【すぐわかる!】夫婦別姓のデメリット5選を簡単に解説!メリットもあわせて紹介

未分類

「夫婦別姓のデメリットを簡単に知りたい」

「夫婦別姓のメリットも知りたい」

「夫婦別姓を日本でできるの?」

上記のようにお考えではありませんか?

 

夫婦別姓は現在日本では認められていない制度です。

婚姻届を提出する際もほどんどの妻が姓を変更しています。

しかし、女性の社会が進み夫婦別姓を求める人も増えてきているようです。

 

そこで当記事は夫婦別姓を検討している場合のために下記内容をまとめました。

  • 夫婦別姓のデメリット5選
  • 夫婦別姓のメリット3選
  • 夫婦別姓でいる方法3選
  • 夫婦別姓の事前にやっておく事3選
  • 夫婦別姓で子どもに与えるデメリット5選
  • 夫婦別姓現在はどうなってるの?

当記事をお読みになると夫婦別姓のデメリットとメリットを深く理解できるでしょう。

最後までぜひご覧ください。

 

副業でWEBデザインで稼ぐ方法とは?

簡単に夫婦別姓のデメリット5選を解説

夫婦別姓のデメリットを知りたいとお考えではありませんか?

 

夫婦別姓にのデメリット5選を詳しく解説していきます。

  • 相続権がない
  • 子どもが非嫡出子になる
  • 代理人や保証人になれない
  • 家族割を利用できない
  • 控除が受けにくい

 

相続権がない

夫婦別姓は法律婚ではないため相続権がありません。

法律婚とは:婚姻届を提出して法律的な形をする結婚のこと

しかし、夫婦別姓は事実婚の状態なので、配偶者であっても相続人にはなれません。

事実婚とは:婚姻届を提出しないで、夫婦と同じ関係で共同生活を送ること

実際に籍を入れている状態と同じで夫婦関係があると認められれば、夫婦別姓でも法律婚と同じの権利が得られる場合もあります。
子どもがいる場合

子どもは母親の相続人です。

父親のことを知っている場合は父親の相続人となることも可能になります。

子どもがいない場合

両親や祖父母が相続人です。

両親や祖父母が死亡していれば、兄弟姉妹が相続人に該当します。

 

子どもが非嫡出子になる

夫婦別姓では別々の籍になるので、生まれてくる子どもが非嫡出子の対象です。

非嫡出子とは:婚姻関係にない男女の状態の間に生まれた子のこと

非嫡出子は母親の籍に入るので、父と子どもの関係が認められていません。

父と子どもの関係が認められない場合は、扶養の権利もなく父親の相続人にもなれないため、子どもが持てるはずの権利がなくなるのです。

父親が認知をして、家庭裁判所に子どもの姓の変更許可審判申し立てをすれば、審判によって父親と同じ姓を名乗ることができます。

しかし、その場合は母親の籍からは外れるので、結果的にひとりの親権しか認められていません。

争いはないとしても、実家との関係性に亀裂が入るリスクがあるのもデメリットです。

 

代理人や保証人になれない

急なケガや病気で入院するなどで、配偶者の代理人や保証人となることができません。

夫婦別姓は関係性の証明が困難で病院側から配偶者として認められないことがあります。

他に保証人や代理人になってくれる親族がいれば問題ないですが、いない場合は手続きが複雑になるのもデメリットです。

結論として夫婦別姓でケガや入院するなどで代理人や保証人になることができず、また配偶者として認められないことがあります。

家族割を利用できない

夫婦別姓では携帯電話の家族割なども、利用ができないことが多い。

例えば、携帯電話の料金プランには、家族割の適用がありますが、この割引サービスを受けるには夫婦という証明が必要です。

夫婦別姓の場合は姓も籍も違うので、家族割が利用できないく、割引してもらえるサービスを使えない事で家計にも厳しくなり負担がかかります。

結論として、夫婦別姓の場合家族の割引が適用されず家計にも負担になることがデメリットです。

 

控除が受けにくい

夫婦別姓は、控除が受けにくいというデメリットです。

法律婚の場合は、所得税の配偶者控除といった各種控除が受けられます。

夫婦別姓の場合

夫婦別姓は関係が法律上認められないので、控除が受けられません。

夫婦別姓の場合は忌引きや休暇が認められてないので、有休を使って会社を休む場合も少なくありません。

 

夫婦別姓で子供に与えるデメリット3選

夫婦別姓にすることで子どもにどんな影響があるのかがわからないと不安になりますよね。

夫婦別姓を選ぶ人は少ないのが現状です。

そのため、中学校や高校生などの時期は親との姓が違うことが受け入れられなかったり学校でいじめにあったりする可能性も多いです。

夫婦別姓で子どもに与えるデメリット3選を詳しく解説していきます。

  • 親に対する意識がなくなる
  • 親と姓が違うことへの疑問を持つようになる
  • 親権がないので法律行為ができない

 

親に対する意識がなくなる

夫婦別姓にすることによって親に対する意識がなくなってしまう可能性があります。

姓が同じだからと言って家族の絆が保証されるものではありません。

親の意見としては、

姓が違う親に対しての意識がなくなるのではないかと考える親はとても多いです。

親と姓が違うことへの疑問を持つようになる

夫婦別姓にすることによって周りの子どもの父親や母親が同じ姓だと、子どもは片親の姓が違うと疑問に感じる可能性があります。

子どもは、制度についてわからないのがほとんどですが、親からきちんと事情を説明して理解し合える関係になることが大切です。

結論として、周りが同じ姓だと子どもは疑問に感じるのでしっかりと親から説明して理解し合える関係になりましょう。

親権がないので法律行為ができない

夫婦別姓を選択する場合、親権がない親は法律行為ができないということです。

例えば、

子どもの銀行口座を開設できない。

理由としては、

親権がないため代理人としても子どもの銀行口座を開設することはできません。

親なのになんでできないの?と思う気持ちになると思いますが現在は認められないのが現状です。

 

夫婦別姓はデメリットだけじゃない!メリット3選

夫婦別姓はデメリットだけではありません。

夫婦別姓することでのメリットを3選を詳しく解説していきます。

  • 男女平等を意識することができる
  • 変更手続きが不要になる
  • 個人情報を守ることができる

 

男女平等を意識することができる

夫婦別姓の少数派は、学校で目立ってしまいいじめの原因となる可能性があります。

しかし、子どもは早い段階で男女平等を感じることができるのです。

女性が我慢して男性に姓を合わせるのではなく、男女それぞれの姓を強く意識することは子どもに男女平等の考え方が身に付くと言えます。

 

変更各種が不要になる

夫婦別姓だと、姓変更に関する各種手続きが不要。

姓が変わると、下記の手続きが必要です。

  • 住民票
  • 印鑑登録
  • 運転免許証
  • 銀行口座

変更手続きは、別々に行わないといけない為、時間と手間がかかり、ネットショッピングも利用していると姓も変更する必要があるので、変更の作業に苦戦する場合があります。

夫婦別姓であれば変更手続きは不要な為、負担がかかることがありません。

 

個人情報を守ることができる

結婚をすることで、仕事上婚姻関係の情報を知られたくない場合もあります。

夫婦別姓であればこちらから話をしない限りそのままの姓でいれて個人情報が守ることができるのです。

結婚して姓が変わると報告していなくても知られてしまいます。

また、戸籍にも結婚した歴が残るため、本人の意図に関係なく周囲に個人情報が知られてしまうかもしれません。

夫婦別姓であれば戸籍にも記載されないので個人情報を守ることができるのです。

 

夫婦別姓を実践する前にやっておくことおすすめ3選

夫婦別姓するにあたって事前にやっておくことは対策にもなり重要です。

おすすめ3選を詳しく解説していきます。

  • 子どもへの影響を考えること
  • 相続対策をしておくこと
  • パートナーとしっかり話を合わせておくこと

 

子どもへの影響を考えること

夫婦別姓で子どもへの影響を考えてあげることです。

  • なぜ親と姓が違うんだろう?
  • 他の家族はなぜみんな姓が同じなんだろう?

子どもが成長するにつれて他の人との違いに不安を覚えたり、他の人からいじめられたりすることがあります。

夫婦別姓により、子どもが不安に思っていないか、嫌な思いをしていないかなど、子どもの様子にも配慮してしっかりとケアしてあげることが大切です。

 

相続対策をしておくこと

夫婦別姓の場合、夫や妻が亡くなってもお互いに相続人ではないため相続権がないです。

子どもがいる場合

子どもが親の相続人になります。

子どもがいない場合

夫婦が遺言書を残しておく必要があります。

 

夫婦別姓はお互いの遺産を相続することができず、両親や兄弟姉妹が相続人となるため夫や妻に遺産を残すためには、遺言書を作成するなど対策をとっておく必要があるということです。

また、一般的に生命保険の受取人は戸籍上の配偶者と二親等以内の相続人に制限されています。

夫婦別姓でも生命保険の受取人とすることができる保険会社もあるようですので、活用することもおすすめです。

 

パートナーとしっかり話を合わせておくこと

夫婦別姓にするかは、パートナーで話し合って決めるべき問題。

夫婦別姓を選択したい方はパートナーとよく話し合い、下記の意見が大切です。

  • 子どもや相続の問題
  • 親族との関係
  • 会社への報告

途中で法律婚する場合ありますし、妊娠発覚後法律婚をして、出産後離婚して夫婦別姓にする場合もあります。

それぞれ考え方はあるのでパートナーとしっかり話を合わせておくことが大切です。

 

夫婦別姓についての調査結果。反対意見と賛成意見の声。

夫婦別姓はどのくらいの人が反対しているのか賛成しているのか、調査結果と意見です。

調査結果:賛成意見6割

調査結果は100人中、賛成が6割、という結果。

質問内容

夫婦別姓について賛成?反対?
回答数100人
賛成 61人
反対 15人
どちらでもよい 24人

共働き世帯が増え夫または妻の姓に統一するのは不便だと感じる人が多くなっています。

今、夫婦別姓に対して前向きに向き合える人は増えているのでしょうか?

 

夫婦別姓に対して100人に質問した結果です。

  • 賛成61人
  • 反対15人
  • どちらでもよい24人

 

反対意見:揉め事になるから。

反対意見は100人中15人という結果です。

子どもの姓は誰が決めるのか揉め事になりそう。(40代/女性/会社員)

多くの子供はたとえ夫婦別姓になったとしても父親の姓を名乗ることがほとんどです。

母親だけ除け者にされるような感じがします。1つの家族なら1つの姓でいいと思います。(20代/女性/専業主婦)

夫婦別々の姓だと、一体感が無く家族という感じがしないからです。

(30代/男性/正社員)

夫婦別姓になった時に、子どもの姓を誰が決めるのか揉めるのではないかという意見がありました。

自分だけ別の姓になるのではないかと不安になる声もあり、家族の一体感がなくなるという点ではデメリットです。

 

賛成意見:不便と感じる事が多いから

賛成意見は100人中61人という結果です。

奥さんのほうが名前を変える必要はないと思います。

姓が恥ずかしいから嫌だと言う理由もあるだろうし、家族の名前を変えたくないと言う場合もあるので、神経質になることではないと思います。

なので夫婦別姓は賛成です。(30代/男性/個人事業主)

他の国で夫婦別姓が当たり前の所もあって、何の問題も起きていないのであれば夫婦別姓でいいのではないかと思います。(30代/女性/個人事業主)

姓を変えることでキャリアが途切れてしまったり、役所や銀行に届け出るのが手間だったりと、問題に感じる人が多いです。

姓を変えないことで問題がないのであれば、夫婦別姓でいいのではないかという意見も多かったです。

 

どちらでもよい:結婚前に話し合うことが大切

どちらでもよいという意見は100人中24人という結果です。

結婚前によく話し合って決めておけばそもそも賛成も反対もないのではないかと思います。

法律によって夫婦は同じ姓と決められているせいで問題が起きるのだろうと考えさせられる。

気持ち的には個人の自由を尊重したいですが、どちらとも言えません。(20代/男性/パート・アルバイト)

色々と問題はあると思う。

問題が解決されないまま制度を変えてしまうと混乱が起きてしまうので今はどちらでもよいです。(30代/女性/個人事業主)

夫婦別姓を希望するかどうかよりも、結婚前にしっかりパートナーと話し合いをすることが大切になってきます。

 

まとめ

結論として夫婦別姓のデメリットとメリットは下記の通りです。

デメリット

  • 相続権がない
  • 子どもが非嫡出子になる
  • 代理人や保証人になれない
  • 家族割を利用できない
  • 控除が受けにくい

メリット

  • 男女平等を意識することができる
  • 変更手続きが不要になる
  • 個人情報を守ることができる

夫婦別姓のデメリットは簡単に子供との関係や相続権が認められず家族サービスを受けれないことです。

一方で、メリットは変更手続きが不要になり負担にならないなどがあり、デメリットだけではありません。

夫婦別姓を考えている場合は、どうするかお互いの考えや意見を聞いて慎重に判断することが重要です。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました