【寂しい】夫の単身赴任が決まった!乗り越えるための方法や体験談を徹底解説!

「夫の単身赴任が寂しい時の乗り越え方は?」

「夫の単身赴任が不安なのはなぜ?」

「夫の単身赴任を体験した人の声が聞きたい!」

といったお悩みを抱えていませんか?

 

夫の単身赴任が突然決まると、妻として戸惑うのも自然なことです。

付いていきたいところですが、妻の仕事や子供の学校などの理由で単身赴任もやむを得ない夫婦も少なくありません。

 

当記事では

  • 夫の単身赴任が寂しい!乗り越えるための5つの方法
  • 夫の単身赴任が不安になる理由5選
  • 夫の単身赴任を体験した妻たちの声

といった内容を徹底解説していきます。

 

夫の単身赴任に不安を感じている方は、ぜひ参考にしてください。

最後までお読みいただければ、夫の単身赴任をプラスに考える方法が見つかるはずです。

 

夫の単身赴任が寂しい!乗り越えるための5つの方法

毎日一緒に暮らしてきた夫が、突然単身赴任になれば、妻としては寂しさを感じることでしょう。

夜や休日などは、特に精神的に辛くなります。

 

夫の単身赴任が寂しいと感じる時は、下記の対処法がおすすめです。

  • 頻繁に連絡を取る
  • 趣味を見つける
  • ポジティブに考える
  • 次に会った時の楽しみを見つける
  • 夫を信頼する

それぞれの対処法を詳しく見ていきましょう。

 

頻繁に連絡を取る

まず大切なのが「頻繁に連絡を取る」ことです。

夫と連絡を取り合うことで、寂しさを紛らわすことができます。

 

また夫の浮気が心配な場合も、頻繁に連絡を取ることで安心できるでしょう。

最近ではビデオ電話やzoomなど、顔を見て話すツールも増えてきています。

 

夫がどこにいるのか分かりますし、元気そうな顔を見ると、ホッとできるはずです。

特に子供が小さい場合は、父親の存在を身近に感じさせるためにもこまめに連絡を取り合いましょう。

 

他愛もない会話も大切ですが、近況報告やちょっとした家庭の相談をするように心がけてください。

家族の状況を把握することで、夫も「家族の一員」であるという認識が強くなります。

 

趣味を見つける

「趣味を見つける」ことで、寂しさを紛らわすことができます。

暇な時間ができると、ついつい夫のことを考えて寂しく感じてしまうものです。

 

趣味に没頭し、暇な時間は作らないようにしましょう。

映画鑑賞や読書など、家で手軽にできる趣味も数多くあります。

 

近所のサークルに参加して、新しいコミュニティを作るのもおすすめです。

人と接する機会が増えると、寂しいと感じる時間も少なくなるでしょう。

 

犬や猫など、ペットを飼うという人もいます。

一人で家にいる寂しさも、ペットがいれば軽減できるはずです。

 

ポジティブに考える

夫の単身赴任はできるだけ「ポジティブに考える」ようにしましょう。

「寂しい」「退屈」とネガティブに考えてしまいがちですが、実は単身赴任にもメリットがあります。

 

考えられるメリットは下記の通りです。

  • 家事が楽
  • 自分のペースで生活できる
  • 家族のありがたみを実感できる

夫が一人いないだけで、妻の家事の負担は大きく軽減されます。

 

洗濯物やアイロンがけが減りますし、料理する量も少なく済むでしょう。

夫の出勤時間や帰宅時間に合わせて、急いで家事をする必要もありません。

 

「寂しい」と落ち込んでばかりいるよりも、ポジティブに考えることで、時間を有意義に使うことができますよ。

 

次に会った時の楽しみを見つける

「次に会った時の楽しみを見つける」と、再会が待ち遠しくなるでしょう。

夫の住んでいる街に遊びに行けば、今とは違う良さを感じられます。

 

また一人で食べ歩きをしながら、次に一緒に行くお店を決めておくのもいいでしょう。

ここなら夫も喜びそうだな

と考えながら、街を歩いてみると、新しい発見があるかもしれません。

 

また自分磨きにも絶好のチャンスといえます。

会えない時間が長いからこそ、その間にダイエットや自分磨きをしやすいからです。

 

自分で目標を立てて自分磨きをしてみましょう。

次に会った時の夫のびっくりした顔を思い浮かべると、いつもよりも頑張れるはずです。

 

夫を信頼する

何よりも重要なのは「夫を信頼する」ことでしょう。

目が届かない分、ちょっと連絡が取れなくなると

浮気しているのでは!?

と不安になる妻もいます。

 

しかし、疑ってばかりでは夫の心は離れていっても無理はありません。

単身赴任は二人で決めたことなのですから、あとは夫を信頼して二人で乗り切りましょう。

 

  • 家族のために働いてくれている
  • 夫も家族のために寂しい気持ちを我慢してくれている
  • 家庭を守ってくれている

と自分に言い聞かせてください。

夫を信頼してこそ、夫婦の絆が強くなるはずです。

 

夫の単身赴任が不安になる理由5選

夫の単身赴任が不安になるのには、いくつかの理由があります。

不安になる理由は人それぞれですが、主な理由を見ていきましょう。

 

  • 寂しい
  • ワンオペの子育てが辛い
  • 浮気の心配
  • 旦那の体調面が心配
  • 金銭的不安

それぞれの理由を具体的に解説していきます。

 

寂しい

やはり一番大きいのは「寂しい」という気持ちでしょう。

これまで毎日一緒に過ごしていた夫が、突然いなくなるのです。

 

電話やLINEがあるとはいえ、やはり直接会えなくなるのは寂しいことでしょう。

妻の中には、あまりにも寂しいので精神的に参ってしまう人もいるほどです。

 

子供の前では明るく元気に振る舞っていても、寂しくないわけではありません。

子供の寂しい顔を見ると、余計に寂しさを感じてしまうものです。

 

ワンオペの子育てが辛い

「ワンオペの子育てが辛い」ことも、妻を不安にさせる要因のひとつ。

特に子供が小さいと、妻の負担は大きくなります。

 

夫がいないので、休みの日でも妻が一日中子供たちの相手をしなければなりません。

自分の時間がなく、精神的にも追い詰められます。

 

近所に頼れる存在がいない場合は、大変なだけでなく、孤独感も増していくことでしょう。

ひどい場合には育児ノイローゼになってしまうこともあるので注意が必要です。

 

浮気の心配

夫の「浮気の心配」も妻を不安にさせます。

一人で家族の目が届かないところに住むのですから、独身時代のような環境と変わりません。

 

女性を家に連れ込むこともできるのです。

女性からモテる夫であれば、妻が不安になるのも当然でしょう。

 

「忙しい」という理由で、家にもなかなか帰らず、連絡もつかないと浮気を疑ってしまいます。

 

旦那の体調面が心配

「旦那の体調面が心配」という妻も少なくありません。

一緒に暮らしていた時は、妻が手料理を作り、掃除もして、健康に気を配っていたはずです。

 

家事のでいる夫なら問題ありませんが、中にはすべて妻任せで何もできないという人も。

最初は頑張って自炊していても、仕事で疲れていると、ついつい外食や買ったものに頼ってしまいます。

 

食事や健康管理に疎い夫の場合は、妻として心配になるのも無理はありません。

 

金銭的不安

最後はやはり「金銭的不安」が挙げられます。

単身赴任が決まると、まず単身赴任先の住まいや引っ越し費用が頭に浮かぶことでしょう。

 

会社が全額負担してくれれば問題ありませんが、すべて賄ってくれる会社は多くありません。

単身赴任先では自宅とは別に食費や光熱費がかかるので、今よりも出費はかさむでしょう。

 

夫が帰宅したり、妻が会いに行くにも交通費がかかります。

手当が出たとしても、今より出費が増えることは間違いありません。

 

夫の単身赴任を体験した妻たちの声

実際に夫の単身赴任を体験した妻たちは、どのように考えているのでしょうか?

妻たちの体験談をご紹介していきます。

 

ネット上では

  • 最初は寂しかったけど慣れた
  • 単身赴任の夫にイライラして喧嘩ばかり
  • 夫が育児に積極的になった

といった声が寄せられていました。

詳しく見ていきましょう。

 

最初は寂しかったけど慣れた

最初は「寂しい」と感じる妻も、時間が経つとだんだん慣れていくようです。

さみしかったけど、1週間で慣れました、笑。
週末に子どもたちとご飯食べながらテレビ電話してます。
こどもの部活がぽっかりあいたりするとこちらから赴任先に旅行がてら遊びに行きます。
帰ってくるのは月に一度。離れてる分、お互いを思いやれるというか、まあ、程よい距離感なのかも。
帰ってきた時は、主人の好物を食卓に並べて、体に良さそうな常備菜作って持っていってもらってます。

引用:ベネッセ

 

慣れるまでの期間は人それぞれですが、忙しい妻ほど寂しさを忘れられる傾向にあります。

慣れてくると

え!?帰ってくるの!?

と突然の帰宅連絡に焦るという声もありました。

 

夫がいないと、家事も手抜きになりがちなのは、単身赴任のあるあるのようですね。

最初は寂しいかもしれませんが、毎日を忙しく過ごしていると、夫のいない生活にも慣れていきます。

 

単身赴任の夫にイライラして喧嘩ばかり

不安や寂しさから、すぐに喧嘩に発展してしまうという妻の声です。

結婚して子供も1人いる、主婦です。
夫が単身赴任で離れてると喧嘩ばかり。
正直疲れてます・・・

メールや電話で喧嘩になります。
たとえば・・・
連絡が取れないけど、何してるんだ!とか・・・
束縛したり、やきもちやいたり・・・
浮気を疑ったり・・・
自分は飲み会に行ったりするのに私が行くと怒って喧嘩に・・・

引用:Yahoo!知恵袋

 

一緒にいない分、どうしても相手のちょっとした行動が不安になってしまいます。

上記の方の場合、旦那さんはきっと寂しさから嫉妬してしまうのでしょう。

 

いちいち面倒くさい!

という気持ちは分かりますが、直接伝えると喧嘩になってしまいます。

優しい言葉をかけてあげると、夫も落ち着く可能性があるでしょう。

 

夫が育児に積極的になった

単身赴任をしたことで、家事や育児に積極的になる夫もいます。

単身赴任する前は全然子どもと遊ばなかったのに、単身赴任から帰ってきたとたん育児に積極的になり、よく遊んでくれるようになりました。

夫曰く「子どもに自分のことを忘れられたくない」そうです(笑)

引用:北陸総合興信所オーウェル

 

たまに会うからこそ、全力で子供と向き合えるという夫は少なくありません。

単身赴任になってから、家族の大切さを痛感しているのでしょう。

 

また一人で家事をするようになって、妻の大変さが分かったという夫もいます。

家事や育児に積極的に参加してくれれば、妻も夫に感謝しますし、夫婦の絆は深まるでしょう。

 

まとめ

夫の単身赴任が寂しいと感じる時は、下記の対処法がおすすめです。

  • 頻繁に連絡を取る
  • 趣味を見つける
  • ポジティブに考える
  • 次に会った時の楽しみを見つける
  • 夫を信頼する

 

夫の単身赴任が不安になるのには、下記のような理由が挙げられます。

  • 寂しい
  • ワンオペの子育てが辛い
  • 浮気の心配
  • 旦那の体調面が心配
  • 金銭的不安

 

突然の単身赴任は寂しいですが、お互いに感謝と思いやりの気持ちを忘れないことが大切です。

遠い場所で家族のために働いてくれている夫に、素直にありがとうの気持ちを伝えてみましょう。

 

単身赴任の夫も、いつかは一緒に暮らせるようになるはずです。

その日を楽しみに、今は密に連絡を取り合いながら、家族全員で乗り切っていきましょう。

 

夫の転勤についていくかどうか迷っている方は、下記の記事も参考にしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました