【限界】旦那が嫌いで離婚したい!離婚する方法や離婚によるデメリットを徹底解説!

旦那

「旦那が嫌いで離婚したい時の方法は?」

「旦那が嫌いで離婚したい!メリットはある?」

「旦那が嫌いで離婚したいときの注意点は?」

上記のようなお悩みを抱えていませんか?

 

旦那のすべてが嫌いになると、これ以上は一緒にいられないと感じるものです。

とはいえ、嫌いという理由だけで離婚できるのか不安に思う方も多いでしょう。

 

当記事では

  • 旦那が嫌いという理由で離婚する方法は?
  • 旦那が嫌いで離婚したい!離婚によるメリット3選
  • 旦那が嫌いで離婚したい場合にやっておきたいこと

といった内容を徹底解説していきます。

 

旦那が嫌いで離婚をお考えの方は、ぜひ参考にしてください。

最後までお読みいただければ、旦那が嫌いなときに後悔せずに離婚する方法がきっと分かるはずです。

 

旦那が嫌いという理由で離婚する方法は?

 

旦那が嫌いで仕方ないので、離婚を考える人もいるでしょう。

嫌いという感情は、抱いている本人も辛いものです。

 

旦那が嫌いという理由で離婚する方法は、下記の2パターンにわけられます。

  • 旦那と話し合う
  • 離婚事由があれば離婚可能

それぞれのパターンを具体的にみていきましょう。

 

旦那と話し合う

まず大切なのは「旦那と話し合う」ことです。

旦那と話し合い、お互いが合意すれどんな理由であっても離婚は成立します。

 

話し合いで離婚する方法が「協議離婚」です。

協議離婚とは?
夫婦が話し合いをし、離婚する旨の合意が成立すれば、後は離婚届を市区町村に提出するだけで離婚が成立します。

この手続により離婚するケースが大半を占めています。

引用:アディーレ法律事務所

 

旦那が離婚に合意してくれれば、たとえ「嫌い」という理由でも離婚できます。

あなたの気持ちを素直に伝え、これ以上は一緒に生活できないことを伝えてみましょう。

 

離婚事由があれば離婚可能

旦那が離婚に合意してくれない場合は、調停離婚や裁判に移行します。

調停離婚とは?
夫婦間で話し合いをしたが離婚について合意できない、相手が話し合い自体に応じない場合には、調停による離婚をめざすことになります。

調停委員(男女1名ずつの場合が多い)と呼ばれる人が中心となって夫婦双方の話を聞き、離婚の合意や財産分与等の離婚の条件についてそれぞれの意見の調整を行ってくれます。

引用:アディーレ法律事務所

 

調停員や裁判員が間に入ってくれるので、直接やり取りをする必要はありません。

旦那が嫌いで顔も見たくない人には、魅力的な方法といえるでしょう。

 

とはいえ、どんな理由でも離婚が認められるわけではありません。

離婚が認められるためには、下記のような法定離婚事由が必要です。

(裁判上の離婚)
第七百七十条 夫婦の一方は、次に掲げる場合に限り、離婚の訴えを提起することができる。
一 配偶者に不貞な行為があったとき。
二 配偶者から悪意で遺棄されたとき。
三 配偶者の生死が三年以上明らかでないとき。
四 配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき。
五 その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき。

引用:e-Gov法令検索

 

残念ながら「嫌い」という感情だけでは、法定離婚事由とは認められません。

どうしても離婚したいのであれば、配偶者の不貞や婚姻を維持し難い事由が必要なのです。

 

離婚できるかどうかわからないという方は、ぜひ弁護士に相談してみることをおすすめします。

 

旦那が嫌いで離婚したい!離婚によるメリット3選

旦那が嫌いで離婚したいと思ってはいても、なかなか一歩を踏み出せない女性は少なくありません。

自分でもどうしたらいいか分からない場合は、メリットとデメリットを挙げてみましょう。

 

離婚すると、下記のようなメリットが得られます。

  • 精神的に楽になる
  • 新しい可能性が開ける
  • 病気が治る可能性も

それぞれのメリットを具体的にみていきましょう。

 

精神的に楽になる

まず最初のメリットは「精神的に楽になる」ことです。

嫌いな相手と、毎日顔を合わせなければならない今の生活は、あなたにとって非常にストレスになっていることでしょう。

 

会話をしなくても、顔を見るだけでイライラするという人も。

仮に、別居をしていても離婚しない以上は夫婦として扱われます。

 

さまざまな手続きで、話さなければならない機会もあることでしょう。

離婚すれば、上記のようなストレスから解放されるので、精神的にはかなり楽になります。

 

新しい可能性が開ける

また、離婚すれば「新しい可能性が開ける」こともあるでしょう。

離婚すると同時に独身になるので、結婚という縛りがなくなるからです。

 

独身ですから、誰と交際しても文句は言われません。

より魅力的な男性と再婚できる可能性もあるでしょう。

 

また、恋愛だけでなく、生活にも自由ができます。

自分のために時間を使えるようになるので、仕事に集中したり、ボランティアなどの活動を始める人もいます。

 

病気が治る可能性も

また「病気が治る可能性も」あるでしょう。

嫌いな旦那と結婚生活を続けていれば、ストレスで体に不調が表れるのも無理はありません。

 

人によっては、脱毛症やうつ病などの症状に悩まされる人も。

離婚することで、ストレスから解放され、体の不調が治るケースもあります。

 

ぐっすり眠れるようになったり、イライラしなくなったなど、不調が改善されると毎日が楽しくなるものです。

離婚によって病気が治るというのは、人生においても大きなメリットといえるでしょう。

 

旦那が嫌いでも離婚しない方がいい?離婚によるデメリット3選

メリットがある反面、離婚によるデメリットもあります。

事前にデメリットを考えておくことで、後悔しない離婚ができるでしょう。

 

おもに考えられるデメリットは下記の通りです。

  • 子供が片親になる
  • 経済的に苦労する
  • 好奇の目で見られる

それぞれのデメリットについて、詳しく解説していきます。

 

子供が片親になる

一番大きなデメリットが「子供が片親になる」ことでしょう。

とくに子供がまだ小さいうちは、大きな問題になります。

 

いくら旦那が嫌いでも、子供にとってはたったひとりの父親です。

もちろんモラハラやDVといった問題があれば、すぐにでも離婚すべきですが、良い父親である場合はなかなか離婚に踏み切れないでしょう。

 

子供に寂しい思いをさせるくらいなら、自分が我慢した方がいいのでは?

と考え、離婚せずにいる人もいます。

しかし両親が常に喧嘩をしていたり、険悪な雰囲気なのであれば、子供にも悪影響なので、離婚が必ずしもデメリットになるとは限りません。

 

経済的に苦労する

「経済的に苦労する」ことも、デメリットのひとつになります。

妻が仕事をしていたとしても、離婚をすれば単純に収入は半分になるでしょう。

 

もし、妻が専業主婦であれば、仕事を探すところから始めなければなりません。

小さな子供がいれば、働ける時間も限られてしまいます。

 

子供を保育施設に預けるためのお金も必要です。

子供がいなくても、今のような生活は難しくなるでしょう。

 

好奇の目で見られる

最後のデメリットとして「好奇の目で見られる」可能性も挙げられます。

現代社会では、離婚は珍しいことではなくなってきました。

 

厚生労働省の調査によると、2019年の離婚件数は20万8496件で、3組に1組は離婚しているのが現状です。

離婚件数は増加
離婚件数は 20 万 8496 組で、前年の 20 万 8333 組より 163 組増加し、離婚率(人口千対)は 1.69 で前年の 1.68 より上昇した。

引用:厚生労働省

とはいえ、日本では離婚に対する偏見もまだまだあるので、離婚と聞くと良い印象を持たない人も多いでしょう。

 

周りの目は気にしない!

と割り切れればいいのですが、自分が思っている以上にストレスに感じる人は少なくありません。

好奇の目で見られるのを気にする人は、離婚にも慎重になった方が良いでしょう。

 

旦那が嫌いで離婚したい場合にやっておきたいこと

旦那が嫌いで今すぐ離婚したい!と思っても、まずは冷静になってください。

感情だけで離婚すると、後悔することになりかねません。

 

下記の点は離婚の前にやっておくことをおすすめします。

  • お金の工面をする
  • 経済的に自立する
  • 自治体の公的支援を調べておく
  • 親権を取る
  • 財産分与

それぞれのポイントについて、具体的に見ていきましょう。

 

お金の工面をする

まずは「お金の工面をする」ことが大切です。

離婚後、お金に苦労すると、離婚したことを後悔することになります。

 

十分に生活していける経済的な余裕があるのか、シミュレーションしてみるといいでしょう。

離婚の際は財産分与ができますし、離婚理由によっては慰謝料請求も可能です。

 

離婚すると、引っ越し費用や新しい住居のお金も必要になります。

もらえるお金はしっかりもらって、経済的に困窮しないようにしておきましょう。

 

経済的に自立する

次に「経済的に自立する」ことも重要です。

仕事をしていない人は、まず仕事を見つけるようにしてください。

 

すぐに見つかるだろう……

と思っていても、ブランクが長かったり、勤務時間が限られていると、なかなか見つからないという人も少なくありません。

財産分与や慰謝料をあてにしすぎず、経済的に自立するようにしましょう。

 

自治体の公的支援を調べておく

「自治体の公的支援を調べておく」ことで、安心して離婚することができます。

とくに子供がいる方や、DVを受けている場合は、公的支援を調べておきましょう。

 

自治体によっても、支援内容は異なります。

充実したサポートを提供している市町村に転居するのも、ひとつの手です。

 

公的支援にはさまざまなものがありますが、自動で受けられるものではありません。

自ら申し込まなければならないので、必ず調べておくようにしましょう。

 

親権を取る

子供がいるなら「親権を取る」ことも重要なポイントになります。

親権問題がこじれて、なかなか離婚の話し合いが進まないという夫婦は少なくありません。

 

いくら夫婦がいがみ合っていても、子供となると話は別です。

どちらも子供を手放したいとは思わないことでしょう。

 

しかし、親権を取られてしまうと、子供にはなかなか会えなくなります。

親権を争う場合は、下記の点が注目されるので覚えておきましょう。

  • 親権を持つ親の心身の健康状態
  • 離婚後の経済事情
  • 子供と過ごす時間が取れるかどうか
  • 子供への愛情
  • 子供の年齢や意思

感情的になればなるほど、親権争いには不利になるので、注意してください。

 

財産分与

最後のポイントは「財産分与」です。

財産分与とは、婚姻生活中に夫婦で協力して築き上げた財産を、離婚の際にそれぞれの貢献度に応じて分配することをいいます。法律にも、離婚の際には、相手方に対し財産の分与を請求することができる(民法第768条1項)と定めています。

引用:アディーレ法律事務所

 

たとえあなたが専業主婦であっても、婚姻期間中に貯めたお金は財産分与の対象となります。

また、婚姻後に建てた家なども対象です。

 

損をしないためにも、必ずリストアップしておきましょう。

へそくりの証券口座や、隠している生命保険などの財産隠しがないよう、証拠も集めておくと有利になります。

 

旦那が嫌いで離婚したいけれど我慢している妻たちの声

旦那が嫌いで離婚したいけれど、我慢している妻はあなただけではありません。

同じような境遇の人の体験を読むと

自分だけではないんだ!

と励まされるでしょう。

 

ネット上では

  • 子供がいるから我慢
  • 離婚はせず別居でストレス減少
  • 子供が成人したら離婚したい

といった声が寄せられていました。

それぞれの体験談を詳しく紹介していきます。

 

子供がいるから我慢

離婚したくても、子供がいるとそう簡単に離婚できません。

離婚したいけど、その後の生活が不安で踏み切れません。

子どもは四歳の女の子です。原因はたくさんあり、生活の不一致、子どもの教育方針の違い、私の家族との不和。モラルハラスメント。
もう旦那との生活に疲れてしまって。本当のところは顔も見たくないし、声すら聞きたくありません。
色んなことがあり、離婚したいと具体的に考えるようになりました。けれど、子どもがいると、たいへんですね…離婚するにも、離婚後の生活も。。。私は会社員を辞め、結婚してからはパートでしたが、妊娠とともに専業主婦になりました。離婚を真剣に考えるようになってから、これといった手に職もなく、子どもを育てていける自信がない自分と、何とか資格を取り、自立した前向きな生活がしたいという自分がいます。

引用:Yahoo!ファイナンス

 

寄せられたコメントでも

子供の将来や今後の生活を考えると、なかなか離婚に踏み切れない……

と同じような悩みを抱えている方が大勢いました。

子供がいると、仕事先も限られてきます。

 

二人が生活するだけの資金を得るのは、思っている以上に大変なことです。

とはいえ、自治体の支援制度もありますので、賢く活用していきましょう。

 

離婚はせず別居でストレス減少

離婚が難しくても、別居することでストレスが減るケースもあります。

私の旦那とは性格は違いますが、ムカつく、嫌い、顔もみたくないってのは私も思っています(笑)

私も我慢して我慢して爆発するタイプなので喧嘩になると大喧嘩になり手を出してしまいますよ。

質問者さんの方が稼ぎがいいなら普通に別居をしてから離婚したらいいと思います。(私も今別居中です(笑))

ストレスをためながら仕事、家事、育児するよりほんとに楽です(笑)
気分が晴れて今は毎日が楽しいです!

引用:Yahoo!知恵袋

 

上記は旦那が嫌いで顔も見たくないという悩みに寄せられた回答のひとつです。

経済的に余裕があるのであれば、すぐにでも別居するとストレスは軽減されます。

 

これまで旦那にいくら言っても改善されなかったのであれば、この先も変わることはないでしょう。

別居に踏み切ると、この先の選択肢が見えてくる可能性もありますよ。

 

子供が成人したら離婚したい

子供が成人するのを待ち、離婚を考えている妻も少なくありません。

子供が成人し就職先がみつかり独り立ちしたら、旦那と離婚したいと考えています。
熟年離婚する為に必要な準備を調べています。

引用:Yahoo!知恵袋

 

子供のために今は我慢していても、一生嫌いな旦那と暮らしていくつもりはないのでしょう。

子供がいても、離婚の計画を立てると気分転換にもなります。

 

離婚するとなると、考えなければいけない問題は山積みです。

ひとつずつクリアしていき、子供が成人したらすぐに離婚できるように準備しておくという人は少なくありません。

 

まとめ

旦那が嫌いという理由で離婚する方法は、下記の2パターンにわけられます。

  • 旦那と話し合う
  • 離婚事由があれば離婚可能

 

離婚すると、下記のようなメリットが得られるでしょう。

  • 精神的に楽になる
  • 新しい可能性が開ける
  • 病気が治る可能性も

 

反対に、下記のようなデメリットもあるので注意が必要です。

  • 子供が片親になる
  • 経済的に苦労する
  • 好奇の目で見られる

 

旦那が嫌いという気持ちを抱えながら、生活していくことは妻にとって非常にストレスになります。

これ以上は一緒にいられない!

と考えて、離婚を考えるのも無理はありません。

 

しかし、嫌いという感情のまま離婚してしまうと後悔するのに注意しましょう。

旦那と離婚する際の準備については、下記の記事も参考にしてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました