【限界!】夫を見限る原因5選を紹介!離婚はできる?

「こんな夫、もう見限りたい!」

「いっそ、こんな夫は見限っちゃったほうが楽なのかな?」

「もう夫のことは見限っていて、興味も関心もないけど、離婚ってできるの?」

上記のように思ったことはありませんか。

 

自分本位の夫だったり、家事育児に非協力的な夫だと、愛情も冷めてしまい、いっそのこと見限ってしまいたい!と思うこともあるでしょう。

しかしだからといって、即離婚できるかというとなかなか難しい問題です。

 

そこで当記事では、見限られる夫の原因と特徴、離婚はできるのかについて詳しく解説していきます。

  • 妻が夫を見限る原因5選
  • 夫を見限った妻たちの声
  • 見限られる夫の特徴
  • 離婚は可能か

それぞれについて詳しくみていきましょう。

 

妻が夫を見限る原因5選

一度は一生を仲良く添い遂げたいと思った相手です。

本当なら、妻も夫を見限りたくなどありません。

 

しかし妻が「ああ、この人はダメだ……」と見限ってしまうのには、もちろん原因があります。

その原因とは主に、以下の5つであることが多いです。

  • 家事育児に不参加
  • 浮気
  • 会話が続かない
  • 愛情を感じられない
  • ひとりでも大丈夫と感じたとき

それぞれについて詳しくみていきましょう。

 

家事育児に不参加

妻に見限られる原因として、多くあげられるのが、家事育児は妻に任せっきりということです。

 

また、こういった男性の多くは

  • 家事育児は女性がするもの
  • 家事育児はだれでもできるもの
  • 一家の大黒柱である自分が一番えらい

と思っている場合があります。

 

そのため家事や育児を自分ごととして捉えることができず、妻が近くでせかせか動いていたとしても気になりません。

妻に見限られる夫の原因の多くが、家事育児をしないことにあります。

 

浮気

妻から見限れた夫は、過去に浮気経験があったり、現在進行形で浮気をしていることが多いです。

 

当たり前じゃない!

そんなの論外よ!

浮気を知った日には百年の恋も冷める

というもの。

 

一生添い遂げるものだと思って一緒になった相手からの裏切りは、夫が考えている以上に妻の心を傷つけます。

そして最終的には妻から見限られてしまうのです。

 

会話がない

妻に見限られる原因として、夫婦間での会話のなさがあげられます。

 

会話がない=コミュニケーション不足

ということ。

 

たとえば、

  • 会話が続かない
  • 生返事ばかり
  • 話をきてもらえない

など。

 

そして、会話がないというのは想像以上につらいものです。

特に女性はだれかと話題や悩みを共有したいという欲求が、強い人が多い傾向にあります。

 

そんな生活を続けていくうちに、次第に妻は「この人と一緒にいる意味はあるのだろうか……」と思ってしまうのです。

 

愛情を感じられない

夫からの愛情を感じられなくなると、次第に妻の愛情も減少し、やがて夫を見限ることにつながることがあります。

 

女性は愛されたいと思うもの!

何より、一方通行の愛は長く続くものではありません。

 

愛情を感じられなくなってしまった態度をとる夫に、問題があると思う!

たとえば、

  • スキンシップの減少
  • 会話の減少
  • 思いやりのない言葉
  • 浮気

などは、妻を傷つけ、最終的には夫への愛情を消失させてしまいます。

 

ひとりでも大丈夫と感じたとき

妻は「あっ、ひとりでも大丈夫だ!」と感じたとき、夫を見限ります。

 

夫婦は文字通り人生のパートナー

一般的な夫婦であれば、互いが互いの肉体的・精神的な支えになっていることでしょう。

 

しかし

その支えであるはずの夫が何もしてくれない人だったら……

それでもなかなか離婚には踏み切れないのが現実でしょう。

 

しかしふとした瞬間に、「あ、私ひとりで大丈夫だ!」と思ったら、女性は案外さっぱりと吹っ切れてしまうものです。

そうなると、何もしない夫は妻に見限られることでしょう。

 

【夫を見限る】実際の妻の声

長い結婚生活の中で、蓄積されていったものは大なり小なりあることでしょう。

しかし「ああ、もうこの人はダメなんだな」と見限る決定的な瞬間があったはずです。

 

そこで夫のどんな言動をみて、妻が夫を見限ったのか、実際の声をまとめました。

  • 浮気に、義両親の介護、借金
  • 理想ばかり押し付けられた
  • 妻も子供もかわいくない

それぞれについて詳しくみていきましょう。

 

浮気に、義両親の介護、借金

妻が夫を見限る場合、それは決定的なひとつの出来事である場合もあれば、今回のように複数の場合もあります。

同居の夫親の入院で毎日病院通いをして 疲労困憊しているときに ヤツはSMごっこで不倫をしていた。 その遊びのために、私の財布からカードを盗み、キャッシング。 催促が来て発覚。 子どもの学資保険も勝手に証書を持ち出し現金化。 心労で発熱して寝込む私の枕元へ来て 「カード貸して。40万すぐに振り込まないといけないんだ。」(今度は打ち明けたからいいよね?と言う態度) その言葉で「あ、終わろう!こいつと過ごすのは人生の無駄使い」と決心した。

「Yahoo知恵袋」より引用

 

これは、ひどいですね。

しかも夫は反省していない様子。

だからこそ開き直って、「お金を貸して」と言えるのでしょう。

 

このように妻に見限られてしまう夫は、

  • 自分のことばかり
  • 妻のことを思いやることができない

という特徴があげられます。

 

結婚したことにより、妻=自分の所有物と誤認してしまい、何をしても何を言っても大丈夫と思うようになってしまうのかもしれません。

 

理想ばかり押し付けられた

女性への理想ばかり追い求める夫と、離婚した妻の声です。

夫にとっての「理想の母」「理想の妻」。それが「すべてを完璧にこなす母であり妻であり女である人」ということがある。しかし母親として子どもの世話や家事をひとりで完璧にこなし、妻として夫を従順に支え、女性として魅力的でかつ経済力もある、そんな女性は「普通の女性」ではない。じゃあもし逆の立場になったらあなたはできますか? と聞きたくなってしまう。

「理想の妻・母」を求められ続けた43歳女性が夫に見切りつけた瞬間」より引用

 

この妻が言うように、妻に理想を押し付けるなら、

「あなたはどうなのよ?」

と聞きたくなりますよね。

 

何より、家事に子育てに、仕事に、と日々が動き回っていたら、あるとき限界がきてしまうはずです。

家庭のすべてをひとりでこなすことなど、到底無理!!

支えあってこその家族であり、夫婦。

それができないというのあれば、「そんな夫はいらない」と見限られてしまっても仕方ないでしょう。

 

妻も子供もかわいくない

たった一言の心無い言葉が、妻の気持ちが離れてしまうきっかけになることもあります。

「これからは、ただの同居人として見よう。」と心を入れ替えたのは、ケンカの勢いで「子供がかわいくない、おまえも好きじゃない」と言われた時^^ それからは自分を愛さない夫など、愛せないので、同居人として見てます。 そう見だしたら、怖いものはないです。 好きにしたらいいって思うし、将来を考えるときも、夫はその風景にはいませんし。 貯金をたとえ1000円ずつでもして、パートの時間を延ばせる日は延ばして、その日に備えてます^▽^ 事故してないか・浮気してないかと気をもんでいた頃が可愛いです。 でも、今が一番幸せかも^^

「Yahoo知恵袋」より引用

 

たとえそれが喧嘩の勢いで、本音ではなかったとしても、絶対に言ってはいけない言葉です。

「自分だけなら許せたかもしれないけど、子供ことまでは許せないかも……。」

 

またこの人が言うように、

愛してくれない人を愛することは難しい

この人の夫は数年後、きっと自分の言葉を心底を後悔することになるのでしょう。

 

以上のように、妻が夫を完全に見限る場合、決定的な瞬間があることが多いです。

もちろん、それまでに積み重なった不満があるでしょう。

その蓄積された不満を、夫のある一言や行動が原因でプツンときてしまうことがあるのです。

 

【夫を見限る】妻に三行半をつきつけられる夫の特徴

この項目では、妻に見限られる夫の特徴について紹介していきます。

 

  • 働かない
  • マザコン
  • モラハラ
  • 浮気
  • 借金
  • 何でもひとりで決めてしまう

それぞれについて詳しくみていきましょう。

 

働かない

妻に見限られる夫の特徴として、夫が働かないというのがあげられます。

 

夫が全く働かない人だと、その分妻が働かないと生活が成り立ちません。

そして、一度働かなくても生活ができてしまう環境に味をしめてしまうと、いくら妻が言ってもどこふく風という場合が多いです。

 

そうなると、

「働かないなんて論外!自分ばかりが苦労して、一緒にいる意味がわからなくなってしまう……。」

と、思うでしょう。

 

当然といえば当然ですよね。

一方だけの負担で成り立つ生活など、そう長く続くものではない

働かない夫は、妻に見限られる可能性大です。

 

マザコン

マザコン夫も、妻に見限られてしまうことが多いです。

 

たとえば、

  • 「お母さんがダメだって」
  • 「一度、お母さんに聞いてからにするよ」
  • 「お母さんだったら、こうしてくれるのに」

など、何かにつけて「お母さんが……」という夫。

 

そんな夫を見て妻は、

  • 情けない
  • 責任感がない
  • ひとりで決めることができないの?

と、思ってしまいますよね。

 

またマザコンの男性の多くは、母親の言いなりであり、母親の味方です。

妻が何を言っても聞く耳をもたず、常に母親の肩ばかりもつ夫をみると、愛情も冷めてしまうことでしょう。

マザコン夫は、いつか妻に見限られてしまう可能性大です。

 

モラハラ

モラハラ男性も、妻に見限られます。

これは当然といえば、当然ですよね。

 

ちなみにモラハラとは、

モラハラは倫理や常識を超えた嫌がらせ行為やいじめなどのことを指します。パワハラと違い職権は関係ありません。そのため、同僚や同級生同士、部下から上司に起こるケースもあります。そして職場のみならず、家庭や恋人、夫婦や親子、友人同士の間でも発生することがあります。さまざまな行為がありますが、定義としては、言葉や態度など“目に見えない暴力”で相手を追い詰める行為をモラハラと呼びます。

「モラハラとは?意味や定義・事例をもとに解説」より引用

ことを指します。

 

モラハラとは、相手を自分に優劣をつけ、相手を傷つける行為です。

そんな相手のために尽くしたいと思えるはずもありませんし、一緒にいて幸せになれるわけがありません。

 

モラハラ旦那は、妻に見限られます。

 

浮気

浮気をしている男性も、妻に見限られます。

男性からしたら、軽い気持ちでしてしまったかもしれません。

 

しかし

妻にとって何よりもつらい裏切り

 

また、裏切られた相手を愛し続けることは、とても難しいことです。

「もうそんな夫はいらない……」と、妻が夫を見限ってしまうことは仕方ないことでしょう。

 

借金

借金をつくる夫も、妻に見限られます。

 

致し方ない借金もあるかもしれません。

たとえば、

  • 親の借金の肩代わり
  • 学費のため

など。

 

納得のいく理由があり、返済のために地道に努力をしていることや、正直に借金について話してくれているなどがあれば、妻も一緒に頑張ろうと思える場合もあるでしょう。

 

しかしそうではなく、ギャンブルなどによる借金となれば、妻の愛想も尽きます。

「何度も注意しても、ギャンブルをやめてくれない……。借金ばかりが増えていく」

こういった夫は、自身の借金に無頓着であり、反省もしない場合が多いです。

 

また一緒にいたら、妻自身がつぶれてしまいかねません。

借金ばかりの夫は、妻に見限られます。

 

何でもひとりで決めてしまう

何でもひとりで決めてしまう夫も、妻に見限られます。

浮気や、借金に比べたらそんなこと、と思うかもしれません。

 

しかしたとえば

  • 勝手に家の購入を決めてきた
  • 知らぬ間に仕事を辞めていた

となれば、話は違ってきますよね。

 

夫婦間にも「ホウレンソウ」が大切

です。

基本的なことだからこそ、相談もせずに何でも勝手に決められてしまうと信頼関係を失ってしまいます。

 

また勝手に決めてきてしまう人は

自分のことしか考えていない

ことが多いです。

 

自分のその選択が、家族にどのような影響を及ぼすのが考えません。

そんな夫とは家族としてやっていけないと、見切りをつけられてしまいます。

 

夫を見限っているが、離婚はできるの?

現実問題、夫を見限っていたとしても、離婚できるかどうかといえば、難しい問題ですよね。

  • 子供と夫の関係
  • 養育費
  • 生活費
  • 仕事

など、考えなけらばならないことは山積みです。

 

それでも離婚したいと思った場合、実際に夫を見限っているからという理由で、離婚は可能なのかについて詳しく解説していきます。

  • 協議離婚はだれでもできる
  • 調停離婚 
  • 裁判で離婚するために必要なこと

それぞれについてみていきましょう。

 

協議離婚はだれでもできる

協議離婚はだれでも、どんな理由でもできます。

 

協議離婚とは、

裁判所を利用せず、夫婦の話し合いで離婚条件を決めて、離婚届けを出すというものです。

「福岡の弁護士による離婚相談」より引用

 

つまり、第三者が介入することなく、夫婦双方の話し合いのもと、同意して離婚することを協議離婚といいます。

また、大半の離婚は協議離婚です。

 

そのため協議離婚には、離婚事由は必要ありません。

離婚理由が性格の不一致だろうと、浮気だろうと双方が同意していれば何でもいいのです。

 

調停離婚

協議離婚で双方の意見をまとめることができなかった場合、次のステップとして調停離婚というものがあります。

 

調停離婚とは、

家庭裁判所の離婚調停によって離婚を成立させる方法です。

調停離婚の場合、調停委員が夫婦の間に入って、個別に言い分を聴き取りながら合意(調停)の成立を目指すのが特徴となっています。

なお、調停不成立の場合には、家庭裁判所が審判を行って離婚を成立させるケースが存在します。このようなケースを、特に「審判離婚」と区別して呼称することもあります。

「ベリーベスト法律事務所」より引用

 

第三者が介入することで、離婚の話し合いや決め事(慰謝料や養育費、財産分与)を円滑に進めるための方法です。

あくまでも基本は双方の合意のための介入なので、片方が離婚に反対し続ければ、離婚不成立のまま終わる可能性もあります。

 

裁判で離婚するために必要なこと

調停離婚でも成立しなかった場合、最終手段として裁判離婚があります。

 

裁判離婚とは、その名の通り

離婚訴訟(離婚裁判)の判決によって、強制的に離婚を成立させる方法

「ベリーベスト法律事務所」より引用

 

ただし裁判離婚によって、離婚する場合は、

離婚事由が必要

です。

 

離婚事由とは民法に定められている以下のものになります。

第770条
1 夫婦の一方は、次に掲げる場合に限り、離婚の訴えを提起することができる。
1号 配偶者に不貞な行為があったとき。
2号 配偶者から悪意で遺棄されたとき。
3号 配偶者の生死が三年以上明らかでないとき。
4号 配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき。
5号 その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき。

 

裁判によって離婚を成立させるためには、この5つの離婚事由のいずれかに該当すると見なされなければなりません。

そしてこの場合、

夫を見限っているからは、離婚事由に該当しない

ということでもあります。

 

そのため夫を見限っているからという理由で離婚する場合、裁判離婚は難しく、協議離婚か調停離婚によるものになるでしょう。

 

まとめ

「もう無理!こんな夫、見限りたい!」と、思ったことがあるかもしれません。

しかしだからといって、現実問題離婚できるかというと子供のことや生活のことを考えると、難しいと感じる人が多いでしょう。

 

そんな妻に「こんな夫はイヤ!」と思われ、見限られる原因としては、

  • 家事育児に不参加
  • 浮気
  • 会話が続かない
  • 愛情を感じられない
  • ひとりでも大丈夫と感じたとき

がありました。

 

また実際に妻が夫を見限ったきっかけとしては、

  • 浮気に、義両親の介護、借金
  • 理想ばかり押し付けられた
  • 妻も子供もかわいくない

でした。

 

きっかけは人それぞれですが、常日ごろからたまっていた不満や我慢が、ふとしたきっかけで限界をむかえてしまうことはよくあることです。

また夫を見限っているからといって、それ以外の決定的な理由がない場合などは、離婚成立までには時間がかかるかもしれません。

 

「こんな夫ともう一緒にいたくない!」と思う前に、常日頃からコミュニケーションを心がけましょう。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました