【離婚!?】旦那と仲良くしたい時に試したい10の方法!風水で運気アップするには?

旦那

「旦那と仲良くしたいのに、今更どうしていいか分からない……」

「旦那と仲良くしたい時はどうしたらいい?」

「旦那と仲良くできない時に風水は効果ある?」

上記のような悩みを抱えていませんか?

 

結婚しているとはいえ、必ずしも夫婦が仲良くしているとは限りません。

かといって今更「仲良くしたい」だなんて口にするのは恥ずかしいですよね。

 

この記事では

  • 旦那と仲良くしたいときに試したい10の方法
  • 今更旦那と仲良くできないと思う時は?
  • 夫婦仲良くするために風水は効果がある?

上記の内容について、徹底解説していきます。

 

旦那と仲良くしたい時に試したい10の方法

何歳になっても、仲の良い夫婦は素敵でしょう。

しかし結婚したばかりのラブラブな気持ちを、いつまでも維持するのは難しいものです。

 

旦那と仲良くしたいときには、以下のような方法を試してみましょう。

  1. 自分のストレスを減らす
  2. 相手の立場に立って考える
  3. 感謝を伝える
  4. 笑顔を意識する
  5. 二人の時間を増やす
  6. 話を聞く
  7. 共通の趣味を見つける
  8. 女であることを忘れない
  9. 頼る
  10. スキンシップを取る

この項目では、それぞれの方法について徹底解説していきます。

 

①自分のストレスを減らす

最初の方法として「自分のストレスを減らす」ことが挙げられるでしょう。

自分自身にストレスが溜まっていると、人に優しくすることができないからです。

 

思い返してみてください。

疲れてイライラしているときに、旦那に冷たく当たっていませんでしたか?

 

あなたが冷たくすれば、旦那との心の距離は離れていきます。

心に余裕を持って接することができるように、自分自身のストレスを減らすことは大切なのです。

 

②相手の立場になって考える

二つ目に挙げられるのは「相手の立場に立って考える」ことです。

これは夫婦関係だけでなく、人間関係を円滑にするために大切なポイントになります。

 

夫婦は心の距離が近いからこそ

「どうして私の気持ちを分かってくれないの?」

とついつい自分本位の考えをしてしまいがちです。

 

しかしまずは冷静になって相手の立場に立って考えてみましょう。

少し旦那がイライラしていも

「今日は仕事で疲れているんだろうな」

と相手の状況を考えると、腹を立てずに済むのではないでしょうか?

 

③感謝を伝える

3つ目は「感謝を伝える」ことが挙げられます。

夫婦として長く一緒に過ごしていると、感謝の気持ちは薄れていくものだからです。

 

結婚当初はちょっとしたことに感動し、感謝していた夫婦でも、毎日いるとそれが当たり前になってしまいます。

「旦那が仕事に行くのは当たり前」

「父親として子育てに協力するのは当たり前」

 

当たり前だと思い始めると、感謝をまったくしなくなるでしょう。

しかし当たり前のことでも、感謝を伝えることは仲良くしたいと思う夫婦には大切なポイントです。

夫婦間の感謝に、言い過ぎはありません。

 

④笑顔を意識する

4つ目のポイントは「笑顔を意識する」ことでしょう。

誰しも笑顔の人と一緒にいると、楽しいと感じるものだからです。

 

イライラした表情の妻が待っていると思うと、旦那は家に帰りたくなくなります。

眉間に皺が寄っている妻がリビングにいれば、刺激をしないよう旦那はそっと寝室に引きこもることでしょう。

 

あなたが笑顔で楽しそうにしていれば、自然と人は周りに寄ってきます。

もちろん旦那も例外ではありません。

 

⑤二人の時間を増やす

5つ目のポイントは「二人の時間を増やす」ことでしょう。

特に子供がいる夫婦は、二人の時間が少なくなりがちだからです。

 

休日でも子供がいますから、二人きりの時間はなかなかないことでしょう。

二人きりの時間がなくなると、だんだんとすれ違いが増えていきます。

 

子供が寝た後に、旦那の晩酌に付き合ったり、公園で子供を遊ばせながら夫婦で話す時間を作ったり。

工夫すれば二人きりの時間はいくらでも作ることができるはずです。

 

⑥話を聞く

6つ目のポイントは「話を聞く」ことが挙げられます。

夫婦の大半は、妻が話し手、旦那が聞き役に回ることが多いからです。

 

もちろん妻も話すことで、日々のストレスを発散することができるでしょう。

しかし同じように、旦那もたまには愚痴ったり、今日あったことを話したりしたいものです。

 

旦那が話しているときに「そういえば私も今日ね……」と話し始めるのではなく、まずは相槌を打ちながら、話を最後まで聞いてあげましょう。

 

⑦共通の趣味を見つける

7つ目のポイントは「共通の趣味を見るける」ことです。

共通の趣味があれば、自然と二人の時間や会話のネタが増えるでしょう。

 

実際、仲の良い夫婦の多くは共通の趣味を持っています。

旅行や映画など、他愛もないことでもいいのです。

 

一緒に散歩したり、美味しいものを食べるのもいいでしょう。

細かくルールを決めるとストレスになるので、お互いが無理のないよう、気分が乗った時に一緒に楽しめる趣味を見つけるのが理想です。

 

⑧女であることを忘れない

8つ目は「女であることを忘れない」ことが挙げられます。

毎日一緒にいると、どうしても身だしなみが適当になってしまいがちです。

 

しかし妻が毎日ヘアメイクに気を配ったり、きちんとした服装をすることで、旦那も妻を女として意識することができます。

裸で家の中を歩き回ったり、旦那の前で平気でおならやゲップをするような妻は、仲良くしたいと思ってもなかなかうまくいかないでしょう。

 

⑨頼る

9つ目は「旦那を頼る」ことでしょう。

男性はいくつになっても、頼られると嬉しいものだからです。

 

命令するのではなく、お願いするようにしましょう。

そして旦那が何かを手伝ってくれた時は

「助かったわ、ありがとう」

「すごいね、さすがだね」

お礼の言葉をしっかり伝えるようにしてください。

 

⑩スキンシップを取る

最後のポイントは「スキンシップを取る」ことが挙げられます。

仲良くしたいのであれば、自然とスキンシップを取れる関係になることが理想だからです。

 

仲の悪い夫婦にとっては

「今更そんなことできない」

と思うかもしれませんが、仲良し夫婦は自然とスキンシップが取れると言えます。

まずは手を繋いだり、ハグができるようになるといいですね。

 

恥ずかしいのであれば、まずはマッサージから始めてみてはいかがでしょうか?

出かけるときに、腕を組んでみるのもスキンシップの一環になるはずです。

 

 

今更旦那と仲良くできないと思う時は?

「今更旦那と仲良くできない」

「気持ちを切り替えられない」

何年も仮面夫婦を続けてきて、今更仲良くしたいと思っても、気持ちの切り替えがなかなかできないと思うかもしれません。

 

旦那と仲良くしたいのであれば、以下のことに意識してみましょう。

  • 長所を探す
  • 腹を割って話し合う
  • 付き合いたての頃を思い出す

この項目では、それぞれのポイントについて詳しく説明していきます。

 

①長所を探す

一つ目のポイントは「長所を探す」ことと言えます。

悪いところばかりが目に付くと、自然と「仲良くしたい」と思えなくなってしまうからです。

 

旦那の良いところをまずは3つ探して、書き出してみましょう。

  • 毎朝「行ってきます」と言ってくれる
  • ゴミ出しをしてくれる
  • 作ったご飯に文句を言わずに食べてくれる

こんな些細なことでもいいのです。

 

長所を探すことで、マイナスのエネルギーを少しずつ弱めていきましょう。

書き出すことで、普段は見逃してしまいがちなポイントを見つけることができるはずです。

 

②腹を割って話し合う

2つ目のポイントは「腹を割って話し合う」ことが挙げられます。

腹を割って話し合うことで、お互いの気持ちを理解し合うことができるからです。

 

「喧嘩になったらどうしよう」

「わざわざ伝えるほどでもないし、面倒くさい」

気持ちは分かりますが、話さなければ相手にあなたの気持ちは伝わりません。

 

喧嘩になることを怖がらず、まずは腹を割って思いっきり話し合うことをおすすめします。

 

③付き合いたての頃を思い返す

最後のポイントは「付き合い立ての頃を思い出す」ことが挙げられます。

付き合いたての頃を思い出すことで、当初のドキドキやときめきを思い出すことができるからです。

 

  • あなたと旦那の出会いはどこでしたか?
  • 初デートはどこへ行きましたか?
  • いつから結婚を意識するようになりましたか?

付き合い立ての頃を思い出してみましょう。

 

そして二人の記念日は何年経っても、一緒に祝うようにすることをおすすめします。

改めて感謝と愛を伝えるきっかけになるでしょう。

 

夫婦仲良くするために風水は効果がある?

旦那に直接アプローチがしにくいという方は、まずは風水から始めてみることもおすすめです。

飾るだけで、夫婦仲が良くなったり、家庭が円満になるものも。

 

いくつかのポイントに分けて、風水計画を立ててみましょう。

  • リビング
  • 玄関
  • バスルーム
  • ベッドルーム

この項目では、それぞれの場所のおすすめ風水をご紹介していきます。

 

リビング

まずは「リビング」をチェックしましょう。

リビングは家族や夫婦の団欒の場所でもあるからです。

 

足元にはできるだけ物を置かないことをおすすめします。

「躓く」「ぶつかる」関係を避けるためです。

 

「角が立たないよう」丸みのある家具や、円形の家具を置くと和やかな気を発生させます。

色は柔らかい暖色系にすると、穏やかな気持ちになれるでしょう。

 

玄関

次に注意したいのが「玄関」です。

玄関は気の入り口となります。

その玄関に物が多いと、運気が停滞してしまうでしょう。

 

玄関前は毎朝掃いて綺麗にし、気を整えてください。

玄関マットを敷いている方は、天然素材で暖色系のものを選ぶようにしましょう。

 

玄関マットは気を換気するフィルターの働きがあります。

ネガティブな感情を吸い、二人の心を穏やかにしてくれるはずです。

 

バスルーム

次にチェックするところは「バスルーム」でしょう。

水回りは気の出口ともいわれており、夫婦運だけでなく金運や美容運にも大きく影響しているからです。

 

こまめな換気と徹底した消臭を心がけましょう。

お風呂では一日の体と気の汚れを落とします。

 

そのため綺麗に浄化したお風呂で入浴をすることで、気を蘇らせることができるはずです。

バスマットも清潔なものを置くようにしてください。

 

ベッドルーム

最後にチェックするのは「ベッドルーム」です。

睡眠をしっかり取ることで、気持ちに余裕が生まれ、夫婦に思いやりが生まれることでしょう。

 

寝ている間は、無防備で気の影響をそのまま受けます。

寝ている姿が鏡や窓に映らないようにベッドの位置を調整しましょう。

 

さらに刺激の強い色彩の壁紙は、気が不安定になります。

気持ちを落ち着けられるよう、優しい色合いの壁紙をチョイスしましょう。

 

まとめ

旦那と仲良くしたいときには、以下のような方法がおすすめです。

  1. 自分のストレスを減らす
  2. 相手の立場に立って考える
  3. 感謝を伝える
  4. 笑顔を意識する
  5. 二人の時間を増やす
  6. 話を聞く
  7. 共通の趣味を見つける
  8. 女であることを忘れない
  9. 頼る
  10. スキンシップを取る

今更夫婦で仲良くなんてできないと思う方は、以下のことに注意してみましょう。

  • 長所を探す
  • 腹を割って話し合う
  • 付き合いたての頃を思い出す

 

旦那と仲良くしたいときは、家の中の風水を意識してみるのもおすすめです。

リビングや玄関、バスルーム、ベッドルームの家具や掃除に気を配ってみましょう。

 

結婚しているのにお互い会話がなかったり、一緒に暮らしているのに不満を抱きながら生活していくのはつらいですよね。

せっかくご縁があって結婚にまで至ったのですから、旦那と仲良くしたいと思うのは当然のことです。

 

ちょっとした工夫や意識で、夫婦仲は大きく変わります。

まずはあなた自身が変わることで、旦那と仲良くすることができるようになるはずです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました