【知らないと恥】旦那のことを主人と呼ぶのは印象が悪い?主人の意味を徹底解説!

旦那

「旦那のことをうちの主人が……というのは正しい?」

「公の場で旦那のことを主人と呼ぶのはどうなの?」

「主人と呼ぶと印象が悪いって本当?」

と悩んでいませんか?

 

欧米の考え方に影響を受け、自分の配偶者の呼び方が少しずつ変化する傾向にあり、自分の配偶者を呼ぶ時になんと呼んだらいいのか悩む人も多くなってきているようです。

そこで、今回は多く呼ばれがちな主人の語源や使い方配偶者の他の呼び方について徹底解説します。

 

当記事で解説する内容は次の通りです。

  • 主人の語源や正しい使い方とは?
  • 主人を使うと違和感を覚える人もいる?
  • 主人以外の旦那の一般的な呼び方を解説

 

旦那の呼び方に悩んでいる人や、旦那のことを主人と呼ぶことに抵抗を感じている方はぜひ最後までお読みください。

正しい語源や使い方を理解し、自身を持って自分の配偶者のことを呼べるようになりましょう。

 

主人の語源や使い方を徹底解説!

配偶者を呼ぶ時に「主人が…」と呼ぶ人が多く、主人は配偶者を呼ぶときの一般的な言い方として広がっています。

最近は、外国の考え方の影響を受けて主人という呼び方に対する見方が少しずつ変わってきているのをご存知でしたか?

 

そこで、主人という呼び方を再度おさらいしましょう。

当項目で考慮する点は、次の通りです。

  • 主人の意味とは?
  • 主人の正しい使い方は?
  • 主人を使うと快く思わない人もいる?

 

主人の意味とは?

主人の意味について広辞苑無料検索を検索すると、次のように載せられていました。

しゅじん【主人】 家族の長。一家のあるじ。 自分が仕えている人。「口やかましい主人の下で働く」《類義語》だんな。やとい主。 妻が他人に自分の夫をさしていうことば。おっと。

 

上記の辞書から分かる通り、主人には配偶者の他にもいくつかの意味があり次の通りです。

  • 妻が配偶者に対して使う
  • 雇用関係にある雇用主が主を呼ぶ言葉
  • 一族の家長

上記のように、上下関係を指す時に使われる言葉であることが伺えます。

 

主人の正しい使い方は?

主人は、自分の配偶者を呼ぶときや相手の配偶者を呼ぶ時に使える便利な言葉です。

主人が、配偶者を示す以外にも上下関係を指す時に使われる言葉であることから、妻が自分の配偶者を指す時に主人と呼ぶと丁寧でかしこまった印象を与えます。

 

主人を使った呼び方の一例は次の通りです。

  • 自分の配偶者を呼ぶときの例:うちの主人が…
  • 相手の配偶者を呼ぶときの例:ご主人様はお元気ですか?ご主人によろしくお伝えください

上記のように、相手の配偶者を指す場合は主人の前に「ご」をつけたり、主人の後に「様」をつけたりしてより丁寧に呼びます。

 

主人を使うと心良く思わない人もいる

最近は男女平等という考え方から、夫婦でも上下関係を取り除こうとする人が増えてきており、主人を使うことを快く思わない人もいます。

上記でも紹介した通り、主人は配偶者以外にも上下関係を指す時に使われる言葉です。

 

主人を使うと、夫と妻に上下関係、主従関係があるようなニュアンスに取られるのであえて使わずに夫と表現する人も出てきています。

まだまだ公の場でも使用できる一般的な言葉ではありますが、主人の言葉の意味を理解して使うことが大切です。

 

主人以外の旦那の呼び方を徹底解説!

英語は配偶者を表す主な単語はhusbandで公私共に使えて便利ですが、日本語では配偶者を指す言葉がいくつかありシチュエーションによって使い分けることがあります。

配偶者を表す単語をいくつか知っておくと、その場に合わせて臨機応変に対応できるので社会人として大切です。

 

主人以外にも一般的に使われている配偶者を指す言葉を以下にまとめました。

  • 旦那

当項目では、旦那、夫のそれぞれの意味や正しい使い方について詳しく紹介します。

 

旦那の意味や使い方とは?

旦那の意味について、広辞苑には次のように述べられていました。

①〔仏〕 ㋐(梵語dāna)布施ふせ。 ㋑(梵語dānapatiの略)仏家が、財物を施与する信者を呼ぶ語。施主。檀越だんおつ。檀家。今昔物語集13「持法聖人は偏へに―の訪ひに懸りて豊かなる事なし」

②家人召使いが主人を呼ぶ語。

③妻が夫を呼ぶ語。また、妾や囲い者の主人。

④商人・芸人などが得意客を呼ぶ語。

⑤目上の男性を呼ぶ語。

引用:広辞苑無料検索

旦那は主人と同じく、配偶者を指す以外にもさまざまな意味があることがわかります。

 

旦那の語源は?

旦那の語源は次の通りです。

古代インドの言語のダーナというサンスクリット語

ダーナには施しという意味があり、僧侶に対する感謝の気持ちが込められています。

 

奉公人が施してくれる主人のことを旦那と呼んだり、相手を敬うために使ったりするなど、旦那にも主人と同じく上下関係、主従関係を含む時に使われていました。

現在では妻が自分の配偶者のことを旦那と呼ぶと下品な印象を与えることもあり、もともとの語源と現在のイメージがかけ離れている言葉です。

 

旦那の使い方は?

旦那の使い方を書きにまとめました。

  • 自分の配偶者を指して使う時:親しい友人や、親族と話す時に使われがち「うちの旦那が〜」
  • 相手の配偶者に対して使う時:旦那様と呼び、一般的に使われる「旦那様はお元気ですか?」

相手の配偶者に対して使う時には一般的に使われる言葉ですが、自分の配偶者を指す時には親しい人との間柄で使われます。

 

夫の意味や使い方とは?

夫の意味について、広辞苑無料検索には次のように述べられていました。

《「おひと(男人)」の音変化》配偶者である男性。結婚している男女の、女性を「妻」というのに対し、男性をいう語。亭主。「—のある身」⇔妻。

引用:広辞苑無料検索

結婚している男性のことを夫と呼び、夫の対義語は妻です。

 

法的な書類上の手続きをする時にも夫、妻が使われ、より公の場に適している言葉だと言えます。

旦那、主人に見られる主従関係の意味も含まれていません。

公の場や親しい友人との会話など、あらゆるシチュエーションに対応している言葉です。

 

夫の使い方の一例を、下記にまとめました。

  • 自分の配偶者を呼ぶとき:「夫は外出しております」「夫に聞いてみます」
  • 話している相手の配偶者に対して:使わない
  • 第三者の配偶者に対して:友人の夫は、DIYが得意です

上記のように自分の配偶者や、第三者の配偶者に対して使えますが、直接話している相手の配偶者に対しては使いません。

 

一般的に失敗のない配偶者の呼び方は使い分けることがコツ

日本では自分の配偶者を指す言葉がいくつかあり、相手や状況に合わせて使い分けることが大切です。

 

状況別の配偶者の呼び方で、ありがちな状況を下記にまとめました。

  • 年配の方と話す時には主人
  • 若い世代&公共の場で話す時には夫
  • 友達と話す時には旦那や名前でもOK

当項目では、シチュエーションに合わせた旦那の呼び方について具体的に紹介します。

 

年配の人や目上の人の方と話す時には主人

年配の方や目上の人と話す時には、自分の配偶者のことを主人と呼ぶと丁寧に聞こえます。

もともと一般的に配偶者のことを主人と呼ぶ傾向にあったため、主人と話すことに抵抗を感じない人が多く相手にとっても受け入れやすい呼び方です。

 

特に年配の方は、主人と呼ぶことと、男女平等問題の関係性を意識していない場合も少なくありません。

無難な呼び方とも言えます。

 

若い世代&公共の場で話す時には夫

若い世代&公共の場で話す時には夫呼べます。

主人でも間違いではありませんが、男女平等の概念から先ほど紹介した通り配偶者のことを主人と呼ぶことに対して抵抗を感じる人がいることも珍しくありません。

 

夫は、公の場でも、プライベートでも一般的に使える言葉です。

特に相手のことをよくわからないうちは、最も安全な呼び方だと言えるでしょう。

 

友達と話す時には旦那や名前でもOK

友達や親族など親しい人と会話をしている時には、旦那と呼んだり旦那の名前を呼んだり、ニックネームを使ったり好きな呼び方で呼べます。

 

相手との親しい間柄なので、

失礼に当たらないだろうか?

と心配することなく、自由に呼びましょう。

 

一般に失礼のない相手の配偶者の呼び方はご主人

誰かと会話をしている時に、相手の配偶者のことについての話題になることもありますよね。

相手の配偶者の呼び方を間違えてしまい相手に失礼にならないためにも、正しい使い方を把握しておきましょう。

 

相手の配偶者に対して一般的に使われる呼び方は、以下の通りです。

  • ご主人が一般的
  • 旦那様や名前でもOK

当項目では、会社や友達との会話の中で、相手の配偶者の話になったときに失礼にならない呼び方について紹介します。

 

ご主人が一般的

ごく一般的な言い方で、相手が嫌な気持ちになる可能性が低い言い方は、ご主人です。

ご主人は以下の状況で使えます。

  • あまり親しくない相手との会話
  • 親しい人との会話
  • 会社など公の場での会話
  • 上司との会話

 

親しい人はもちろん、あまり親しくない人や公の場や上司に対してなど、色々な場面に対応できるので便利です。

ご主人の使い方の一例を、下記にまとめました。

  • あまり親しくない人との会話(ママ友など):「ご主人風邪ひいたって言ってたけど具合はどう?」
  • 親しい人との会話:「いいよね〜ご主人優しいし」
  • 会社など公の場:「ご主人の出身はどちらですか?」「ご主人もお酒はお好きですか?」
  • 上司:「ご主人様によろしくお伝えください」「先日は〇〇課長とご主人様にお世話になりました」

上記のように、ご主人はいろいろな場面や相手に対して自然に使える言葉です。

 

旦那様や名前でもOK

親しい友達や、ある程度信頼関係にある間柄の場合だと、旦那様や相手の名前を呼ぶのも可能です。

特に親しい友達とは、夫婦で親しくしていることも珍しくありません。

 

親しい友達の配偶者に対しては

  • 〇〇くんと相手の名前を呼ぶ
  • 〇〇とニックネームを使う
  • 旦那さん、旦那様と呼ぶ

などの言い方ができます。

 

親しいママ友や、同僚などある程度の信頼関係にある間柄でも

  • 旦那様
  • 旦那さん

などと、相手の配偶者のことを呼んでも失礼に当たらない場合もあります。

 

もちろん、以下の要素も関係してくることを忘れないでください。

  • その場に誰がいるのか?
  • どこで話しているのか?

 

例えば、いくら親しい間柄だったとしても仕事中に上司がいる前で相手の配偶者のことを名前で読んだりするとその場の雰囲気が崩れる可能性も否定できません。

時と状況を考えて、大人の対応をしましょう。

 

まとめ

主人の意味や、使い方は次の通りです。

  • 妻が配偶者に対して使う
  • 公の場で使うこともできる
  • 上下関係がある印象を与えることもあるので男女平等の考えから好まない人もいる

 

自分の配偶者の別の呼び方を再度まとめました。

  • 旦那

 

相手や状況に合わせた配偶者の呼び方は、下記の通りです。

  • 年配の方と話す時には主人
  • 若い世代&公共の場で話す時には夫
  • 友達と話す時には旦那や名前でもOK

 

親しい間柄で、自分や相手の配偶者の話をする時には自分たちの好きな呼び方で呼べます。

しかし、上司や同僚、取引先、子供の学校など公の場で自分や相手の配偶者の話題になった時には丁寧な言い方を心がけましょう。

 

正しい意味や語源、使い方を知っているとスムーズで気持ちの良いコミュニケーションがしやすくなります。

 

旦那を英語で言うときの言い方や、旦那の呼び方についての別の関連記事もご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました