【限界!】旦那の浪費癖や金銭感覚を治す3つの方法!説得方法も解説!

旦那

「旦那の浪費癖や金銭感覚を治す方法は?」

「旦那は何にお金を使っているの?」

「浪費癖がある旦那の特徴は?」

などと悩んでいませんか。

 

浪費癖のある旦那だと妻として、不満を抱えたり悩んだりしますよね。

そこで、今回は浪費癖や金銭感覚を治す方法などについて徹底的に調べました。

 

今回紹介する内容はこちらです。

  • 旦那の浪費癖や金銭感覚を治す3つの方法とは?
  • 旦那の浪費ベスト5
  • 浪費癖のある旦那と金銭感覚がズレる理由
  • 浪費癖のある旦那の特徴
  • 浪費癖のある旦那を説得する方法

浪費癖のある旦那に困っている方はぜひ、最後までご覧ください。

 

旦那の浪費癖や金銭感覚を治す3つの方法とは?

まずは、我が家の家計の状況を把握して、曖昧ではなくしっかりと今の状況を旦那に知ってもらうことが大切です。

 

旦那の浪費癖や金銭感覚を治す3つの方法は、次の通りです。

  • 高価なものを買う時は必ず相談するように約束する
  • 家計の全体を説明する
  • 旦那のお小遣い・分割・別会計にする

まずは、旦那の浪費癖や金銭感覚を治す方法について詳しく見ていきましょう。

 

高価なものを買う時は必ず相談するように約束する

色々な趣味を持っている旦那は多く、時には高価な物が欲しくなってしまって勝手に買ってきてしまうことがあるのではないでしょうか。

そういった時は、相談してもらうようにしましょう。

 

そこで大切なのは、
むやみにダメと言わないこと!

まずは、旦那の話をよく聞いて、

  • どうして必要なのか
  • 価格によってはすぐには買えない

など、条件をつけてみるのも良いかもしれません。

 

最初から頭ごなしに否定したり、すべてをダメがと言ったりしないように注意しましょう。

 

家計の全体を説明する

旦那の浪費癖を治すためには、まず今の家計の状況を理解してもらうことが大事です。

例えば…

 年間でかかる費用の例

  • 自働車の保険
  • 車検費用
  • 家のローン
  • 食費
  • 光熱費等々…

 

また、定年までに貯める必要がある子供の教育費や老後資金など、今後のお金も少しずつやりくりして貯金をしていくものなので計算しておくと良いかもしれません。

1~3カ月に一度は家計管理の見直しを行うと良いでしょう。

 

このときに、旦那を責めるような口調になってはいけません。

あくまで現状をお互いに把握し、共有するというスタンスでいるようにすると、旦那と喧嘩になりにくくなります。

また、どうして家計の状況を共有するのかという

目的をしっかり伝える
ことが重要なポイントです。

 

旦那のお小遣い・分割・別会計にする

毎月の生活費用のメイン口座のほかに、貯蓄用の積み立て口座、旦那用、妻用の個人口座と完全に口座を分けましょう。

お小遣いを月1回にするとすぐに使って使ってしまう旦那だと、半月に1度や月に3回というふうに分けて家計をより意識してもらうことも効果的です。

 

お小遣いを渡すときに、

このお金は〇月〇日までの分だよ。
と伝えて渡すと、具体的なイメージが沸きやすくなり使いすぎを防げます。

 

どうしてこんな方法をとりたいのか、目的をきちんと旦那に話してからにしましょう。

 

旦那の浪費ベスト5

世の中の旦那の無駄遣いとはどのような種類があるのでしょうか。

男性は女性とは違い、似たようなものがあれば高価な方を欲しがる傾向にあるようなので女性とは金銭感覚が違うのかもしれません。

 

旦那の浪費ベスト5を紹介していきます。

  • 趣味のお金
  • 飲み代
  • スマホの課金
  • よく人におごる
  • 交通費

それぞれの内容について詳しく見ていきましょう。

 

趣味のお金

旦那の無駄遣いだと感じられる第1位は趣味に使うお金です。

価値があるかわからない

  • フィギュアやプラモデル
  • CDやブルーレイ
  • 書籍

などもあるかもしれません。

 

旦那本人にはとても価値があるものだとは思いますが、妻からしたら無駄遣いに感じられても仕方がないでしょう。

その趣味に使うお金を家族で外食するなど回した方が有意義な使い方だと感じる妻は多いものではないでしょうか。

 

飲み代

旦那は、妻に比べて飲みに行く頻度も高く、1回の飲み代で1万以上使うこともあるでしょう。

妻は、飲みに行くことも少なく、1回の飲み代もせいぜい3千円程度かもしれません。

二次会や三次会にも使うお金のことを考えて行かないようにしている妻も少なくないのです。

 

そんな妻からしたら、旦那の飲み代ほど無駄に感じるものはないでしょう。

お酒が飲みたいなら

家で飲めばいいのに…

と感じても不思議はありませんよね。

 

スマホの課金

スマホのゲームなどに課金をしてる旦那もたくさんいます。

妻はスマホの課金に全く無縁であれば、課金の意味もさっぱりわからず無駄だと思われるでしょう。

 

課金しないでゲームはできないのか?
課金にどのような価値があるのか、同じ趣味を持っていない妻には理解ができないのです。

 

 

よく人におごる

男性は基本的に見栄を張りたがりです。

付き合いもあるかもしれませんが、

部下や友達などに食事や飲み物をおごるケースは少なくありません。

他人におごる余裕がないと無駄遣いだと感じている妻はたくさんいます。

妻は、毎日コツコツ節約しているお金を他人のために使う旦那の金銭感覚は不思議に思うのです。

 

交通費

男性は、時間をお金で買う傾向が高く、出勤時にもタクシーを使っているケースが多いでしょう。

移動の際や深夜帰宅の際でも同じです。

 

公共交通機関が動いている時間に帰宅すればタクシーを使わなくて済むのにどうしてタクシーにお金を平気で使うのか理解できません。

最寄駅からも歩けばいいのにと感じてしまいます。

 

浪費癖のある旦那と金銭感覚がズレる理由

財布の中にお金があればすべて使ってしまう旦那は多いのではないでしょうか。

 

浪費癖のある旦那と金銭感覚がズレる理由は次の通りです。

  • 自分が稼いだお金は自分のだと思っている
  • 生活費を理解していない

旦那と金銭感覚がズレてしまう理由を詳しく見てみましょう。

 

自分が稼いだお金は自分のものだと思っている

男性は、自分で稼いだお金は自分のものと思いがちなところがあります。

家庭にお金を入れて残ったお金は好きに使ていいと考えているのでしょう。

 

妻に金銭感覚が違うと指摘されるまで普通のことだと思っている旦那も多いかもしれません。

妻がコツコツ節約を重ねていることも気が付いていない可能性もあります。

 

生活費を理解していない

女性は家庭に入るとまず家族のためにできることを考えます。

上手くやりこなしながら節約ができれば嬉しいとも感じることでしょう。

主婦の中では、

ポイ活(ポイントを貯める)などで節約することも主流なのです。

 

男性は、ちまちま節約を重ねることに意味を感じません。

なぜなら、生活費にどれだけかかっていて、妻が制限されたお金の範囲で工夫を重ねて生活しているか気づいていないからです。

 

浪費癖のある旦那の特徴

「旦那の金銭感覚がおかしい…」「旦那のお金の使い方が荒い…」などと思っている妻もいるのではないでしょうか。

旦那の金銭感覚や浪費癖がひどい場合、話し合いをしてもなかなか価値観が合わなくて理解もしてもらえなかったり、不機嫌になってしまったりすることもあると思います。

 

浪費癖がある旦那の特徴は以下の通りです。

  • 自分のことしか考えていない
  • 仕事の付き合いを重視して断れない
  • 見栄っ張り
  • 趣味にお金を使いすぎる

それぞれの内容について詳しく見ていきましょう。

 

自分のことしか考えていない

お金遣いが荒い旦那は、目の前のことや自分の欲望に忠実です。

例えば妻に対しては、
  • お金に細かい
  • 器が小さい
などと批難したり、逆に自分自身を持ち上げて「俺が食わせてやっている」という自分本位な考えをしがちなのです。

 

仕事の付き合いを重視して断れない

同僚や部下、取引先との付き合いを重視する仕事人間であることが多いです。

単にお酒好きだったり、人好き合いが好きだったりするタイプなのかもしれません。

もし誘いを断ったら、

「もう誘ってもらえないかも…」と考えている場合もあったり、誘われると断れない性格で浪費を重ねてしまうことに繋がっていることも考えられます。

 

他にも、会社の社員として仕事をこなして男同士で飲みに行くことが多くなってしまったり、「文化」として流されてしまうことも考えられるでしょう。

 

見栄っ張り

純粋な趣味ならまだいいのですが、外車や高級車など購入し見栄を張るために分不相応にお金をかけてしまうことがあります。

自分を良く見せたい、高く見せたいという思いから面倒見の良さをアピールして、見栄を張るために周囲におごるということも少なくありません。

 

自分に自信がないため、周りの目をひどく気にしているという側面も見られます。
自分に優雅な生活をしていることを自慢するために、必要以上におごったりお金を使ってしまっているケースが多いです。

 

趣味にお金を使いすぎる

ギャンブル、スマホゲームの課金などに使ってしまう旦那もいるでしょう。

趣味は人それぞれなのですが、ギャンブルなどにお金を際限なくかけてそまうタイプは、

心の病気の可能性も否定できません。
ギャンブル依存やネットゲーム依存症などが考えられる場合は、深刻な事態になる前に早めの対策が必要です。

 

 

浪費癖がある旦那を説得する方法

仕事の接待や趣味も、何らかな形で仕事に繋がるなら必要経費と捉えられます。

しかし、行き過ぎると妻としては不安になってしまうでしょう。

 

浪費癖のある旦那を説得する方法は、次の通りです。

  • 旦那の性格や立場を理解する
  • 収入額の確認
  • 生活費の確認
  • 残額の計算

それぞれの内容について詳しく紹介していきます。

 

旦那の性格や立場を理解する

夫婦の話し合いは基本ですが、まずは旦那の性格や立場を理解してあげることから始めましょう。

例えば、旦那が部下におごりすぎている場合です。

旦那はおそらく

  • いい顔をしたい性格
  • 自分よりも給料の安い部下たちを思いやる優しい性格

なのかもしれません。

 

このような場合、旦那の性格を非難する妻は少なくないのです。

  • 部下に良い顔したいなんて自分勝手
  • 他人に優しくする前に家族のことを考えて

などと思っているでしょう。

 

旦那の性格を非難するということは人格の否定に繋がってしまいます。

人格の否定は、

良好な関係でいたい人間関係においてもっともやってはいけないことです。

この性格を改善したいのなら、妻が旦那と同じ立場だったら部下におごらずどのようにしてその場を維持していけるか考えてみましょう。

 

収入額の確認

まずは、世帯収入の確認していきましょう。

家にはどれだけお金があるのかを知らなければ、どれだけ使えるのかがわからず話し合いにもなりません。

収入がわかれば、生活費や家賃、どのくらい貯金できるかなどの目安にもなります。

 

夫婦の家計管理は、

妻に任せっきりにするのではなく、2人でお金の使い方について話し合うのが大切です。

一般的に、男性は具体的に数字が見えることで納得できる傾向があります。

 

生活費の確認

生活費をピックアップしていきましょう。

実際に生活費がどのくらいかかっているのかを旦那にも理解してもらうためです。

  • 家賃や住宅ローン
  • 水道、光熱費
  • 保険
  • 車の維持費
  • 食事
  • 日用品
  • 通信費
  • 子供の教育費
  • 貯蓄

などあらゆる生活費を書き出して、旦那に毎月いくら必要なのか理解してもらいましょう。

 

残額を計算

収入から生活費を引いて、残額がいくらになるのか計算してみましょう。

その残額が、

夫婦2人が自由に使えるお金です。

旦那の無神経なお金遣いを理解してもらうためには、家に自由になるお金がどのくらいあるのか旦那にも分かってもらう必要があります。

 

まとめ

 

旦那の浪費癖や金銭感覚を治す3つの方法は、次の通りです

  • 高価なものを買う時は必ず相談するように約束する
  • 家計の全体を説明する
  • 旦那のお小遣い・分割・別会計にする

旦那の浪費ベスト5は、以下の通りです。

  • 趣味のお金
  • 飲み代
  • スマホの課金
  • よく人におごる
  • 交通費

 

旦那と金銭感覚が合わない妻はたくさんいます。

男女の違いもあるのですが、 育ってきた環境や立場などでも金銭感覚はズレてくるでしょう。

節約は好き嫌い分かれますが、客観的に見ても収入を計算して家計を回していくことは、家庭をもたっからには当然のことなのです。

 

少しでも旦那の金銭感覚を改善できれば、夫婦間のズレは埋まる可能性もあります。

 

さらに関連するページもありますので、こちらの記事を参考にしてみてください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました