【限界】夫に家を出て行ってほしい!夫に出て行って欲しい理由と追い出す方法を紹介!

「夫に家を出て行ってほしい

「夫に家を出て行って欲しい理由は何?」

「夫を追い出す方法はある?」

上記のような悩みを抱えていませんか?

 

夫に出て行ってほしいと思い始めると、一緒にいるのが苦痛ですよね。

夫を追い出したい理由が知りたいと思う方も多いでしょう。

 

当記事では

  • 夫に家を出て行って欲しい!夫を家から追い出す方法は?
  • 夫に家を出て行って欲しい理由は?
  • 夫とできるだけスムーズに別れる4つの方法

上記の内容をご紹介していきます。

 

夫に家から出て行って欲しいと悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。

最後までお読みいただければ、夫に出て行って欲しい理由や、追い出す方法がわかるでしょう。

 

夫に家を出て行って欲しい!夫を家から追い出す方法は?

夫に家を出て行ってほしい!どうしたらいいの?とお悩みではありませんか?

 

当項目では夫に出て行ってもらう方法を紹介していきます。

  • 話し合う
  • 調停や離婚訴訟
  • 家を買い取る

夫を追い出す方法が知りたい方は是非ご覧ください。

 

話し合う

平和的に解決したいのであれば、話し合うのが一番の方法です。

話し合いで解決できるのであれば、弁護士を立てる費用などもかかりません。

 

先ほども書いたように、婚姻中に購入した家は夫婦の共有財産です。

夫と妻で、半分ずつの権利を持っています。

 

話し合いを行う際は、なぜ出て行って欲しいのかを論理的に説明しましょう。

感情的になってしまうと、話し合いはこじれてしまいます。

一時的な別居なのか、それとも離婚を見据えた別居なのかを説明してください。

調停や離婚訴訟

話し合いができる状況ではなかったり、夫婦間で揉めた場合は調停や離婚訴訟で争います。

第三者に入ってもらうことで、話し合いがスムーズにいく場合もあるからです。

 

調停とは裁判所に間に入ってもらって話し合うことを指します。

一方、訴訟とは調停でもまとまらない場合に、裁判所に最終的に判決を下してもらうことです。

 

夫婦のどちらもが出て行かない場合、同居の状態で調停や訴訟を進めることになります。

相手の行動が分かりやすい反面、自分の作戦も筒抜けになるため注意が必要でしょう。

 

家を買い取る

3つ目は「家を買い取る」方法が挙げられます。

ただしこれは離婚が成立した夫婦に適用される方法なので注意しましょう。

 

妻が元夫名義の家を買い取るためには、住宅ローンを妻名義に変更する必要があります。

妻名義に変更するには妻が住宅ローンの借入審査に通らなければなりません。

 

パートやアルバイトといった雇用形態の場合は、審査に通るのはかなり厳しいでしょう。

安定した収入がある程度ないと、住宅ローンを組むのは難しいのです。

 

夫に家を出て行って欲しい理由は?

「結婚した当時はラブラブだったのに、どうして出て行って欲しいなんて思うようになったのだろう?」

夫婦とは難しいもので、結婚当時の愛をいつまでも維持できるとは限りません。

 

夫に出て行ってほしいと思うのには、以下のような理由が考えられるでしょう。

  • 愛情が冷めた
  • 家事や育児をしない
  • モラハラやDV
  • 考え方の違い
  • 金遣いが荒い
  • 夫が不倫をしているから
  • 夫の家族との折り合いが悪いから

この項目では、それぞれの理由を解説していきます。

 

愛情が冷めた

最初に挙げられるのは「愛情が冷めた」ことでしょう。

愛情が冷めた相手と、一緒に生活していくのは苦痛以外の何物でもないからです。

 

  • 帰ってくると思うだけで動機がする
  • 一緒の空間にいるのが耐えられない
  • 愛していない夫のために家事をしたくない

愛情が冷めただけならまだしも、ひどい場合には体調も支障をきたす場合もあります。

 

夫がいない日中は普通に生活できているのであれば、特に「出て行ってほしい」と思ってしまうことでしょう。

 

家事や育児をしない

2つ目の理由は「家事や育児をしない」ことが挙げられます。

休みの日だからと言って、ゴロゴロしている夫を見るのはストレスが溜まるものです。

 

昔は「男は仕事、女は家庭」といった考えが一般的でしたが、それはもう古い考えと言えるでしょう。

共働きの家庭も多くなっている現代で、家事や育児をしない夫は疎まれる傾向にあるのです。

 

モラハラやDV

3つ目は「モラハラやDV」が挙げられます。

夫のモラハラやDVは、精神的にも身体的にも苦痛となるからです。

 

特にモラハラやDVの夫の場合、妻を支配下に置くために仕事をさせていないことも多いでしょう。

そうなると妻には収入がありません。

 

家を出ようにも経済的に余裕がなく、せめて夫に出て行って欲しいと思うのではないでしょうか?

 

考え方の違い

お互いの「考え方の違い」も、出て行って欲しいと思う要因の一つになります。

考え方が違う相手と一緒に生活することは、お互いにとってストレスになるからです。

 

具体例を挙げてみましょう。

  • 食べ方が汚い等、マナーをあまり重要視していない
  • 笑いの感覚が違う
  • 食べ物の好みが合わない
  • 子供が欲しいかどうかについて意見の相違がある

それぞれの育ってきた環境や置かれた状況が、大きく関係しているものばかりです。

 

変えてほしいと思っても、そう簡単にはいかないでしょう。

長年、考え方の違いに悩まされていると「出て行って欲しい」と思ってしまうのも無理はありません。

 

金遣いが荒い

お金の使い方は、夫婦喧嘩の大きな要因になります。

結婚すれば、家計はひとつになるからです。

 

  • 自分は趣味にはお金を使うのに、生活費はケチって少ししかくれない
  • 毎日節約しているのに、断りもなく大きな買い物をしてくる

金遣いの荒い夫を持つと、苦労する妻は少なくありません。

 

「これ以上お金を使われる前に出て行って欲しい」

と思ってしまうのも無理はないでしょう。

 

夫が不倫をしているから

不倫や浮気は、遊びであっても許されるものではありません

もう二度としないと誓われても「またするのではないか」「生理的に受け付けられない」などと夫婦の信頼関係にひびがはいります。

 

夫婦関係を修復して幸せになる人もいますが、ずっと夫を信じられずに悩み続ける妻もいます。

夫を疑い続けて生活するぐらいなら、思い切って別れてしまった方が幸せかもしれません。

 

夫の家族との折り合いが悪いから

夫の家族と折り合いが悪いのは大きなストレスになります。

多くの場合『嫁姑問題』が注目されますが、最近では『その家独自の価値観や慣習』を押し付けてくる場合もあります。

 

夫が親に依存気味の場合、自分の味方になってくれずさらにストレスがかかってしまいます。

また、将来姑の介護をしなければいけないとなると、ますます別れたい気持ちが強くなるでしょう。

 

夫とできるだけスムーズに別れる4つの方法

夫とうまく分かれられずに悩む妻は少なくないはずです。

 

こちらではスムーズに夫と別れる方法を4つご紹介します。

  • 離婚に踏み切った理由や証拠を提示する
  • 離婚後の生活プランを見せて本気度を示す
  • 離婚の条件は相手に応じて柔軟に対応する
  • 弁護士に代理交渉を依頼する

では、それぞれ詳しく見ていきましょう。

 

離婚に踏み切った理由や証拠を提示する

夫婦によって離婚に至る事情はそれぞれだと思いますが、まずは自分がなぜ離婚したいのかを明らかにしましょう。

そして時間をかけてでも相手に伝わるよう、冷静に話をしていきます。

 

もし、不倫やモラハラが原因なら、その証拠を用意し、あなたの不満や失望の原因を示すことが有効です。

 

離婚後の生活プランを見せて本気度を示す

話し合いの場で、あなたが離婚後にどのような生活を送るのかを提示するのも手です。

例えば

  • どのような仕事で生活費を稼ぐのか
  • どのような住宅で生活するのか
  • 子育てと仕事をどのように両立するのか

など具体的にです。

 

明確な生活プランを提示するとよいでしょう。

明確な生活プランがあることで、夫を説得させるのと同時に反論させにくくします。

 

離婚の条件は相手に応じて柔軟に対応する

慰謝料や財産分与はこれからの生活を支える貴重な収入源になります。

受け取れる権利があれば遠慮なく受け取るようにするのが良いです。

 

その際、相手の経済状況や相場、そしてあなたの経済状況を考慮して請求するとよいでしょう。

高額すぎる金銭や減額を一切認めないような請求は、もめ事の原因になります。

 

弁護士に代理交渉を依頼する

夫が話し合いに応じない、夫に会いたくないという場合、話し合いが長引く可能性があります。

そのような場合は弁護士に代理交渉を依頼するのがおすすめです。

 

代理交渉では、離婚の交渉や夫への連絡すべてを代理で行ってくれます。

そのため、自分ではまったく進まなかった話し合いでもスムーズな離婚成立を望むことができるでしょう。

 

まとめ

  • 夫を家から追い出す方法
  • 夫に家を出て行って欲しい理由

当記事では上記について解説しました。

 

夫を家から追い出す方法は下記3つが挙げられます。

  • 話し合う
  • 調停や離婚訴訟
  • 家を買い取る

夫に家を出て行って欲しいときはは上記の記事をご参考にしてみてください。

 

夫に家を出て行ってほしい理由は下記です。

  • 愛情が冷めた
  • 家事や育児をしない
  • モラハラやDV
  • 考え方の違い
  • 金遣いが荒い
  • 夫が不倫をしているから
  • 夫の家族との折り合いが悪いから

離婚を考えても決心することはなかなか勇気のいることです。

特に子供がいる人は、子供への影響が不安で踏み切りにくいのではないでしょうか。

しかし、両親がいても仲が悪いと子供にとっては悪影響です。

 

夫に対する不満を我慢していても、仮面夫婦になってしまったり不倫をしてしまったり、リスクが高くなるでしょう。

のちのち「早く離婚をしておけばよかった」と後悔する人は少なくありません。

 

離婚で後悔しないためには、入念な準備が必要です。

慰謝料を獲得できそうか、財産分与はどのくらいになりそうか、不安があればまず弁護士に相談しましょう。

 

また、夫に出て行って欲しい時の方法を詳しく説明した内容のページもありますので、あわせてご覧いただけると幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました