【変?】自分の夫を苗字で呼ぶ理由は?おすすめの呼び方やマナーを紹介!

「自分の夫を名字で呼ぶのって変?」

「自分の夫をなんて呼ぶのがおすすめ?」

「自分の夫を他人の前で呼ぶときのマナーってあるの?」

といったお悩みを抱えていませんか?

 

夫の呼び方で困っている妻は少なくありません。

夫をなんて呼ぶのがいいんだろうか?

と思ってしまいますよね。

 

当記事では

  • 自分の夫を名字で呼ぶ理由は?
  • 夫の呼び方で仲良し度が分かる? おすすめの呼び方
  • 他人の夫の呼び方のマナーを紹介!
  • 自分の夫を他人の前で呼ぶときのマナーを紹介!

といった内容を徹底解説していきます。

 

夫の呼び方で悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

最後までお読みいただければ、夫を名字で呼んでいる理由やおすすめの呼び方方法がきっと見つかるはずです。

 

自分の夫を名字で呼ぶ理由は?

自分の夫を苗字で呼んでいるけど変かな…と悩む女性は意外と多いものです。

いまさら他の呼び方にした方がいいのかな…

と思う時もあるでしょう。

 

夫を苗字で呼ぶ理由としては、下記が挙げられます。

  • 名前より苗字の方がしっくりくる
  • 結婚前から呼んでるから今さら変えにくい

それぞれの内容を具体的に見ていきましょう。

 

名前より苗字の方がしっくりくる

旦那さんのキャラ的に名前より苗字の方がしっくりくると言う理由で苗字で呼んでいる人がいます。

周囲の友達や同僚からも苗字で呼ばれていたりするとその呼び方がしっくりきてしまって帰るタイミングを逃す事ってよくあるでしょう。

 

また、一応○○さんの”さん”に敬意を表していると主張する方もいます。

 

結婚前から呼んでるから今さら変えにくい

長年付き合って結婚した場合、当時彼氏だった頃から、夫を「名字+さん」で呼んでいると急に変えられないものです。

○○さんがもはやあだ名となっている場合ですね。

 

ただ、もし子供が生まれたら変えた方がいいかもしれません。

また、夫の実家に行った時に、ふと”○○さん”と呼びそうになるのは問題です。

 

夫の呼び方で仲良し度が分かる? おすすめの呼び方

では、夫へのおすすめの呼び方が気になる方も多いでしょう。

仲良し度がアップする可能性があります。

 

下記をご紹介します。

  • 名前やニックネーム
  • パパやお父さんなど
  • ねえ、ちょっとなど

それぞれのポイントを具体的に見ていきましょう。

 

名前やニックネーム

下の名前や、その名前にちなんだニックネームなどで夫を呼んでいる方は、まだまだ仲良しの夫婦として幸せな結婚生活を送っています。

きっと、恋人時代から呼び方が変わっていないということでしょう。

夫になっても父親になっても、女性にとっては一人の男性、一人の人として接したい、そんな思いを感じることができます。

 

子供の前での呼び方が「パパ」や「お父さん」に変わったとしても、二人きりになればあの頃と同じような呼び方になることで、夫はあなたのパートナーであるとあなたが認めているということです。

夫婦としての絆を深め、これからも一緒にいたい、そんな風に思っているでしょう。

 

名前はその人を表します。

立場や肩書きではなく、その人自身ですので、存在を認め仲の良い関係をこれからも築いていきましょう。

 

パパやお父さんなど

彼氏だった男性が夫になり、二人の間に子供が生まれることでパパになります。

家庭の中での立場は一層揺るぎないものとなり、夫の呼び方も交際していた時から変わり、パパやお父さんなどと変化した人も仲良し度は高いです。

夫婦二人の絆、そして家族を大事にしたいと呼び方から伝わってきます。

 

あなた方二人が作り上げている家族みんなで仲良く過ごしたい、家庭の中での役割をしっかりと担いたい、そんな気持ちでいるはずです。

ママとパパが仲良しの家庭は朗らかで、家族全体がとてもよい雰囲気になります。

 

また、パパやお父さんと夫を呼ぶ女性は「素敵な父親になって」という意味を込めていることもあるでしょう。

父性が芽生えるのは母性に比べて遅いと言われています。

妊娠中など女性はすでに母性いっぱいに子供を慈しんでいても、夫はその自覚がないのではないか、と感じることはままあることで、その時の思いを忘れられないこともあるようですね。

 

ねえ、ちょっとなど

夫の呼び方としては、もう何と呼んでいいのか分からないという女性がいます。

理由の一つは、仲良し度が低く名前さえも呼びたくない場合です。

名前はその人を表し、愛着のあるものです。

 

その名前を呼びたくない、究極、家庭での役割をしっかりと果たしていないことで、パパやお父さんとも呼びたくないと感じている時です。

二人の関係は破綻に近づいていることもあります。

 

また、二人の関係が深くなり過ぎて「ねえ」や「ちょっと」などの呼び方になってしまうことがあります。

長く一緒にいることで、関係が見えていないのです。

 

夫なのか父親なのか、果たして一人の男性として接しているのか…。

単純に、名前での呼び方が恥ずかしいと感じていることで、あやふやな呼び方になってしまいます。

今更名前で呼ぶのもなぁという思いです。

 

他人の夫の呼び方のマナーを紹介!

自分の旦那の呼び方はイメージがついたけれど、第三者の配偶者はなんて呼べばいい?

上記のように考える方もいるでしょう。

自分の配偶者の呼び方は理解していても、目の前にいる第三者の配偶者をどう呼べばいいのか、とっさには出てきにくいですよね。

 

第三者の配偶者の、一般的な呼びかたは下記とされています。

  • 親しい友人やママ友の配偶者の呼び方:旦那さん、ご主人
  • 上司など目上の方の配偶者の呼び方:旦那様、ご主人様

下記にて詳細をご覧ください。

 

親しい友人やママ友の配偶者の呼び方:旦那さん、ご主人

親しい友人やママ友と話しているときに、配偶者の話題になった際は旦那さんまたはご主人と呼ぶのが一般的です。

  • 次の発表会、旦那さんも来られるの?
  • ご主人を駅で見かけたよ

など、どちらも親しい間柄で自然に使える言い方でしょう。

 

ただし最近では「旦那様」「ご主人」のような配偶者との主従関係を感じる呼び方を、避ける女性も一定数います。

 

自分の配偶者を呼ぶときに、

  • パートナー
  • 配偶者の名前や苗字
  • あだ名
  • 相方

上記のような呼び方を使う女性も増えてきているのです。

 

基本的には、話している相手の呼び方に合わせて、

  • 夫さん
  • パートナーさん
  • 〇〇(名前)さん

というように柔軟に対応するのがスマートでしょう。

 

自分の配偶者の呼び方にこだわりがありそうだな……

と感じたら、相手に合わせてあげるのも人間関係を円滑にする秘訣と言えます。

 

上司など目上の方の配偶者の呼び方:旦那様、ご主人様

自分の上司など目上の方と話しているときに相手の配偶者に触れる際は、旦那様またはご主人様が一般的な言い方です。

また旦那様よりもご主人様の方がかしこまった言い方なので、使い分けられるとよりスマートな印象を与えることができます。

 

旦那様:職場の先輩、そこまで親しくないママ友
ご主人様:職場の上司、配偶者の会社の人

配偶者の話題になった際は、上記を参考に使い分けるのが良いでしょう。

 

「旦那様」という呼び方は、

  • 目上や先輩の女性
  • 年上であまり親しくないママ友

上記の方と話す際に使うのが適切です。

 

  • 先輩の旦那様はどんな方ですか?
  • 次の懇親会、旦那様はいらっしゃいますか?

上記のような使い方だと、違和感はないでしょう。

違和感はないと同時にちょっとよそよそしい印象もありますので、親しくなったら徐々に「旦那さん」呼びに変えても問題はありません

 

「ご主人様」はさらに丁寧な言い方なので、

  • 配偶者の上司の女性
  • 配偶者の会社関係者の奥様
  • 年配の女性

上記のような方と話す際に使うのが良いでしょう。

 

あまり機会はないかもしれませんが、

  • 配偶者の会社関係者とあいさつするとき
  • 配偶者の上司の家に招かれたとき
  • 配偶者の家族関係である年配の女性と話すとき

など主にビジネスシーンにおいては「ご主人様」を使うのが無難です。

 

自分の夫を他人の前で呼ぶときのマナーを紹介!

旦那』以外にも配偶者を指す日本語があるので、シーンに応じて使い分けましょう。

正しく使い分ければ、会話をスムーズに進めることができます。

 

主な使い分け方法は下記のとおりです。

  • 公式な場:夫
  • 目上の人と話す場合:主人
  • 友人や知人と話す場合:旦那

それぞれの使い方を解説していきます。

 

公式な場:夫

公式な場では「夫」が相応しい呼び方でしょう。

「夫」は公的書類などでも使用される、正式な表現です。

 

「妻」の対義語でもあり、夫と妻の対等な立場を指し示しています。

男女平等が推奨されている現代社会においても相応しい呼び方と言えるでしょう。

 

目上の人と話す場合:主人

目上の人と話す時には「主人」がおすすめです。

もちろん「夫」でも問題ありませんが、会話によっては堅苦しい印象になってしまう場合も。

 

「主人」を使うことで、より柔らかな印象を与えられます。

「主人は外出しております」
「主人が申しておりました」

などと使うのが一般的です。

 

「ご主人」と「ご」を付けることで、相手の配偶者に対しても使えますよ。

友人や知人と話す場合:旦那

友人や知人と話す場合には「旦那」を用いてもいいでしょう。

敬う意味合いが込められた「旦那」ですが、現代ではカジュアルなシーンで用いられています。

 

そのため目上の人や上司と話す際に用いるのは不適切です。

また「旦那」は上下関係を意味に含んでいるため、好ましく思わない人もいます。

 

先述したように「下品」だと感じる人もいますので、相手を選んで使うようにしましょう。

親しい間柄であれば「旦那」以外にも、下の名前に「さん」を付けて呼ぶことも可能です。

 

まとめ

自分の夫を名字で呼ぶ理由は、下記4つの通りです。

  • 名前より苗字の方がしっくりくる
  • 結婚前から呼んでるから今さら変えにくい

夫を苗字で呼ぶ人はそれほど少なくありません。

 

呼び方は人それぞれあっていいと思います。

しかし、人前で夫を呼ぶ際には、場に合わせて使い分けたほうがいい呼び方があることは、知っておいたほうが良いでしょう。

 

特にビジネスの場や、相手の家族と話すときは、呼び方を意識して使い分けておくことが肝心です。

パートナーの正しい呼び方について、下記の記事でもご紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました