【必見】旦那って呼ぶのはNG?ビジネスで求められる正しい用語の使い分け

旦那

「旦那って人前で言ってもいいの?」

「旦那の呼び方ってどうなんだろう?」

「他人の旦那って、なんて言えばいいのかな?」

 

普段何気なく自分の配偶者(夫)をどう呼んでいますか?

幅広い年代の中で、その場に合わせた会話は大切です。

当記事では、以下の内容について解説していきます。

 

  • 旦那って呼ぶのはNG?ビジネスで求められる正しい用語の使い分け
  • 旦那って呼ぶのはダメなの?正しい用語の意味について
  • できる妻は使い分け上手!「日常あるある」で求められる用語
  • 補足:他人の夫の敬称は?呼び方のマナーについて解説

 

間違った使い方をしてしまうと、信頼関係にもヒビが入るかもしれません

そこで今回は、上記の内容について詳しく解説していきます。

 

旦那って呼ぶのはNG?ビジネスで求められる正しい用語の使い分け

結婚すると、自分の配偶者のことを何と呼びますか?

年代によっても話し方は、相手に失礼がないようにしなければなりません。

そこで、今回は下記の項目について調べました。

 

  • 目上と話す場合:夫
  • 友人・年下と話す場合:旦那
  • 職場や公式な場で話す場合:主人
  • 夫(妻)両親と話す場合:○○さん

 

相手によっては使い分けが必要です。

上記の項目について、詳しく解説していきます。

 

目上と話す場合:夫

目上の人に話す場合は、「夫」の方がベストです。

 

身内を敬う言い方になるため「旦那」よりも丁寧に聞こえるので、聞く側にも好印象を与えます。

 

さらに、どんな場面でもソフトに使うことができるので万能な呼称が、話し相手の配偶者を呼ぶ場合は使用することはありません。

「夫」は自分の配偶者にのみ使える表現。

話し相手や第三者の配偶者を示すには不適切な呼び方なので気をつけましょう。

 

友人・年下と話す場合:旦那

旦那は自分にとってくだけた会話ができるような関係であればベターです。

 

「うちの旦那がさ、~いつも○○なのよ!」

といった会話を使う場合は、友人や親しい間柄だけの会話にとどめておきましょう。

「旦那」は、公な場面や目上の相手には適しません。言葉の感じがくだけて聞こえるので、目上に対しては不快感を感じさせる傾向が強い

話相手が目上の場合は適さないので注意が必要です。

 

職場や公式な場で話す場合:主人

公式な場面でもよくつかわれる呼称です。

うちの主人がいつもお世話になっております。

年代問わず、公式な場面や目上、ビジネス関係の相手と話をする場合、オールマイティで使用できます。

 

夫(妻)両親と話す場合:○○さん

たとえ親族でも、自分の配偶者を呼ぶ場合は「〇〇さん」とさん付けで呼ぶ方が良い印象を与えます。

 

人前では呼び捨てや一家の主を下げた表現は好ましくありません。

 

「うちの旦那が~なのよ」

 

と呼ぶと、他者には夫婦間の距離感が感じやすいからです。

 

なんだか相手を見て(場をわきまえて)話をできないのかしら?

もし夫の両親に対して、「旦那」という表現を使った場合、なんだか自分の子供(息子)のことを下に見られているような不快感を感じさせることもあります。

年齢が高い方にとっては、男性を立てる習慣が多いので、言葉には注意が必要です。

親族や目上の方と話す場合は、男性を立てる意味も込めて、「○○さん」と呼ぶ方が無難です。

 

旦那って呼ぶのはダメなの?正しい用語の意味について

「旦那」「夫」「主人」ですが、もともとの「意味」はご存じですか?

下記の項目について調べました。

  • 旦那の意味
  • 夫の意味
  • 主人の意味

何気なく使っている呼称ですが、改めて「意味」を知ると相手にとって敬意を表したり、不快を感じさせたり様々です。

正しい使い方や表現ができるように、詳しく解説していきます。

 

旦那の意味

旦那の意味は以下の通りです。

  • 奉公人が主人を呼ぶ語。
  • 妻が夫を呼ぶ語。
  • 商人が得意客を呼ぶ語。
  • 目上の男性を呼ぶ語。

主に配偶者、商いをしている主人を指す意味があります。

他にも目上の相手を呼ぶ場合、使い分けが必要です。

 

夫の意味

夫の意味は以下の通りです。

  • 妻が配偶者を呼ぶ語。
  • 結婚している男性を指している。
  • 仕事をさせるもの。

妻が配偶者を呼ぶときに多く使います。

 

主人の意味

主人の意味は以下の通りです。

  • 一家の主
  • 自分の仕える人
中には「女主人」という使い方もありますね。

男性に限らず、「雇用主」という立場で使う方が多い表現です。

 

配偶者(夫)を立てる場合に使うことで、丁寧な感じになります。

近年は上下関係や主従関係を連想させるので、使うことを避ける方も多いです。

 

目上に対して使う場合は、より丁寧な表現が求められるでしょう。

 

できる妻は使い分け上手!「日常あるある」で求められる用語

「旦那」「夫」「主人」といった配偶者を表す呼称ですが、その場面ごと使い方は様々です。

下記の項目について調べました。

  • 旦那編
  • 夫編
  • 主人編

例えばどんな風に呼ぶとお互いに印象が良いでしょうか?

上記の項目について、どんな場面で使うことが合っているのか見てみましょう。

 

旦那編

  • 「うちの旦那にお土産を買っていこう」
  • 「旦那が早く部屋を片付けろっていうの」
  • 「いい加減、旦那には腹が立った!

仲の良い相手との会話の中で、「旦那」は自分の配偶者を表す場面で使うのがベターです。

 

夫編

  • 夫はただ今外出しております。
  • 〇〇については、夫と相談してからお返事します。
  • 紹介します、こちらが夫の〇〇です。
  • 夫のだらしないところが嫌です。

「夫」は、「配偶者である男性」に対して使用しますが、幅広い年代や相手でも使えるので無難です。

 

主人編

  • うちの主人がいつもお世話になっております。
  • 主人は関西出身です。

 

会社や目上の相手や来客時など、より配偶者を丁寧に表現したい場面で使うことができます。

 

「主人」も夫と同じように、結婚している女性が自分の配偶者を表しますが、他にも「一家の主」や「雇い主」の意味もあります。

 

補足:他人の夫の敬称は?呼び方のマナーについて解説

友人の配偶者を呼ぶ場合、どう呼べばいいでしょうか?

 

いつも主人がお世話になっております。〇〇さんのご主人はお元気でしょうか?

 

自分の配偶者を「主人」と呼ぶことで丁寧に表現し、さらに相手の配偶者を「ご主人」や「ご主人様」といった呼称で呼ぶことで相手も敬う表現ができます。

 

特に相手の配偶者について会話をする場合は、「ご主人」や「ご主人様」と使うことが一般的です。

 

相手を不快にさせることもありません。

 

まとめ:旦那って呼ぶのはNG?ビジネスで求められる正しい用語の使い分け

旦那って呼ぶのはNG?ビジネスで求められる正しい用語の使い分けについて調べました。

  • 目上と話す場合:夫
  • 友人・年下と話す場合:旦那
  • 職場や公式な場で話す場合:主人
  • 夫(妻)両親と話す場合:○○さん

 

旦那って呼ぶのはダメなの?正しい用語の意味について解説しました。

  • 旦那の意味
  • 夫の意味
  • 主人の意味

 

できる妻は使い分け上手!「日常あるある」で求められる用語編を挙げてみました。

  • 旦那編
  • 夫編
  • 主人編

 

夫婦間では問題なくても、相手によってはふさわしくない呼び方があります。

正しい場面で使い分けることによって、自分達の夫婦関係を良い印象を変えることもできます。

 

妻は縁の下の力持ちです。

毎日働く旦那さんを、うまく引き立てて頑張ってもらいましょう!

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました