亭主関白な男性と結婚した女性が感じがちな心境について下記のことを紹介します。

  • 家事や育児を手伝ってもらえないのはしんどい
  • リードしてくれるから頼もしい
  • 誠実だから信頼できる
  • 支配されているように感じる

 

家事や育児を手伝ってもらえないのはしんどい

家事や育児を手伝ってもらえないことについて、しんどいと感じる妻たちは少なくありません。

特に専業主婦の多かった時代と変わり、今は共働きの家庭が多い傾向にあります。

  • 他の家庭はイクメンなのにうちは違う
  • うちは共働きなのに家事や育児は妻まかせなのは不公平

 

上記のように、不公平を感じて不満に感じる妻もいることは事実です。

亭主関白な男性の中には、話し合うことで理解し家事や育児に協力してくれる人もいます。

 

リードしてくれるから頼もしい

リードしてくれるから頼もしいと感じる妻たちも、大勢います。

  • 家庭の重要なことに関する決定は夫に任せられるから安心
  • 何かが起こったら夫が助けてくれると分かっているから心配ない

 

普段はいばった態度をしている亭主関白な夫も、家庭の重要な決定の時や問題が起きた時には率先してくれることも少なくありません。

いつもは自分で何もかもしなければならなくても、いざと言うときは夫が助けてくれるので安心できると感じている妻もいるのです。

 

誠実だから信頼できる

亭主関白な夫は真面目で誠実な人が多いので、真面目な夫のことを信用していると感じる妻も少なくありません。

  • 威張っているけど真面目なのはいいと思う
  • 浮気をする心配がないから嬉しい

 

「真面目が一番」と言う言葉があるように、真面目な人は家族や周囲から信用されます。

「家では何もしないし、威張っているけど真面目だからありがたい」と感じる妻たちも、大勢いるのです。

 

支配されているように感じる

亭主関白でいつもいばっていることに対して、マイナスなイメージを持っている妻たちは大勢います。

  • いつも小言が多いけど「何様のつもり?」と、思ってしまう
  • リーダーシップがあるのはいいけど威張らなくてもいいのにと思う
  • ちょっとしたことですぐに威張るのでイライラする
  • 夫を立てなければいけないので支配されているように感じる

 

上記のように亭主関白な性格は、相手に威圧感を与えたり支配されているように感じさせたりしがちです。

亭主関白な夫の態度に対して、イライラする妻も少なくありません。

 

亭主関白の男性と付き合っていくための対処法とは?

亭主関白な男性と、上手に付き合っていきたいと感じる女性も大勢います。

  • 結婚後に亭主関白だと分かったけどもう遅かった
  • 亭主関白だけどいい人だから結婚したい

上記のことは、ほんの一例ですが、亭主関白を持つ妻たちはどのように対処しているのだろうと考えることはありませんか?

 

当項目では大勢の妻たちが効果的だと感じる亭主関白な男性に対するアプローチ法について、紹介します。

  • 男性を立てる
  • 上手に甘える
  • 聞き流して気にしない

 

亭主関白な男性を立てる

亭主関白な男性を上手に立てることで、物事がスムーズにいきやすいと感じている妻たちは大勢います。

  • 自分の意見を上手に伝えながら最終的な決定は夫に任せる
  • 自分で決定したことを行動に移す前に夫に伝える
  • 夫のプライドを刺激することはあえて言わない

 

上記のように、決定したことを行動に移す前に夫に伝えることで、夫は気持ちよく妻の決定を支持してくれると感じる妻たちは大勢います。

「いちいち夫の許可を求めるのは面倒だ」と感じるとしても、上手に夫を立てることで後のトラブルを避けやすくなるのです。

 

上手に甘える

夫に上手に甘えることで、夫が気持ちよく動いてくれると感じる妻たちは大勢います。

ぶっきらぼうに話したり、命令口調で頼んだりすると機嫌が悪くなる夫も、妻が上手に甘えるなら気持ちよく答えてくれることも少なくありません。

 

上手に甘えながら、丁寧にお願いし、夫が願いを聞いてくれた時には忘れずにお礼を言うことも大切です。

  • 〜してもらえて本当に助かった!
  • やっぱりパパはすごいね!
  • パパますます見直したよ!

ちょっと大袈裟にも聞こえるかもしれませんが、感謝の言葉や称賛の言葉を伝えるなら亭主関白な夫はまんざらでもなくなり、ますますやる気になることもあるでしょう。

 

聞き流して気にしない

亭主関白な夫がいう小言や、威張った口調で命令してくることについて聞き流して気にしないことが大切だと感じる妻たちは少なくありません。

  • 夫の小言にはいちいち反論しない
  • 妻の方が正論だと感じてもあえて否定しない
  • 夫の間違いは指摘せずに聞き流す
  • 威張った口調で命令されても気にせず頼まれたことだけを黙々とこなす

 

上記のように、亭主関白な夫の言い方や態度をいちいち気にしても仕方ないと考えるのです。

「この人は不器用だけど決して悪い人ではない」と考えることで、イライラした気持ちを鎮める妻たちも大勢います。

 

まとめ

亭主関白な彼氏にありがちな特徴は、下記の通りです。

  • 家事や育児を全くしない
  • 自分がリードしたがる
  • 責任感が強い
  • プライドが高く自分のポリシーを持っている

 

亭主関白な夫にありがちな特徴は、下記の通りです。

  • 男は家でどんと構えているのが良いと思い込んでいる
  • 家事や育児に手を出すのは良くないことだと思っている
  • 男は弱いところを見せてはいけないと思っている
  • いつも強く頼られなければいけないと思っている

 

亭主関白な男性と結婚したからといって、不幸せになるとは限りません。

亭主関白な男性と結婚して後悔するか幸せに感じるかは、下記のことが大きく関係します。

  • 亭主関白だと理解し、納得して結婚しているか?
  • 女性の性格や結婚生活で求めているものは何か?

 

亭主関白だと納得して結婚している人や、夫が決定をしてくれるのを任せたいと感じる人は亭主関白な男性と結婚して幸せだと感じがちです。

夫婦で家事や育児を一緒に取り組みたい人や、ある程度の自由が欲しい人にとっては威圧的だと感じるでしょう。

 

亭主関白な夫とモラハラな夫の違いについては、下記を参考にされてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました