【要注意?】亭主関白の彼氏にありがちな連絡の特徴は?行動や対処法も紹介!

「亭主関白の彼氏にありがちな連絡の特徴が気になる」

「亭主関白の彼氏って連絡方法も自分勝手だったりする?」

「亭主関白の傾向にあるLINEの特徴ってある?」

と、悩むことはありませんか?

 

初めはリードしてくれてかっこいいと思っていた彼氏でも慣れてくると「もしかして亭主関白なのかも?」と、思う瞬間ってありますよね。

そこで今回は、亭主関白の傾向にある彼氏にありがちな連絡の特徴について、徹底的に調べました。

 

当記事で紹介する内容は、下記の通りです。

  • 亭主関白の傾向にある彼氏から連絡(LINE)の特徴は?
  • 亭主関白の彼氏にありがちな特徴は?
  • 亭主関白の彼氏と上手に付き合う方法は?

 

彼氏が亭主関白かもと感じている方や、亭主関白な傾向にある彼氏の連絡の特徴を知りたい方はぜひ最後までお読みください。

当記事を通して亭主関白の特徴や、対処法がわかるでしょう。

 

亭主関白の傾向にある彼氏からの連絡の特徴は?

大好きで、尊敬している彼氏と付き合っているうちに「この人はもしかして亭主関白かも?」と感じることはありませんか?

ちょっとしたサインで、亭主関白ぶりを垣間見られることもあります。

 

当項目では亭主関白の傾向にある彼氏にありがちな、連絡の特徴について下記のことをまとめました。

  • まめに連絡を取るのが苦手
  • 仕事に没頭して連絡が遅れることも
  • 「連絡がない=愛していない」わけではない
  • 「ありがとう」や「ごめんね」が苦手

 

まめに連絡を取るのが苦手

亭主関白な特質を持った彼氏は、豆に連絡を取るのが苦手な特徴があります。

  • 「おはよう」「おやすみ」「今何してる?」などの連絡を取るのが苦手
  • 必要最低限な連絡だけを送ってくる

 

LINEに送られてくる連絡はシンプルで、短く、要件だけを送ってくることも珍しくありません。

彼女から送られてくるメッセージに対する返信も、シンプルで素っ気ないこともあります。

 

亭主関白な彼氏はまめなメッセージを送ってくれないので、彼女としては

せっかく付き合っているんだからもっとラブラブなメッセージを送信したいのに

と思いがちです。

 

仕事に没頭して連絡が遅れることも

亭主関白な彼氏は仕事に没頭しすぎて、彼女に連絡をするのを忘れることも珍しくありません。

  • もともと真面目で誠実なので仕事にも熱心
  • 亭主関白な男性は責任感が強いことが多い
  • 将来、家庭を持つことを考えて一生懸命に働いている
  • 連絡が来なくて彼女が寂しい思いをしているとは思ってもいない

 

上記のように、もともと真面目で責任感が強いことが多いため、仕事に対する姿勢も熱心です。

あまりにも熱心になりすぎて連絡をすることを忘れがちですが、悪気がないことも少なくありません。

 

「連絡がない=愛していない」わけではない

亭主関白な彼氏から「連絡がない=彼女を愛していない」わけではありません。

  • 彼女が連絡を待っていること自体気づいていない
  • 連絡をしないことを悪いことだと思っていない
  • 連絡がないから彼女が寂しがっているという発想がない

上記のようにそもそも連絡がないことで、彼女が寂しい思いをしたり怒ったりするという発想がないことも多いのです。

 

連絡がないことに対して彼女が怒ると、どうして怒っているのか理解できないことも珍しくありません。

悪気がない場合が多いので、しっかりと説明し気持ちを伝えることで理解してくれることもあるでしょう。

 

「ありがとう」や「ごめんね」が苦手

亭主関白な男性は「ありがとう」「ごめんね」をいうのが苦手であることも珍しくなく、メッセージにも送られてこないケースも少なくありません。

  • もともと自分の感情を表すのが苦手
  • 男が失敗をしたら恥ずかしいことだと思っている

上記のように、責任感が強すぎたり「男とは〜」とイメージを強く持ったりするために感情を表すのが苦手と感じる人もいます。

 

LINEに「ありがとう」「ごめんね」などと、送り合って気持ちを伝えたいと思う彼女は、物足りなく感じたり大切にされていないように感じたりする可能性もあるでしょう。

しかし亭主関白な彼氏は、彼女のことを大切に思っていないわけではありませんが、気持ちを伝えるのが苦手です。

 

亭主関白の傾向にある彼氏からの連絡の内容の特徴は?

「そもそも亭主関白の傾向にある彼氏はどんな特徴があるの?」「結婚したら亭主関白になりそうな彼氏の特徴を知りたい」と思うことはありませんか?

当項目では、亭主関白な彼氏の特徴について下記のことを紹介します。

  • 自分がリードしようとする
  • 自分の意見を曲げるのが苦手
  • 自分の弱さを見せるのが苦手
  • 男らしさを見せたがる

 

自分がリードしようとする

亭主関白な傾向にある彼氏は、LINEや電話などの連絡を取る時にも自分がリードしようとすることも珍しくありません。

  • 話の主導権を握ろうとする
  • 自分のタイミングで連絡してこようとする
  • 連絡中に彼女が話の内容を変えると不機嫌になる

 

上記のように、連絡中にも主導権を握りたいと考えがちです。

彼女が話の内容を変えると「自分の話はつまらないのか?」と、不機嫌になることもあります。

 

自分の意見を曲げるのが苦手

亭主関白な傾向にある彼氏は、自分の意見を曲げるのが苦手です。

  • 考え方にポリシーがある
  • 「男というものは〜」と理想が強いので意見を曲げられない

 

もともと自分にポリシーがあり、自分の意見についてプライドを持っていることも珍しくありません。

  • LINEスタンプを送るのが苦手
  • LINEや電話でも違う意見を言われるのが苦手

自分と全く違う意見を受け入れにくく感じたり、調整するのに時間がかかったりすることもあります。

 

自分の弱さを見せるのが苦手

亭主関白な傾向にある彼氏は、連絡の時にも自分の弱さを見せるのが苦手であることも少なくありません。

  • 彼女には男らしいと思って欲しい
  • 彼女には弱いところを見せたくない
  • 彼女に頼って欲しい

 

上記のように、彼女に頼り甲斐のある彼氏だと思ってもらいたい傾向が強く、弱いところは見せたくないと考えがちです。

  • 落ち込んだ時には連絡が来ない
  • 落ち込んでいることを匂わせるメッセージはこない
  • 自分の失敗については絶対に触れない

 

上記のようにそもそも落ち込んだ時に連絡が来なかったり、落ち込んだことを匂わせるメッセージが来なかったりします。

弱いところを彼女に見せた時に「カッコ悪い」「情けないところを見せてしまった」と落ち込むことも珍しくありません。

 

男らしさを見せたがる

彼女に男らしさをアピールしたがる彼氏も、珍しくありません。

  • LINEで自分の男らしさをアピールしてくる
  • 自分が頼り甲斐のあるところを見せようとしてくる

 

上記の項目とも重複しますが、亭主関白な傾向にある彼氏は自分のことを、頼り甲斐のある存在と思って欲しいと考えがちです。

彼女に頼り甲斐のあると認めてもらうために、男らしさを一生懸命にアピールします。

 

亭主関白な彼氏にありがちな特徴は?

亭主関白な彼氏は連絡の特徴以外にも、いろいろな特徴があります。

当項目では、亭主関白にありがちな特徴について、下記のことをまとめました。

  • デートでいつもリードしたがる
  • 「男というものは」「女というものは」という理想が高い
  • 自分の非を認めるのが苦手
  • 家事や育児をしないことも多い

 

デートでいつもリードをしたがる

亭主関白な彼氏は、自分がリードしようとする傾向があります。

  • デートのプランを計画したがる
  • デートの費用を自分が負担しようとする
  • デートの時に自分がリードしようとする
  • 彼女が意見したら機嫌が悪くなる

 

上記のようにデートの時に主導権をにぎろうとすることは、珍しくありません。

亭主関白な傾向にある彼氏は、責任感が強く自分が彼女をリードしなければいけないと思っているので主導権を握りたがるのです。

男が主導権を握るものだという考えが強いので、彼女が意見した時に機嫌が悪くなることもあります。

 

「男というものは」「女というものは」という理想が高い

亭主関白な傾向にある彼氏は「男というものは〜」「女というものは〜」と、それぞれに対しての理想が高いことも珍しくありません。

  • 自分に厳しい
  • 彼女にも厳しい

 

上記のように彼氏自身だけではなく、彼女に対しても理想が高く口うるさく言われることもあります。

彼氏の動機を理解していない場合、ついていけないと感じることもあるでしょう。

 

自分の非を認めるのが苦手

上記の項目でも紹介しましたが、亭主関白な彼氏は自分の非を認めるのが苦手であることも珍しくありません。

  • LINEでも「ごめんなさい」とメッセージを送れない
  • 彼氏の間違いを指摘すると明らかに機嫌が悪くなる

 

プライドが高く、間違いをするのは恥ずかしいことだという気持ちが強いことも多いので間違いを受け入れるのが苦手です。

まして、かっこいいと思われたい相手である彼女から間違いを指摘されるとプライドをズタボロにされて機嫌が悪くなります。

 

家事や育児をしないことも多い

亭主関白な彼氏は、家事や育児をしない特徴もありがちです。

  • 一人暮らしの時には家事をするのに結婚したらやらなくなる
  • 家事や育児は女の仕事だと思っている

 

上記のように、家事や育児ができないわけではなくやらない場合も珍しくありません。

「男が家事をやっているのは恥ずかしい」と、家では何もせずにいばった態度をしていることもあります。

 

亭主関白な彼氏と上手に付き合うコツは?

彼氏が亭主関白だと、下記のように考えて交際を続けるか不安になることもありますよね。

  • 根はとてもいい人だけど、結婚することを考えたら不安になる
  • 上手に付き合っていける自信がない

 

亭主関白の夫や彼氏を持つ妻や彼女たちが、実際に効果的だと感じている方法は下記の通りです。

  • 上手に彼を育てる
  • 褒めて育てる
  • 聞き流す

当項目では、亭主関白の彼氏との上手なつき合い方について具体的に紹介します。

 

上手に彼氏を立てる

上手に彼氏を立てて、彼氏の機嫌を損ねないようにすることは効果的だと感じている妻や彼女は少なくありません。

  • 彼氏を責め立てることを絶対に言わない
  • 彼氏の意見を大切にしながら自分の気持ちを伝える
  • 自分の意見や気持ちを伝える時にはお願いする形を取る
  • 彼氏にいつも感謝する

 

あきらかに彼氏が間違っている時でも、絶対に彼氏を責めてはいけません。

亭主関白な彼氏は機嫌を悪くし、問題が解決しないでしょう。

 

反対に彼女が彼氏にいつも感謝し、お願いする形で意見を伝えるならスムーズにことが進みがちです。

面倒だと感じがちですが、結果的に自分の希望を叶えやすくなります。

 

褒めて育てる

彼氏を上手に褒めて育てることで、彼氏が気分良く行動してくれやすくなります。

  • 少しでもいいところを探して大げさに褒める
  • 「助かっている〜」と「ありがとう」と、感謝の言葉をさりげなく伝える

 

もともと亭主関白の彼氏は、彼女に頼りにされたい、信頼してもらいたいという気持ちが強いので彼女が褒めてくれると有頂天になることも珍しくありません。

上手に褒めて、亭主関白な彼氏を育てましょう。

 

上手に褒めて育てるコツに関しては、下記の記事を参考にされてください。

 

聞き流す

亭主関白な人が言っていることや、指摘してくることを気にせずに聞き流すことは効果的だと感じている妻や彼女も大勢います。

  • 口うるさい指摘は聞き流して気にしない
  • 間違っていると思ってもいちいち指摘しない

上記のように、亭主関白な彼氏が口うるさく指摘してくることを聞き逃すことで、ストレスが軽減できる場合は少なくありません。

 

彼氏が言っていることが間違っている感じた時にいちいち指摘していると、彼氏はヘソを曲げてしまいます。

気にせずに聞き逃すことで、平和な状況が保てる場合も多いでしょう。

 

亭主関白の彼氏と結婚したら不幸になる?解説

「亭主関白な彼氏は悪い人ではないけど、結婚したら不幸になるのではないか?」と考えて結婚を躊躇することはありませんか?

亭主関白な彼氏と結婚して不幸になるか幸せになるかは、状況によってそれぞれ異なるでしょう。

 

当項目では、亭主関白な男性と結婚することに関して下記のことを紹介します。

  • リードされるのが好きな女性は楽だと感じやすい
  • 亭主関白は責任感が強く家族思いなことが多い
  • 亭主関白はモラハラではない
  • 独立した女性には窮屈に感じることもある

 

リードされるのが好きな女性は楽だと感じやすい

リードされるのが好きな女性は、亭主関白な彼氏と結婚した後で楽だと感じやすいのが特徴です。

  • 結婚後は夫にリードしてもらいたい
  • 自分で決めるのが苦手
  • 特に自分の意見を持っていない

 

上記のように、もともと自分の意見を強く持たずに、誰かが自分に代わって決めてくれる方が楽だと感じる人もいます。

亭主関白な彼氏と結婚して「結婚後は夫が決めてくれるから楽」と、感じる妻たちも少なくありません。

 

亭主関白は責任感が強く家族思いなことが多い

亭主関白は責任感が強く、家族思いなことが多いので妻が満足していることも珍しくありません。

  • とっつきにくいけど家族思いなので信用できる
  • いざという時に守ってもらえる

 

夫が家族を大切にしてくれていることを理解していると、口うるさい夫の行動に対しても許せますよね。

夫の動機や愛情を知っているので、少々面倒臭いことがあっても結婚してよかったと感じる妻も少なくありません。

 

亭主関白はモラハラではない

亭主関白と、モラハラは同じではありません。

亭主関白とモラハラの違いを、簡単に下記にまとめました。

  • 亭主関白:家族の中で自分が主導権を握りたがり、いばっているイメージ。妻や家族を愛している
  • モラハラ:妻や家族を虐げることで自分の優越感に浸りたい。自分が一番大切

 

上記のように、家族(特に妻)を大切に思っているかいないかが、大きな違いです。

亭主関白な夫は、いばっていて面倒なことも多いですが、基本的に妻のことを大切に感じ愛しています。

反対にモラハラ夫にとって一番大切なのは自分で、妻を虐げて楽しんでいることも珍しくありません。

 

モラハラ夫に関する記事は、下記を参考にされてください。

 

独立した女性は窮屈に感じることもある

独立し、自分の意見をしっかりと持っている女性にとっては亭主関白な彼氏と結婚後に窮屈に感じる場合も否定できません。

  • 主導権を握りたがる彼氏に不満を感じる
  • 間違いを認めたがらない彼氏を傲慢だと感じてしまう
  • 女性に対して高い理想を持っていることが理解できない

 

上記のように、亭主関白な彼氏の行動や、彼氏が彼女に求めてくることを理解できずに窮屈だと感じがちです。

「女性は一歩下がって男性の後ろを歩く」のではなく「肩を並べて一緒に歩きたい」と考えている人は、亭主関白な彼氏を結婚して後悔することもあるでしょう。

 

亭主関白な彼氏と結婚して後悔するかどうかに関する記事は、下記を参考にされてください。

 

まとめ

亭主関白な彼氏にありがちな連絡の特徴を、再度まとめました。

  • まめに連絡を取るのが苦手
  • 仕事に没頭して連絡が遅れることも
  • 「連絡がない=愛していない」わけではない
  • 「ありがとう」や「ごめんね」が苦手

 

亭主関白な傾向にある彼氏の特徴を、もう一度紹介します。

  • 自分がリードしようとする
  • 自分の意見を曲げるのが苦手
  • 自分の弱さを見せるのが苦手
  • 男らしさを見せたがる

 

亭主関白な彼氏は、自分が抱く理想が高くLINEや電話などの連絡時にも現れがちです。

亭主関白な彼氏と交際を続けたり、結婚をしたりして幸せと感じるかどうかは自分次第だと言えるでしょう。

 

楽で幸せだと感じる人もいる一方で、窮屈に感じる人がいることも否定できません。

自分の性格や特徴、亭主関白な彼氏との生活を正直に思い描き信頼できる人の意見を聞きながら決定しましょう。

 

プライドが高い夫に対するアプローチ方法については、下記を参考にされてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました