【高収入!】旦那が税理士だとどんな生活になる?メリットとデメリットを解説!

旦那

「旦那が税理士だと、どのような生活になるのかな?」

「旦那が税理士になりたがっている!どうすればなれるの?」

「税理士と結婚するにはどうしたらいい?」

上記のようにお考えではありませんか。

 

税理士というと高収入なイメージがあるので、どんな生活をしているのか気になるところでしょう。

そこで当記事では、以下の内容について紹介していきます。

  • 旦那が税理士!税理士とはどんな仕事?
  • 旦那が税理士のメリット3選
  • 旦那が税知りのデメリット3選

 

当記事を読んでいただくと、旦那が税理士であることのメリット・デメリットや旦那が税理士を目指す際の妻の心得などが分かりますよ。

税理士の旦那について詳しく知りたいとお考えの方は、ぜひ最後までご覧ください。

 

旦那が税理士!税理士とはどんな仕事?

この章では、税理士とはどのような仕事なのか解説していきます。

税理士は、税の専門家として納税者が自らの所得を計算し、納税額を算出する申告納税制度の推進の役割を担います

参考サイト:日本税理士会連合会

 

具体的には下記が主な業務です。

  • 税務代理
  • 税務書類の作成
  • 税務相談

「税理士の独占業務」は、税に関する専門的な知識を用いて、会社や個人事業主の代わりに専門業務をするのがメインの仕事です。

上記3つの業務を税理士じゃない人が行うのは、税理士法で禁止されています。

 

上記以外にも、

  • 会計処理のサポート
  • コンサルタント業
  • 組織再編税務
  • 起業支援

など、近年税理士の業務の幅は広がりを見せていると言えるでしょう。

 

上記のように専門知識を用いて様々な業務を行う税理士ですが、試験に合格するのは難しいと考えられます。

ちなみに2020年時点での合格率は下記のとおりです。

令和2年度の税理士試験の学歴別の合格率は、大学在学中が32.6%、高校・旧中卒が23.8%、大学卒が19.3%となっています。

また、短大・旧専卒は17.3%、専門学校卒は16.8%となっています。

キャリアガーデンより

 

上記のように大学在学中が一番合格率が高く30%を超えてますが、合格率は20%以下が平均と考えて間違いないでしょう。

専門性の高い職業なので、高収入なのも納得できますね。

 

旦那が税理士のメリット3選

旦那が税理士だとどのようなメリットがあるのかを紐解いていきます。

 

旦那が税理士だと、

  • 真面目で堅物なイメージがあるけどどうなのかな?
  • 1日中家にこもっていそう・・・
  • 一年中忙しそうだけれど、家事は協力できる?

など様々考えてしまいますが、どのようなメリットがあるのでしょうか。

 

考えられるメリットを3つご紹介します。

  • 士業なので社会的な信頼がある
  • 営業職なのでコミュニケーション能力が高い
  • 年収が比較的高い

では、それぞれ詳しく見ていきましょう。

 

士業なので社会的な信頼がある

1つめは、士業なので社会的な信頼があることです。

士業とは、弁護士・公認会計士など『士』がつく職業のことで、専門性の高い職業が多い傾向があります

 

士業の中でも税理士は、会社の会計や個人の財産などお金に関する業務を代行するので、

  • 信頼と人望がある
  • 社会的地位が高い

上記のように、社会的にも人柄的にも信頼されやすいといったメリットがあると言えるでしょう。

 

税理士の旦那

というだけで社会的な信用を得られるのはもちろん、どこに出しても恥ずかしくない自慢の旦那だと胸を張れますね。

 

営業職なのでコミュニケーション能力が高い

2つめは、営業職なのでコミュニケーション能力が高いことです。

税理士って机に向かってることが多いんじゃないの?

上記のように考えている女性は多いでしょう。

 

しかし、税理士の仕事は資格さえとれば自然に仕事が舞い込んでくるわけではありません。

資格取得後に、法人や個人事業主に自ら営業をかけて顧客を勝ち取っていく必要があるです。

つまり、コミュニケーション能力が高くないと税理士として成功するのは不可能と言えます

 

つまり税理士は、専門的な知識が豊富なことに加え、

  • クライアントの要望をしっかり聞く
  • クライアントのお困りごとに適切な助言を行う
  • クライアントに信頼をしてもらうために真摯に対応する

上記のように、相手のことを第一に考える人柄も大切な仕事と言えるのです。

 

専門的な知識に加え顧客に真摯に向き合う姿勢を持った税理士の旦那は、

  • 人見知りしないので親戚付き合いも円滑
  • 気遣いができるので、子供の行事の手伝いも任せられる
  • 自信を持って紹介できる
  • 誠実な人柄なので、家族に対しても真摯

上記のように多くのメリットが考えられます。

 

年収が比較的高い

3つめは年収が比較的高いことがあげられます。

税理士というと高給取りのイメージを女性が多いかと思いますが、実際にも平均年収が高い傾向があるのは事実です。

 

2018年度の税理士の平均年収:892万円
厚生労働省「賃金構造基本統計調査」より

ちなみに、サラリーマンの平均年収は461万円と言われているので、平均年収が倍近いことがわかります。

 

専門知識が必要な職業なので、経験が浅い20代で比べても、同じ年齢のサラリーマンより比較的高めの年収を得ている場合が多いようです。

経験を積んだり役職手当などの積み重ねによって、年収1000万超えの収入を得ている税理士も少なくありません

 

教育資金などが必要になることを考えると、収入が多いことに越したことはないですよね。

年収がサラリーマンに比べて高いことも、税理士の旦那を持つ大きなメリットと言えるでしょう。

 

旦那が税理士のデメリット3選

次に、旦那が税理士だとどのようなデメリットがあるのでしょうか。

税理士の旦那は、収入面人柄共に申し分ない配偶者に思えますが、もちろんデメリットも存在します。

 

考えられるのは以下の3つです。

  • 11月〜5月が繁忙期!家に帰れないことも多い
  • お金に厳しい人が多い
  • 中には年収が低い税理士もいる

では、それぞれ詳細を見ていきましょう。

 

11月〜5月が繁忙期!家に帰れないことも多い

1つめは、11月〜5月が繁忙期で家に帰れないことも多いくらい忙しいことです。

 

蒸気については3つの要因が考えられます。

  • 1月〜3月は個人の確定申告の時期なので依頼が集中する
  • 9月と3月の年に2回、法人は決算があることが多く、決算月の2ヶ月後に確定申告の書類を税務署に提出しなければならない
  • 12月と1月は年末調整がある

上記のように、11月〜翌年5月あたりまでの7か月間は常に忙しいと考えられます。

 

1年の半分以上が繁忙期ということになりますので、

  • 家事・育児がワンオペになる
  • クリスマス、年末年始など大きなイベントができない
  • 子供の入学式や卒業式などに参加できない

など様々な影響が考えられます。

 

毎日行う家事や育児の分担は、早めに話し合っておく必要がありそうですね。

またどうしても出席してほしい行事も、早めに伝えておき時間を作ってもらうことが必要になると言えるでしょう。

 

お金に厳しい人が多い

2つめはお金に厳しい人が多ことが考えられます。

 

家庭を持つと、妻がお金の管理をして毎月一定の金額を旦那に渡すパターンが多いでしょう。

しかし税理士の旦那だと細かく口出しされる可能性があります

税理士はお金のスペシャリストといっても過言ではないので、仕方ない部分もあるかもしれません。

 

私も口出しされるくらいなら仕方がないにしても、家計管理を旦那が行うことになると、妻としてはやりにくいですよね。

  • 生活に必要な最低限のお金しか渡されない
  • 節約を強要される
  • 美容院、化粧品代などを「無駄な買い物」と言われる

上記のように不安は尽きません。

 

節約をするのはもちろん大切ですが、あまり厳しく管理されると息が詰まってしまいますよね。

税理士の旦那は頼りになる場面も多いですが、一緒に家計を管理していくとなると妻のストレスになる可能性も考えておいた方が良いでしょう。

 

中には年収が低い税理士もいる

3つめは、中には年収が低い税理士もいることです。

 

年収が低い税理士がいる理由としては、下記が挙げられます。

  • 顧客が少ない事務所で働いている
  • 税理士全体の人数が増加傾向にある
  • 人気商売のため、評判によって年収が左右される

税理士なら誰でも高収入というわけではないということを、頭にいれておかなければなりません。

 

旦那が税理士に転職希望!?税理士になる方法とは?

旦那が税理士になりたがっているんだけれど、税理士になる方法は?

税理士は国家資格のため、合格すれば安定した収入が得られる魅力的な職業です。

もし旦那が税理士に転職したいと思っている場合、妻としても応援してあげたいですよね。

 

税理士になるためには、税理士試験に合格して資格をとることが必要です。

税理士試験とは、税理士になるために必要な学識及びその応用能力を有するかどうかを判定する試験で、年1回実施されます

参考サイト:日本税理士会連合会

 

では、税理士試験とは具体的にどのような内容なのか、受験資格や試験の内容について詳しく見ていきましょう。

 

税理士試験の受験資格

まず、税理士試験を受けるには受験資格が必要です。

受験資格は以下の3つに分類されます。

  • 学識による受験資格
  • 資格による受験資格
  • 職歴による受験資格

参考サイト:日本税理士会連合会

大学・短大及び高等専門学校ですでに受験資格を持っている場合は、すぐに試験に挑むことができます。

 

しかし学識がない場合は、下記が必要です。

  • 資格:日商簿記検定1級、全経簿記検定上位の資格を持っている
  • 職歴:個人の会計、資金の貸付や運用、税理士などの補助業務に規定の年月従事していた

 

税理士試験は希望すれば誰でも受験できるというわけではなく、受験するための資格も必要なのですね。

税理士として活躍するまでには、長い道のりを越えなければいけないことを覚悟しておいた方が良いでしょう。

 

税理士試験の内容

次に、税理士試験の内容について詳しく見ていきます。

 

試験科目は、会計学に属する科目(簿記論及び財務諸表論)の2科目(必修)と税法に属する科目(所得税法、法人税法、相続税法、消費税法又は酒税法、国税徴収法、住民税又は事業税、固定資産税)のうち受験者の選択する3科目(所得税法又は法人税法のいずれか1科目は必ず選択)です。
税理士試験は科目合格制をとっており、受験者は一度に5科目を受験する必要はなく、1科目ずつ受験してもよいことになっています。合格科目は生涯有効です。

参考サイト:日本税理士会連合会

税理士試験は必修2科目と選択3科目の計5科目で構成されています。

5科目の合格が条件なのですが、1年でまとめて合格する必要はないのが大きな特徴です。

 

毎年1科目ずつ受験しても良いですし、5科目一気に受験するのも可能と言えます

また一度合格した科目は生涯有効ということなので、受かってしまえば他の科目に専念できるのがありがたいですね。

 

しかしどの科目も、合格率は10%から20%と言われています。

5教科全ての合格を勝ち取るには、数年かかることを覚悟して地道に取り組むことが必要でしょう。

 

税理士試験に受かったあと、税理士になるための必要条件とは?

税理士試験に合格したらすぐに税理士として働けるわけではありません。

税理士試験に受かってから税理士として働くまでには、必要な条件があります。

  • 2年以上の実務経験が必要
  • 税理士の資格を取得した後に日本税理士会連合会に登録しなければならない

 

上記のような条件を満たして、初めて税理士として働くことができるのです。

試験に受かるのがゴールではないということを覚えておく必要がありますね。

 

旦那が税理士に転職希望の人の体験談3選

次に、旦那が税理士に転職希望の人の体験談を3つご紹介します。

旦那が税理士に転職希望の場合、妻としても全力で応援してあげたくなりますよね。

しかし合格までには何年もかかる可能性も高いため、支え続けることを不安に思う女性も多いでしょう。

 

税理士に転職したがっている旦那を持つ女性の体験談は下記です。

  1. 旦那が税理士になるために退職しようとしていて不安
  2. 旦那が仕事をやめて税理士の勉強中!先が見えない……
  3. 税理士として開業したがっている旦

では、それぞれ詳しく見ていきましょう。

 

旦那が税理士になるために退職しようとしていて不安

1つめは、旦那が税理士になるために退職しようとしていて不安な体験談です。

旦那は今は普通のサラリーマンなのですが、税理士に興味があるようで退職して勉強に専念したいと言っています
やりたいことがあって転職を考えるのはいいのですが、勉強のために一回無職になるというのが納得できません

 

上記の旦那は税理士の資格試験の勉強に集中するため、仕事を辞めようとしているようです。

確かに税理士になるための試験の、合格率は10%か20%と決して高くはないため、集中して勉強したほうが良いとは言えます

しかし難しい試験のため、資格取得までに何年もかかる可能性も捨て切れません。

 

妻もバリバリ働いている家庭なら退職して資格試験の勉強に集中する選択肢もありますが、無職の期間ができてしまうというのは心配ですよね。

もし思うように資格取得がならず、無職のまま数年が過ぎると次の転職にも悪影響になることが考えられます。

妻として、慎重に考えて欲しいと思うのは当たり前のことと言えるでしょう。

 

旦那が仕事をやめて税理士の勉強中だが先が見えない

2つめは、旦那が仕事をやめて「税理士の勉強中だが先が見えない」という体験談です。

旦那は4年前に会社を退職して税理士の勉強をしています。
しかし、未だ合格科目は2つだけ……合格するのはいったいいつになるのか……
働いていた頃はかっこよく見えた旦那も、今は霞んで見えます。
今後の生活がどうなるのか不安でいっぱいです。

勉強に専念できる環境なのに4年かかってもまだ合格できていないのは、不安を通り越してイライラしてしまいそうですね。

4年間で2科目しか合格していないということは、あと3科目合格するのに6年かかる計算になります。

子どもがいないうちは許せるものの、旦那が定食につかない状態をいつまでも続けるわけにはいきませんよね。

 

〇年以内に合格しなければ、税理士は諦める

などの約束を、あらかじめしておくことも必要かもしれません。

 

旦那が税理士として開業したがっている

3つめは、旦那が税理士として開業したがっている体験談です。

私の旦那は、企業の経理部で仕事をしながら税理士試験に合格しました。
そこそこ大きい企業なので、ありがたいことに年収も1000万ほど頂いています。
安定した生活を送れているので私はこのままでいてほしいのですが、旦那は税理士として1人でやっていきたいと考えているようです。
独立したら0からのスタートになってしまいます。
今の生活を捨てるなんて考えるだけでおそろしいです……

働きながら税理士試験に合格するなんて、とても優秀な旦那さんなのでしょう。

 

せっかく頑張って資格を取得したのだから、自分の力だけでやってみたい

と言う旦那の考えは応援してあげたい気持ちは山々でしょう。

 

しかし、個人事務所を開いて軌道に乗せるまでには長い時間を要する可能性があります。

せっかく大手の企業で経済的に安定しているのですから、妻としては慎重に考えて欲しいと思うのも無理はないでしょう。

 

補足:税理士の男性と出会うにはどうすればいい?

補足として、税理士の男性と出会うにはどうすれば良いのでしょうか。

税理士は高収入ですし、専門職を生かして働いている男性は魅力的ですよね。

 

税理士の男性と出会うためには、以下の3つの方法が考えられます。

  • 税理士事務所で働く
  • 税理士を目指している友人を作っておく
  • 婚活サービスを利用する

では、それぞれ詳しく見ていきましょう。

 

税理士事務所で働く

1つめは税理士事務所で働くことです。

税理士事務所なら確実に税理士と知り合うことができます

 

税理士は事務作業が多くあるので、事務所内で業務をしている時間がほとんどです。

また一年の半分が繁忙期のため、女性と知り合いたいと思っても出会いの場に行く時間が取れない可能性が高いでしょう。

 

同じ事務所で働いていれば自然と恋愛対象として見てもらえる確率が上がります

一緒に働いていればお互いのことを知ることにも繋がるので、お付き合いまで発展させやすいのではないでしょうか。

 

税理士を目指している友人を作っておく

2つめは、税理士を目指している友人を作っておくことです。

 

大学時代に税理士を目指している人がいたら仲良くなっておくことで、

  • 税理士の友人とお付き合いに発展する
  • 税理士の友達を紹介してくれる
  • 税理士との合コンを開いてくれる

上記が期待できます。

 

税理士は女性との出会いが少ないため友人主催の合コンや紹介で知り合うことも多いようです。

友人の紹介なら相手の身元もしっかりしていますし、多忙な彼らにとっては安心材料となるのでしょう。

 

婚活サービスを利用する

3つめは、婚活サービスを利用することです。

結婚相談所などの婚活サービスでは職業の登録があるので、税理士の人を選んで出会うことができます

他の方法に比べて費用はかかってしまいますが、その分確実に出会うことができるでしょう。

 

また、最近は婚活アプリで出会う方も増えています。

女性は無料で利用できるところが多いですし、結婚相談所よりも気軽に会えることもメリットと言えるでしょう。

 

補足:旦那が「税理士として開業する・したい」と言っている場合の対処方法は?

最後に、旦那が「税理士として開業する・したい」と言っている場合に妻はどうしたらいいか、説明します。

税理士として開業するのはさまざまなリスクを伴います

 

そこで妻としてはどのような点に気をつければいいかというと、以下の3つが考えられるでしょう。

  • 生活費は避けて準備しておく
  • 子どものケアをする
  • 旦那を信じて応援する

では、それぞれ詳細を見ていきましょう。

 

生活に必要なお金と事業に投資するお金は分ける

1つめは生活費と事業に投資するお金は分けて準備することが考えられます。

 

開業=経営者になるということなので、毎月一定の給料が保証されるサラリーマンとは違い、

  • 事業として利益を出さなければいけない
  • 事業を継続するために借金をする可能性もある

上記のような不安定な状況になってしまうことも考えられます。

 

つまり、生活に必要なお金は別で確保しておく必要があるのです。

事業継続にあたっては「これ以上の損失が出たら撤退しよう」と上限を決めることも必要と言えるでしょう。

 

成功するまでチャレンジするというのも大切ですが、上限を決めずに借金を増やしてしまうのはリスクが大きすぎます。

旦那が暴走しないようにきちんと管理できたら良いですね。

 

子どものケアをする

2つめは子どものケアをすることです。

経済的に不安定な環境になると、旦那がイライラすることも考えられるので、子どものストレスも増えてしまいます。

 

経営状況が悪い時でも、家族への対応はいつもと同じにしましょう

旦那は仕事のことで頭が一杯になり余裕がなくなるかもしれないので、妻であるあなたが率先して配慮できたら良いですね。

 

旦那を信じて応援する

3つめは、旦那を信じて応援することです。

開業にはたくさんのリスクが伴うかもしれませんが、挑戦しなければ成功することがないのも事実と言えます。

 

大切なのは、ただ夢を語るだけでなくきちんと計画を練って家族の了解を得たうえで挑戦してもらうことです。

 

旦那が真剣に開業を目指している場合、

  • 旦那の事を責めすぎない
  • 事業が不安定な時も明るく接する
  • いつでも相談に乗れるようにしておく

など、妻としてできる限りの協力はしてあげたいものですね。

 

まとめ

税理士とは、税のスペシャリストとして企業や個人の代わりに専門業務を代行する人です。

 

旦那が税理士であるメリットは以下の3つがありました。

  • 士業なので社会的な信頼がある
  • 営業職なのでコミュニケーション能力が高い
  • 年収が比較的高い

 

旦那が税理士であるデメリットは以下の3つがありました。

  • 11月〜5月が繁忙期!家に帰れないことも多い
  • お金に厳しい人が多い
  • 中には年収が低い税理士もいる

 

旦那が税理士に転職希望の場合、税理士になる方法として下記解説しました。

  • 税理士試験の受験資格
  • 税理士試験の内容
  • 税理士試験に受かったあと、税理士になるための必要条件とは?

 

旦那が税理士に転職希望の人の体験談3選として、下記解説しました。

  • 旦那が税理士になるために退職しようとしていて不安
  • 旦那が仕事をやめて税理士の勉強中だが先が見えない
  • 旦那が税理士として開業したがっている

 

税理士の男性と出会うには下記3つの方法がおすすめです。

  • 税理士事務所で働く
  • 税理士を目指している友人を作っておく
  • 婚活サービスを利用する

 

旦那が「税理士として開業する・したい」と言っている場合の対処方法は、下記が考えられます。

  • 生活に必要なお金と事業に投資するお金は分ける
  • 子供のケアをする
  • 旦那を信じて応援する

 

税理士は高収入で誠実な人が多いというメリットがありますが、繁忙期が長く多忙であるとのデメリットもありました。

旦那が税理士を目指している場合は、デメリットも考慮した上で挑戦してもらうか考えたいものですね。

 

税理士の旦那がいるとどのような生活になるのか知りたいとお考えの方は、ぜひ当記事を参考にしてみてください。

 

旦那がかまってくれなくて寂しいときの、対処方法やNG 行動については下記で解説しています。

 

旦那が転職することになって不安な女性は、下記記事も参考にご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました