【複雑?】亭主の正しい使い方とは?意味や例文を徹底解説!

「亭主の使い方を知りたい」

「亭主は今でも使う?」

「亭主を使っていい時はどんな状況?」

と、考えることはありませんか。

 

今は亭主という表現をあまり使わなくなってきましたので、いざ使う時に使い方が分からなくなることもありますよね。

そこで今回は、亭主の使い方や意味、例文について徹底的に調べました。

 

当項目で紹介する内容は、下記の通りです。

  • 亭主の使い方とは?
  • 亭主の意味や例文を紹介
  • 亭主以外の配偶者の呼び方を紹介

 

亭主の使い方に興味のある方や、配偶者の正しい呼び方を知りたい方はぜひ最後までお読みください。

当記事を通してTPOをわきまえた呼び方を、使い分けられるようになるでしょう。

 

亭主の使い方とは?

いざ亭主を使おうとすると「あれ?どんなときに使うんだっけ?」と、と思うことはありませんか?

最近はあまり使わなくなったからこそ、使い方をちゃんと把握しときたいと思いますよね。

 

当項目では、亭主の使い方について下記のことをまとめました。

  • 主に自分の配偶者に使う
  • ごく親しい人との間の会話で使う

 

主に自分の配偶者に使う

亭主を使う状況を、下記にまとめました。

  • 主に自分の配偶者を指すときに使う
  • 自分の配偶者に対してネガティブなことを言うときに使いがち
  • 相手を馬鹿にしたり冗談を言ったりするときに使うこともある

 

他の人の配偶者に対して、亭主というと失礼なイメージを与えがちです。

相手を馬鹿にしたり、冗談を言ったりするときにあえて「亭主」を使うこともあります。

 

ごく親しい人との間の会話で使う

自分の配偶者のことを、亭主と呼ぶときの注意点は下記の通りです。

  • ごく親しい人との間で使う
  • 公の場では使わない

 

親しい友人や親戚と話しているときに、自分の配偶者を亭主と呼べます。

しかし、公の場で自分の配偶者を亭主とは呼びません。

 

亭主の意味や例文を紹介

「そもそも亭主の語源って何?」「亭主ってどういう意味?」と考えることはありませんか?

当項目では、亭主の意味や例文について、下記のことを紹介します。

  • 亭主の意味は一家の主、主人
  • 昔は敬意のこもった言い方だった
  • 亭主の例文を紹介

 

亭主の意味は一家の主、主人

亭主の意味は、一家の主人、主人です。

亭主についてweblioには下記の説明が、載せられています。

 

 その家の主人。特に宿屋・茶店などのあるじ。

 夫(おっと)。

 茶の湯で、茶事を主催する人。主人。

引用:weblio

上記のように、もともと亭主には、主人、あるじ、主催者など敬意のある人を指す意味合いが含まれているのです。

 

昔は敬意のこもった言い方だった

上記の項目でも紹介した通り、亭主はもともと主人や主催者を呼ぶときに使われる言葉です。

特に昔は「亭主」を呼ぶときには、次の意味合いを込められていました。

  • 敬意を込めて使う言い方
  • 相手に敬意を表したいときに使う言い方

 

今では「亭主」と聞くとマイナスなイメージを抱く人もいるかもしれません。

しかし、本来は相手に敬意を表す言葉だったのです。

 

亭主の例文を紹介

具体的に亭主を使った例文を、下記にまとめました。

【自分の配偶者に使う例】

  • うちの亭主には愛想が尽きた!
  • うちの亭主は飲んだくれで困るわ!

【自分以外の配偶者に使う例】

  • あそこの奥さん(女房)は亭主を尻に敷いてるよ
  • あそこの女性は亭主持ちだよ!
  • あそこの家は奥さんは働き者なのに亭主はぐうたらしてるのよね

 

上記のように、自分の配偶者に対しても自分の配偶者に対してもどちらかと言えばネガティブな発言をするときに使いがちです。

 

亭主以外の配偶者の使い方を紹介

日本語は配偶者を表すのに、幾つかの言い方があります。

亭主以外の配偶者の意味や使い方を知っていると、状況別に使い分けられるので便利です。

 

当項目では、下記の亭主以外の配偶者の使い方について紹介します。

  • 主人
  • 旦那

 

夫の使い方や意味を紹介

夫の意味について、weblioには下記の説明が載せられていました。

読み方:おっと

《「おひと(男人)」の音変化》配偶者である男性。

結婚している男女の、女性を「妻」というのに対し、男性をいう語。亭主。

「—のある身」⇔妻。

引用:weblio

 

夫は結婚している男性を表す一般的な言葉の意味で、公の場やプライベートで使用できます。

ちなみに夫の対義語は、妻です。

 

主人の使い方や意味を紹介

主人の意味は、家の長、主人(あるじ)です。

主人の意味についてもweblioに紹介されています。

 家の長。一家のぬし。また、店のぬし。あるじ。「隣家の—」「老舗(しにせ)の—」

 自分の仕える人。雇い主など。「—の不興を買う」

 妻が他人に対して夫をさしていう語。「—は出張しております」

 客を迎えてもてなす立場の人。「—役をつとめる」

引用:weblio

 

亭主と同じく、主人も家の主人や雇い主などを表す意味合いがあり、敬意を表すときに使います。

主人は今でも一般的に使用され、公の場やプライベートでも使用できます。

 

旦那の使い方や意味を紹介

旦那はもともと配偶者の他に施しと言う意味合いを含み、奉公人や取引先の人が主人に対して使っていた敬意を表す言葉です。

主人の意味についてもweblioに紹介されています。

 ほどこし。布施。転じて、布施をする人。檀越(だんおつ)。檀家。

 商家の奉公人などが男の主人を敬っていう語。「店の大—」

 商人が男の得意客を、また役者や芸人が自分のひいき筋を敬っていう語。また一般に、金持ちや身分のある男性を敬っていう。「—、これはよい品でございますよ」「顔見世に—衆を招く」

 妻が夫をいう語。他家の夫をいう場合もある。「お宅の—」

 妾(めかけ)の主人。パトロン。「—がつく」「—を取る」

引用:weblio

 

旦那は、施しをする人という意味合いがあり、亭主や主人と同じく周囲が敬意を示して使用する言葉でした。

今では、親しい間で自分の配偶者や相手の配偶者のことを旦那と呼ぶことがありますが、公の場では使用しません。

 

旦那に関する詳しい内容は、下記を参考にされてください。

 

配偶者の正しい呼び方を紹介

上記で紹介した通り、日本語には配偶者を指すいろいろな呼び方があるので、ときには戸惑うこともありますよね。

「この状況ではなんて呼ぶのがマナー?」と、悩むこともあるのではないでしょうか?

 

当項目では、自分の配偶者のことを呼ぶときの正しい呼び方について下記のことを紹介します。

  • 最も正しいのは夫
  • 主人でもOK
  • 亭主と旦那は親しい間柄のみ

 

最も正しいのは夫

配偶者を呼ぶときに、最も一般的な呼び方は夫です。

  • 公の場でも職場でも使える
  • プライベートでも使える

 

上記のように、一般的に使いやすい表現だといえるでしょう。

特に「え?この状況ではなんて呼んだらいいのだろう?」と悩んだときには、夫と呼ぶと間違いありません。

 

主人でもOK

主人と呼ぶのも、間違いではありません。

自分の配偶者を主人と呼ぶことに対して、周囲に与えやすい印象を下記にまとめました。

  • プライベートでも公の場でも使用できる
  • 年配者の中には夫より主人の方を好む人も多い
  • 男女平等の考え方から主人を好まない若い人もいる

 

上記のように、特に年配者の中には夫と呼ぶより主人を使うことに対して好感を持つ人も少なくありません。

反対に若い世代の中には、主人を使うことに抵抗を抱く人もいます。

自分が話している人によって、配偶者の呼び方を夫に変えたり主人に変えたりするのもいいでしょう。

 

亭主と旦那は親しい間柄のみ

亭主と旦那は、話している相手を考えて使いましょう。

  • 仲の良い友達
  • 仲の良いママ友
  • 仲の良い同僚

上記のように、友達や同僚、ママ友の中でも仲の良い間柄で自分の配偶者を呼ぶときに使うことはできます。

 

旦那も亭主も、元は相手に敬意を表す言い方でしたが、現在は敬意を表すイメージを持ちにくいのが現状です。

特に公の場では、使わない方がいいでしょう。

 

話し相手や第三者の配偶者を呼ぶときの呼び方を紹介

話し相手の配偶者や第三者の配偶者を呼ぶときには、特に相手に嫌な思いをさせたくないと思いますよね。

気持ちよく会話を進めるためにも、正しいマナーを知っておきましょう。

 

当項目では、話し相手の配偶者や第三者の配偶者を呼ぶことに関して下記のことを紹介します。

  • 旦那さん(様)、ご主人(様)が妥当
  • 苗字や名前を使うこともある

 

旦那さん(様)、ご主人さん(様)が妥当

一般的に用いられるのは、旦那さん(様)、ご主人さん(様)です。

使い方の一例を、下記にまとめました。

 

  • 上司や目上の人に対しても使用するときは旦那様、ご主人様を使う
  • プライベートなカジュアルな場では旦那さん、ご主人さんを使う

上記のように、上司や目上の人に対しては「様」を使い、プライベートな場では「さん」を使うなど、状況に合わせて微妙に変えると良いでしょう。

 

苗字や名前を使うこともある

親しい間柄や、カジュアルな場所で配偶者を呼ぶときには苗字や名前を使うこともあります。

  • 山田さん、太郎さん
  • ケンくん

 

特に家族ぐるみで付き合いのある関係だと、気軽に上記のように呼び合っていることも珍しくありません。

名前やニックネームで呼ぶときも、状況をよく考えましょう。

 

相手の配偶者の呼び方に関しては、下記の記事も参考にされてください。

 

まとめ

亭主の使い方に関して、再度紹介します。

  • 主に自分の配偶者のみに使う
  • ごく親しい人との間の会話で使う
  • ネガティブな意味合いで使われることも多い

 

元々の亭主の意味合いについて、再度まとめました。

  • 亭主の意味は一家の主、主人
  • 昔は敬意のこもった言い方だった

 

当記事で紹介した通り、亭主を始め旦那という言葉ももともと相手に敬意を表すときに用いる呼び方でした。

しかし、時代が変わり今では公の場では使用しなくなってきています。

 

主人という呼び方も、男女平等の考え方から使うことに違和感を覚える人も珍しくありません。

時代や状況の変化とともに言葉は変化するのは避けられませんので、今後も時代に合わせて変化する可能性もあるでしょう。

 

配偶者の呼び方に関しては、下記の記事も参考にされてください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました