【知りたい】夫を呼ぶときの敬称は?シーン別の夫の呼び方のマナーを解説!

「夫を呼ぶ時の敬称は?」

「夫を呼ぶ時の使い分けってどうするの?」

「他人の夫の呼び方マナーは?」

上記のような悩みを抱えていませんか?

 

「旦那様」や「ご主人」「夫」など、配偶者の呼び方は様々です。

どれが適切な呼び方なのか、迷ってしまう方も多いでしょう。

 

この記事では

  • 夫を呼ぶときの敬称は?シーン別「夫」の敬称一覧
  • 他人の夫を呼ぶ時の敬称は?
  • 夫・主人・旦那・亭主の違いは?相手や場面ごとの使い分け方

上記の内容を、ご紹介していきます。

 

夫の敬称や呼び方に迷っている方は、ぜひ最後まで読んで参考にしてみてください。

 

夫を呼ぶときの敬称は?シーン別「夫」の敬称一覧

「夫」とは、一般的には自分の配偶者のことを指します。

しかし「夫」の敬称を呼ぶ時、どんなふうに呼んだらよいのでしょうか。

  • 結婚式での「夫」の呼び方
  • 葬儀での「夫」の呼び方

 

この項目では、夫を呼ぶ時の敬称をシーン別に徹底解説します。

使う場面や状況に応じて、適切な言葉を選びましょう。

 

結婚式での「夫」の呼び方

結婚式で使われる「旦那様」の変わった呼び方は、席次表で使われることがあります。

自分の結婚式の場合、自分の配偶者のことはまだ「旦那様」とは呼ばず、「新郎」と呼ばれるので、このとき「旦那様」と呼べるのは、結婚式に来てくれた既婚の方であるといえます。

その呼び方が特殊になるのが、身内の「旦那様」にあたる人たちです。

 

例えば、新郎のお姉さんの「旦那様」であれば、「新郎義兄」と呼ぶことになります。

他にも、新郎の妹の「旦那様」であれば「新郎義弟」と呼んだり、新郎の父母の姉の「旦那様」であれば「新郎伯父」と呼んだりします。

このように、新郎や新婦の親戚の「旦那様」を呼ぶときには、「旦那様」とは違った呼び方をすることがあるといえます。

 

葬儀での「夫」の呼び方

誰かの配偶者が亡くなった、というときにやむを得ない事情で艶や葬儀に参列できないときに送る「弔電」では、「旦那様」のことを、「ご主人様」や「ご夫君様」と呼ぶことがあります。

使い方としては、「ご夫君様のご逝去を悼み、お悔やみ申し上げます」といったような使い方をします。

 

他人の夫を呼ぶ時の敬称は?

自分の夫に敬称は付けませんが、他人の夫を呼ぶ際にはもちろん敬称を付けるべきです。

親しい間柄であれば

「あなたの旦那は優しくていいよね」

と敬称を付けずに呼ぶこともあるでしょう。

 

しかし幼稚園で会ったママ友に

「旦那はお元気ですか?」

と言うのは不自然です。

 

他人の旦那を指す際には

  • 旦那様(さん)
  • ご主人
  • 名前+さん

といった呼び方が用いられます。

 

それぞれの使い方を詳しく見ていきましょう。

 

旦那様(さん)

まずは「旦那様」もしくは「旦那さん」と呼ぶことができます。

関係性によって、使い分けるといいでしょう。

 

あまり親しくない相手や目上の人と話す際には「旦那様」を使ってください。

「旦那様はいらっしゃいますか?」

といった使い方が適切です。

 

少し親しくなってくると「旦那様」は堅苦しい印象になってしまいます。

「旦那さんによろしくね」

と「様」ではなく「さん」が自然でしょう。

 

ご主人

次に使えるのは「ご主人」です。

そこまで仲良くないけれど、顔見知りの場合に用いられます。

 

また目上の人に使うこともできる呼び方です。

「ご主人」も「旦那様」も、丁寧な表現なので厳密に使い分ける必要はありません。

 

強いて言うなら「旦那様」よりも「ご主人」の方がやや固い表現と感じる人もいるようです。

 

「ご主人様」と呼ぶ方方法もありますが、これは「御」と「様」の二十敬語になってしまいます。

「ご主人」だけで十分敬意を伝えることができるでしょう。

 

名前+さん

最後は下の名前に「さん」を付ける呼び方が挙げられます。

これは親しい間柄の場合に用いられる表現です。

 

ただあまり親しくないのに、名前で呼ぶと「馴れ馴れしい」と敬遠される可能性もあります。

関係性を把握したうえで、使うようにしてください。

 

「〇〇さん、元気?」

といった使い方をします。

仲が良いのに「旦那さん」や「ご主人」と呼ぶことは不自然になることもあるので気を付けましょう。

夫・主人・旦那・亭主の違いは?相手や場面ごとの使い分け方

  • 夫・主人・旦那・亭主の違いは?
  • 自分は社会人として恥ずかしくないだろうか?

と悩むことはありませんか?

 

上記でも紹介した通り、自分の配偶者を指す呼び方は色いろとあるのでシチュエーションに応じた呼び方を身につけたいですよね。

当項目では配偶者の呼び方について、以下のことを紹介します。

  • 「主人」は夫を敬う呼び方。語源と使える場面
  • 「夫」は妻と対等な呼び方。語源や使いどころ
  • 「旦那」は様々な場で使われる。語源と使い方
  • 「亭主」は一家長を示す呼び方。語源と使いどころ

 

「主人」は夫を敬う呼び方。語源と使える場面

配偶者のことを「うちの主人が~」と呼ぶ場面がありますよね。

もしくは第三者の配偶者のことを「○○さんのご主人が~」と呼んだりするでしょう。

配偶者を「主人」と呼ぶ場面や正しい意味は、以下の通りになります。

 

「主人」の語源やルーツ

そもそも、どうして配偶者の男性のことを「主人」と呼ぶようになったのか?それは一家の主として男性を立てたり、「自分の仕える者」として敬う言い方をしたりするためです。

実際に夫婦や家族ではなくても、自分の主従関係にあたる人を「主人」と呼ぶことは昔からありました。
使用人が「ご主人様」と呼ぶような関係です。
  • 一家のあるじ、長
  • 雇い主
  • 自分より目上の人

 

こんな語源や意味合いを持つ言葉として、日本でも昔から使われてきました。

実際に女性が雇用関係で上の場合は、女性のことを「女主人」と呼ぶこともあります。

 

妻より夫を立てる呼び方

「主人」という呼び方には、少なからず立場の違いや上下関係を示すニュアンスが含まれています。

配偶者のことを「主人」と呼ぶ場合には、妻が自分よりも夫を立てていることを示すのです。

ですから夫婦関係を上下関係と考えず、平等であると考える夫婦にとって、「主人」という呼び方は不本意な意味合いになることがあります。

 

  • 妻の方が控えめで謙虚
  • 夫の方が偉そう、リーダー的

こんな印象を抱かせる呼び方でもあるのです。

支配する者、される者という意味合いに繋がることもあるでしょう。

 

目上や年配の方、手紙に使える

今は男女平等の社会化が進んでいるにしても、昔の日本には男尊女卑の風習が強く根付いていました。

その風習を今も色濃く根付かせているご年配の方や目上の人に対しては、夫を「主人」と呼ぶ方が違和感なく話を進められます。

 

逆に男女平等を重要視している人や、女性相手に対しては「主人」という呼び方は卑屈な意味に取られることも。

ただし丁寧でかしこまった表現なので、手紙や電話でも使える呼び方です。
ちなみに第三者や話し相手の配偶者を言い表すときは、「ご主人」という呼び方が正しいでしょう。

「夫」は妻と対等な呼び方。語源や使いどころ

夫婦の男性の方を言い表す「夫」という呼び方。

最も分かりやすく簡潔な呼び方ですが、それにはこんな意味や使いどころがあります。

 

「夫」の語源やルーツ

「夫」という言葉は、公的な機関や職場などに書類を提出する際、続柄を示す呼び方として使われています。

夫婦の男性の方、語源は「男人(おうと)」という説もあります。

 

上下関係や力関係を示す言葉ではなく、あくまで客観的に夫婦のどちらかを示す言葉です。

最も分かりやすく簡潔に相手を指し示す呼び方として浸透しています。

 

妻と夫を対等にあらわす呼び方

「夫」の対義語は「妻」、このどちらにも上下関係は一切なく、あくまで夫婦を平等に指し示しています。

夫をないがしろにするわけでもなく、妻がへりくだるわけでもなく、夫婦関係が対等であることが伺えるでしょう。

 

若干事務的な意味合いにも取れますが、「主人」や「旦那」など他の呼び方とは違い、「夫」には他の意味が含まれないのが特徴です。

ふたりの関係性を誰かに伝えるとき、混乱を招きにくいのが「夫」という呼び方でしょう。

 

ほぼオールマイティに使える

公的な書類にも使われる呼称である通り、どんな場面や相手にもオールマイティに使えるのが「夫」という呼び方です。

親しい相手にはもちろん、目上の人や社交場、かしこまった場面でも「夫が~」と話して問題はありません。

 

ただし「夫」は自分の配偶者にのみ使える表現なので、話し相手や第三者の配偶者を示すには不適切な呼び方です。

「○○さんの夫が~」という言い方はしません。

自分以外の人の配偶者を言い表すときは、「主人」や「旦那」「亭主」の呼び方を使うので注意しましょう。

 

「旦那」は様々な場で使われる。語源と使い方

「主人」と同じくらいメジャーに使われている「旦那」という言葉。

自分の夫を「旦那さんが~」と話したり、人の夫を「旦那様は~」と話したりしますよね。

「旦那」という呼び方には、次のような意味合い、使われ方があります。

 

「旦那」の語源やルーツ

「旦那」という呼び方も、「主人」と同様に相手を敬う呼び方として使われてきました。

ただし「主人」が上下関係や主従関係を示すのに対し、「旦那」は「相手にひいきにして貰う」という意味を持ちます。

 

「旦那」はお布施をする人という意味や、ひいきにして貰いたいお客、自分の面倒を見る人という呼び方でした。

もともとはお布施をして貰う人に対して、寺院の人や僧侶が使っていた言葉でもあります。

「自分の世話をする人」という意味では雇用主や主君に使われてもきましたが、お金を出してくれる「パトロン」という意味合いもありました。

親しい相手を「○○の旦那」と呼んでみたり、ちょっとした戯れに「旦那」と相手を呼んだりする場面は今でも見られます。

語源やルーツから考えると、配偶者を示す以外にも使われる機会が多いのが「旦那」という呼び方です。

 

夫以外にも使われる呼び方

様々な意味を持つ「旦那」という呼称は、聞く・見る人によっては誤解を招くかもしれません。

  • 顧客
  • 雇用主
  • 親しい友人や知人

いろんな意味合いを持つため、確実に相手を夫であると伝えたい場面や、夫婦が平等であると考える人には、あまり適さない呼び方です。

ただ自分の結婚相手だと伝えるだけなら「夫」で構いませんし、「旦那」という呼び方では妻の方が立場が下であるというイメージがつきます。

 

気安い相手やくだけた場で使える

どちらかと言えば夫を立てる呼び方である「旦那」は、気安い相手やくだけた場面で使う分には申し分ない呼び方です。

ただし目上の人に話すときは、身内を敬う言い方になるため「旦那」より「夫」の方が適切でしょう。

あくまで友達や親しい間柄の人たちと話すときに使います。

また、男尊女卑の考えが息づいた呼び方でもありますから、男女平等の信念を強く持つ人相手に使うのも避けた方が無難です。

話し相手や第三者の配偶者のことを言い表すときは、「旦那さん」や「旦那様」という呼び方が使えます。

「亭主」は一家長を示す呼び方。語源と使いどころ

他の呼び方に比べると少し古風で、最近は見聞きする機会が減ってきたのが「亭主」という呼び方。

「亭主関白」という言葉が有名ですね。

夫のことを「亭主」と呼ぶのには、こんな語源や使い方があります。

 

「亭主」の語源やルーツ

「亭主」の「亭」は、一つの建物を表す呼び方です。

古風な響きの通り、亭…つまり宿屋や茶屋と言った建物の主を呼ぶ言い方として「亭主」という呼び方が使われてきました。

「○○亭」というお店は今でも見聞きしますよね。

 

商いや家族など、一つの組織を束ねるリーダー的な意味で使われてきたのが「亭主」という呼び方です。

雇い主や自分の属する場所のリーダーを表す「主人」と似ている呼び方です。

 

一家長として夫を立てる呼び方

配偶者を「亭主」と呼ぶのは、自分の家を束ねる主として扱う呼び方です。

一家の長、大黒柱のような扱いをします。

 

夫婦を引っ張る役目としてはもちろん、子どもを持つ家庭を支えるリーダーとして、配偶者を立てる呼び方になります。

「亭主関白」という言葉でも使われている通り、家の主として敬うべき、仕えるべき存在…といったニュアンスです。

男女平等とは言えない、妻よりも夫の方が立場が上とする呼び方といえます。

 

親しい間柄で使うのが無難

夫を立てる、敬意を払った呼び方が「亭主」になるため、目上の人と話すときに「亭主」と呼ぶと身内を敬う言い方になってしまい、マナー違反に捉えられます。

親しい友人や知人と話すときや、くだけた場面で使う分には問題ありません。

 

ただし「亭主関白」という言葉を連想させやすいので、夫が支配的・妻が献身的な夫婦関係と思われることもあるでしょう。
話し相手や第三者の配偶者を呼ぶときには、「ご亭主」と呼ぶのが正解です。

 

まとめ

  • 夫を呼ぶときの敬称は?シーン別「夫」の敬称一覧
  • 他人の夫を呼ぶ時の敬称は?

当記事では上記について解説しました。

 

シーン別の夫の敬称は下記です。

  • 結婚式での「夫」の呼び方
  • 葬儀での「夫」の呼び方

夫の敬称について、どう読んだらいいか悩んでいる時は上記の記事をご参考にしてみてください。

 

他人の夫を呼ぶ時の敬称は下記です。

  • 旦那様(さん)
  • ご主人
  • 名前+さん

旦那や夫、亭主など、配偶者を指す言葉はいろいろあります。

それらを使うのに、明確な決まりはありませんが、シーンや相手との関係性によって、使い方を変えていく必要があるのです。

上手に使い分けをして、デキる妻を目指しましょう!

 

また、夫旦那の別の言い方を説明した内容のページもありますので、あわせてご覧いただけると幸いです。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました