【迷う】旦那が転勤になってしまった!ついて行く?メリットとデメリットを紹介!

旦那

「旦那が転勤になってしまった!」

「旦那の転勤について行ったほうがいいの?」

「旦那の転勤について行かなかったらデメリットはある?

とお悩みではありませんか?

 

旦那の突然の転勤でついて行くべきかとても迷う妻は多いのです。

転勤についていかないとまずい?と悩む方もいるでしょう。

 

この記事では下記について説明していきます。

  • 旦那が転勤になってしまった!ついて行くメリットは?
  • 旦那が転勤になってしまった!ついて行くデメリットは?
  • 旦那が転勤!単身赴任の際に妻が不安に思うのはどんなこと?
  • 旦那が転勤!単身赴任の際に妻が利点に思うのはどんなこと?

 

旦那が転勤に形、ついて行くべきか迷っている方はぜひ最後までご覧ください。

当記事をご覧になれば、転勤についていくかいかないか迷っている方の心の整理がつくでしょう。

 

旦那が転勤になってしまった!ついて行くメリットは?

まずは旦那が転勤になってしまった場合のついていくメリットについて紹介していきましょう。

  • 家族の絆が強くなる
  • いろいろな土地で暮らせる
  • 生活費が二重にならない
  • 新しい友達が出来る

当項目では、転勤について行くメリットを感じる時はどんなときなのか具体的に紹介していきます。

 

家族の絆が強くなる

転勤についていく場合のメリットは「家族の絆が強くなること」です。

ほとんど知らない土地に住み始めるとなると、最初、頼れる存在は家族だけになりますよね。

そうなると、何か問題や心配事が起きたときは家族一丸となって問題に対処せざるを得なくなります。

 

「自分たちだけで乗り切るしかない!」という思いが強まり、家族一人ひとりが考え、行動していく機会が増えます。その結果、団結力が深まっていくわけです。

家族以外の人に頼るという選択肢がなくなるデメリットによって、家族の絆が強まるメリットが大きくなるのでしょう。

 

また、旦那目線で考えると、仕事をする場所は変わりますが、家に帰れば今までと同じ家族の空間があるので安心できます。

リラックスできる場所があると、仕事にも不安なく打ち込むことができるでしょう。

 

いろいろな土地で暮らせる

今まで行ったことも無いような土地に転勤することがあるでしょう。

その土地その土地の特産物・名物を食べることができる経験というのは、旅行したりその土地に知り合いがいるなどして訪れる機会がないと、なかなか無いと思います。

 

また、子供がいる場合引越しは環境の変化があって大変なこともあるかもしれませんが、逆にそれを新たな体験だと捉えることもできます。

  • 引っ越ししなければ出来ないような体験
  • 見られないような景色
  • 食べられないような食べ物

全部、家族の人生の糧となるでしょう。

 

生活費が二重にならない

共働き夫婦であろうと、別々に暮らせば家賃や光熱費など二重の生活費がかかります。

また、定期的に会いに行くための交通費などの無駄な雑費がかかるのです。

 

しかし、旦那の転勤についていくと二重に生活費を払う必要がなく、一緒に暮らしているので無駄な交通費を使う必要がありません。

このように、家族が揃って暮らすと経済的なメリットが大きいのです。

 

新しい友達が出来る

引っ越し先で新しい友だちができることをメリットと考えることもできます。

転勤が多いと、人付き合いの輪が広がるのは楽しいかもしれませんね。

いろいろな考え方をする人たちと出会えることはいい経験になるでしょう。

 

また、引っ越すと人間関係が一度リセットされます。

どんなに最悪な人間関係にいたとしても、転勤になれば否応なしにサヨナラできるのです。

 

旦那が転勤になってしまった!ついて行くデメリットは?

次に旦那が転勤になってしまった場合のついていくデメリットについて紹介していきましょう。

  • 知り合いが誰もいないという孤独感
  • 知らない土地に慣れるまでが大変
  • キャリアを諦めなくてはならない
  • 役所関係、幼稚園・学校などの手続きが面倒
  • 持ち家を買うタイミングに困る

当項目では、転勤について行くデメリットを感じる時はどんなときなのか具体的に紹介していきます。

 

知り合いが誰もいないという孤独感

転勤についていく妻にとって、周りに誰も知り合い・友達がいないことは一番のストレスはここではないでしょうか。

土地勘もない、バスの乗り場も巡回コースもよくわからない…そんな手探りな状態で、さらにどこに行くにしても一人(プラス子供たち)だと孤独感にさいなまれます。

 

旦那は仕事があるので同僚とすぐ知り合えるでしょうが、専業主婦だとなかなかそうもいきません。

気軽に質問できる相手が近くにいないというのは、大きな孤独感と共に「自分がしっかりしなくちゃ」と身構えてしまうでしょう。

 

知らない土地に慣れるまでが大変

住み慣れた土地を離れて見知らぬ土地に住むことになると、ご近所さんとの関係を築いたり、どこに病院や買い物ができる場所があるのかを把握したりと面倒な思いをします

友達と呼べる人はおらず、頼れるのは旦那一人だけの環境に不安を感じるでしょう。

 

自然と慣れてくると思いますが、慣れてくるまでが大変なのです。

方言やその土地特有のことがわからず疎外感を感じることもあるかもしれません。

不安やストレスを溜めて、旦那との関係が悪くならない対策が必要でしょう。

 

キャリアを諦めなくてはならない

旦那の転勤先に妻がついて行く場合、自分の仕事を辞めて旦那を優先することが多くなります。

せっかく仕事に慣れて楽しくなってきても、転勤によって退職しなければならずに失望する人も少なくありません。

 

妻が自分の仕事の継続について悩むのは、一般企業・専門職共に同じことです。

たとえ正社員だったとしても、旦那の転勤先に支社がなければ退職し、新たな仕事を探さなければいけません。

せっかく資格取得を目指して勉強しても、転勤による引っ越しが盛んで資格試験受験の計画を立てるのが難しいのです。

 

役所関係、幼稚園・学校などの手続きが面倒

役所での色々な手続きや、子供の幼稚園探し、入園手続き、小学校の手続きなども必要になってきます。

役所の手続きは子供を連れて平日のみに行かなくてはいけませんし、4月の年度初めはかなり混んでいて、待ち時間がかなりあるでしょう。

 

幼稚園は、子供にとって最良の園に入れてあげたいから色々見学したいけど、入園式までに日にちもないし、連日の見学、見学で疲れてしまいます。

引っ越しして荷物も片付かないうちから結構忙しくなるでしょう。

 

持ち家を買うタイミングに困る

転勤族の場合数年おきに転勤があるので、家を買ったその次の年に転勤!という可能性が大です。

子供がいない場合でもせっかく買った家から出て行かないと行けないとなると残念な気持ちになりますし、家をどうするか悩みます。

子どもがいる場合は、転校の事を考えると、タイミングに悩むでしょう。

 

転勤先で小学校に入る前に住宅を購入して、転校しなくて済むようにしたとしても、次に転勤になった場合旦那は単身赴任になることが確定します。

次の転勤もいつあるかわからないのでハッキリとした時期を決められず今後の計画を立てられないのです。

 

旦那が転勤!単身赴任の際に妻が不安に思うのはどんなこと?

旦那が単身赴任する場合に妻が不安に思うことについて紹介していきましょう。

  • 旦那の浮気
  • ワンオペ育児が大変
  • 防犯上のリスクが高くなる
  • 家族の時間が減る

当項目では、単身赴任をすると決めた場合に妻が不安に思うことはどんなことがあるのかを解説していきます。

 

旦那の浮気

ひとつめは旦那の浮気です。

単身赴任先では1人で生活をする必要があります。

開放感もありますし、浮気をしてもバレにくいという好条件が重なるのです。

 

そして、1人で暮らすのは寂しいものでしょう。

ついつい優しい女性がそばにいるケースでは浮気をしてしまう男性が多いのです。

浮気をした旦那としては、単身赴任先での少しの遊びという気持ちのことがほとんどといえます。

 

ワンオペ育児が大変

旦那が単身赴任でいないとなると、子どものお世話は基本的に妻が一人で担うことになるでしょうあ

近所に頼れる祖父母などが住んでいれば助けを求めることもできますが、そうでない場合は、妻は一人で抱え込み、旦那への不満がどんどん募っていきます。

 

特に子どもの年齢が低ければ低いほど、お世話の負担も大きいため、「どうせ一緒に暮らせないなら、離婚しても同じ」などと、離婚を考えてしまうケースが多いのです。

一人で子供を育てるということは並大抵のことではありません。

 

防犯上のリスクが高くなる

3つ目は防犯上のリスクが高くなることが挙げられます。

空き巣を中心とした家を狙う犯罪者は、侵入しやすく逃げやすい家をターゲットにする傾向にあるのです。

 

妻だけ、あるいは妻と子どもだけが暮らしている家は狙われやすいといえます。

単身赴任で旦那がいないことに気付かれてしまう前に、対策を取っておくべきでしょう。

また、精神面でも旦那がずっといないということはとても不安に陥りやすいです。

 

家族の時間が減る

単純に家族で過ごせる時間が減ることはとでも不安なことです。

単身赴任では月に一度帰省できるだけの交通費が出る場合があります。

しかし下手したら移動だけで1日くらいかかる距離かもしれません。

 

そうなったら月に1日程度しか家族と過ごせないことになります。

場合によってはお盆や年末年始は長く帰省できるかもしれませんがそれでも年間でひと月程度しか一緒に過ごせません。

 

旦那が転勤!単身赴任の際に妻が利点に思うのはどんなこと?

旦那が単身赴任する場合に妻が利点に思うことについて紹介していきましょう。

  • 旦那の浮気
  • ワンオペ育児が大変
  • 防犯上のリスクが高くなる
  • 家族の時間が減る

当項目では、単身赴任をすると決めた場合に妻が不安に思うことはどんなことがあるのかを解説していきます。

 

自由な時間が増える

子どもがいない場合にはこれまで夜は旦那と過ごしていたのが、一人になるわけです。

飲みに行くのも遊ぶのも寝るのも出かけるのも自由ですし、独身気分を味わえます。

 

趣味を増やすのも良いですし自己投資するのもありですし、遅くまで飲みに出歩いても怒られません。

転職を見据えて資格取得に励んだり、好きな深夜アニメを見て過ごすのもいいですね。

自由時間が増えるのを利点に考える妻は多いはずです。

 

家事負担の軽減

一人暮らしになると、家事の量はとても減ります。

今まで家事を全くしなかった人でも、洗濯やご飯の準備は必然的にやる必要が出てくるわけなので、家事の能力が上がる可能性もあるんです。

子どもがいる場合は、普段は妻も毎日子育てに追われ、余裕のない生活を送ることになります。

 

しかし単身赴任でいない旦那に「そばにいて手伝ってほしい」とはじめのうちは不満を感じるものの、旦那がいない子どもとの暮らしに次第に慣れてしまうでしょう。

旦那の世話をしなくて良いだけでも負担は軽減されるのです。

 

夫婦げんかが減る

一緒にいると息が詰まって喧嘩になる夫婦も、別々に過ごすことで喧嘩が減る可能性があります。

喧嘩したあとのギスギスした雰囲気を感じることもないですし、一緒に過ごす中で感じる些細なストレスはなくなりますね。

 

「亭主元気で留守がいい」って言葉もあるくらいです。

しかしその分家族との会話は少なくなる傾向にあります。

なので電話をこまめにしたりとコミュニケーションを意識して家族関係が希薄にならないように注意した方がいいでしょう。

 

まとめ

旦那が転勤になってしまった!ついて行く?メリットとデメリットを紹介!について説明してきました。

 

下記で転勤について行くメリットを簡単におさらいします。

  • 家族の絆が強くなる
  • いろいろな土地で暮らせる
  • 生活費が二重にならない
  • 新しい友達が出来る

 

一方でついて行った場合のデメリットはこちらです。

  • 知り合いが誰もいないという孤独感
  • 知らない土地に慣れるまでが大変
  • キャリアを諦めなくてはならない
  • 役所関係、幼稚園・学校などの手続きが面倒
  • 持ち家を買うタイミングに困る

ついて行く場合でも単身赴任の場合もメリットとデメリットがありますね。

よく夫婦で話し合うことが大切でしょう。

 

また、関連した内容のページもありますので、あわせてご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました