【年収低すぎ?!】旦那の平均年収はどれくらい?30代夫婦のお金事情を徹底調査!

旦那

「全然貯金できないけど、うちの旦那って年収低くない?」

「ほかの家庭と比べて、余裕がない気がする……」

「今後子供が大きくなったら教育費とか大丈夫かな?」

 

上記のようにお考えではありませんか?

 

結婚すると、周りの家庭との生活レベルをついつい比べてしまいますよね。

だからといってママ友に、「旦那の年収いくら?」なんて聞けないし……

また、旦那と同じ世代の男性と比べて、年収が平均値なのかは、気になるものでしょう。

 

この記事では、結婚適齢期の30代男性の年収について、次のような内容を解説していきます。

  • 30代家庭の平均年収はいくら位?
  • 年収を上げる方法って何があるの?
  • 旦那の年収の理想はどれくらい?

旦那の年収が平均と比べて低いのでは?と悩んでいる女性の方は、是非ご覧ください。

 

30代家庭の旦那は平均いくら位もらってる?

30代家庭の旦那はいくら位もらっているのでしょうか。

結論から言うと、下記が30歳~39歳の平均年収です。

30歳~33歳男性の平均年収:400万円~450万円
34歳~36歳男性の平均年収:450万円~500万円
37歳~39歳男性の平均年収:500万円~550万円

地域差にありますが、もし自分の旦那が30代で年収300万円台だとしたら、年収が低い方だと考えた方が良いでしょう。

そして旦那の年収が平均より低いならば、早めに何らかの策を練る必要があります

 

理由としては、下記が挙げられます。

・男性の年収が上がるピークは30代~40代
・50代以降はステイか、緩やかに下がっていく

上記をご覧いただいてわかる通り、順調に昇進を重ねていければ、30代前半から後半にかけて年収は伸びていく傾向です

 

男性の30代は、まさに働き盛り

早い人では主任・マネージャーなど管理職も任される等、スキルアップしていく大事な年代と言えます。

 

逆に言うと、ここで年収が上げていけないならば、40代以降はステイか緩やかに下がっていくのみ

もし今の時点で平均年収に達していなくて、かつ年収があがる見込みがないならば、

今後の人生計画に直結します

 

また、男性は30代前半から後半にかけて年収が上がっていく傾向にありますが、女性はほぼ変わらない傾向にあります

 

理由としては、

子育てで産休・育休を取り、職場復帰後は子育てをしながらバリバリキャリアアップするのは現実的に難しいから

 

旦那の年収が平均より低いならば、30代のうちに上げていくことが、人生設計において大変重要になるということです。

 

下記で30代の平均年収とその暮らしについて、詳しく見ていきましょう。

 

30歳~33歳男性の平均年収:400万円~450万円

30代前半の男性の平均年収は、400万円~450万円です。

 

上記の年収だと、下記が手取りの金額になります。

年間:約310万円~約356万円
月給:約20万円~約28万円 +ボーナス(約2か月分)

 

月の手取りが20万円だった場合、

家賃
食費
光熱費
教育費

上記を払っていくとなると、家族で生活をしていくには心もとないですよね。

 

男性の平均初婚年齢は、約30歳です

もし平均の年収額をもらっている旦那と結婚したとしても、共働きでないと厳しいのが現実。

その為、旦那の年収が平均以下ならば、30代中盤までの昇給をまずは目指しましょう。

 

昇給には女性のサポートが必須!

共働きして世帯年収UPはもちろん、日々のやりくりや、旦那の会社の昇給制度を把握する、転職の相談に乗れるよう日々のコミュニケーションも大切です。

 

また30代前半の夫婦は、子供はいないか就学前の家庭が多いのではないでしょうか。

今が貯め時!と心得て、

貯金はしっかりしておいた方が良いですね

 

年収が低くても、ある程度貯金があれば気持ちに余裕を持てるもの。

特にまだ子供がいないうちは、女性もしっかり働いて貯蓄を確保しましょう

 

その方が、

妊娠・出産で働けない間に使えるお金を確保することもできる

上記の理由で、一石二鳥ですよ。

 

上記のように30代前半夫婦の旦那の、年収が低い場合は、

・共働きで世帯年収アップ!
・旦那が昇給できるようにサポートする
・今のうちに貯蓄に精を出す

 

30代前半は男女ともに働き盛り

どちらも昇給を見据えてしっかり働くのが得策ですよ。

 

34歳~36歳男性の平均年収:450万円~500万円

34歳~36歳男性の平均年収は、450万円~500万円です。

上記の年収だと、下記が手取りの金額になります。

年間:約356万円~約390万円
月給:約28万円~約32万円 +ボーナス(約2か月分)

月の手取りが30万円に近づいてくると、生活にも大分余裕が出てきそうですね。

逆に月の手取りが20万円前半~中盤で停滞しているようなら、早急に働き方や仕事を見直す必要が出てきます

 

理由としては、男性が年収を上げようとすると30代が昇給のピークだからです。

 

また30代中盤家庭の場合、女性は産休・育休で職場をはなれなければいけないパターンが多いので、一時的に旦那の給与だけで生活を保っていく必要があるでしょう。

そしてそろそろ、

子どもの教育費についても考えなければいけなくなる時期

 

平均年収に達していないならば、今すぐに年収アップに向けて行動を起こすことをおすすめします

 

すぐに年収アップを目指すとなると、

もっと年収が高い会社へ転職する
副業を始める

上記が手っ取り早い方法です。

30代中盤なら、今の会社で今後どれくらい昇給できるかは、ある程度見えてくる時期でしょう。

 

また自分の得意分野、苦手分野についても把握できている年代なはず。

自分の状況を客観視して、身の振り方を考えましょう

 

また30代中盤夫婦は、そろそろ子供にもお金がかかってくる頃です。

幼稚園
習い事
イベント代

など、夫婦2人では必要がなかった出費も徐々に増えていきますね。

 

34歳~36歳で平均年収以下の方は、まずは今の会社で下記を確認しましょう。

今後マネジメント業務に携われるか
昇給に必要な資格はあるか、どこまで賃金に反映されるか
昇給が見込める部署へ異動は可能か

上司との関係が良好ならば、上司が30代だった頃の話も聞いて参考にするのも良いかもしれません。
上司に言いにくいならば、それとなく人事部に確認をしてみましょう。

 

今の会社で昇給が見込めなかったり、情熱を注げないようならば、

転職活動を開始する
副業を始める

上記をおすすめします。

 

また女性は、子供が小さい内は正社員でバリバリ社会復帰はできない可能性が高いです。

ポイ活、節約で家計の無駄をなくし、旦那の給与だけで生活することを目標に、家計を見直していきましょう。

 

これを機会に、子供が寝た後や、すきま時間にできる副業を始めるのもおすすめですよ。

 

37歳~39歳男性の平均年収:500万円~550万円

30代前半の男性の平均年収は、500万円~550万円です。

 

上記の年収だと、手取りの金額になります。

年間:約390万円~約420万円
月給:約32万円~約34万円 +ボーナス(約2か月分)

 

順調に出世をすれば、上記が37歳~39歳男性の平均手取り年収とその内訳になります。
年収500万円以上あれば、共働きをしながら子供2人くらいは、不自由なく育てて行けそうですね。

 

もし30代後半の旦那の年収が上記に満たないとしたら。
まず今の会社で働き続けていても、今後年収が上がっていく可能性は低いと思った方が良いでしょう。

 

30代後半にもなると、会社の昇給制度で簡単に年収を上げていくことは難しいですし、会社での立ち位置も固まってきているかと思います。

 

少しでも旦那に年収アップしてもらって、余裕がある生活を送りたい。

という家庭は、まず転職での年収アップを狙いましょう

 

30代後半男性が転職するならば、確実に年収アップが叶う会社に照準を合わせるべきです。

一時的に年収が下がるのはしょうがないかな……

と妥協して決めてしまうと、せっかく転職した意味がなくなってしまう確率が高くなります。

 

なぜかというと、40代以降で昇給をしていくには、よほどマネジメント能力が高かったり専門知識に長けていないと難しいから。

 

まずは転職した時点で、

37歳~39歳男性の平均年収に到達できるかどうか

上記を見定めましょう。

 

30代後半で転職する際は、転職エージェントに相談するのがおすすめです。

希望年収を伝えれば、どんな業種でどんな求人なら年収アップが叶うのかを、客観的な目線でアドバイスをくれますよ。まずは一度足を運んでみることをおすすめします。

 

旦那の給料を平均より低かったら?年収を上げる方法5選

今の会社で昇進を目指す

一番おすすめなのは、今いる会社で昇進を目指すこと。

 

今は転職市場も活発ですが、転職したからと言ってすぐに今の給与より昇給できるのか、入社後の昇給制度は面接の場だけで判断がしにくいです。

 

もし給与面以外の不満がないならば、今の会社に貢献することで昇給していくのが一番良いでしょう

30代男性が会社で昇給していくには、

リーダー・マネージャーなど管理職になる
スペシャリストを目指す
多忙な部署で残業をいとわずに仕事をする

上記の3つに絞られるかと思います。

ただ、3つ目の「残業をいとわず働く」のはあまりおすすめしません

 

最近は働き方改革で残業には厳しい目が向けれがちですので、

管理職
スペシャリスト

上記どちらかを選択できるのが一番です。

 

徐々に管理職に携われるように、リーダー候補に名乗りをあげるのが良いでしょう。

今の会社での立ち位置を1アップできることももちろんですが、もし転職することになった際もPRの材料になること間違いなしです。

 

でもうちの旦那は、人を引っ張るタイプじゃないかも……

とあきらめてしまう方もいるかもしれません。

しかし、今の時代引っ張るタイプよりも、若手とコミュニケーションを取りながら、柔軟に進めていけるリーダーが活躍していたりもします。

 

もし客観的に見て、

うちの旦那、意外と向いているのでは?

と思うならば、進めてみるのもありでしょう。

また、一つのことを極めたいタイプの旦那ならばスペシャリストを目指してもらうのがおすすめです。

 

必要な資格を取る

次におすすめなのは資格の取得

と言っても、やみくもに取得するのは時間の無駄になってしまいます。

じゃあ、どんな資格を取ればよいの?

 

上記のように悩んでしまう方も多いかと思いますが、ポイントとしては、

今の会社で生かせる資格
転職に有利な資格
独立を見据えた資格

上記3つに絞って取得する資格を決めましょう

 

まず今の会社で生かせる資格は早めに取得した方が良いでしょう。

会社によっては資格手当が出ることもありますので、年収アップに直結します。

 

また、会社での立ち位置が良い方に変化する可能性が高いので、昇格を狙う方には絶好のPRになるはずです。

 

会社での昇給に有利な資格が特にないならば、転職を見据えて資格を取っておくのもおすすめです。

例えば履歴書に記載すると注目される資格として、

TOEIC
英検

など英語力の証明となる資格があります。

 

今は転職市場において英語のできる人材の求人は多い傾向にありますし、履歴書に書いてあるだけで有能な人材であることのPRになります。

 

ただし、TOEICは900点以上英検は2級以上が望ましいので、早めにコツコツ勉強して取得しておいた方が良いでしょう。

 

他にはMOSなどのPC関連の資格も、転職活動に有利に働く可能性が大きいです。

30代以降で多いマネジメントスキルのPRとして、

メンバーの数字管理ができる
データ管理をスムーズに効率的に行える

ことは、一つの武器になります。

 

エクセル、ワードをハイレベルで使いこなせる人材だということが示せるように、取得をおすすめします。

 

異動を申し出る

今の会社、今の部署にい続けるだけでは昇給が難しい場合、部署異動を申し出るのも一つの手段です。

 

ただし部署異動は、会社によっては社員から申し出るのが難しい場合があるので、会社の方針や文化をあらかじめ調べておいた方が良いでしょう。

それでも異動によって昇給や立場を変えたい場合は、チャレンジすることをおすすめしますよ。

 

同じ会社で異動によって昇給が見込めるのは、

営業等のインセンティブが付きやすい部署
専門知識が要求される部署
転勤がある部署

上記3つが挙げられます。

 

まずは同じ部署の上司に、それとなく異動について相談してみましょう。

その際、

今の会社で、〇〇の経験を積んでいきたい
○○の資格を取得したので、活かせる部署で経験を積みたい

など「今後も会社に貢献できる人間であり続けたい」という理由で申し出るのが、受け入れられやすいかと思います。

 

もし同期など親しい間柄の人間が希望する部署にいるならば、給与や部署の雰囲気などを聞いてみるのも良いでしょう。

 

異動については、社内での立場が悪くならないように細心の注意を払いながら動くのがおすすめです。

 

転職をする

「今の会社での昇給はどうしても難しい」となった場合は、転職を真剣に考えてみるのがおすすめです。

30代は現在売り手市場という状況から考えても、転職市場において有利な年代です。

 

ただし、転職での年収アップを目指すには2つのポイントがあります。

即戦力かどうか
マネジメント経験の有無

上記を満たした人材は、転職での年収アップの可能性が高くなります。

 

またおすすめの業種としては、

建築、土木
IT/通信
機械/電気

上記の3業種は、専門知識が必要な場合が多いですが、人手不足が顕著なのでねらい目です。

 

また30代は、リーダーポジションでの活躍を期待される年代でもあります。

 

もしリーダー経験がなくても、チームの中でどのように役割を全うしたか自分自身で考え能動的に行動したかをしっかりPRして、リーダー候補として採用されるように努めるのが得策です。

 

副業をする

 

年収が低くても、残業が少ない仕事ならば、空き時間で副業をするのもおすすめです。

今は副業を容認する会社も増えていますし、元手なしで始められる副業も多いです。

 

副収入ができると気持ち的にも余裕ができますよ

まずは、月に1~2万円を目標に始めてみてはいかがでしょうか。

 

日中はたらいている人が空き時間で効率よく稼ぐ副業としては、下記がおすすめです。

転売(せどり)
WEBライティング
ECサイト運営

せどりは、人気があるものを仕入れてネット上で仕入れ値よりも高く売る方法です。

ゲーム機、おもちゃ、PC用品など、様々なジャンルがあるので、最初は特定のジャンルに絞った方が始めやすいでしょう。

少しでも興味や知識があるジャンルの方が、楽しく続けられるのでおすすめです

 

次にWEBライティングは、クラウドソーシングのサイトを通じて仕事の受注から納品までを行います。

比較的案件が多いサイトは、

CroudWorks
ランサーズ

上記の大手クラウドソーシングサイトです。

初心者で始める場合、最初の内は1文字単価が低い案件をこなして経験を積む必要がありますが、経験が上がると1文字当たりの単価が高い案件を受注でき、効率よく稼ぐことが可能になります

 

まずは1文字の単価を1円以上にすることを目標に始めるのが良いでしょう

知識と経験を積めば、自分自身でブログを開設してアフェリエイトで稼ぐ道も開ける可能性がありますよ。

 

次のECサイトというと、楽天やAmazonを思い浮かべる方が多いと思いますが、個人商店のようなECサイトも多数存在しています。

 

ちょっと難易度が高そう……

と思うかもしれませんが、今は「BASE」というネットショップ(ECサイト)を簡単に作れるサービスもあるので、始めるハードルは大分下がっていると言って良いでしょう。

無料で始められて、維持費もかかりません。

 

でも、楽天とかAmazonで買う人がほとんどでしょ。

上記のように思うかもしれませんが、楽天やAmazonは商品が多すぎて選びにくい、売る人の個性が見えない……と考える人も一定数います。

 

ECサイトは、いわばその人だけのセレクトショップを運営するようなもの。

自分の趣味の知識を反映させて楽しみながら運営するのが、長く続けられるポイントです

 

上記のように、今は副業を容認する会社が増えていますし、副業を始めるハードルも下がっています

すぐに大金を稼ぐ方は少数派なので、まずは自分が興味を持った分野で検討するのが良いでしょう。

 

また夫婦で協力して稼ぐこともできるので、一度家族で検討してみるのも良いのではないでしょうか。

 

旦那の年収 理想はどれくらい?

上の章では、30代男性の平均年収と、比べて低い場合の対処方法を扱ってきましたが、そもそも旦那の年収どれくらいが理想でしょうか

もちろん多ければ多いほど良いに越したことはないですが、「どういう生活をしたいか」によって理想は変わってくるものです。

 

結果としては、1000万円以上あれば勝ち組という意見もありましたが、現実的な値として、

1位:500万円位以上
2位:600万円以上
3位:700万円以上

という答えが多かったです。

 

専業主婦でいたいという希望がない限り、「自分も社会復帰する」前提での、現実的な値と言えるでしょう。

実際、勤続年数が長いほど給与があがることはほぼないと言って良いので、昇給はしずらい世の中になっていると考えるのが自然です。

 

それならば、

 

女性がバリバリ働く
副業などで世帯年収を上げる

という考えの方が効率的だというものです。

 

今は年収アップするにも色々な方法があります

旦那の年収アップだけに着目せずに、ストレスなく楽しんでできる仕事で、結果的に年収アップをかなえられるよう支えてあげられると良いですね。

 

まとめ

この記事では、旦那の年収が平均より低いかも?と悩んでいる女性に、平均額とそれより低い場合の対処法を解説しました。

 

30代男性の平均年収は、下記です。

30歳~33歳:400万円~450万円
34歳~36歳:450万円~500万円
37歳~39歳:500万円~550万円

 

また年収アップにおすすめの方法は下記が挙げられます。

今の会社で昇進を目指す
必要な資格を取る
異動を申し出る
転職をする
副業をする

 

上記平均より低い場合は、下記5つの方法で年収アップを狙うのがおすすめです。

今の会社で昇進を目指す
必要な資格を取る
異動を申し出る
転職をする
副業をする

30代男性は、まさに働き盛り。

年収が上がりやすい年代であることは間違いありません

 

上記の平均年収と比べて旦那が低いようならば、早めに何らかの手が打てるようにサポートしてあげましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました