【チェック】亭主関白を診断!もしかして亭主関白かも?特徴や対処法を徹底解説!

「うちの夫(彼氏)が亭主関白かどうか診断してみたい」

「うちの夫(彼氏)はもしかして亭主関白かも?」

「亭主関白の特徴って何?」

上記のように考えることはありませんか?

 

夫や彼氏のちょっとした言動が気になって「もしかして亭主関白かも?」と感じることもありますよね。

そこで、今回は簡単な亭主関白診断や亭主関白の特徴について徹底的に調べました。

 

当記事で紹介する内容は、下記の通りです。

  • 亭主関白の診断チェックポイントを紹介
  • 亭主関白&隠れ亭主関白の特徴を紹介
  • 亭主関白は悪いのか?解説

 

自分の夫(彼氏)は亭主関白なのではないかと疑っている方や、亭主関白の特徴を知りたい方はぜひ最後までお読みください。

亭主関白の男性の特徴を知り、上手に対処するための対処法が分かるでしょう。

 

亭主関白診断チェック!5つのポイントとは?

亭主関白が良いか悪いかはさておき、亭主関白な男性チェック項目は下記の5つです。

  • リーダーシップがある
  • 男らしさ(女らしさ)を大切にしている
  • 弱音を吐くのが苦手
  • 愛情表現をしてくれない
  • よく威張る

当項目では、亭主関白を診断する5つのポイントについて具体的に紹介します。

 

リーダーシップがある

リーダーシップがある男性は、亭主関白の傾向があります。

  • いつもなぜか責任者になっている
  • グループで行動する時にはリーダー的な存在
  • 人の動かし方が上手

 

上記のように、なぜかわからないけどいつも責任者になってしまう人やリーダー的な存在になっている人っていますよね。

もともとリーダーの素質があり、人の動かし方が上手で、面倒見もいい人は頼りにされがちです。

 

いつもリーダー的な存在の人は、無意識に家でもリーダーのように振る舞う可能性が少なくありません。

リーダーシップを発揮するのは決して悪いことではありませんが、家で亭主関白のようにふるまいがちです。

 

男らしさ(女らしさ)を大切にしている

亭主関白の診断チェックの2つ目のポイントは、男らしさ(女らしさ)を大切にしているかどうかです。

  • 男は涙を見せないものだ
  • 男というものは家族をしっかりと守るものだ
  • 女や黙ってついてきてほしい
  • 余計なことを言わないのが理想な女だ

 

上記のことは、ほんの一例ですが、亭主関白な男性は男性の役目、女性の役目に対して特にこだわりを持っていることは珍しくありません。

彼氏や夫のちょっとした言動から、男性、女性に対するこだわりがあると感じる場合は亭主関白の可能性もあるでしょう。

 

弱音を吐くのが苦手

一緒に行動、生活をしていて「この人は弱音を吐くのが苦手だな」と感じる場合は、亭主関白の可能性もあるでしょう。

先ほど紹介した通り、亭主関白の男性は「男というものは〜」というこだわりが強いケースが珍しくありません。

  • 守ってあげなければいけない妻に対して弱音を見せたくない
  • 「男というものは失敗をしてはいけない=失敗は恥ずかしもの」というイメージが強い
  • もともと責任感が強い
  • 妻に心配をかけたくない

 

上記のように、妻を守りたい、一家の主人(あるじ)として妻を支えなければという気持ちから弱音を吐かないこともあります。

失敗することや、弱音を吐くこと自体が恥ずかしいことだと考えている場合もあるでしょう。

 

愛情表現をしてくれない

パートナーが愛情表現が苦手だと感じる場合も、亭主関白の可能性があるでしょう。

  • 人前で手を繋ぐのを嫌がる
  • スキンシップが苦手
  • 他人の前で妻や彼女を褒めるのが苦手
  • 「愛しているよ」「好きだよ」と言ってくれない

 

上記のように、明らかな愛情表現はもちろん、自分がパートナーを大切に思っていることを認めることが苦手なケースも少なくありません。

妻や彼女のことが嫌いなわけではなく、ただ愛情表現を素直に表すのが苦手なのです。

 

よく威張る

「なんでこの人はこんなに威張りたがるんだろう?」と感じる場合は、亭主関白の傾向を疑っても良いでしょう。

  • 妻や彼女に向かって命令調で話してくる
  • 「なんで威張っているんだろう?」と感じることがある

 

上記のように夫や彼氏には威張っている実感がなくても、妻や彼女からすると威張っているように感じる言動ってありますよね。

亭主関白な男性は家庭内で主導権を握っていますので、本人は意識していなくても威張った口調で話していることも珍しくありません。

 

隠れ亭主関白診断チェック!3つのポイントとは?

明らかに「この人は亭主関白だな」と分かる人と、一見では亭主関白だと分からない隠れ亭主関白の人がいます。

 

周囲から明らかに亭主関白と思われなくても、亭主関白な一面を持つ隠れ亭主関白診断の基準になる3つのポイントは下記の通りです。

  • 意外と褒め言葉に弱い
  • 見栄っ張りなところがある
  • 内弁慶

当項目では、隠れ亭主関白診断のチェックポイントについて紹介します。

 

意外と褒め言葉に弱い

意外と褒め言葉に弱い人は、隠れ亭主関白の可能性も否定できません。

  • 褒めると張り切ってなんでもやってくれる
  • 「明らかにお世辞だろ」という褒め言葉にまで弱い

 

褒められて嬉しくない人は、あまりいないでしょう。

しかし、明らかにお世辞に近い褒め言葉を鵜呑みにしている人や、褒めるだけでなんでもホイホイとやってくれる人は隠れ亭主関白の可能性があります。

 

見栄っ張りなところがある

見栄っ張りで、自分の能力外のこともできるように発言してしまう傾向にある人も隠れ亭主関白の可能性があるでしょう。

  • できないことをついできると言ってしまう
  • お金がないのに食事を奢ってしまう
  • 負けず嫌い
  • 話を盛ってしまいがち
  • プライドが高く自分の考えを曲げようとしない
  • 間違いを誤魔化そうとする

 

上記のように、自分の間違いを誤魔化そうとしたり、負けず嫌いな言動を取ったりすることがあります。

面倒見が良いのが裏目に出て、お金がないのに奢ってしまうことも珍しくありません。

 

内弁慶

夫や彼氏が内弁慶な性格だと、隠れ亭主関白の可能性を疑いましょう。

  • 家族や友達の前で態度が大い
  • 実は人見知り

 

上記のように、初対面の人の前では人見知りであまり大きな態度ができないくせに、慣れている人の前では威張ったり堂々とした態度をしたりすることがあります。

パートナーが内弁慶だとイライラすることも少なくありませんが、逆を言えば心を許している証拠だとも言えるでしょう。

 

亭主関白の夫(彼氏)の特徴5つとは?

「亭主関白の男性って、どんな特徴があるのだろう?」と感じることはありませんか?

亭主関白と聞くとマイナスなイメージを持たれがちですが、亭主関白な男性の特徴全てが悪いわけではありません。

 

亭主関白にありがちな特徴は、下記の通りです。

  • 「男とは〜」「女とは〜」とこだわりが強い
  • 責任感が強く面倒見が良い
  • プライドが高い
  • 感謝や謝罪を口にするのが苦手
  • 正義感が強い

当項目では、亭主関白にありがちな5つの特徴について紹介します。

 

「男とは〜」「女とは〜」とこだわりが強い

上記でも紹介しましたが、亭主関白の男性は「男とは〜」「女とは〜」というこだわりを強く盛っている特徴があります。

  • 自分の理想とする男になろうと努力している
  • 自分の妻や彼女にも自分の理想の女になってほしいと思っている場合も多い
  • 「男たるもの〜」と、理想が高く融通が効かないことも多い

 

上記のように、自分の理想とする男になるために努力している亭主関白は少なくありません。

自分のパートナーにまで自分の理想を押し付けたり、融通が効かなかったりすることもあります。

 

責任感が強く面倒見が良い

亭主関白な男性は、基本的に責任感が高く面倒見もいい特徴があります。

  • 家族を大切にする
  • 浮気はしてはいけないと思っている
  • 自分がしっかりと働いて家族を守らなければいけないと思っている
  • 部下に対して面倒見が良い
  • 家族のことを考えて物事を決定している

 

上記のように、責任感が強いので家族や部下のために行動することをいといません。

不器用なので伝わりづらいことはあるものの、家族のことを大切に思っているのです。

 

プライドが高い

亭主関白な男性は、プライドが高い特徴もありがちです。

  • 間違いを認めるのが苦手
  • 自分の弱みを妻に見せたくない

 

上記のように特に、家族のメンバーや妻、彼女に対してプライドが高くなることが少なくありません。

「男というものは女を守るものだ」「男が女をリードしなければ」という責任感や理想の高さがプライドを高くしている可能性もあるでしょう。

 

感謝や謝罪など感情を口にするのが苦手

亭主関白な男性は、感謝や謝罪など、感情を口にするのが苦手になりがちです。

  • 本当は嬉しいのに素直に嬉しいと言えない
  • 「ありがとう」「ごめんね」と、素直に口に出せない

 

上記のように、感謝していないわけでも申し訳ないと思っていないわけでも、嬉しくないわけでもありません。

ただ、感情を素直に表現するのが苦手なのです。

 

亭主関白なパートナーの特質を知っている人の中には、次のようにパートナーの感情を把握することもあります。

  • 嬉しい時のちょっとした仕草や癖が分かっている
  • 本当は照れくさい気持ちを隠しているのが分かっている

上記のように、ちょっとした仕草や癖でパートナーの感情を判断している妻や、彼女も少なくありません。

 

正義感が強い

亭主関白な男性は、正義感が強い特徴もあります。

  • 家庭を持つことの責任感が強い
  • 浮気はしてはいけないと思っている人が多い
  • 妻が困っていたら守りたいという気持ちを持つ人が多い

 

上記のように、妻や彼女のことを大切に思っていて、しかも責任感が強いのでパートナーのピンチに助けてくれることも珍しくありません。

家庭を持つことに対する責任感も強く、しっかりと働いて養おうする誠実な人も大勢います。

 

亭主関白な彼氏にありがちな連絡の特徴を知りたい方は、下記の記事を参考にされてください。

 

亭主関白は悪いのか?徹底解説

亭主関白と聞くと、ネガティブなイメージを持ったり悪口だと感じたりする人が多いのも事実です。

しかし、先ほどの項目で紹介した通り亭主関白な男性の特徴は悪いことばかりではなく良い面も存在します。

 

亭主関白な夫や彼氏を持っている場合、次のように感じることはありませんか?

  • 亭主関白って悪いの?
  • パートナーが亭主関白の女性って実際にどう思っているの?

 

結論から言うと、亭主関白の男性が悪いわけではありません。

女性の性格やタイプによっては、むしろ亭主関白なパートナーでよかったと感じる人もいるのです。

 

当項目では亭主関白が悪いとは言えない件について、下記のことを紹介します。

  • 亭主関白なパートナーを持つ女性の心理を解説
  • 亭主関白とモラハラは違う

 

疲れた?亭主関白なパートナーを持つ女性の心理を解説

パートナーが亭主関白だと感じがちな女性の心理は、下記の通りです。

  • いつも威張られているから疲れる
  • 家の仕事は女の仕事だと言わんばかりで何もしないからイライラする
  • リーダーシップがあるから助かる
  • 誠実で信頼できる

上記のように、亭主関白で疲れた、イライラするというネガティブな反応がある一方で助かる、信頼できると言うポジティブな反応もあります。

 

一般的に、亭主関白な男性に対してネガティブな気持ちを抱きがちな女性の特徴を、下記にまとめました。

  • 夫婦で平等に生活したいと考えている
  • 子育てや家事は協力して行いたい
  • 夫婦は弱いところを補い合い助け合いたいと考えている

上記のように、自立した考えを持った女性は亭主関白な男性のことを古い考え方だ、男女差別だと感じがちです。

 

一方で亭主関白にポジティブな考えを持っている女性にありがちな特徴を、次に紹介します。

  • もともと亭主関白な家庭で育った
  • 男性がリーダーシップをとってくれた方が楽で助かる
  • 決定するのが苦手

上記のようにもともと亭主関白な家庭で育った人や、誰かにリーダーシップをとってもらいたいと考えている女性はパートナーが亭主関白であることをむしろありがたいと感じがちです。

 

 

亭主関白とモラハラは違う

亭主関白とモラハラは全く違うものです。

亭主関白とモラハラの違いを、下記にまとめました。

【亭主関白】

  • 性格や特質の1つ
  • 妻や家族を大切に思っている
  • 妻や家族のために働くことをいとまない
  • 亭主関白な夫と結婚して幸せだと感じる妻も多い

【モラハラ】

  • 人をあえて傷つけて自分が優越感に浸る行動のこと
  • 妻や家族より自分が一番大切
  • 自分が優越感に浸りたいがために妻を痛めつけてる
  • モラハラな夫と結婚して幸せだと感じる妻はいない

 

上記のようにモラハラは、相手のことを考えずに自分のことを考える自分勝手な行動です。

妻を精神的に追い込むので、モラハラな夫をもつ妻は傷つけられています。

 

亭主関白とモラハラ夫の違いについての詳しい記事は、下記を参考にされてください。

 

亭主関白の男性に対する上手なアプローチ方法とは?

「結婚してみたら実は亭主関白だった!」「亭主関白な夫と上手に付き合っていきたい」と思っていませんか?

実際に亭主関白な夫と、できるだけ上手にやっていきたいと感じる妻たちは少なくありません。

 

当項目では、多くの妻たちが実践して効果的だと感じた下記のアプローチ法を紹介します。

  • 亭主関白の男性を上手に立てる
  • 亭主関白の男性に甘える
  • あまり気にせず聞き流す

 

亭主関白の男性を上手に立てる

亭主関白の夫を上手に立てて、彼らのプライドが保てるようにしてあげることは効果的だと感じる妻たちは少なくありません。

  • 夫が「男の仕事だ」と考えてそうなことは、自分ができることでも任せる
  • 自分の気持ちや考えを上手に伝えるが、決定は夫にしてもらう
  • 自分で解決できることでも、夫に相談する

 

上記のように、自分にできることでもあえて夫に頼ったり相談したりすることで夫のメンツを保っています。

夫も自分に相談してくれたことに満足感し、妻の気持ちや意見を尊重してくれる場合も少なくありません。

 

亭主関白の男性に甘える

亭主関白な夫に上手に甘えることで、夫のプライドを上手にくすぐっている妻たちも大勢います。

  • 「さすがパパ!」など称賛の言葉を忘れない
  • 「いつも助かっているよ」「ありがとう」と感謝の言葉をかける
  • 「ここ助けて〜」と甘える

 

上記のように、夫に上手に甘え夫に家事や育児を手伝ってもらっている妻たちも少なくありません。

ほんの些細なことでも、夫がしてくれたことをめざとく褒めて感謝することで亭主関白な夫はやる気を保ちやすくなります。

 

あまり気にせず聞き流す

あえて気にせずに、聞き流すことでストレスを溜めないようにしている妻も少なくありません。

  • 夫が口うるさくなってきたら「まただ〜」と聞き流して気にしない
  • 夫の癖や仕草で夫の考えていることが分かるようにする

上記のように、亭主関白な夫の発言や行動にイライラすることがあっても、気にしないのです。

 

ベテランの妻たちは、夫の小言を聞き逃したり夫の癖で気持ちを判断したりしています。

  • こう見えて実は照れてるのよね
  • しかめっ面だけど本当は喜んでいるのが分かるのよ

上記のように、夫のちょっとした仕草で夫の気持ちを理解し、むしろ愛情を持って接しているケースも珍しくありません。

 

まとめ

亭主関白な夫や彼氏の診断チェックは下記の通りです。

  • リーダーシップがある
  • 男らしさ(女らしさ)を大切にしている
  • 弱音を吐くのが苦手
  • 愛情表現をしてくれない
  • よく威張る

 

隠れ亭主関白な夫や彼氏の診断チェックを、再度下記にまとめました。

  • 意外と褒め言葉に弱い
  • 見栄っ張りなところがある
  • 内弁慶

 

チェックリストに当てはまったからと言って、がっかりしないでください。

亭主関白の特徴があるからと言って、結婚生活が不幸せになるとは限りません。

 

女性の特徴やタイプによっては、むしろ楽だと感じる場合もあるのです。

亭主関白な夫や彼氏に上手にアプローチし、立てて甘えることで状況が改善されたと感じる妻たちは少なくありません。

 

亭主関白な彼氏と結婚するか悩んでいる方は、関連記事もご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました