【常識!】夫は何て名乗るべき?シチュエーション別使い方についても徹底解説!

「夫は何て名乗るのが常識?」

「夫の名乗り方の使い分けって?」

「夫の名乗り方を間違えたら周りに何て思われる?」

特に、目上の人と話す際に注意しておきたい夫の名乗り方。

だからこそ、上記のように疑問を感じてしまう方も多いことでしょう。

 

今回の記事では、夫の名乗り方について以下の通り解説します。

  • 夫は何て名乗るのが良い?夫の名乗り方
  • 夫の名乗り方!シチュエーション別使い方とは?
  • 夫の名乗り方を間違うなかれ!ミスすると起こり得るリスクは?

記事を読み終わる頃には、常識人になれること間違いなしですよ。

順番に見ていきましょう。

 

夫は何て名乗るのが良い?夫の名乗り方

夫は何て名乗るのが良いのか、気になるところですよね。

今回の章では、夫の名乗り方について以下の通り解説します。

  • 公の場では「主人」
  • 友人の前では「旦那」
  • 様々な場面で使える「夫」

順番に見ていきましょう。

 

公の場では「主人」

夫の名乗り方として、公の場では「主人」を使うのがベター

 

主人という言葉は、奥さんが夫を立てているイメージがあります。

したがって、

夫の奥さんという立場で行動する際に用いられるケースが多い

 

しかし、友人間などの親しい間柄で話しているのに「主人」を使ってしまうと、よそよそしさを感じさせてしまうことになるため注意が必要。

夫のことを主人と名乗るのは、目上の人と会話をするときと決めておくと良いでしょう。

 

友人の前では「旦那」

友人の前では「旦那」を使うのが一般的です。

 

そもそも旦那には、以下のような意味があります。

  • 成人男性に対する軽い敬称
  • めかけの主人
  • 商人や芸人などが男の客を指していう言葉

つまり、一家の主を旦那と呼ぶのはあまり宜しくはないのです。

しかし、ママ友など気心知れた仲間たちと話していると、配偶者のことを「旦那」と呼んでいる奥さんが非常に多いと感じた経験があるでしょう。

 

要は、

配偶者のことを旦那と呼ぶのは、完全にNGというわけではありません

しかし、あまり宜しくないとされている呼び方なので、友人の前などだけで使用するようにしたいところです。

 

様々な場面で使える「夫」

様々な場面で使えるのが、あまり一般使用率が高くない「夫」になります。

夫は公的な文書にも使われており、配偶者を指す単語のスタンダード的存在

目上の人に向かっては主人を使っておきたいですが、同じ立場の人間や後輩などには「夫」を使うと良いでしょう。

 

夫の名乗り方!シチュエーション別使い方とは?

続いて、夫の名乗り方のシチュエーションを紹介します。

  • 主人を使うシチュエーション
  • 旦那を使うシチュエーション
  • 夫を使うシチュエーション

順番に見ていきましょう。

 

主人を使うシチュエーション

主人を使う主なシチュエーションは、以下の通りです。

  • 上司に夫を紹介する場面
  • 夫の上司に挨拶をする場面
  • 会社の上司との会食
  • 見知らぬ人と夫について話す場面

 

奥さんが配偶者を「主人」というと、話し相手は奥さんが夫を立てていると感じます。

したがって、

夫の会社の人と会う際には、夫のことを「主人」と呼ぶのが最低限のマナー

 

夫の上司に挨拶をする場面では、必ず以下のように言いましょう。

いつも主人がお世話になっております

 

間違っても、以下のように発言してはいけません。

いつも旦那がお世話になっております
いつも夫がお世話になっております

また、営業の電話などがかかってきて即座に切りたい場合も「主人に聞いてみますね」と伝えれば、相手も悪い気はしないことでしょう。

 

旦那を使うシチュエーション

旦那を使う主なシチュエーションは、以下の通りです。

  • ママ友との会話の中で夫の話をする時
  • 同僚や気心知れた関係性の人と夫の話をする時
  • 後輩などに夫の話をする時

 

ママ友との会話では、配偶者を主人や夫よりも旦那と呼ぶ奥さんが多いといわれています。

 

多くの奥さんが、ママ友との会話で「旦那」を使う主な理由は以下の通り。

  • 上下関係がないので、配偶者のことをあえて「主人」と呼ぶ必要性がないから
  • 公的な場ではないので、配偶者のことを「夫」と呼ぶ必要性がないから

要は、消去法。

しかし、多くの奥さんが旦那呼びをするので、ママ友会の中では配偶者のことを旦那と呼ぶと認識している奥さんも多いことでしょう。

 

夫を使うシチュエーション

夫を使う主なシチュエーションは、以下の通りです。

  • SNSに夫のことを投稿する時
  • 公の場で夫について語る時
  • 書面で夫に対しての文書を書く時

 

既述の通り、夫はシチュエーション問わずオールマイティーに使える単語

したがって、SNSで夫のことを挙げたいときも「♯夫」と記載すれば問題ありません。

特に、夫のことを書面で記載したい場合、旦那でも主人でもなく夫と記載するようにしましょう。

 

夫の名乗り方を間違うなかれ!ミスすると起こり得るリスクは?

最後に、夫の名乗り方を間違えると起こり得るリスクについて、以下の通り3点紹介します。

  • 常識がないと思われる
  • 友達と疎遠になる可能性がある
  • 話が噛み合わなくなる可能性がある

順番に見ていきましょう。

 

常識がないと思われる

夫の名乗り方を間違えてしまうと、常識がないと思われてしまうリスクがあります。

たとえば、以下のようなこと。

  1. 夫の上司に向かって「うちの旦那(夫)がお世話になっております」と言う
  2. SNSに「うちの主人がイクメンで助かる」と書く

 

①に関しては、先ほどから説明している通り、人として論外です。

「目上の人には旦那でも夫でもなく主人を使う」と頭に入れておきましょう。

②に関しても、SNSという自分をさらけ出す場で夫のことを主人と記載するのはタブー。

夫のことを主人と記載してしまうことで、フォロワーから「常識がない人なのかな?」と冷たい目で見られてしまいますよ。

 

友達と疎遠になる可能性がある

友達と疎遠になる可能性があるのも、夫の名乗り方を間違えてしまうリスクの一つです。

 

夫の名乗り方を間違えてしまうと、友達に以下のように思われてしまう可能性が高まります。

  • 常識がない人
  • 言葉遣いが変な人
  • 危なっかしい人

 

今までとても仲良しだった友人に、夫の名乗り方一つで関係性を見直されたら嫌ですよね。

だからこそ、夫の呼び方の使い分けはしっかり行っていくべきといえるでしょう。

 

話が噛み合わなくなる可能性がある

夫の名乗り方を間違えてしまうと、話しが噛み合わなくなる可能性があります。

 

たとえば、貴方が「旦那さんがイクメン!」と発言したとしましょう。

しかし、話を聞いている側は以下のように思ってしまいます。

  • 誰の旦那を指しているのかが分かりにくい
  • 自分の夫がイクメンなのか、話相手の旦那がイクメンなのか?

旦那に「さん」を付けて呼ぶ奥さんも多いですが、実は「旦那さん」は呼び方としては一番やってはいけないもの。

「旦那さん」と言うことで、自分の旦那の話なのか相手の旦那の話なのかが分かりにくくなってしまうからです。

 

紹介した例のように、主人・旦那・夫の使い方を間違えると、会話が成立しなくなる可能性が高まります。

スムーズな会話を心掛けるためにも、ぜひ夫の呼び方はしっかり徹底していきたいですね。

 

まとめ

今回の記事では、夫の名乗り方について以下の通り解説しました。

  • 公の場では「主人」
  • 友人の前では「旦那」
  • 様々な場面で使える「夫」

夫の名乗り方を間違えてしまうと、以下のようなリスクが生じてしまいますよ。

  • 常識がないと思われる
  • 友達と疎遠になる可能性がある
  • 話が噛み合わなくなる可能性がある

せっかくできた友達を失わないためにも、夫の名乗り方の最低限のマナーはしっかり身に付けておきましょうね。

 

ちなみに、以下の記事でも、夫の呼び方について解説しています。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました