【キツい?】旦那の年収が700万だと勝ち組?年収700万の旦那を持つ妻の実態!

旦那

「旦那の年収がどれくらいだと勝ち組なの?」

「旦那の年収が700万円だと生活は楽?

「旦那が年収が700万円だと専業主婦になれる?」

と考えていませんか?

 

誰でも生活が楽になったり、専業主婦に憧れますよね。

年収700万円の旦那を持つ妻はどのような暮らしをしているのでしょうか?

 

この記事では下記について説明していきます。

  • 旦那の年収が700万だと勝ち組?生活は楽?
  • 旦那の年収が700万円専業主婦の生活費は?
  • 旦那の年収が700万円で生活が苦しい人の特徴!

旦那の年収が700万円だとどんな暮らしができるのか知りたい方は是非最後までご覧ください。

 

旦那の年収が700万だと勝ち組?生活は楽?

旦那の年収が700万だと勝ち組なのでしょうか?どんな生活が送れるのでしょうか?

 

下記で紹介していきます。

  • 年収700万円人はどれくらいいる?
  • 専業主婦になるには、旦那の年収がどれくらい必要なの?
  • 年収700万円の生活レベルは?
  • 年収700万円の手取りはどれくらい?
  • 年収700万円でマイホームは可能? 住宅ローンは組める?

では見ていきましょう。

 

年収700万円人はどれくらいいる?

実は年収700万円台の方は、4.4%しかいません。

引用:国税庁による「民間給与実態調査

日本の約半数が年収0~400万円の収入で、一般的にも日本人の平均年収は400万前後といわれますよね。

数字で見ると100人に4~5人ほどということになり少ないように感じるでしょう。

 

専業主婦になるには、旦那の年収がどれくらい必要なの?

地域や状況にもよりますが、専業主婦になるためには旦那の年収は最低500万円が必要と言われています。 

引用:PRTIMESアンケート

共働きの家庭が増えている現代ですが、専業主婦を希望する女性は増えおりますが、年収300~400万円の専業主婦家庭もあります。

 

「年収500万円でもギリギリなのに、300~400万円で生活できるの?」と疑問に感じる方も多いでしょう。

支出が少なければ、年収300~400万円でも専業主婦になることは可能です。

 

持ち家があったり、車なしで生活している場合は 支出を大幅に削減できるため、年収300~400万円でもゆとりのある生活ができる可能性があります。

 

ですので、旦那の年収が700万円あれば専業主婦になることは可能です。

 

年収700万円の生活レベルは?

独身の場合は年収700万円の場合かなり余裕のある暮らしができますが、家族がいる場合はどうなのでしょうか?

妻が専業主婦になることを想定に考えてみると、2人分の生活費がかかってくるため、支出も倍になってきます。

 

厚生労働省による国民生活基礎調査によると、2018年の全世帯の所得平均は552万円で、年収に換算すると700万台ということになり、年収700万円はごく平均的な年収です。

そのため、生活費用を支払うことだけでも、かなりの支出になることが考えられるため、日頃から節約を意識した生活を送っていく必要があります。

さらに子供がいた場合は、もっと節約していく必要が出てくるでしょう。

 

年収700万円の世帯で子供がいた場合は生活が厳しいわけではないものの、余裕があるとは言い切れないです。

ボーナスが出る家庭の場合は、毎月の給料だけで生活費を工面するだけでかなり逼迫することも考えられます。

そのため、ボーナス分をそのまま貯蓄するのがおすすめです。

 

年収700万円の手取りはどれくらい?

年収700万円の手取りは530〜560万円で、月収に換算すると約40万円となります。

賞与の有無によって月収の金額に差が生じるため、賞与がある場合とない場合の手取り額についてみていきましょう。

 

【賞与あり】
手取り月収:530~560万
手取り月収:30~40万円
賞与:100~200万円
【賞与なし】
手取り月収:530~560万
手取り月収:40~46万円

年収が700万円というのはあくまでも額面上の税金などが差し引かれる前の金額であって、もちろん700万円そのままもらえるという訳ではありません。

 

年収700万円であれば、所得税や住民税、社会保険料、年金などで200万円前後差し引かれます。

200万円も引かれてしまうなんて、驚きです。

 

年収700万円でマイホームは可能? 住宅ローンは組める?

年収700万円でマイホームを購入することは可能といえます。

マイホームを購入する際に重要になってくるのは、ローンを組む際の「融資限度額」です。

 

年収700万円の方の場合、フラット35の基準では年間245万円返済していける計算となります。

しかし、その場合は月々の負担額が20万円を超えるため、あまり現実的な数字ではないことがわかるでしょう。

 

そのため、年収700万円の方の場合年間借入額150万円前後が現実的な金額です。

その場合、月々の返済額は12万円程度となり、住居費以外の用途にもお金を使うことができます。

 

旦那の年収が700万円専業主婦の生活費は?

旦那の年収が700万の専業主婦の生活費はどれくらいかかるのでしょうか?

 

下記で紹介していきます。

  • 生活費はどれくらいかかる?
  • 子供2人いる家族4人の場合

では見ていきましょう。

 

生活費はどれくらいかかる?

夫婦2人の場合生活にかかる固定費は家庭にもより異なります最低限下記のものが必要になります。

金額としては10万~25万はかかるのではないでしょうか。

  • 食費
  • 家賃(ローン)
  • 通信費
  • 水道光熱費
  • 保険

どれも削れない固定費ですが、できる限り節約しても10万くらいが限度ではないでしょうか。

 

子供2人いる家族4人の場合

子供がいるともちろん支出は増えます。

 

上記の固定費に加えてかかってくるのはこのあたりでしょうか。

  • 学費
  • 子供習い事
  • 医療費
  • 学資保険
  • 衣服代

食費も倍増しますね。

 

固定費+5~10万は見ておくといいでしょう。

 

旦那の年収が700万円で生活が苦しい人の特徴!

旦那の年収が700万なのに生活が苦しい人はどんな特徴があるのでしょうか。

 

下記で紹介していきます。

  • 中流階級ほど無駄な出費が多い
  • 節約ができない人が多い
  • 「背伸び」が命取り
  • 「普通より上」と思っている

では見ていきましょう。

 

中流階級ほど無駄な出費が多い

年収700万円は中流階級といえますが、中流階級の人ほど無駄な出費が多いと言われています。

人は収入の額にそってお金を使ってしまいがちです。

むしろ少し背伸びをしてしまいます。

 

年収700万円でも、5000万円以上のローンを組む人、少し高級なマンションや新築物件を購入する人は少なくないです。

「他人よりも、ちょっとだけいい場所、いい家に住みたい」という欲望が、貴重な老後の資金と引き換えになってしまうのです。

住まいが都心であればもっと高い物件を購入してしまうケースもあるでしょう。

 

子供の教育もまったく同じです。

他の家の子よりも、少しでもいい大学に行き、いい仕事についてほしい。そう思った瞬間から、終わりなき「出費のスパイラル」が始まる。

子供を私立の学校に入れてから、生活が苦しくなったという家庭は跡を絶ちません。

 

たとえ収入が多くとも、私立の中高一貫校は公立の3倍、最低でも年間150万円以上は学費がかかるのです。

そのうえ、私立の場合は保護者同士の付き合いも公立に比べて密でお金がかかるので、ついつい見栄を張ってしまい、暮らし全体がインフレしてしまいます。

普通より少しお金があるという過信が無駄な出費を引き起こすのです。

 

節約ができない人が多い

ふつうは、年収700万があれば余裕をもって暮らせるはずです。

しかし、人は毎年700万円が入ってくると、自然と700万円に見合った額を使ってしまいます。

 

入るお金の額が多いか少ないかは、節約できるかどうかは、実は関係がありません。

年収400万円でも節約できる人は節約をして貯金をしています。

 

「背伸び」が命取り

年収700万円クラスの家庭は、住居費と教育費の2つに暮らしを圧迫されているケースが非常に多いです。

大企業のサラリーマンには、30代中盤で30〜35年ローンを組み、家を買う人おおいといわれています。

購入時は「定年になったら、退職金がもらえるから何とかなるだろう」と思っているのですが、ほとんどの人は、想定外の医療費や学費を甘く見積もってるのです。

 

それに住宅ローンは、繰り上げ返済で期間を短くすることはできても、借り換えて期間を延ばすことは意外と難しいでしょう。

そのため、分割回数を多めにする人が多いのですが、60歳で定年を迎えて再雇用、という時にまだ返済が終わっていないと、老後の生活がいきなりカツカツになってしまいます。

背伸びをすることなく、自分の身の丈にあった生活をするべきです。

 

「普通より上」と思っている

日本人の年間世帯所得の中央値は415万円です。

これを大きく上回る年収700万円という額は、サラリーマンなら有名企業・一流企業に勤める人、中小企業でも役職者でないともらえません。

首都圏ならば、都心へ1時間程度で行ける私鉄沿線のマンションに住み、地方であれば、一戸建てでゆとりのある生活を送る、「普通よりも少し上」の家庭です。

 

「ものすごく贅沢ができるわけではないが、たまのプチ贅沢が許される程度には余裕がある」と思っている人が多いでしょう。

だからこそ油断してしまい、危機感を持てないのです。

プライドのせいでつい見栄を張ったり、身の丈に合わない買い物をしてしまいます。

そしていざ定年となったとき、老後の資金がろくに貯まっていないことにはたと気づくのです。

 

まとめ

旦那の年収が700万だと勝ち組なのか?年収700万の旦那を持つ妻の実態について説明してきました。

 

下記で簡単におさらいします。

  • 年収700万円人はどれくらいいる?
  • 専業主婦になるには、旦那の年収がどれくらい必要なの?
  • 年収700万円の生活レベルは?
  • 年収700万円の手取りはどれくらい?
  • 年収700万円でマイホームは可能? 住宅ローンは組める?

年収700万円でも勝ち組の場合もあれば、節約が全然できず以外に苦しい生活がいます。

背伸びせず収支のバランスを良く考えて貯蓄もしていくことが大切ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました